2014年05月16日

信南レストラン岳楽彩@長野県駒ヶ根市赤穂大徳原

中央自動車道、駒ケ岳SAのレストランです。レストラン名は「岳楽彩」という名前で営業されていたと思います。

この日は、朝9時頃、伊那の名物のローメンか、ソースカツ丼を食べたいところ・・・と思ってましたが、朝から開いているお店も見つからず。時間の制限もあったので、SAでソースカツ丼やっているとのことで入りました。

SAのフードコートではないレストランですので、座席などは、ゆったりと取られています。一人ドライバーの方にも対応できるように、カウンター席もありました。

朝のメニューは、和食系の定食メニューと、ソースカツ丼系のメニューに絞られていました。ソースカツ丼も豚の質によって普通と、信州山麓豚で値段が分かれていました。

この日は、信州山麓豚ソースカツ丼1380円を注文。ここの朝の定食メニューには、ドリンクバーが付いているようですが、ソースカツ丼には基本は付いてない模様。ただ、ソースカツ丼注文後に、ドリンクバー付いてます?と聞いたら、別に使ってもらってもいいですよと、ゆるい答えが・・・ なので、使わせてもらいました。

ソースカツ丼は、福井のものを想像しちゃうのですが、ちょっと異なっていて、丼ぶりは平たい感じ。それと大判のカツが、いくつか切り分けられていて、ご飯の上に乗っています。カツとご飯の間には、キャベツの千切りがたっぷり。

カツをいただくと、ジューシーな脂身が多めの豚肉が、厚切りで使われていて、ボリューム感あります。ソースも、ほんのり甘みがあるような味つけですが、濃すぎずちょうど良い感じで、ご飯との相性は抜群。どんどんご飯が進む感じです。ご飯の量は、若干、少なめのように思いますが、ジューシーなカツをしっかりといただけるのは良いのではないでしょうか。

伊那の街中で、ソースカツ丼を食べたことがないので分からないのですが、福井のソースカツ丼と比べると、厚切りで脂身多めの肉を使われているのが特徴の一つなのかな・・ こちらのお店は、SAのレストランということで、それほど期待はしてなかったのですが、十分美味しくいただけるカツ丼だったと思います。

↓信州山麓豚ソースカツ丼
140516-1.JPG
posted by たぬき at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック