2012年04月15日

ラーメン翔龍@京都市伏見区深草一ノ坪町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京阪の伏見稲荷駅のすぐ近くにあるラーメン店「翔龍」さんです。お店の外観は落ち着いた感じです。駐車場は無いと思います。

店内は、それほど広くなく、カウンター席とテーブル席が3つあります。ジャズ音楽などもかかり、ラーメン店と思えないような、とても落ち着いた雰囲気です。お店は、夫婦と思われる方が切盛りされていました。観光地なので、メニューも英語表記があったりします。

ラーメンメニューは、7つのスープから選択できるようになっています。メインは、しょうゆ。他に、黒しょうゆ、味噌、煮干し(Wスープ)、しお、白湯、カレーとなっています。どのスープを選んでも並700円、大800円、ミニ600円、チャーシューメン850円。

単品では、焼き豚こま切れ丼250円が人気の模様。ランチタイム(11:30〜15:00)は、焼豚こま切れ丼は好きなラーメンに+50円で食べられるようです。他に餃子や、焼豚などがあり、それらと組み合わせた定食メニューも存在します。

この日は、お店のおススメとされている「しょうゆ」スープのチャーシューメン850円を注文。

出てきたラーメン、澄んだ感じ、でもよく見るとやや濁ったようなきれいな醤油スープ。そこに白菜、ネギ、チャーシュー、こま切れチャーシュー、ゴマがトッピングされています。

スープの味わいは、上品で優しい味わいです。ずいぶん以前、このお店が雑誌に乗った時に、ガラを使わず豚肉でスープを取ると書いてあったと記憶していますが、豚の旨みは、本当に控えめに効いている感じでしょうか。それよりもトッピングの野菜などから来る優しい甘みが調和していて、ほんのりと飲みやすいスープです。最近は、こってりなものが人気ですが、このような優しいあっさり風味もたまには良いなと思えます。

麺は、中細ストレート麺を使用。表面がツルっとした食感なのが印象的です。白菜などとの絡みもまずまずで、悪くはありません。

チャーシューは、やや厚切りで、味付けはスープと合わせてあっさり風味。脂身と赤身のバランスも良く、豚本来の旨みを楽しむことが出来ます。こま切れチャーシューもスープを浸していただくとスープの旨みが染みわたり、良い感じでいただくことが出来ます。

食後には、サービスとして、一口コーヒーを提供していただきました。お店の方の接客も優しく、ラーメンの味も優しく、くつろげる雰囲気です。比較的新しいお店のようですが、末長く続いてほしいなと思える雰囲気がありました。

↓しょうゆ・チャーシューメン
120415-1.JPG

↓チャーシュー
120415-2.JPG

↓麺とスープ
120415-3.JPG

↓お店の外観です。
120415-4.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
こんにちは^^
白菜とネギの彩りが、鮮やかで綺麗ですね^^
優しい感じのラーメン見たいですね、最近はこう言うラーメンの方が美味しく感じる歳に成って来ました^^
+¥50で食べれる焼豚こま切れ丼も魅力的ですね!
Posted by アグネス・デジタル at 2012年04月16日 09:38
アグネスさん、こんにちは^^

このお店は、本当に上品で優しい味わいのスープでした。

あっさり系が好きな方には、よい味わいのお店だと思います。
Posted by たぬき at 2012年04月16日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック