2012年06月15日

天下一品・1号線下鳥羽店@京都市伏見区下鳥羽城ノ越町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の1号線下鳥羽店です。

お店は、その名の通り国道1号線沿い、丹波橋通りとの交差点にあります。店舗前には駐車場も完備されています。

店内は、ラーメン店にしては広めです。店内中央に島状のカウンター席があり、テーブル席も並びます。少し面白いのは、レジの横で天下一品グッズ?が売られていることでしょうか。マグカップとかラーメン鉢とかが売られていました。

メニューは、天一らしい、こってり・あっさり・屋台の味(こっさり・2号)の3本柱のスープからなっています。他店で見たことのないメニューでは、角煮ラーメン(並)900円、角煮スペシャルラーメン(並)(角煮たっぷりに煮玉子入り?)1140円、本格焼豚ラーメン(並)920円など。また味がさね、潮彩ラーメンの取り扱いもされています。

この日は、本格焼豚と角煮で迷いましたが、角煮ラーメン(並)を注文。仕事の前日だったため、こってりスープ、にんにくなしでお願いしました。

さて登場したラーメン、いつものこってりラーメンに、角煮がゴロンと入れられて出てきます。具は、メンマ、ネギ、チャーシュー、角煮です。

スープは、いつもながらの、鶏ガラ・野菜をとことん煮詰めたような、どろどろスープ。そのこってり感は、天一の中でも良い感じでしょうか。濃厚な旨みが詰まったスープは、何度飲んでも癖になるような、飽きない味わいです。

麺は、多加水気味の中細ストレート麺。天一独特の柔らかみのある麺ですが、スープの粘度がハンパないため、スープとの絡みは、とても良いものです。

そして、角煮は、すごく甘辛い感じの醤油ダレで味付けされています。この味わい、天一のこってりスープとは、合わないような・・・強い甘さがあり、なんだかスープの中で、角煮だけが孤立しているかのように思いました。単品で食べたほうが良かったかな・・ ただその柔らかさ、それと最初は少ないかな・・と思ったのですが、スープの底からごろごろと出てきて量的にも申し分ない感じでした。

あと、このお店、メンマが特徴的ですね。濃いめに味付けされていて、他の店舗とは違う味わいを楽しめました。

角煮の味わいは、天一のスープとは合わないように思いましたが、スープ自体も良い味わいで、美味しいお店だなと思いました。次は、普通のチャーシューメンとは別に設定されていた、本格焼豚ラーメンを試してみたいと思います。

↓角煮ラーメン(並)
120615-1.JPG

↓、角煮とチャーシュー
120615-2.JPG

↓麺とスープ
120615-3.JPG

↓お店の外観です。
120615-4.JPG
posted by たぬき at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
こんにちは^^
ここの店舗は、天一の中でも一番行ってるかも知れません^^
私も総本店で、スタミナラーメンを食べた時にキムチと濃い目に
味付けされたスジ肉がスープと、合わないと思いました。
天一のスープには、やはりあっさり目のチャーシューが
合ってる様な気がします^^
Posted by アグネス・デジタル at 2012年06月16日 19:25
アグネスさん、こんにちは^^

このお店スープがいいのですが、
やっぱり、少し濃いめのチャーシューとは
味が噛み合わない気がしますよね^^;
Posted by たぬき at 2012年06月18日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック