2013年07月08日

ホーム後半戦開始

京都2-0水戸(岐阜)

2-2で引き分けた栃木戦から、4-3-3の布陣で臨み、攻撃の歯車が噛み合いはじめたサンガ攻撃陣。

この日も、カウンターでピンチを招くシーンがわずかに認められたものの、安定して、相手を揺さぶり得点を感じさせるシーンを作り出しました。

特に前半、山瀬のミドルシュートは見事そのもの。切れの良いドリブルでの切り崩し、振りの速いキックからの弾丸ミドルは、気持ち良いものがありました。

そして試合後は、いつも通り二点目を取った三平のパフォーマンスで、なごやかな笑いに包まれました。

↓試合開始時:5月度Jリーグ月間MVPで表彰されるオスンフン
130708-1.JPG

↓マイクパフォーマンス:山瀬
130708-2.JPG

↓唄う三平
130708-3.JPG
posted by たぬき at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー
この記事へのコメント
三平が点取ると盛り上がりますね。この調子で行きたいですね。
Posted by ひでちゃん at 2013年07月08日 22:07
ひでちゃんさん、こんにちは^^

三平は、盛り上げ役として人気がありますね。中盤の選手の躍動感も良いものがあるので、この調子を続けてほしいですね。
Posted by たぬき at 2013年07月09日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック