2013年11月06日

桃李路@大津市鳥居川町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

瀬田の唐橋の近くにあるラーメン店「桃李路」さんです。

お店は比較的新しい感じで、シックな落ち着いた外観です。お店の前に3台分の駐車スペースがありますが、やや狭い感じです。

店内も新しくきれいで、女性客でも入りやすそうな感じです。お店は店長さんと、女性店員さんの二人で切盛りされていました。

このお店は、食券制となっており、店入ってすぐのところに食券機があります。メニュー表には、それぞれのメニューに番号が振られていて、その番号を入力する、少し変わったシステムです。

メニューは、トンコツラーメン、醤油ラーメンが中心で、それと、つけ麺、数量限定のサラダ仕立ての塩ラーメンが存在します。つけ麺は、豚骨味のようでした。それぞれ麺の量やトッピングにより値段が増減するようになります。また、ご飯もの、唐揚げなどの単品も存在します。

この日は、トンコツチャーシューメン950円を注文しました。

登場したラーメンは、横浜家系ラーメンと同様の見た目です。濃厚そうで、表面に油膜が張っているかのような豚骨醤油スープ。たっぷりのチャーシュー、ネギ、ホウレンソウ、海苔3枚がトッピングされています。

スープは、家系ラーメンの豚骨醤油味を想像すると、少し異なる味わいです。まず、ドーンと魚介の風味が前面に出ているのが特徴的。豚骨の風味もかなり濃厚で、醤油も濃いめに使われているので、かなり重厚な味わいを楽しむことが出来ます。

麺は、横浜から取り寄せられているとのことで、中太のやや縮れ麺を使用されています。少し短めで、もちもちとした食感を楽しむことが出来ます。また海苔やホウレンソウと、濃厚なスープと絡めて食べると味の変化も楽しめます。

チャーシューは、一枚一枚が大判で、しっかりと炙りが入っています。赤身が中心ですが、脂身もそこそこ入っていて、厚みもあります。味つけは、スープに負けないような濃さがあります。枚数も多いので食べ応え感は抜群です。

横浜家系のビジュアルですが、魚介の風味が強く効いていて、プラスアルファの個性が光るこちらのラーメン。男性的な迫力あるラーメンは、こってり味が好きな方に受けそうな一品でした。

↓トンコツチャーシューメン
131106-1.JPG

↓チャーシュー
131106-2.JPG

↓麺とスープ
131106-3.JPG

↓お店の外観です。
131106-4.JPG
posted by たぬき at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック