2012年12月08日

三輪茶屋@奈良県桜井市大字箸中

三輪そうめん山本の本社敷地内にある素麺レストラン「三輪茶屋」さんです。

お店は、169号線沿いにあり、本社の他、大きな売店、麺ゆう館(資料館、そうめん延ばし体験などが出来る私設)などがあり、とても広々としています。駐車場も観光バスに対応できるようになっています。この売店の横に館内レストランとして「三輪茶屋」さんがあります。

三輪茶屋さんは、注文してからお店に入るシステムとなっています。冬季は3種類のメニューがあります。山の辺(にゅうめんのみ)700円、古都(にゅうめん、柿の葉寿司2つ(鯖)、甘味付き)1000円、万葉(にゅうめん、柿の葉寿司3つ(鯖2、鮭1)、くず餅付き)1200円。

この日は、小腹を満たしたいのみでしたので、山の辺(にゅうめんのみ)700円を注文しました。

店内は、きれいなのですが、ある意味、本社内の研修室の中のテーブルなどを、少しお客さん用に改装しました程度の簡素な感じです。ただガラス張りで、お店の外の庭園を見ることが出来ました。この日は紅葉の季節でしたので、もみじの色合いがとても美しかったです。

さて、にゅうめんの登場です。澄んだ色合いのおつゆに、具は、春菊、エビ、生麩、しめじが入っています。それと黒豆茶が付いてきました。

にゅうめんは、麺が細いのにもかかわらず、とても心地よい食感で、予想以上に食べ心地が良いなぁという印象。素麺としても、かなり良いコシを持っているように思います。おそらく量も一束以上のものが入っているように思いました。

おつゆも、ほんのりと甘さの漂う和風味なのですが、後味は優しく引き締まる感じで、とても飲みやすいものです。このおつゆと素麺が、良い感じで絡み合い、優しい美味しさを、口に運んでくれます。

また、もうひとつ良かったのが、黒豆茶。飲む瞬間から、漂う香ばしさと黒豆から来る旨みが美味しくて、おかわりしたいなぁと思ってしまうような味わいでした。

お店の内装は質素な感じでしたが、とても良質の味わいのにゅうめんをいただき、なかなか満足できました。これからの寒い季節、温かいにゅうめんで、優しく身体を温めるのも良いと思います。

↓山の辺(にゅうめんのみ)
121208-1.JPG
posted by たぬき at 15:58| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
にゅう麺いいですよね♪
夏は、素麺!冬はにゅう麺!(´∀`)

淡路で昔、鯛にゅう麺となるものを食べましたが、なんお美味しかったことか(*´ω`*)
Posted by 小池 at 2012年12月09日 12:07
小池さん、こんにちは^^

播磨には、素晴らしい産地がありますもんね〜^^

淡路では鯛にゅう麺があるんですね。滋賀には焼鯖入りの素麺がありますが、おもしろそうですね^^
Posted by たぬき at 2012年12月09日 19:03
こんにちは^^
にゅうめん一杯¥700、意外とええお値段しますね。
私的にはにゅうめんは、メインでは無くみそ汁やお吸い物感覚で
食べる物と言うイメージです^^
Posted by アグネス・デジタル at 2012年12月10日 10:55
アグネスさん、こんにちは^^

山本のにゅうめんなので、ブランド力もあるので高めなのかもしれませんね〜。しかし、食感の心地よさは、とても良いものがありました。
Posted by たぬき at 2012年12月10日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック