2012年08月21日

力餅食堂@京都市伏見区醍醐東合場町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の昔からの定番食堂「力餅食堂」さんの醍醐と石田の間あたりにあるお店です。

この日は、休日。ねねの湯(スーパー銭湯)でゆっくりしたあと、食べるところないかな・・と、うろうろ。四川ラーメンがあるなと、入ろうとしたら、その対面くらいに力餅の看板が見えたので、しばらく入ってないなぁと入りました。

お店の外観は、これぞ力餅という、昔ながらの大衆食堂風。駐車場はありません。こちらの力餅食堂さんには初めて入ります。

店内も同じく、昭和の食堂そのもので、テーブル席が並びます。お店は、老夫婦で切盛りされていました。

メニューは、麺類、丼ぶりなどが豊富にそろっています。バラずし、いなりずし、巻ずしなどもあるようです。力餅食堂というと、おはぎを売ってたりしますが、このお店はやってたのかな・・?よく見てませんでした。

この日は、中華そば580円を注文。

以前、雑誌で、京都で一番古い中華そばは、新福菜館ではなく、力餅食堂が出した中華そばではないかという記事を読んだことがありましたが、どうなんでしょうね(^^;でも、六角の本店は、廃業されたまんま店舗は閉じておられるので、その味わいは、もう楽しむことができません。

さて出て来た中華そば、透き通った色合いのスープにモヤシたっぷり、チャーシュー、ネギ、蒲鉾2枚。昔ながらの見た目の中華そばです。力餅さんの中華そばというと、醤油スープというイメージが強いのですが、このお店は違うようですね。

スープを味わうと、鶏ガラベースでしょうか、塩スープのあっさりとした和風味です。胡椒が振りかけられているので、あっさりした味わいの中にも、しっかりとした刺激感を感じます。

麺は、細めのストレート麺を使用。昔ながらの中華麺という感じで安心感があります。食感は、そこそこ良い感じです。

それとチャーシューは、自家製で作られているんでしょうか。かなり本格的な味わいで、醤油ダレの味わいが染み込み、ほろほろ崩れるような食感、とても良かったです。

力餅さんというと、いつも、にしんそば、うどんなんかを食べていたのですが、このような昔ながらの中華そばもいいなと思います。とてもゆったりとしたくつろげるひと時でした。

↓中華そば
120821-1.JPG

↓チャーシュー
120821-2.JPG

↓麺とスープ
120821-3.JPG

↓お店の外観です。
120821-4.JPG

↓メニュー
120821-5.JPG
posted by たぬき at 21:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
こんにちは^^
塩味のスープでチャーシューがかなり美味しそうですね!
チャーシュー麺とかも有るのかな?
トッピングで餅も入れれると意外と美味しかも知れませんね^^
Posted by アグネス・デジタル at 2012年08月23日 17:32
こんばんわ。昨日はサンガ残念。久保頼みます。リーグ戦は何でだめなんか。力餅は本当にやさしい味で安らぎます。
Posted by ひでちゃん at 2012年08月24日 00:04
アグネスさん、こんにちは^^

チャーシューメンは、ないかもしれません。食堂なので。店舗によっては、あるかもしれませんけど^^;

トッピングとか出来る力餅さんも、今まで見たことないかも・・^^; 本当に昔ながらの食堂なんですよ^^



ひでちゃんさん、こんにちは^^

サンガ残念ですね。私も水曜日、観戦に訪れていました。でも、久保は、あそこでPKをやっぱり蹴らなければいけなかったし、これからも蹴って決めれる選手に変わってほしいですね。

力餅さんは、お店によって味は違いますが、雰囲気は、どこでも素朴ですよね^^
Posted by たぬき at 2012年08月24日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック