2013年01月12日

福屋@京都府向日市寺戸町渋川

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

阪急・東向日駅を降りてすぐのところにある老舗ラーメン店「ふくや」さんです。ずっと行きたいなと思ってましたが、過去に訪れた時は、臨時で休んでおられました。最近、京都新聞に東向日駅前の特集記事が出ていた際に、ふくやさんも書かれてましたので、思いだしての訪問です。

お店の外観は、赤いテント看板とラーメンの暖簾が目印。細長い一軒家を利用しておられ、老舗らしい昔ながらのラーメン店という雰囲気です。駐車場は存在しません。

店内も昔ながらのラーメン店の雰囲気。かなり狭めですが、カウンター席とテーブル席が2つあります。お店は老夫婦と思われる二人で切盛りされています。

ラーメンメニューは、醤油スープか味噌スープかの二択で、味噌味だと50円アップとなります。ラーメン600円、キムチラーメン750円、チャーシューメン750円、バラ肉チャーシューメン750円、牛スジラーメン800円、角煮ラーメン900円など、トッピングによって値段が変わります。大盛は、100円アップ。ラーメン以外は、キムチ、餃子、ライスなどでとてもシンプルです。

この日は、醤油スープのチャーシューメン750円を注文。

背脂醤油スープの昔ながらのラーメンが登場します。スープはやや濁った色合いに、きめ細やかに背脂が浮いてます。トッピングは、チャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシです。京都の背脂醤油系のスープによく使われる一味は、浮いていません。

スープをいただくと、鶏ガラの風味を感じる醤油味です。独特の甘みと、あっさりながらも、わずかなトロミを感じるような独特のスープです。ベースの鶏ガラのコクも生きていて、なかなか飲み飽きない味わいでした。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。やや柔らかめと言う感じの茹で具合でしたが、この素朴なスープとは相性も良かったです。

チャーシューは、肩ロースの小さめのものを使用されています。量はチャーシューメンとしては、少なく感じましたが、薄切りで柔らかく、味は良かったと思います。

京都の背脂醤油系のスタンダードと比べると、独特の甘みが特徴的な一杯でした。スープの味に深みがあり、派手さはないものの、とても安心できるような真面目な一杯だったと思います。これからも長く続いてほしいお店の一つだと思います。

↓チャーシューメン
130112-1.JPG

↓チャーシュー
130112-2.JPG

↓麺とスープ
130112-3.JPG

↓お店の外観です。
130112-4.JPG

↓メニュー
130112-5.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック