2013年11月20日

第一旭・大久保東店@京都府宇治市広野町西裏(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄大久保駅の駅前にある平和堂。その裏手の細い道に面して営業されている「第一旭」さんの大久保東店です。

このお店、お店の方が変わられたそうです。味も落ちたのではないかという噂も聞きましたので、再訪しました。

まず驚いたことはお店の外の看板。こちらは、直営系以外では2店舗しかなかった「本家 第一旭」を名乗っておられるお店でしたが、その本家の字が消されていました。もう一方の本家を名乗る「本家 第一旭・久御山店」も閉店されたので、これで本家を名乗っているのは、たかばし本店と寺田店のみとなります。

店内は、以前と変わっていませんが、お店は若い方が一人で切盛りされていました。またメニューが変化しています。FC店の基本に忠実なメニュー構成となっています。

基本の醤油スープのスペシャル、厚切りバラ肉入りのデラックス、甘辛く煮たバラ肉入りのターロー、みそ、しお、鉄人(豚骨)。FCのお店では、みそを珍味と呼ぶお店がありますが、こちらは「みそ」です。鉄人としおは、以前は無かったと思います。他に一品もの、ご飯ものが充実し、定食メニューも増えています。

この日は、以前との味の比較もしたかったので、スペシャル・肉増しを注文。こちらメニュー表を見ると750円なのですが、会計時に、今は50円引きでやっているんですよ・・と言われ700円でした。

登場したラーメンは、おっ!と思える第一旭らしい見た目です。やや濁った醤油スープ、そこにネギたっぷりと、モヤシ、チャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、豚の旨みがしっかりと出た豚骨醤油味で、ググッと来る迫力があります。王道的な迫力ある味わいです。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。近藤製麺のものより、やや細めに思います。どこの製麺所かは、分かりませんでしたが、スープの旨みを良く吸いこみ、馴染みの良いものでした。

チャーシューは、赤身、脂身がバランス良く含まれています。肉増しにしては、少し量が少ないように思いましたが、味は良かったです。

正直、お店の方が変わられたとのこと、評判も良いように聞いてなかったので、期待してなかったのですが、ラーメンの見た目同様、かなりの完成度の高さに驚くばかりでした。

この日、この小さな店舗が満席になり、店員さんも忙しそうなので、あまりお店の方と話せませんでしたが、前の店長さんは突然、連絡が取れなくなったとか。それで、今の方がお店を再開されているようです。

とても満足できる味わいでしたので、また訪れて、他のメニューも試してみたいと思います。京都南部の第一旭はレベルが高いなぁとつくづく思います。

↓過去の記録
第一旭・大久保東店(1)

↓スペシャル・肉増し
131120-1.JPG

↓チャーシュー
131120-2.JPG

↓麺とスープ
131120-3.JPG

↓お店の外観です。本家の文字が消えましたt。
131120-4.JPG
posted by たぬき at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック