2011年09月02日

二代目五山@京都市伏見区横大路下三栖辻堂町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

新堀川通り沿いにある「二代目五山」さんです。以前は「麺屋五山」というお店でしたが、リニューアルされて二代目となっています。

お店は、郊外のラーメンレストラン風で、駐車場もあります。店内もレストラン風で、カウンター席もありますが、テーブル席が中心です。

メニューは、一押しとして、とろ肉ラーメン730円があります。そのスープは、無添加にこだわったマイルド白湯+熟成醤油ダレとのことです。同じスープのものに、うす切りとろ肉ラーメン650円、特製とろ肉ラーメンどか盛りスペシャル990円、赤辛とろ肉ラーメン700円などがあります。

ほかにとろ肉つけ麺830円、塩ラーメン680円、あっさり味噌ラーメン700円、坦々つけ麺790円などがあります。麺類は、トッピング、麺を増量(または減量)するかで値段が変わります。

他にセットメニューやサイドメニューも充実していました。

この日は、特製とろ肉ラーメンどか盛りスペシャルを注文。

さて出てきたラーメン、鉢の真ん中に、ネギの山があり、そのまわりに炙ったバラ肉チャーシューがドカンと乗っており、迫力があります。他の具は、煮玉子、メンマ、ノリなどです。また全体的に一味が振りかけられています。

スープは、白濁した豚骨醤油スープで、背脂も浮いています。熟成醤油ダレが売りとのことですが、醤油の味はあまり感じず、豚骨の風味が勝っています。ただ、豚骨もそれほど濃厚な訳でなく、ちょっと薄いシャバシャバしたような味です。ネギもたくさん入っているので、味が完全にネギに持っていかれている感じで、頼りないスープに思いました。

麺は、麺屋棣鄂さんの低加水の中細ストレート麺を使用。麺自体は、京都によくありそうな柔い食感で、良い感じなのですが、スープにコクがないので、食べていると単調な味わいのように感じました。

逆に「京のもち豚」を使用していると言う、炙りチャーシューは、濃厚に味つけられており、炙ってあるので外はカリッと香ばしい風味、口の中では、すぐに溶けていきそうなトロトロ食感でした。脂分がかなり多いので、人によっては無理な方もおられるでしょうが、なかなか美味しいものでした。

全体としては、チャーシューはとても目立つんだけど、なんか平べった〜い味のように思いました。ただ、人によっては、あっさりと飲めるスープなのかなとも思いました。

このお店、気になることが・・・ このお店の食べログの総合得点「2.**点」の画面を印刷したものが「食べログ・京都・ラーメンで1位獲得!」と店内に数カ所、貼り出されています。京都で1位?んなアホな・・と思いよくよく見てると、アクセス数で1位となっている模様。

評価2点台というと、どちらかというとお客さんからの評価が低いことの証明だと思うのですが、お店の方が一生懸命、アクセスされたのでしょうか・・・ そんなことをしてる暇があるなら、味を高めて、せめて総合得点3点台にしましょうよ・・・と、、心の中で思ってしまいました。

↓特製とろ肉ラーメンどか盛りスペシャル
110902-1.JPG

↓チャーシュー
110902-2.JPG

↓麺とスープ
110902-3.JPG

↓お店の外観です。
110902-4.JPG

↓メニュー
110902-5.JPG

110902-6.JPG
posted by たぬき at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック