2011年10月31日

麺屋かがり@京都市右京区西院西高田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

西大路五条付近にあるお店「かがり」さんです。湯葉を使ったラーメンで有名なお店です。

五条通りの裏手の住宅街にあるお店は、こじんまりとした雰囲気で、駐車場もありません。

店内は、京都らしい細長い作りでカウンター席と、一つだけテーブル席があります。和風な空間で、金魚が飼育されていたり雰囲気が落ち着いています。

だいぶ前に雑誌で、このお店の記事を読んだ時は、男性の店長さんの実家が湯葉のお店で・・と説明が書かれていて、写真も載っていたのですが、この日は女性の方が切盛りされていました。接客はとても丁寧で好印象でした。

ラーメンメニューは、湯葉ラーメン650円と、湯葉チャーシューメン850円、特製湯葉ラーメン(たっぷり湯葉入り)850円がメイン。それぞれスープは2種類・・醤油(魚介を効かせたあっさり)、とんこつ(濃厚)から選択できるとのこと。ただし特製湯葉だけは、醤油で提供されるそうです。その他に和え麺、焦がしにんにく黒ラーメン(濃厚とんこつ)などがあります。それぞれサイズやトッピングにより、値段が変わります。

単品メニューもあり、中に湯葉串カツ(1本180円)という変わったものもありました。またセットメニューも存在します。

この日は、湯葉チャーシューメン(並)・とんこつを注文。

ラーメンは、見るからに濃厚そうな表面に脂の層が出来た豚骨スープです。そこに具として、湯葉、チャーシュー、紅葉型の麩、水菜、ネギが乗っています。見た目も少し和風な感じに仕上がっている感じです。

スープは、かなりのゼラチン質を感じる、かなり重い感じの豚骨スープです。豚骨のコクはしっかり出ているのですが、表面の脂分や高粘度のスープが、ややくどく感じるか感じないかのぎりぎりラインというくらいの重さです。ただ個人的にはこってりは得意なので好みの範囲内でした。私が食べてきた中では、姫路の「ずんどう屋」さんとか、昔、奈良押熊でやっておられた頃の「まりお」さんのスープを思い出します。

麺は、来々軒のものを使用。独特のぽそぽそと噛みきれる食感が良い感じでした。また濃度の高いスープとの絡みも良い感じです。

それと湯葉です。このスープに入ると・・豚骨の味が完全に勝って、大豆の良い風味とかは、よく分かりません^^; 話題性としてはありますが、湯葉を味わうなら、あっさりの醤油スープを選ぶべきだったかなと思いました。

チャーシューは、醤油で濃いめに味つけられています。ほろほろと崩れるような食感で、かなり良い感じでした。また水菜などは、濃厚スープの中、そのこってり感を少し和らげる感じがしました。

このお店、湯葉のイメージばかりが先行しているイメージでしたが、なんのなんの、しっかりとした濃厚スープや本格チャーシューが味わえる完成度の高いラーメンでした。お店の雰囲気も素晴らしく、また再訪して、醤油スープの味も楽しんでみたいです。

↓湯葉チャーシューメン(並)・とんこつ
111031-1.JPG

↓湯葉
111031-2.JPG

↓チャーシュー
111031-3.JPG

↓麺とスープ
111031-4.JPG

↓お店の外観です。
111031-5.JPG
posted by たぬき at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック