2013年07月12日

讃岐製麺・京都吉祥院店@京都市南区吉祥院中島町

「ザめしや」で有名なライフフーズさんが展開されている讃岐うどんチェーン「讃岐製麺」さんです。ライフフーズさんは、以前「めんむす」という名前で讃岐うどんチェーンを展開されていましたが、現在は、すべて「讃岐製麺」となっています。

讃岐製麺さんは宇治店をよく利用しますが、こちらは「めんむす」時代以来で「讃岐製麺」になってからは、初めてです。お店は、西大路九条の交差点を九条通り沿い、少し西に向かったところにあります。駐車場が完備されています。

店内は、もともと「ザめしや」だったことを思わせるレイアウトとなっています。

注文は、セルフ形式で、好きなうどんを注文し、受け取り、他に好みの天ぷら、お惣菜などを取るシステム。うどんは、讃岐にありそうなメニューは一通りそろっています。

それと讃岐製麺は店舗によって、うどん以外は、おにぎりや天ぷらなど種類が限られているのですが、ここは「めんむす」時代の名残なのか、「ザめしや」で出そうなお惣菜類が豊富にそろっています。お店の外観は「讃岐製麺」になりましたが、中身は「めんむす」のまんまだなぁ・・と思いました。

この日は、肉ぶっかけフェアをされておられ、イベリコ豚の豚しゃぶ胡麻うどん(並)430円、蒸し鶏のすだちおろしぶっかけうどん(並)380円、とろ〜り玉子の肉ぶっかけうどん(並)440円の三種類を期間限定で出されていました。

豚入りは、はなまるさんでいただいたことあるけど、蒸し鶏はめずらしいなぁと、蒸し鶏のすだちおろしぶっかけ(並)を冷で注文。それとゲソ天、穴子天、それと鯖の煮付け260円を取りました。合計900円くらいだったと思います。

ぶっかけうどんは、ささみ肉の蒸し鶏、おろし、すだちがトッピングされています。麺は、角が立っており、ややねじれたような麺で、つややかに光っています。

うどんをいただくと、表面はツルっとした感じで、噛むと押し返すような粘度があるのが特徴です。小麦の風味もよく、素直に美味しくいただけます。

ぶっかけダシ自体は、ほんのり甘さを感じる優しいものです。この味と蒸し鶏、そしておろしを混ぜると、とても清涼感のある一杯の仕上がり。さらに、すだちをかけると、爽やかなものになります。これからの夏の季節には、とても良さそうですね。

ザめしや系列の、鯖の煮付けは、個人的にどのお店でも味つけが好みで、柔らかみもあり満足できます。それと、穴子天は、いつもより少し小さく感じましたが、このお店がそうだったのか、この日がそうだったのか。もう少し大きくても良いのになとは、思いました。ただ、天ぷらのさくっとした食感は、とても良かったです。

こちらの店舗は、お惣菜メニューも豊富で、何度でも楽しめそうです。お仕事の合間とかにも良いお店だと思います。

↓蒸し鶏のすだちおろしぶっかけ(並)
130712-1.JPG

↓麺のアップ
130712-2.JPG

↓ゲソ天、穴子天、鯖の煮付け
130712-3.JPG

↓お店の外観です。
130712-4.JPG

↓店内のお総菜コーナー
130712-5.JPG
posted by たぬき at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
私も讃岐製麺よく利用します。はなまるは出汁が駄目(私の好み),此処が一番ですね。
Posted by ひでちゃん at 2013年07月12日 22:26
ひでちゃんさん、こんにちは^^

はなまるさんは、イリコダシもけっこう効いているので、関西の人には合わない味なのかもしれませんね。そのあたり、讃岐製麺は良いかもしれませんね^^
Posted by たぬき at 2013年07月15日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック