2011年09月21日

麵対軒@京都市下京区四条堀川東入る柏屋町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

四条堀川の交差点近く、四条通沿いにあるお店「麺対軒」さんです。昨年オープンしたお店です。

お店は、こじんまりとしていて、黒色のテント看板に、赤いラーメン暖簾が目印です。

店内は、細長い作りで、カウンター席のみだったと思います。この日は店長さんが一人で切盛りされていました。店長さんは礼儀正しい感じで、好感が持てました。

内装は昨年オープンしたばかりだけあり、きれいなのですが、とてもレトロで、店内を流れている音楽も、歌謡曲などが中心。なんとなく昭和な雰囲気です。

ラーメンメニューは、メインに麺対軒正油ラーメン(並)650円。サイズや、トッピングにより値段が変わるようになっています。他に旨塩野菜ラーメン850円、旨辛麻辣麺750円、白正油ラーメン650円、白麻辣麺750円などもあります。

その他、餃子、唐揚げ、野菜炒めなど単品メニューもそれなりに種類があり、セットメニューも存在しました。

この日は、麺対軒正油ラーメン650円+肉増200円を注文。

さて、出てきたラーメンは、真っ黒い色合い醤油スープに、たっぷりの量のチャーシュー、ネギ、モヤシ。見た瞬間に、新福菜館を思い出すそっくりの見た目です。それと黒いスープ、濁りが少ないのも印象的でした。

そのスープをいただくと、醤油のコクと豚の旨みを感じるのですが、驚くほどあっさりとした後味で、飲みやすい。あ・・昔、新福菜館を食べたころ、こういう感覚がいつも残ったな・・と思いだすような感じでした。最近、新福菜館は濃すぎるような気がしてたのですが、以前は、このスープのように、あれ!?と思うほど“旨すっきり!”という感覚があったと思います。

麺は、太陽製麺さんの中細ストレート麺を使用されています。新福菜館が使用されている麺は、近藤製麺さんの、やや太めのものですが、ここの麺は、第一旭さんくらいの太さ。それと近藤製麺さんの麺と比べると、心地よい食感があるのも特徴です。このお店の麺も、黒い色合いのスープをしっかり吸い込み、旨みを口に運んでくれる感覚でした。

それとチャーシューは、とにかくたっぷりの量です。赤身、脂身がバランスよく入っており、醤油ダレの味もしっかり入っており、味もしっかりしていました。

懐かしい雰囲気の店内で、しっかりした味わいの京都らしいラーメンを食べることが出来るお店でした。白正油など、他のスープも期待できそうですので、また立ち寄ってみたいと思います。

↓麺対軒正油ラーメン+肉増
110921-1.JPG

↓チャーシュー
110921-2.JPG

↓麺とスープ
110921-3.JPG

↓お店の外観です。
110921-4.JPG
posted by たぬき at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック