2011年11月10日

神仏います近江 日吉の神と祭@大津市歴史博物館

滋賀県の3つの博物館などが連携して行っている「神仏います近江」。最後に訪れたのは、私も好きな博物館「大津市歴史博物館」で行われています「日吉の神と祭」です。

こちらは、普段見る機会の少ない神像が最初に数多く展示されていて、本当に圧巻です。仏像と違って、表情も個性も様々な像が多く、何度も往復して、見直しました。

また坂本、下阪本の人々にとっては馴染みの山王祭の昔の様子が記された絵画。当時の坂本の町並みや地図などが多く展示されていました。坂本の地図は、見ていると面白く、今も変わってない寺院もいくつかありました。

大津市歴史博物館は、常設展の大津の古代から現代までの歴史のコーナー。実は、ここも好きで、戦国時代から江戸時代、近年の江若鉄道の様子など、毎回のように見てるのですが、なぜか飽きません。また何度でも訪れたい博物館の一つです。

今回の三館連動の特別展企画、かなり個人的にはヒットでした。また同じような特別展を期待しています。

↓日吉の神と祭
111110-1.JPG
posted by たぬき at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック