2012年01月29日

第40回たつの市 梅と潮の香マラソン大会

年末年始のトレーニング、走り込みをガツン!としたかったのですが、30km走や20km走をしては、翌日に膝に痛みが出たり、それまで痛みのなかった足首に痛みが出たり・・それどころか、今まで痛みのなかった側の膝に痛みが出たり・・ 長距離を走っては、休んで・・で、なかなか思うように、トレーニング量が増やせなかった毎日。

なので、この日は学生時代を過ごした懐かしの播磨での大会ですが、それほどマラソンの記録を狙うぞ!という高ぶりも無く、記録は無理だろう・・とさばさばとした気分。

この日は、たつの市(旧御津町)なので、朝4時に起きて、5時発で高速で大会会場に向かいます。長く、西播磨で暮らしていただけあり、御津町は勝手知っている地域。会場に近づくと、懐かしい風景が広がります。

最近は、フルマラソン以外は、小さな大会のほうが居心地が良いので、ローカルな大会を選んでいたのですが、この大会もかなり素朴な雰囲気でした。会場で受け付けをしていると地元の高校生とかが多く参加していて、地元密着型という感じでした。

コースは、御津運動場をスタートし、海岸沿いの国道250号線を相生市方面、室津のあたりまで行きます。このあたりは、いわゆる七曲りと呼ばれる起伏が激しい場所です。そこを折り返し、ちょうどスタート地点で11km地点くらいとなります。

その後、苅屋の成田新田に向かい、成田新田の海岸沿いをぐるっと回って、御津運動場に戻りゴールとなります。前半は、起伏が強く、後半はほぼ平坦なんだろうなと想像は出来ました。この日は、練習用の厚底タイプと、レース用のスカイセンサーの2種類のシューズを持っていったのですが、スカイセンサーで走ることにしました。

スタートをすると、ハーフと10kmのランナーが同時スタートなので、予想以上に混雑していました。2km地点を過ぎた時点で、12分近くかかりました。記録を狙ってないのですが、遅すぎ!!と思って、混雑をかいくぐりながら、どんどん抜いていくようにしました。

そのうち、3,4km地点くらいからまばらになり始めますが、5kmから七曲りに入って行きます。起伏があるから・・と思い、抑え気味に走るようにしてました。ただ、この起伏、予想よりきつくありません。

今までハーフはトレーニングと考えて、志摩のロードパーティや、淡路の国生みマラソンなど、起伏が強いレースに出てきたので、なんだか余裕があるのと、もうひとつ体に変化が・・・ 怪我後の2レースは、走っていて余裕がなかったのですが、なんと言うか走っていて体が軽いし、疲れが来ないというか・・なんだかんだ言ってトレーニングにより、身体が出来てきてるんだな・・と。

七曲りの起伏も、ほとんどタイムを落とさず4分30秒/kmペースで走れます。そして七曲りを終えて、平坦コースへ。このままの4分30秒/kmペースで走っていたら、1時間35分を切れないなと思ったので、少しペースを上げてみます。それでも脚に余裕があり、まだまだ行けそう。

その後、ペースも落とさず、ほぼ一定ペースで走り、さらに最後の1kmはさらにペースアップして1時間30分台前半で、ゴールすることが出来ました。

レース中、練習で痛めていた右の足首が少し気になりましたが、一番心配していた膝は意外と平気で、なによりも2,3年前に記録を出していたころのように、ハーフで失速しない走りが出来たのが本当にうれしく思いました。走っていて、あ・・怪我をする前の走りが戻ってきたと、とても楽しかったです。

今年の3月の篠山マラソンは、あまり良い走りは出来ないかな・・と思っていたのですが、今回走ったことによって、自信を持って挑むことが出来そうです。

おそらく、明日以降、また膝が痛むのではないかな?と思うので、様子を見ながら再度、トレーニングを再開して行こうと思います。

↓大会会場
120129-8.JPG

↓ゴールゲート
120129-9.JPG

↓大会バルーン
120129-10.JPG
posted by たぬき at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック