2014年02月27日

天天,有@大阪市住之江区南加賀屋

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪の「天天,有」さんです。京都・一乗寺の有名店「天天有」さんの先代の店長さんの弟さんがされているお店だそうで、福岡には「天天,有」さんの娘さんがされている同じ店名「天天,有」があるそうです。

ずっと行ってみたいなと思っていたのですが、この日は住之江公園駅からバスに乗る用事がありましたので、時間を合わせて訪れました。お店は住之江公園駅から南方に下がった南加賀屋4の交差点近くにあります。

お店の外観は、昭和のラーメン店という感じで、赤い暖簾、提灯が目印となります。駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席のみで15席くらいあったと思います。店長さんと老齢の職人さん2人が調理され、奥さん?が接客を担当されていました。庶民的な接客です。

メニューは、餃子を焼いておられる上部にあり、長年の焦げが染みついていて、かなりの年季もの。最初、メニューがどこにあるのか気が付きませんでした(笑)

ラーメン550円に、大サイズにすると50円アップ、チャーシューメンは150円アップとなっています。他には、ライスやおにぎり、キムチ、ぎょうざなどが存在するくらいでシンプルな構成です。

この日は、チャーシューメン700円を注文。

小ぶりな器に入ったラーメンが登場します。やや黄色く濁ったスープにチャーシューが敷き詰められた見栄えは、一乗寺の天天有さんを思わせる見た目です。ただ一乗寺のお店と比べると、より乳白色が強いスープだなと思いました。他のトッピングは、メンマ、ネギなどとなっています。

スープをいただくと、鶏ガラを煮詰めたことが分かる、トロミのあるスープ。柔らかな口当たりと、ほんのりとした甘さを感じる味わいが特徴的です。こってり具合、粘度ともに、一乗寺の天天有さんと比べるとライトな感じで、飲みやすい印象が残りました。

麺は、中細の多加水麺をしようされています。とても柔らかく茹でられていて、昔ながらの素朴な味わいを楽しむことが出来ます。

チャーシューは、かなりの枚数が入っています。しっかりとした食感と豚本来の味を楽しむことが出来るタイプで、量も多く食べ応えがあります。

1970年代の一乗寺のお店をルーツに持つ、こちらのお店。ややライトな感じながらも、しっかりとしたスープ、そのまろやかさは名店の味をしっかりと引き継いでいます。これからも末長く頑張ってほしいお店です。

↓チャーシューメン
140227-1.JPG

↓チャーシュー
140227-2.JPG

↓麺とスープ
140227-3.JPG

↓お店の外観です。
140227-4.JPG

↓メニュー
140227-5.JPG
posted by たぬき at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック