2011年10月18日

ラーメン横綱・桂麺房@京都市西京区桂野里町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

阪急の桂駅にあるお店「ラーメン横綱・桂麺房」さんです。ラーメン横綱の新業態のお店と言うことです。

お店は駅構内にあることもあり、繁盛しています。店内は、テーブル席とカウンター席があり、駅構内と言うこともあるのか、お客さんが多く入り繁盛していました。

HPには「ラーメン横綱が創業 昭和四十七年からこだわり続けた豚骨スープをまったり醤油味に仕上げ、たっぷりの新鮮野菜と自家製細麺を使った“名物 炒菜ラーメン”や本格調理の特製炒飯を扱う新業態のお店」と書かれています。

メニューを見ると、炒菜ラーメン並590円は、昨年くらいまで京都南部や大阪に存在した店舗「横綱ちゃんぽん」で出されていた、ちゃんぽんと、とても似ているので、基本的に味を引き継いでいるのだろうなと思います。その他、海鮮炒菜ラーメン並790円、炒飯 並400円などがメインのようですが、他にも中華メニューが揃っています。

テーブルには、うま味唐がらしが入れ放題サービス。横綱の特徴でもあるネギ入れ放題はなし、このあたりも「横綱ちゃんぽん」と同じシステムのようです。

この日は、海鮮炒菜ラーメン並790円を注文。

さて出てきたものは、予想通り「横綱ちゃんぽん」に似たもの。ただ、ちょっと具などに変化があるような。スープは、ラーメン横綱と基本的には同じなのでしょうか。豚骨醤油スープ、そこに具として、いか、ちくわ、貝柱、タマネギ、白菜、もやし、ニンジン、豚肉、インゲン、糸唐辛子などが入ります。

このスープ、横綱らしい豚骨醤油スープですが、野菜を炒めた香ばしい風味が食欲をそそります。スープも豚骨のコクがしっかりしており、マイルドでややトロミがある感じ。そこに野菜の甘みが加わる感じで、とても良い感じに仕上がっています。この完成度の高い横綱スープと、ちゃんぽんらしい香ばしさの合体がたまりません。

麺は、中細ストレート麺を使用。しっとりとした食感が良い感じです。

具は、横綱ちゃんぽんのお店では、とても安っぽく感じたのですが、具もだいぶ大きくなり良くなったな・・と思いました。とくにエビは、やや大きめでプリッとした食感が楽しいものでした。

横綱のスープ自体も万人受けするような味わいだと思いますが、このチャンポン風にしたラーメンも、香りとスープの味のバランスが取れていて、食べやすい一品だと思います。駅の構内にあることもあり、誰にでも食べやすいお店として、これからも人気が出そうなお店の一つだと思います。

↓海鮮炒菜ラーメン
111018-1.JPG

↓具だくさん
111018-2.JPG

↓麺とスープ
111018-3.JPG
posted by たぬき at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック