2013年08月23日

洋麺屋五右衛門・京都伏見店@京都市伏見区横大路芝生

国道1号線沿い、大手筋の交差点付近にあるパスタチェーンの「五右衛門」さんです。

店舗は国道沿いの郊外型ファミレスという感じです。駐車場も、車の台数が多く停められるようになっています。店内は、落ち着いた雰囲気で、かなりの人数が入れそうです。

この日は、平日の夕方4時ころの中途半端な時間帯に訪問。そのためか、お客さんは、かなり少なく閑散とした雰囲気でした。それと驚いたことは、暇な時間帯のためか、店員さんが一人です。接客から調理、全てされていました。接客はとても丁寧でしたし、料理も問題ない時間で提供されたのですが、もし、この時間帯に団体客が入ったりすると、どうされるのでしょうね(^^;

暑かったこともあり冷製パスタを・・・と思ったのですが、メニューにそそるものがなく、二種類の味が楽しめるハーフ&ハーフの中から「カルボナーラ 炭焼人風」「海老とアボカドとフレッシュハーブのジェノバ風」1400円を注文しました。ドリンクは、りんごジュースを注文。

パスタの提供の前に、和風スープが提供されます。スープは、ある意味拍子抜けするくらい、あっさり和風味。具に、小さな豆腐が入っているのが印象的です。

そしてパスタ。五右衛門さんの特徴は、お箸で食べることです。和風パスタも多くありますが、今回のは洋風な味です。

カルボナーラは、濃厚なクリームソースに玉子を混ぜ合わせると、さらに濃厚な味わいに。そこにピリッとしたブラックペッパーの味わいが、良いアクセントとなっています。ある意味、想像し得る味わいなのですが、濃いめで、こってりとした味が好みの方には受けそうに思います。個人的には、もう少しベーコンが、しっかりしているとうれしかったです。

ジェノベーゼのほうは、バジルの風味の効いたソース。そこに、しっかりとした大きさの海老、アボガドが少々トッピングされています。少しパスタが硬いくらいの茹で具合に感じましたが、ソース自体の味は、無難に良かったと思います。

五右衛門さんは、まれに使いますが、どの店舗でも、そこそこ雰囲気も良く使いやすいなという印象です。また気が向いたときに、ふらりと使うことになると思います。

↓ハーフ&ハーフ「カルボナーラ 炭焼人風」「海老とアボカドとフレッシュハーブのジェノバ風」
130823-1.JPG

↓お店の外観です。
130823-2.JPG
posted by たぬき at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック