2012年03月15日

ラーメン藤・石山店@滋賀県大津市粟津町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

石山駅を降りてすぐのところにある「ラーメン藤」さんの支店です。

店舗は昔ながらのラーメン屋さん風で、黄色い明るい看板が目印。駅から近い側の細い道からも、その逆側の道路沿いからも入れる、入口が二つあるような造りとなっています。道路沿いのほうの入口に2台ほど停められる駐車場があるほか、駅に近い側には駐輪場もあります。

店内は、カウンター席とテーブル席が並ぶ食堂風のお店。お店は店長らしき男性一人で切盛りされていました。夕食時に訪れたので、駅から帰宅時のサラリーマンや学生さんで賑わっていました。

ラーメンメニューは、スープが3種。基本の醤油味と、味噌、九州(豚骨?)の3つ。他にチャンポンも存在しました。また中華メニューが多く存在し、焼そば系なんかもありました。基本の醤油味のラーメンの値段は、並580円、大680円、チャーシューメン750円、特製800円です。他に焼めしや、唐揚げなどと組み合わせたサービスメニューも存在します。

この日は、チャーシューメンを注文。

しばらくすると、京都ラーメンらしい醤油スープの一杯が登場します。やや濁った色合いの醤油スープは、表面が正面を反射するようにきらきらと輝いています。チャーシューが多めに盛られ、他のトッピングはメンマ、ネギ、モヤシとシンプルなものです。

そのスープの味わいは、ほんのりと塩加減が強め、そして豚のコクがしっかりと聞いた醤油味。ただ後味は本当にすっきりときれいに切れる感じです。このお店は癖も無く、本当に高レベルなスープだと思いました。京滋では、おなじみの味ですが安心感があります。

麺は、中細ストレート麺を使用。柔らかめの茹で具合で、しっとりとした食感が心地よいものでした。

チャーシューもラーメン藤の本店に近いような赤身の食感の強いものを使用されています。薄切りで柔らかみがあり、スープとの馴染みもとても良いものでした。

この店舗は、ラーメン藤の本店に近い、かなりスタンダードな味を楽しめるお店だと思います。何度でも食べられる、癖のない味わい。それがラーメン藤の美味しさだと思います。

↓チャーシューメン
120315-1.JPG

↓チャーシュー
120315-2.JPG

↓麺とスープ
120315-3.JPG

↓お店の外観です(道路沿い)。
120315-4.JPG

↓お店の外観です(石山駅に近い側)。
120315-5.JPG
posted by たぬき at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック