2013年06月17日

お食事処 相生@京都市上京区千本通出水下る尼ケ崎横町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

千本通り沿い、千本出水の交差点近くにあるお店「お食事処 相生」さんです。相生餅さんの系列なのでしょうか?個人的には、お店の前に掲げてある「電車の走るお店」の看板が、ずっと気になっていたお店です。

お店はビルの1階にあり、そんなに目立たないのですが、黄色い「電車が走るお店」の看板が主張しています。街中なので、駐車場はありません。

店内は、テーブル席が並ぶ大衆食堂風。すぐに目が付くのがお店の南側の大きなケース内に作られた、Nゲージのジオラマ。総距離は25mに及ぶと言う、意外と大きなものです。山陰線の風景を再現して作っておられ、中央の駅を良く見ると「城崎温泉駅」と書かれています。駅裏の看板には「城崎マリンワールド」の看板が再現されていたり、とてもリアル。

そんな看板の中に、きっちりと「電車が走るお店「相生」」の看板が立てられていたり、見ていて飽きないものです。そして、走行路線には、マイクロカメラが設置されていて、鉄道模型の走る様子をアップで、モニターで見ることが出来ます。

さて、お店の方は老夫婦と思える方が経営されており、ご主人が料理、奥様が接客されています。その接客は、とても温かいものです。

メニューは、うどん、そば、ラーメンなどの麺類、丼物、定食、寿司、洋食など豊富にあります。うどおんなどの単品は500円からで、定食は700〜1000円くらい。大衆食堂の価格としては、格安感は少ないように思います。

この日はラーメン650円を注文。

登場するラーメン、トッピングされている海苔から、とても良い香りが漂います。醤油スープは、やや濁っており、チャーシュー、ネギ、モヤシがトッピングされています。

スープをいただくと、よくある大衆食堂系の和ダシの風味とは、少し異なります。動物系のコクが出ていて、濃厚な醤油味も効いていて、ラーメンらしいグっと来る、深い味わいです。濃いめの味わいで飲みごたえがあります。

麺は、細めの多加水ストレート麺を使用されています。柔らかめの茹で具合ですが、濃いめの醤油スープとの相性は良いものです。

チャーシューは、柔らかく煮込まれていますが、味付けも薄く、少し安っぽさを感じるものでした。それと、海苔がとても香りよく、スープとの相性は良かったと思います。

食後、食べ終わると、冷たい麦茶を出してくださいました。暑かったこの日。ちょっとした、気配りがとても心地よく感じる接客でした。

ゆっくりと麦茶を飲みながら、走る鉄道模型を観察。車両は、京阪・近鉄が走っていたり、山陰線とは、異なる車両も存在するのですが、鉄道ジオラマを見ていると童心に帰る、そんな楽しい大衆食堂でした。

↓ラーメン
130617-1.JPG

↓チャーシュー
130617-2.JPG

↓麺とスープ
130617-3.JPG

↓お店の外観です。
130617-4.JPG

↓店内の鉄道模型(城崎温泉駅)
130617-5.JPG

↓店内のジオラマ(お店の看板が飾られています)
130617-6.JPG
posted by たぬき at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック