2012年11月13日

城南宮@京都市伏見区(4)

京都市非公開文化財特別公開で後悔が行われていました城南宮です。

こちらは、絵巻や屏風を中心に公開されていたのですが、個人的には、古事記1300年目を記念して「神々の絵画」が展示されていたので、そちらを楽しみに行きました。

今から100年前の明治年間にも同じく古事記1200年を記念して、描かれた絵画があったようで、それらの展示があり、天照大神から天皇家への繋がりがよく分かる面白い絵画展でした。

春には、枝垂れ梅や桜の名所でもある神苑は、花が少なく、紅葉もまだまだでしたので(約10日前)、観光客も少なく静かでした。

↓過去の参拝記録
城南宮(1)
城南宮(2)
城南宮(3)

↓神苑の様子。
121113-1.JPG

121113-2.JPG
posted by たぬき at 22:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 寺社@京都
この記事へのコメント
こんにちは^^
城南宮は以前同僚とお昼休みに訪問した事が有ります。
神々の絵画は見た事無いですが、ゆっくりと出来る空間だった様に覚えてます^^
Posted by アグネス・デジタル at 2012年11月15日 10:44
素晴らしい神苑ですね^^
古事記や日本書紀を知ればまた、知識の幅が増えるんでしょうね〜〜
Posted by 小池 at 2012年11月16日 23:27
アグネスさん、こんにちは^^

城南宮の神苑は、早春の梅の時期がいちばんおススメですよ〜。観光の方であふれてますが、ぜひ一度行ってみてください^^


小池さん、こんにちは^^

個人的に古事記ブームで、いろいろな書物読んでいます^^; ここの神苑は春には梅・桜がきれいです^^
Posted by たぬき at 2012年11月17日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック