2013年03月26日

立山連峰を遠くに望む

京都0-1富山(富山県総合運動公園陸上競技場)

アウェイ富山戦。初の富山遠征です。富山駅近くのローソンは、カターレカラーだったりしました。

↓カターレ色のローソン
130326-1.JPG

富山のスタジアムは、駅からチャーターバスで約30分。富山市内でも立山連峰は望めますが、スタジアム周辺は、高い建築物もなく、遠くに見渡すことが出来ます。大自然に囲まれた雰囲気で、松本のスタジアムにも似た印象を受けます。

↓遠くに立山連峰が見渡せます。
130326-2.JPG

スタジアムは、陸上競技場を兼ねています。しかしながら、1階席は芝生席で、そこそこピッチから近い印象、2階席も傾斜があるので、とても見やすいです。またビジョンが付いているので、とても見やすい(笑、京都以外どこでもかも・・)

↓二階席よりの眺め
130326-3.JPG

↓メインスタンド
130326-4.JPG

↓一階席よりの眺め
130326-5.JPG

スタジアム内のグルメも充実しているような。富山駅近くで見かけた「てば壱」という居酒屋さんも出店しておられ、そのポスターには黒部選手が使われていました。

スタジアムに出店されていたラーメン店で、ラーメンを買わずにビールのみを買ったのですが、300円で、しかもチャーシューおつまみを無料でくださいます。なんだかお得・・・

↓黒部
130326-6.JPG

↓ビールにおつまみ付き
130326-7.JPG

さて・・・肝心の試合は。サンガがお仕込み気味でありましたが、何度となく裏を取ろうとするも、オフサイドにひっかかるシーンばかりで、決定機というのは、少なかったように思います。逆に二度、ショートパスミスから決定的なカウンターを受け、二度目に失点。

サンガは、ショートパスで試合を組み立てるパスサッカーとよく言われますが、個人的には、パスを用いて相手陣内に持ち込んだシーンを多くし、相手に奪われたのちの素早いプレスからのショートカウンターでの得点が多いように思います。

サンガは、そのためか富山のような、真ん中に同じく密集地帯を作るチームには弱いですね。

とまあ、試合は負けましたが、美しい富山の景色はすばらしいものでした。

↓コーナーキックを蹴る前の福村
130326-8.JPG

↓試合後の選手達
130326-9.JPG
posted by たぬき at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー
この記事へのコメント
お疲れ様です。やはり富山とは相性悪ですね。昇格のために下位にはせめて引き分けないとだめですね。
Posted by ひでちゃん at 2013年03月27日 13:49
ひでちゃんさん、こんにちは^^

富山、スタジアムもとても良かったのですが、結果が・・

相手によって使い分ける柔軟な戦術も欲しいところですよね^^;
Posted by たぬき at 2013年03月31日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック