2012年08月24日

らぁ〜めん京・祇園本店@京都市東山区祇園町北側3

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

祇園会館前に新しく出来たお店「らぁ〜めん京」さんです。この日、お昼時に歩いていると、偶然見つけたので入ってみました。

お店は、祇園会館前にあり、外観は和風でシックな落ち着いた感じ。駐車場は街中のため、ありません。

店内もとても落ち着いた和風の雰囲気です。カウンター席とテーブル席が並びます。

ラーメンメニューは、背脂醤油系の京らぁ〜めん700円がメイン。+200円で、とろ旨ちゃあしゅうめん、+100円でスープを特濃こってりに出来ます。他に中華そば700円、生野菜らぁ〜めん750円、鶏しおらぁ〜めん750円、辛味噌らぁ〜めん750円。そして期間限定の特製冷麺880円があります。

また単品メニュー、セットメニューも揃っていました。

京らぁ〜めんの説明書きを読んでいると「京都で長年修業の末にたどり着いた、鶏ガラ豚骨醤油スープと、熟成細麺」とのこと。「背脂入りの鶏ガラ豚骨醤油」+「熟成細麺」のキーワード、すぐにピンと来ますね。昨年、親会社の倒産で閉店された背脂醤油系の名店「宝屋」さん出身の方なんでしょうね。帰宅後ネットで調べると、どうも宝屋の姫路店の関係の方々が立ちあげられたのかな?と思いました。

とにかく、この日は、特濃こってり・とろ旨ちゃあしゅうめん1000円を注文。

出てきたラーメンは、背脂がきめ細かく浮いた、やや濁った醤油スープで一味は浮いていません。もうすこし背脂が少なければ、宝屋さんを思い出すような見た目です。チャーシューは、薄切りのものが二枚と、厚切りのとろ旨チャーシューがごろごろ数枚、他に煮玉子半切れ、メンマ、ネギです。

スープを味わうと、ぐっとくる豚骨・鶏ガラの動物系のコク+たっぷり脂分の、野性的な味わい。これは濃厚こってり特有のものでしょうか。宝屋でイメージする、あっさりとした上品な背脂醤油の味わいとは、一線を画しています。ただ、ひたすら脂分が強いだけでなく、後味は、ひきしまったすっきりとした印象が残ります。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用。しっとりとした優しい食感が、とても食べやすいものでした。

厚切りのとろ旨チャーシューは、暑さ1センチくらいでしょうか。厚切りで口の中でとろけるようなバラ肉です。味付けは濃すぎず、食べやすいものでした。また薄切りのチャーシューは、柔らかく煮込まれており、麺と絡めて食べるのにも適していました。煮玉子にも味がしっかりと入ってました。

特濃こってりにすると、おそらく宝屋さんに近い味わい+スープ濃いめ・背脂たっぷりになるのでしょうか。すこし上品な味わいに野性味が加わった感じで、これはこれで癖になりそうな味わいだなと思いました。今度行く時は、普通のほうのスープも味わってみたいです。きれいなお店ですので、これからもがんばって続いてほしいなと思います。

↓特濃こってり・とろ旨ちゃあしゅうめん
120824-1.JPG

↓チャーシュー
120824-2.JPG

↓麺とスープ
120824-3.JPG

↓お店の外観です。
120824-4.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
こんにちは^^
見た目がまさに京らぁめんですね、こう言うのが一番好きです^^
宝屋さんや大王が大好きだったので、閉店されたのはとても
残念です(汗)
流行ってたと思うので、倒産の理由が?
Posted by アグネス・デジタル at 2012年08月25日 08:36
アグネスさん、こんにちは^^

たしかに宝屋、大王さんも流行っていたし、よく分からないですよね。いっぱい出店を続けられていたからなのでしょうか。

ここの味は、なかなか良かったですよ^^
Posted by たぬき at 2012年08月29日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック