2011年12月25日

山岡家・京都八幡店@八幡市八幡水珀

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日、国道1号線を走っていて、あれ・・?北海道や関東でよく見るチェーン店の「山岡家」さん。こんなところにあるんだ・・と。ちょうど、お昼時だったので入りました。帰宅後、調べると新しくオープンしたてのお店だったようです。

店舗は、枚方市と八幡市の間、国道1号線沿いにあります。山岡家らしい赤い色の外観が印象的で、駐車場も多くの車が停められるようになっています。

店内も、真新しいため明るい雰囲気。そして店員さんに活気があります。テーブル席、カウンター席と多くの席が用意されていました。

メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンが、それぞれ590円。特製味噌ラーメン(濃厚)、辛味噌ラーメンが690円。それらにトッピングにより価格が変わります。ランチタイム限定のサービスセットや、多くのサイドメニューも存在しました。

注文は食券制となっていて、入口に食券機があります。面白いのは、ラーメンメニューを選んだあと、食券機で「麺の硬さ・味の濃さ・脂の量」をそれぞれ選べることです。この日は、山岡家のスタンダードの醤油スープを・・と、醤油チャーシュー麺820円を注文。

さて、かなり大きめの器でラーメンが出てきます。ボリューム多そう。見た目は、いわゆる家系ちっく?な感じなのでしょうか。豚骨醤油スープに、ノリ3枚、ホウレンソウが浮かび、ネギがトッピングされています。スープの表面に多めの脂分が浮いているのが特徴です。

スープを飲むと、かなり脂分が浮いているものの、そのくどさは、それほど感じません。豚骨ベースのしっかりとした味わいと、程よい感じの醤油味。こってりすぎず、後味のキレがよい、とても飲みやすい風味に仕上がっています。

麺は、太麺のストレートを使用されています。一本一本が短いのと、ぽそっとした、独特の食感が特徴です。すこし食感が硬いような感じで、京都のラーメンに食べ慣れていると違和感を感じるような麺です。スープもさらりとしているので、スープとの一体感という点では劣る気がします。ただ、トッピングのホウレンソウ、ノリとスープ、麺を絡めると、良い味わいになるのが不思議。それは良い点でした。

チャーシューは、やや厚切りの肩ロース。味付けもしっかりしており、食感も良く好印象。脂分もそれほど多くなく、食べやすい仕上がりです。

こってりすぎず、飲みやすいスープは万人受けするでしょうし、お店の明るさ、接客の良さからも、これからも繁盛しそうなお店です。関西には店舗は、まだまだ少ないですが、少しずつ増えるかもしれませんね。

↓醤油チャーシュー麺
111225-1.JPG

↓チャーシュー
111225-2.JPG

↓麺とスープ
111225-3.JPG

↓お店の外観です。
111225-4.JPG
posted by たぬき at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック