2008年01月03日

神都麦酒(二軒茶屋餅角屋)

年末に二見シーパラダイスに行った際に購入した三重県伊勢の地ビールです。「二軒茶屋餅角屋」というところが製造されています。HPを見るとお餅やさんでもあるのですが、今は地ビールがメインのようです。

二軒茶屋餅角屋さんは、伊勢の地ビールレストラン「麦酒蔵」を経営されています。水族園好きなので、二見や鳥羽に行く際に、この麦酒蔵は何度か前を通ったことはあるのですが、まだ入ったことはありません。なにせ車運転するので(^^;

しかも、ここの地ビール、なかなかの実力派?らしく以下の受賞歴があるようです。

ペールエール
2003オーストラリアビアアワード ゴールド受賞
2002 ジャパンビアカップ ゴールド受賞

スタウト
2006 WBCドライスタウト部門ブロンズ受賞
2004 春季全国酒類コンクールスタウト部門優勝

神都麦酒
JAPAN BEER CUP 2006 アメリカンエール部門金賞

その他に熊野古道麦酒とかも作ってるんですね。以前、熊野・本宮方面に行った際に買おうと思いつつ、買わずに帰ったので記憶に残っています。ここが作っていたなんて。

詳しい商品説明は「麦酒蔵通販サイト」で見てください。

さてさて、今回購入した神都麦酒です。1缶300円で売ってました。地ビールとしては、良心的な価格ですね。

缶には、以下の言葉が書かれています。

伊勢は永く神々のおわす都として、「神都(しんと)」の名で親しまれてきました。
文明開化の明治10年代、伊勢の経済の中心地であった河崎町で「神都ビール」は生まれました。伊勢志摩を訪れる方々に広く味わっていただきたいと願う「神都ビール」創業の意思を受け継ぎ、国内外の大会で実績を積んできた「伊勢角屋麦酒」の技術力を駆使し、この麦酒をつくりました。伊勢志摩の思い出を語るビールとして、末永くご愛顧ください。

だそうです。昔あったビールの再現版?なのかな?しかも原材料に伊勢志摩産古代米を使用してるとか!凝ってますね。古代米ってなんなんだろう??

グラスに注ぐととあわ立ちも細かく、良い香りがします。そして深い味わい。とても美味しいビールなのでした♪

↓濃厚なお味のビールです。缶のデザインが古風でよいです。
080103-1.JPG
posted by たぬき at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9090171

この記事へのトラックバック