2012年06月10日

天下一品・木津川店@京都府久世郡久御山町下津屋鯛ヶ鼻

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の木津川店です。木津川店と書くと、木津川市にあるように思ってしまいますが、久御山町の国道1号線沿い、木津川を渡る橋近くにあります。

お店は木目の外観と大きめの「屋台の味」と書かれた電飾が特徴的。お店の前には駐車場があります。

店内は、島状のカウンター席と、テーブル席があります。このお店、客入りも良く繁盛している印象があります。

メニューは、直営店だと思えるメニュー構成です。ラーメン並は、680円で、こってり、あっさり、屋台の味(こっさり、こってりとあっさりの中間です)から選べます。麺も普通麺と細麺から選べます。にんにく入りorなしも選択可能です。

他に、このお店は、豚トロチャーシューメン880円、味がさね730円、潮彩ラーメン800円があるほか、つけ麺(一日30食限定、平日15時より販売)850円、極太メンマラーメン830円、角切りチャーシューメン830円なども存在します。また天一らしく、サイドメニュー、定食類も充実しています。

この日、好みの潮彩ラーメンを・・・と思いつつ、角切りチャーシューメンを食べたことが無かったので、角切りチャーシューメン並830円を、にんにくあり、麺は細麺で注文しました。

さて、いつもどおり濃厚そうなスープのラーメンが運ばれてきます。トッピングは、普通のチャーシューと、厚切りの角切りチャーシュー。角切りのほうは、厚さが1.5cmくらいあるでしょうか。他にメンマとネギが乗せられています。

スープは、天一らしい、野菜・鶏ガラをとことん煮込んだ、濃厚スープ。このお店は、天一の中でも濃度も高く良い感じがします。そのトロリとした食感と、後を引くような旨みは癖になるものです。

麺は、細麺を選択したので、多加水の細めのストレート麺が使用されています。個人的には、普通麺のほうが濃厚なスープと絡みやすい感じがして、好みかなと思います。あと、この細麺は、表面がつるりとしていて、濃厚なスープの重みに引っ張られて、少し箸でつかみにくいですね(^^;

普通のチャーシューは、いつもながらの赤身が多めの素朴なものですが、角切りチャーシューは、厚切りのバラ肉を使用されています。バラ肉ですが、脂分は抜かれていて、癖はありません。厚みがあるため、食感も心地よく、なかなか食べ応えも良い感じだと思いました。

天一は、店舗ごとに、少し味わいが異なるものの、このお店は、スープ、角切りチャーシューの質ともに良い味わいだなと思いました。

↓角切りチャーシューメン・こってり
120610-1.JPG

↓角切りチャーシュー
120610-2.JPG

↓麺とスープ
120610-3.JPG

↓お店の外観です。
120610-4.JPG
posted by たぬき at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
こんにちは^^
私も木津川店は、天一の中でもレベル高いと思います^^
メニューが依然と比べて増えてますね。
極太メンマラーメンに凄く引かれます^^
Posted by アグネス・デジタル at 2012年06月10日 21:20
アグネスさん、こんにちは^^

最近、このメンマと角切りチャーシューメニュー、直営店では、やっておられるようですね。

実は最近、続けざまに天一に入ったので、またレビュー書いてみたいと思います。
Posted by たぬき at 2012年06月11日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック