2013年04月27日

麺屋七福神・四条大宮店@京都市中京区壬生坊城町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

麺屋七福神さんの四条大宮店です。お店は、四条通沿い。四条大宮の交差点から、すぐのところにあります。麺屋七福神さんは、以前、堀川御池店に訪れたことがありますが、こちらの店舗は初です。

お店はビルの1Fに位置しており、木目調の外観となっています。街中なので駐車場は存在しません。

店内は、とても落ち着いた雰囲気です。内装も、とてもきれいです。カウンター席とテーブル席があり、女性のご主人さんと、女性スタッフのみとラーメン店にしては、変わった感じです。女性店員さんのみだからか、接客がとても丁寧です。店員さん同士も、お客さんの前では、しっかりと敬語で会話されます。とても好感のもてる接客だなと思いました。

ラーメンメニューは、七福神ラーメン(鶏ガラ豚骨とカツオだし)、とんこつ醤油(背脂醤油)の二種類がメイン。他に坦々麺、鯛塩、濃厚黒醤油などのラーメンがあります。単品や定食メニューも充実しています。

この日は、七福神ラーメン700円のチャーシュートッピング(2枚プラス、100円)を注文。

登場したラーメンは、背脂の浮いた白濁したスープ。そこにチャーシュー、白髪ネギ、九条ネギ、メンマがトッピングされています。ネギには一味が振りかけられており、チャーシューには、醤油ダレが、あらかじめかけられています。

スープを飲むと、鶏ガラ特有のトロ〜とした粘度。鶏ガラの旨みもしっかり出ていますし、カツオの和風な風味も効いています。かなり濃厚な重みがあるのですが、後味はすっきりしていて、とても好感が持てるスープです。以前、堀川御池店に訪れた際は、旨みが薄い感じがしたのですが、こちらのお店では、しっかりとしたダシが出ていて予想外に高レベルだなと思いました。

麺は、中細ストレートの低加水麺を使用されています。茹で具合は普通な感じで、しっとりとした食感が京都のお店のスタンダードな感じです。粘度のあるスープとの絡み具合はとても良かったです。

チャーシューは、かなり厚切りのバラ肉を使用されています。かけられている醤油ダレは、やや甘めの味つけ。チャーシュー自体は、噛むと、トロリととろけるような、柔らかさがあります。とても高レベルのチャーシューですが、スープの味との相性を考えると、この甘いタレは、無くても良いかな?と思いました。

七福神さんは、堀川御池のお店でいただいたときに、粘度高い鶏ガラスープなのに、ちょっと薄い味わいのような印象を受けていましたが、この日訪れた四条大宮店は、しっかりとした旨みが出ていて、とても好印象でした。接客も丁寧ですし、この味だと、もっと人気が出ても良いお店かなと思います。

↓七福神ラーメン・チャーシュートッピング
130427-1.JPG

↓チャーシュー
130427-2.JPG

↓麺とスープ
130427-3.JPG

↓お店の外観です。
130427-4.JPG
posted by たぬき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック