2012年04月19日

麺屋たけ井@京都府城陽市観音堂甲田

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

24号線沿い、城陽市の南のほうにある人気のラーメン・つけ麺のお店「たけ井」さんです。この日は、平日のお昼12時ごろ、お店の前を車で通ると、4人しか待っておられなかったので入ってみました。

お店は、こじんまりとしています。お店の前に駐車場があり3,4台停められるでしょうか。それと24号線沿いを北側へ進んだところに、多くの台数が停められる第二駐車場が存在します。

店内は、カウンター席と4人掛けの座敷が3つ。女性の店員さんの接客がとても丁寧で、好感が持てるものでした。お店入ってすぐのところに食券機があり、並んでいる間に券を購入するシステムとなっているようです。

メニューは、つけ麺が並850円(麺280g)、小800円(麺220g)、大950円(麺400g)、ラーメンは並750円(麺180g)、小700円(麺230g)、大850円(麺280g)。これらにトッピングを加えることにより値段が変わるシステムになっています。

またカラアゲやギョーザなどの単品モノも存在しました。

この日は、ラーメン(並)750円のチャーシュートッピング+250円を注文。

さて、出てきたラーメン、驚きなのは、ドーンと乗った大判のチャーシュー!迫力があります。スープは、見るからに濃厚そうな豚骨スープで、その表面に魚粉が多く浮いているのが分かります。他のトッピングは、かなり太めのメンマ、海苔、ネギ、そしてきざんだ柚子でした。

スープをいただくと、かなり粉っぽさを感じるような独特の濃厚な豚骨スープです。豚骨だけでなく、魚粉からも、その粉っぽさは来るのでしょうか。濃厚に豚骨の旨みが出ていて、魚介の旨み、それと後味に柚子のさわやかさが引き締めていて、かなりこってりなのに、意外と飲みやすいなと思える味わいでした。

麺は、太めの全粒粉を練り込んだものを使用されています。ものすごい弾力感を想像していたら、意外とサクッとした感じの食感で食べやすいもの。京都では見慣れない太麺なので、しっかりと噛んでいただく感じで楽しむことが出来ました。

チャーシューは、味付けは薄い、煮豚系のものを使用。豚本来の味わいを楽しめるものです。とにかく、その豚肉の量がすごくボリューム感は抜群。ただしっかりと脂分が抜いてある分、独特の噛み切りにくさがある食感で、意外と食べるのに苦労しました(^^;

太めのメンマも存在感がありましたし、ネギもやや粗めの削り方で、それが逆に濃厚な豚骨魚介スープの中でもしっかりとした味を出していました。

いつも、このお店の前を通ると、すごい行列なので、強烈なインパクトのある味なのかなと思っていましたが、濃厚な豚骨魚介系のスープながらも、とても上品にまとまったような一杯でした。濃厚豚骨系スープが好きな方はもちろんのこと、この味なら濃厚スープが苦手という方でも意外といけるかもと思いました。

↓ラーメン(並)+チャーシュートッピング
120419-1.JPG

↓麺とスープ
120419-2.JPG

↓チャーシュー
120419-3.JPG

↓お店の外観です。
120419-4.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
こんにちは^^
こちら、私は一度しか行って無いのですが、超人気店ですよね^^
つけ麺を食べたのですが、麺の腰が強烈で鮮明に印象が残ってます。
また行きたいと思ってるのですが、行列必至ですね!
Posted by アグネス・デジタル at 2012年04月20日 09:15
アグネスさん、こんにちは^^

つけ麺は、すごいコシとみなさんおっしゃいますね。いつか気が向いたら、挑戦してみます。

お店の方の接客も丁寧でしたし、これからも人気は続くんでしょうね^^
Posted by たぬき at 2012年04月21日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック