2011年09月16日

中華そば萬福・京都駅前店@京都市下京区油通小路塩小路下ル東油小路町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

伏見の老舗店「萬福」さんの京都駅前の支店です。閉店した久御山店を含め、このお店以外は行ったことがあるのですが、京都駅前店は初めて入りました。

お店は京都駅前から堀川通り方面へ数分歩き、アパホテル京都駅前の裏手あたりにあります。こじんまりとした店舗です。

店内もカウンターのみとなっています。この日、夕食時でしたが、お店の方は若めの男性一人で切盛りされていました。駅近くの店なのに、一人?と思ったら、もう少し年上の方が奥のほうで、なにやら若手店員の方に指導?されてました。ちょうどお店の方も夕食休憩だったのかもしれませんね。この若手店員さんの接客は、とても良い感じでした。

ラーメンメニューは、しょうゆ、味噌味から選択します。しょうゆラーメン(並)650円、特製しょうゆラーメン(厚切りバラ肉入り)(並)850円で、味噌味にすると+100円。チャーシュー増し+100円、ネギ増し+100円、竹入り+100円などです。

その他、竹、キムチ、餃子、焼ブタなどの単品やセットメニューも存在します。

この日は、しょうゆラーメン(並)650円+チャーシュー増し+100円を注文。

厨房を見ていると、若い店員さん、少しぎこちない動きです。なんか不安・・麺は、京都の老舗店でよくある大きな釜に泳がす茹で方ではなく、一人前ずつテボに入れて茹でられます。そしてチャーシューはスライサーだし、ネギ、スープも入れるだけと言えば入れるだけだし、まぁ大丈夫でしょう・・と思ってました。

そして出てきたチャーシューメン。わちゃー不安的中。チャーシュー切るの下手すぎ・・んんん?スライサーに肉を押し付けるだけじゃないの?なんか、コツいるんでしょうか。バラバラに細かく切られた(というか、うまく切れなかった)豚肉が乗せられています。見た目悪いなぁ・・ でも、この若い店員さん、とても笑顔が素敵だし文句言う気にもなれません。

ラーメンの内容としては、京都らしい澄んだ色合いの醤油スープに、具はチャーシュー、ネギ、モヤシとシンプルな構成です。

とりあえずスープを飲むと・・・むむっ!これは豚のコクと醤油の旨みが、絶妙なバランスで旨いですね。豚が強すぎず迫力があると言う感じではないのですが、ベースにしっかりとした旨みがあり、後味もすっきり。これぞ京都の老舗店らしい完成度の高い、伝統のスープと言う感じです。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用。ここの麺は、京都のクラシカルな麺らしい、しなやかさと芯にしっかりとした食感がある感じが両立していて、なかなか良い感じだと思います。

そしてチャーシュー。味は悪くないし、薄味で豚そのものの美味しさも感じられる・・でも一枚一枚というか、一枚になっていない・・細切れ〜。怪我の功名と言うか、この切りかすのようなチャーシューがスープに浮かんでいて、スープがより豚の旨みにあふれている感じはしましたが、なんとも物足りない?+なんとかしてほしい?+料理に出すこと自体に?マーク。そんなチャーシューでした。

スープも麺も、チャーシューの味自体も、やはり高レベルに思いました。店員さんの接客も悪くなかったです。でも、この失敗作のようなチャーシューはいったい!?

京都駅と言えば京都の玄関口。京都駅近くと言えば「第一旭」「新福菜館」の二大老舗店がありますが、中には伏見の名店「萬福」の看板を目当てに来る観光客もおられると思います。

そのようなお客様に、萬福のチャーシューって、こんなんだと思ってほしくないなと思いますし、お店側も老舗店「萬福」の看板を京都の玄関口に掲げる限り、チャーシューもしっかり切れない店員さんを一人厨房に立たせるなんて、どうかしてるのではないか・・・と。すこし残念な思いで、お店を後にしました。

↓しょうゆラーメン(並)+チャーシュー増し
110917-1.JPG

↓チャーシュー
110917-2.JPG

↓麺とスープ
110917-3.JPG

↓お店の外観です。
110917-4.JPG
posted by たぬき at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
あんまりグルメでない私でさえも、
チャーシューを見て「・・・」となりました、はい。
まあ運が悪かった(たまたま)ということで。
Posted by DCT-65190 at 2011年09月18日 00:07
DCTさん、こんにちは^^

そう、たまたまなんだと思うんですけどね^^;

でも有名なお店なので、ちょっと・・
あれれ?という感じではありました。
Posted by たぬき at 2011年09月19日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック