2011年08月31日

札幌ラーメン 白樺@大阪市阿倍野区阿倍野筋

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日、仕事を終えアベノをうろうろ。昔の記憶をたよりに、このあたりに第一旭があったなと思い、第一旭の阿倍野店の前に着くと、休んでおられました。

なので帰ろうか・・と歩いていると庶民的な外観のラーメン店を発見。「札幌ラーメン」と書かれ、「味自慢ラーメン」の暖簾が掛かっています。お店をちらっと覗くとカウンターのみ。夕食時なのにお客さんはいません。おばちゃんがお店のテレビを見ておられ、振り返り様、目が合いました。昭和の空気!!!・・・次の瞬間、吸い込まれるようにお店に入っていました。

お店は、とてもこじんまりとした外観です。店内もカウンター席10席のみ。小さなテレビが置かれており、老夫婦でお店を切り盛りされています。ご主人は、お客さんが誰もおられないのに、一生懸命、料理の支度をされていました。

メニューは、醤油と塩ラーメンが500円、味噌ラーメンが550円です。チャーシューラーメンにすると200円プラス。バターラーメンにすると100円プラス。その他、チャンポン550円や味噌チャンポン600円。焼めし500円、中華丼600円、餃子250円などなど単品メニューもいくつか存在しました。

この日は、札幌と言えば味噌かな・・と味噌チャーシューラーメン750円を注文。

注文後、おばちゃんと話そうかなと思うと、おばちゃんも黙々と料理の準備をされておられました。

さて出てきた味噌チャーシューラーメン。素朴な昔ながらの味噌スープに、小ぶりなチャーシューが五枚。そこにネギとモヤシがトッピングされています。そしてメンマ、タマネギが入っていますが、かなり小さめです。見た瞬間は、少し後悔。なんか入って損をしたかも・・・ そんな感想でした。

ただ、ひとつ驚くことが・・スープです。このスープの味わいが、豚骨ベースなのだと思いますが、そのコクがすごく出ていて、味噌の濃い味わいと合わさり、うううううん?あれ?めっちゃ旨いぞ!?という感想。そこらの有名店より素晴らしいのではないかと思えるシンプルながらも深みのあるスープです。

札幌のラーメンによくあるようなそぼろ肉などは入っていないのですが、この味噌の深さと豚骨のコクが融合したスープの旨み。素晴らしいなと思いました。何度飲んでも飽きない味わいです。

麺は、中細の多加水の縮れ麺を使用。これも札幌らしくていいですね。スープにそぼろ肉が入っていたり、もう少し脂分が多かったりアクセントが入っていると、流行のお店っぽくなるんでしょうね。

そして、チャーシューも見た目は貧相なのですが、しっかりとした醤油味が入っているのと厚めなので、それなりに楽しめます。これがもう少し大きかったら、本当にいいのになと思いました。

私が食べたり、新聞を読んだりしている間、夕食時、こんな街中にも関わらず、誰もお客さんは来られませんでした。その間も老夫婦は、黙々と料理の準備。このタイプのお店で、お店の方と話さないのは、滅多にないような。なのにゆったりと過ごすことが出来ました。

お店を出ると、おばちゃんが大きい声で「おおきに!」。ほのぼのとするお店です。具は、なーんか貧相だし、期待もしてなかったお店。なのにとても深いコクのある味噌スープ。こんなお店に、あまりお客さんが入らないのは、残念だな・・と思いながら帰宅しました。

↓味噌チャーシューラーメン
110831-1.JPG

↓チャーシュー
110831-3.JPG

↓麺とスープ
110831-2.JPG

↓お店の外観です。
110831-4.JPG

↓メニュー
110831-5.JPG
posted by たぬき at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック