2011年10月12日

すみれ・京都店@京都市下京区東塩小路町901 京都駅ビル10F(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

仕事後、京都駅付近にいたので、京都拉麺小路へ。おひさしぶりの「すみれ」さんです。以前は、味噌スープを食べたので、この日は、醤油ラーメンのチャーシュートッピングを注文。

出てきたラーメンは、黒い色合いの醤油スープ、それと表面のラードが香ばしく食欲をそそります。具は、大きめのロールバラ肉、蒲鉾、ネギ、メンマ、モヤシです。見た目は、意外とシンプルな感じです。

その醤油スープは、ラードの層で覆われていることもあり、かなり熱々です。ベースは豚骨なのでしょうか、その味と、色合いよりかは、それほど強さを感じない醤油味、ラードの風味が合わさり、なんとも癖になりそうな味です。京都のお店で言うと、同じくラードを使っている「五行」さんの醤油スープを思い出す感じでした。

麺は、札幌らしく太めの縮れ麺で、とてもコシの強いものです。昔初めて札幌ラーメンを食べた時は、違和感を感じたのですが、今では、こういうもの・・と思っているからか、美味しく感じます。

チャーシューは、味噌ラーメンとは違い、大判なロールバラ肉を使用。これ、ちょっと・・解凍したて・・・という感じで、スープの上に出ている部分は、冷や〜・・・スープは熱々なので、残り半分は、熱々・・・温めるくらいの努力はしてほしいな。と思いました。味自体は、厚切りで柔らかさもあり、悪くはないんだろうと思います。

それと蒲鉾が具の中では、変わっているのですが、スープの味を吸いこみ、それなりに存在感のある一品となっています。

ひさしぶりに訪れましたが、醤油スープも、基本的には味噌スープのときと、タレや具が変わっただけで、ラードやベースの豚骨などが同じなんでしょうね。意外と似てると言えば似てる味わいだなと思いました。この癖になるような味は、たまに食べたくなります。塩スープも気になってきました。

↓過去の記録
すみれ(1)

↓醤油ラーメン+チャーシュートッピング
111012-1.JPG

↓チャーシュー
111012-2.JPG

↓蒲鉾
111012-3.JPG

↓麺とスープ
111012-4.JPG

↓メニュー
111012-5.JPG
posted by たぬき at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック