2014年04月21日

松本山雅戦2014

松本2-2京都(アルウィン)

毎年楽しみにしている松本遠征。今年も車でひとっ飛び。松本山雅戦に訪れました。

素晴らしいスタジアム、素晴らしい応援。松本山雅のサポーター、スタジアムの空気は、本当にリスペクトすることに値します。

この日、松本は、まだ桜が満開。気温も京都に比べると寒いくらいで、しかも風が強く・・寒さで凍えるような観戦でした。

試合は、前半が向かい風、後半が追い風という環境。これまで多用してきた一本の縦のロングパスを封印したようなサッカーは、昨年の大木サッカーを思い出すかのよう。しかしながら、ワイドに開かれたフォーメーションで、左右の揺さぶりが入り、非常に良い攻撃が出来ていました。

失点は、PKとセットプレーから。流れの中で、大きく崩されたシーンは少なく、どちらかというと京都が試合を支配していたと思います。決定機を多く外したのは問題ですが、ようやく運動量、コンパクト、ワイド。バドゥ監督の求めている攻撃的なサッカーが体現出来てきたように思いました。

このような試合なら何度でも見たいです。この日の試合内容であれば、結果は付いてくると思うので、どれだけ続けられるかにかかってくると思います。

↓松本山雅サポーターの素晴らしい応援(1)


↓松本山雅サポーターの素晴らしい応援(2)


↓試合後の選手たち
140421-2.JPG

↓バドゥさん
140421-3.JPG
posted by たぬき at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー
この記事へのコメント
松本遠征お疲れ様でした。
去年9月に乗り鉄で松本を訪れましたが、
市内中心部に山雅の応援フラッグがはためき、
コンビニにはチケット販売を示すのぼり、
そしてポスターが結構貼られていました。
同時にチームが愛されてるんだな、とも思いました。
Posted by DCT-65190 at 2014年04月21日 22:55
DCTさん、こんにちは^^

松本は私も3年連続で観戦に訪れましたが、スタジアムは見やすいし、とても良いところですよね。
アウェイの中でも、好きなところの一つです。
Posted by たぬき at 2014年04月24日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック