2012年02月23日

ちゃぶ屋とんこつらぁ麺 CHABUTON・京都ヨドバシ店@京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都のヨドバシカメラのレストラン街にあるお店「ちゃぶ屋とんこつらぁ麺」さんです。このお店「ちゃぶ屋」店主の森住康二さんが、プロデュースした香港のお店がミシュランで一つ星を獲得(ラーメン業界では初なのだそうです。)したことを大々的に宣伝されています。

店内は、カウンター席とテーブル席が並び、雰囲気はジャズ音楽が流れ、今風の落ち着いたお洒落な雰囲気です。システムとしては食券制となっています。

メニューはちゃぶとんらぁ麺700円、ちゃぶとん塩らぁ麺700円、ちゃぶとん味噌らぁ麺780円、夜とんらぁ麺(専用醤油ダレ&ニンニク入り)780円、ちゃぶ屋流正油らぁ麺680円、ざるつけ麺750円、スピルリナの野菜系らぁ麺780円など。チャーシュー麺にすると+300円で1000円を超えるやや高めの価格。ただし替え玉は無料のようです。他にも単品メニューがいくつか存在していました。

この日は、ちゃぶとんチャーシュー麺1000円を注文。

さて、出てきたラーメン、やや高いお洒落な器で出てきます。白濁した豚骨スープにゴマがいっぱい振りかけられているのが特徴的。他のトッピングは、チャーシュー3枚と、ネギ、メンマです。

スープをいただくと、とてもあっさりとした豚骨スープです。なんと言うのでしょうか、豚骨=濃厚、粘度高い、野性的なんてイメージが先行するのですが・・その逆をいくようなスープです。濃さや動物的なだしの強さはなく、ある意味個性がない感じ。ただ、上品な美味しさは感じます。私の最初に飲んだ瞬間の感想は、ゴマの風味も相まって、カップラーメンの豚骨みたい・・という感じでした。ただカップめんとは違って、雑味のない上品さは、とても感じることが出来ました。

麺は、低加水の中細のストレート麺を使用。こちらは食感もしっとりとしていて、上品なスープとよく合っている感じがしました。

チャーシューは大判な巻きチャーシューを使用。2枚で300円アップは高いなぁと思いましたが、醤油ダレの味がしっとりと入っていて、素材の良さを生かしていると思います。

全体的には、麺もチャーシューも高いレベルだなと思ったのですが、なんと言うかスープが少しインパクトがなさ過ぎて・・・ちょっと物足りないな・・と思った一杯でした。ただ、この雑味の少ない上品さは、老若男女どなたにも受け入れやすいスープだと思います。

↓ちゃぶとんチャーシュー麺
120223-1.JPG

↓チャーシュー
120223-2.JPG

↓麺とスープ
120223-3.JPG
posted by たぬき at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック