2012年01月28日

麺家・影武者@京都府向日市上植野南淀井

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

向日市、171号線近くにあるお店「麺家 影武者」さんです。

店舗は木目調の落ち着いた雰囲気の外観です。お店の横には駐車場があります。

店内も、照明をやや暗めにしてあり、とても落ち着いた雰囲気です。お店は男性二人で切盛りされているようでした。

ラーメンメニューは、基本は、鶏ガラ・豚骨ベースに数種類の野菜・海の幸を用いているという影武者ラーメン(並)700円が基本です。トッピングに、特製厚切り炙りチャーシューや、京風香味野菜、煮玉子、揚げ桜海老、青森産きざみにんにくなどを選択することが出来て、それにより値段が変わるようになっています。

他に、温かいつけ麺880円(濃厚豚骨魚介しょうゆ)、冷しつけ麺780円(あっさり味)などもあります。単品メニューも、基本的なギョーザ、唐揚げ、チャーハンなどが存在し、それらとラーメンを組み合わせた定食メニューもありました。

この日は、特製厚切り炙りチャーシュー麺(並)900円を注文。

まじめそうな店長さん、もくもくと一品一品をしっかり調理されます。チャーシューもじっくり加減を見ながら炙られて期待が持てます。

出てきたラーメンは、赤い器にやや茶色く濁った色合いのスープ、そこにかなり厚切りの炙られたブロックチャーシューがたくさん乗ってます。その他、メンマ、太めのモヤシ、海苔、ねぎがトッピングされています。

スープを飲むと、鶏ガラ・豚骨のベースの味わいがとてもしっかりしているのですが、味付けとしては、かなりあっさりとした醤油味。鶏ガラ特有のコラーゲン質も感じますが、とても控えめ。ある意味、パンチ力というのには欠けるのですが、とても上品で優しく、旨みたっぷり。かなり高レベルのスープだと思います。

麺は、中細ストレート麺を使用。こちらは、やや低加水タイプのものでしたが、高レベルのスープと比べると、ちょっと安っぽい印象を受けました。食感もイマイチなのと、スープと絡まないような。こちらは残念。

チャーシューは、かなり厚切りのものやブロック状のもの、薄切り大判タイプなど、複数の形状が入れられています。どれも丁寧に炙られており香ばしく美味。しかもバラ肉部分ですが、脂がしつこすぎず、とても食べやすい味となっています。

他に、海苔は、この柔らかい味わいのスープ・麺と絡めて食べるのに良い感じでした。メンマはやや甘めの味わいで存在感がありました。

食べ終わるころ、本当にスープが美味しくて飲み干してしまいました。豚骨・鶏ガラの旨みの効いたあっさりスープ、本当に上品で高レベルに思いました。チャーシューも悪くないし、麺がもう少し改善されれば、すごく良い一杯になるのではないでしょうか。とても飲みやすいスープで、老若男女、多くの方に受け入れやすいラーメンだと思います。

↓特製厚切り炙りチャーシュー麺(並)
120129-1.JPG

↓チャーシュー
120129-2.JPG

↓麺とスープ
120129-3.JPG

↓お店の外観です。
120129-4.JPG
posted by たぬき at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック