2012年12月24日

山口屋@三重県伊勢市宮後

JR伊勢市駅から、歩いてすぐのところにある伊勢うどんの老舗店「山口屋」さんです。

このお店10年以上前に入ったことがあり、その当時、伊勢うどんって、なんて美味しくない食べ物なんだ!と衝撃を受けたお店だったりします(^^;いっぱい麺類を食べ歩いた今、もう一度いただくと、その印象は変わるのかなと、どうしても食べたくなって立ちよりました。

店舗の外観は、昔ながらの食堂風。駐車場は、駅と逆方面、お店から少し離れた場所にあります。店内も素朴な食堂風でテーブル席が並びます。接客も庶民的です。駅から近いため観光客風のお客さんも多い感じがします。

メニューは、いせうどん500円を中心に、いせそば、うすくちうどん、きしめんなどの麺類、カレー、ごはん、おにぎりなどがあります。いせうどんは、月見、きつね、かやく、肉、にしん、天ぷら、ごちゃいせうどん(天ぷら、肉、かやく入り)などがあります。

また、郷土食膳(伊勢うどん、てこね寿司、さめのたれ)1300円があり、それと伊勢じまん(伊勢うどん・田舎あられ)600円があります。伊勢じまんは、伊勢うどんのたれに、田舎あられを入れて絡めながら食べると言うおもしろそうなメニューでした。

以前訪れた時は、郷土食膳をいただいたのですが、この日は、伊勢うどん食べ歩きを目的にしてたので、普通のいせうどん500円を注文。

このお店の、伊勢うどん、漆黒のタレがたっぷりと入っています。そして、うどんの太さ・・・起矢食堂さんと比べてもかなりの太さ。きしめんと比べられるくらいの幅広さに、さらに厚みがあります。これぞ、伊勢うどんという風貌で堂々としたものです。

さて、うどんをおそるおそるいただくと、この太いうどん、小麦の風味はとても良く、そして食感がないくらいの、柔らかさ。とことんコシを無くしたような特異的な食感がすごすぎて、これぞ王道の伊勢うどんなのかな・・と思いました。

そして醤油ダレが鰹・鯖節でだしを取られているとのことですが、魚介の風味が生きていて、醤油も濃すぎずとてもまろやか。麺とは思えない餅のような、うどんとの相性もとても良いものです。昔の印象で身構えていましたが、あれ・・・?と、逆に肩透かしされたかのような美味しさに驚きました。

昔は、この柔らかすぎる麺に驚きがありすぎて、受け付けなかったのかもしれませんが、今いただくと、タレの味も奥深くとても良かったです。このお店の、いせそばは、うどんと同じタレを使っておられるそうですが、そちらも一度いただいてみたいなと思える味わいでした。

↓いせうどん
121224-1.JPG

↓うどんのアップ
121224-2.JPG

↓お店の外観です。
121224-3.JPG

↓メニュー
121224-4.JPG
posted by たぬき at 19:27| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
こんにちは^^
駅中の立ち食いでは無く、一度こう言う伊勢うどんを食べて
見たいですね^^
しかし出汁の色が新福菜館もビックリの色です(笑)
Posted by アグネス・デジタル at 2012年12月26日 16:57
たぬさんのブログ見てから伊勢うどん気になりまくりっす(^ω^)
いつか食べに行きましょう!
Posted by 小池 at 2012年12月28日 19:12
アグネスさん、こんにちは^^

伊勢には、いっぱい老舗店があるようなので、ぜひいつか行ってみてください^^こんな黒色の醤油ダレ、意外とほとんどのお店だと思います^^;


小池さん、こんにちは^^

ぜひぜひ、いつか行きましょう。帰りは天理で彩華ラーメンで(笑)
Posted by at 2012年12月28日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック