2013年05月04日

神應寺(神応寺)@京都府八幡市八幡西高坊(2)

京都の非公開文化財特別公開の5カ所目。前回は、4/29に4カ所巡りましたが、この日(5/3)は、ぜひ行きたいなと思う場所が、この場所だったので、訪れてみました。

前回訪れたのは2010年。70年ぶりに不動明王を公開されるとのことで参拝したのですが、本堂の行教律師像を見ることが出来ず・・ この日は、それが公開されるとのことで訪れました。

前回入ることのできなかった、本堂に入り、行教律師像を拝みます。険しいような、独特の表情を持った重厚な像は、見る者を圧倒するような雰囲気がありました。

それと、こちらの本堂の縁側からは、京都・宇治・淀川を一望することが出来て、素晴らしい風景が広がっていました。

本堂を参拝した後は、せっかくなので・・と、前回訪れた奥の院(杉山谷不動尊)へ。新緑の中、とてもすがすがしい雰囲気です。奥の院では、前回は、遠目からしか見ることのできなかったお不動様が、近くで。これは、前回公開されていたものかな?と聞きたかったのですが、お寺の方がおられず、よく分かりませんでした。

ただ、脇仏のユニークな矜羯羅童子・制多迦童子もじっくりと見ることが出来て満足できました。

↓過去の訪問
神應寺(神応寺)(1)

↓本堂
130504-1.JPG

↓奥の院・杉山谷不動尊
130504-2.JPG
posted by たぬき at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック