2014年03月21日

五行@京都市中京区(3)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の四条から北上し、柳馬場通り沿いにあるお店「京都 五行」さん。博多一風堂プロデュースのお店だそうで、博多を中心に全国で5店舗あります。

この日は、いつも焦がし系のメニューばかりいただいているので・・・たまにはと、醤油とんこつ麺をとチャーシュートッピングで注文しました。醤油とんこつ麺は、メニュー表で見た感じが、一風堂の豚骨ラーメンとほぼ同じなんだろうなぁ・・と思って、なかなか選択出来てませんでした。

登場したラーメンは、一風堂の豚骨ラーメンを思わせる見た目。スープには、細かな背脂、そして玉葱が浮いています。そこに香味油が加えられ、とても良い香りがします。それとよく見ると、焦がした玉葱も浮いていてます。トッピングは、チャーシュー、海苔、ナルト、ネギ、太めのメンマなどです。

スープをいただくと、このメニューは焦がしの調理法は使ってないと思うのですが、同じくらい香ばしく、食が進む感じです。焦がした玉葱がよりアクセントを加えている感じです。

ベースは、一風堂の豚骨味だと思われ、非常にまろやかで柔らかみのある味わい。濃厚ではありませんが、濃さや塩加減など、ちょうど良い感じです。それに背脂の甘み、玉葱の食感などもバランス良く混ざっています。

麺は、中太の平打ち麺を使用されています。低加水の麺で、しっとりとした食感で好みの味わいでした。

チャーシューは、やや厚切りのもので、スープの味を邪魔しないためか味つけは控えめです。豚本来の味を楽しめるものでした。

また太めのメンマは、多くのラーメン店では、しっかりとした食感を残すタイプが多いのに対し、こちらはよく茹でられ、柔らかな食感となっています。個人的には、これも珍しく良い印象でした。

今まで、敬遠していた醤油とんこつ麺。個人的に好みの一風堂の豚骨をベースとしながらも、さらに工夫のある一品と言う感じで、かなりヒットでした。また食べてみたいラーメンの一つとなりました。

↓過去の記録
五行(1)
五行(2)

↓醤油とんこつ麺
140321-1.JPG

↓チャーシュー
140321-2.JPG

↓麺とスープ
140321-3.JPG
posted by たぬき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック