2019年11月07日

スシロー・天理店@奈良県天理市中山町

スシローの天理店です。この日は休日のお昼時11時台に訪れました。そこそこ待ち客がおられましたが、アプリの予約ですぐに座ることができました。

お店は51号線沿い、天理から桜井方面へ南下するとあります。郊外型のスシローらしい見た目の外観で、お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、入ってすぐのところに広めの待合スペースがあります。カウンター席、テーブル席が多くあります。お店の方の接客も丁寧なものでした。

この日は以下のものを注文。

〇肉きつねうどん
この日、ラーメンメニューを見ると食べたことあるものばかりでしたので「肉きつねうどん」を注文。期間限定品だったようです。

澄んだ色合いの出汁に、肉、きつね、ネギがトッピングされたシンプルなもの。うどんの麺は、やや角が丸みがかったものです。

おだしが和風な味わいで飲みやすいのが印象的。うどんも、そこそこモチモチ感があってよいのではないでしょうか。肉はものすごく多く入っていないのですが300円なら有りかなと。きつねは甘い味付けで個性がありました。

〇ダブル上穴子、どでかいか天にぎり、大切りまぐろ、大切りサーモン
この日は、どでかネタ祭というのをやっていたので、それらから注文。とりあえず目立つのが、どでかいか天にぎり、長く、とにかくでかいイカ天でシャリ付ける意味ありますか?イカ天のみでいいやんと思える一品です。まぐろ、サーモンも普段よりやや大切りで、穴子は150円でしたが、こちらも大切り、しっとり柔らかく良かったです。

〇倍盛りいくら、たらマヨ
いくらは、どでかネタ祭ですが、たらマヨは通常メニューです。しかし、たらこボリューム多め。倍盛りいくらも通常よりかは多いと思うのですが、たらこのボリュームが多かったので、存在感が落ちたようにも思います。ただ、どちらもボリュームたっぷりで良かったです。

〇かぼちゃ天
100円ですし、たっぷりボリュームで揚げたて。意外とお得な一品だと思います。かぼちゃの甘みが活きています。

この日のスシローさんは、どでかネタ祭りでしたので、いろいろなメニューがボリュームたっぷり、楽しむことができました。期間限定メニューも多く使いやすいので、また気が向いた際に、再訪したいと思います。

↓肉きつねうどん
191107-1.JPG

↓ダブル上穴子、どでかいか天にぎり、大切りまぐろ、大切りサーモン
191107-2.JPG

↓倍盛りいくら、たらマヨ
191107-3.JPG

↓かぼちゃ天
191107-4.JPG
posted by たぬき at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2019年10月18日

スシロー・精華町店@京都府相楽郡精華町大字柘榴小字権谷

スシローの精華町店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。お昼時は混雑しますが、スマホの予約をすれば、すぐに着席することができます。

お店は、京都府精華町、奈良県生駒市、奈良市の境目にあります。国道163号線沿いで、スシローの郊外型店舗のスタンダードな見た目で分かりやすいです。お店の前に駐車場が完備されています。

店内は、入ってすぐのところが待合スペースです。テーブル席が多く、カウンター席も少し存在します。お店の方の接客も丁寧なものでした。

この日は以下のものを注文。

〇鯛だし塩ラーメン

期間限定ではなくレギュラーメニューのようでした。スープは澄んだ色合い、ネギ、白髪ネギ、わかめ、鯛の切り身が一つ入っています。

スープは魚介の風味が効いていて、ほんのり甘い後味の塩スープ。さすがお寿司屋さんということで、魚介のコクがしっかりしているので、なかなかのものです。

麺は、中太の平打ち気味の麺を使用されています。いつからかスシローさんの麺は、全粒粉が入っていて、さらに本格的になってきました。風味も食感も良いものです。また鯛の切り身が1つ入っているのも良いポイントだと思います。

〇ほっき貝バジルレモン、本かますの炙り、生さんま、いかあかもく軍艦
本かますの炙りは150円皿ですが、その具の大きさがうれしいところ。多少の臭みを感じましたが、厚さもありネタのおいしさを堪能できます。ほっき貝バジルレモンは、バジル、レモンの風味を効かせた洋風寿司という感じで食感も楽しいものでした。いかあかもく軍艦は、あかもくと長芋も使われていて、健康に良さそうな一品です。

〇はまち、炙り上穴子、軍艦甘えび、白とり貝
この中ではスタンダードメニューですが、はまちが脂の乗りも良く厚切りで良かったです。炙り上穴子はもう少しネタが大きいと嬉しかったかなという印象ですが、柔らかく炙りの風味も活きていてなかなかのものでした。

スシローさんは、ちょくちょくリピートしていますが、期間限定メニューなども多く、使いやすいお店だと思います。また気が向いた際に再訪したいと思います。

↓鯛だし塩ラーメン
191018-1.JPG

↓ほっき貝バジルレモン、本かますの炙り、生さんま、いかあかもく軍艦
191018-2.JPG

↓はまち、炙り上穴子、軍艦甘えび、白とり貝
191018-3.JPG
posted by たぬき at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2019年09月15日

スシロー・大津堅田店

スシローの大津堅田店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。日曜日のお昼時ですと、待ち客がそこそこおられましたが、スマホの予約で待ちなく座ることができました。

お店は、558号線沿い(元161号線沿い)の衣川のあたりにあります。スシローの基本形とも言える郊外型店舗で、駐車場も完備されています。

店内は入ってすぐのところが待合スペースとなっています。広めの店内で、テーブル席、一部カウンター席も存在します。お店の方の接客も丁寧でトレーニングされたものでした。

この日は以下のものを注文。

〇濃厚うにまぜそば
期間限定で出されていたので注文。スープのないまぜそばタイプで、うに風味のクリームソースと、スシローの基本の平打ち麺が和えられています。トッピングは、うに一貫分くらいと刻み海苔など。

いただくとスシローの麺はとても食感が良いので、濃厚なクリームソースを和えるとカルボナーラのよう。そこに、うに刻み海苔の味も合わさって和風カルボナーラのような食べやすい麺料理でした。そこそこ濃厚で楽しめる味わいだと思います。

〇わら焼きトロサーモン、よだれ鶏にぎり、赤海老とうにの紹興酒漬けにぎり
すべて期間限定品で150円。わら焼きトロサーモンは、とてもジューシーな脂の乗りでネタも厚切り。素直に良いなと思える一品です。赤海老のうにの紹興酒漬けは紹興酒の味が強く出ていて、赤海老、うにの味が分かりにくくなるのが難点かな。

よだれ鶏は、辛子肉味噌のようなものが使われていますが、さっぱりとした味わいで食べやすい一品。夏に良いと思いました。

〇豚キムチーズ、イベリコ豚のミルフィーユ、いわし
豚の二品は肉フェアみたいなのをやっていたので注文。豚キムチーズは想像しやすい豚キムチの味そのものでした。ミルフィーユはたしかに脂分多めでとろける食感が楽しいものです。

〇こだわりの手羽唐揚げ
レモンが添えられた手羽唐揚げ。300円くらいだったと思います。届いた瞬間、思ったことは、若干小さ目かなと。その分、食べやすくジューシーな手羽唐をサクっといただけます。おつまみにも良さそうな一品でした。

スシローさんはちょくちょく使いますが、いろいろなメニューが常に更新されているので、いつでも楽しめると思います。また機会を見て再訪したいと思います。

↓濃厚うにまぜそば
190915-1.JPG

↓わら焼きトロサーモン、よだれ鶏にぎり、赤海老とうにの紹興酒漬けにぎり
190915-2.JPG

↓豚キムチーズ、イベリコ豚のミルフィーユ、いわし
190915-3.JPG

↓こだわりの手羽唐揚げ
190915-4.JPG
posted by たぬき at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2019年04月29日

三代目網元 魚鮮水産・鳥取北口店@鳥取市東品治町

鳥取駅構内にある居酒屋さん「三代目網元 魚鮮水産」さんの鳥取北口店です。関西でも見かける居酒屋チェーンさんです。この日は、日曜日の昼間、関西へ戻る高速バスの待ち時間をつぶすためにチョイ飲みで入りました。

昼飲み出来そうなお店が鳥取駅付近にはいくつかありそうでしたが、こちらは駅構内ということもあり、昼間からほぼ満席状態で活気がありました。

テーブル席や座敷などかなり広々とした店内で、多くのお客さんが入れそうでした。お店の方の接客は、よくある居酒屋チェーンと同じ感じで元気のあるものでした。

この日は、生ビール大ジョッキを2杯注文。それと、レギュラーメニュー以外にもご当地食材などもいくつかあると書いてありましたので、お店の方に聞いて、のどぐろの造りと、赤天をお願いしました。

最初に赤天が届き、そのあとお造りの登場です。

赤天は、外がパン粉で揚げられているようで、カリッとした食感が印象的。そしていわゆる練り物ですが、唐辛子が練りこんであるので赤くてピリ辛。それだけと言えばそれだけですが、日本海側なので魚の練り物は美味しい感じがしますし、カリっとした食感とピリ辛というだけでビールが進む一品です。

のどぐろは半身で4切ほどでしたが、鮮度も良くプリッとした食感と、脂の乗りの良さで満足できる一品だったと思います。

ただ、この日はかなり店内が混雑していたようで、料理の提供も若干遅かったように思います。私も、もう少し何か食べようかなと思いつつ、バスの時間が近づき、この二品でお店を出ることに。

こちらのお店、駅構内、しかも昼から営業のため、電車利用の方にも使い勝手の良い居酒屋さんだと思います。また鳥取駅で待ち時間が生じた際には使うことがあると思います。次に訪れることがあれば、もう少しゆっくり楽しみたいと思います。

↓のどぐろの造り
190429-1.JPG

↓赤天
190429-2.JPG

↓生ビール(大)
190429-3.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2019年04月28日

ごっつおらーめん・イオン鳥取店@鳥取市天神町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)


倉吉の牛骨ラーメン店「ごっつおらーめん」のイオン鳥取店です。

この日は日曜日のお昼時、せっかくなので鳥取っぽいラーメンをと駅前の鳥取店に行ってみると日曜定休日とのこと。駅の南側のイオンのフードコートにもお店があるようでしたので、ある意味、仕方なくの訪問です。

お店は、イオン鳥取店の1Fフードコートの中にあります。それほど広くないフードコートではありましたが、多くのお客さんでにぎわっていました。

メニューは、牛骨スープの、ごっつおらーめんを中心に、みそ、塩、塩バター、塩梅などのスープがあり、トッピングなどで値段が変わるようになっています。他に、ごはんもの、単品も存在し、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューもありました。

この日は、ごっつお炙りチャーシューめん1000円(税込)を注文。しばらく待つとベルで呼び出されるので受け取ります。こちらのお店、フードコートにしては接客が丁寧でした。

ラーメンも見た目はフードコートっぽくなく本格的。白濁したスープには脂分が多めに浮き、ゴマも振りかけられています。炙りチャーシュー、煮玉子、ネギ、きくらげ、メンマがトッピングされています。

スープをいただくと、想像していた牛骨の風味とは異なり、あっさりとしています。しかしながら、その動物系の旨味が表面に浮かぶ脂分に濃縮され、さらにゴマの風味、チャーシューの炙りの香りも相まって、食が進みます。意外と和風な感じもあり、飲みやすいのに旨味たっぷりな高レベルなものでした。

麺は低加水の中細ストレート麺を使用されています。もっちりとした食感が印象的な麺でした。キクラゲとの絡みも良かったです。またメンマは甘めの味付けで少し浮いたような印象も受けました。

炙りチャーシューは、薄切りですが、味付け濃いめ、脂分も多めでとてもジューシー。もう少し量が多いと嬉しい気もしますが、なかなか濃厚な味わいの一品だったと思います。

こちらのお店、正直フードコートだしなぁ・・・と期待せず訪れましたが、なんのその。なかなか完成度の高い一杯をいただくことができました。鳥取牛骨ラーメンも予想と異なり、あっさりながらも旨味たっぷりの味わいで、いろいろ良い意味で期待を大きく外れたお店だったと思います。機会があればフードコートではない店舗にも訪れてみたいと思います。

↓ごっつお炙りチャーシューめん
190428-1.JPG

↓チャーシュー
190428-2.JPG

↓麺とスープ
190428-3.JPG
posted by たぬき at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2019年03月28日

煮干しらーめん玉五郎 五代目・難波店@

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

煮干しらーめん玉五郎さんの五代目難波店です。この日は休日の11時ごろ、ちょうど近くを歩いており、極寒だったためラーメン屋発見!と迷わず入りました。

お店は、難波の阪神高速1号線の高架下あたりにあります。お店はこじんまりとしていますが、白を基調としたテント看板、暖簾、提灯などが掛かっているのでわかりやすいです。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内入ってすぐのところに食券機があり最初に購入するシステムとなっています。小ぶりな店内で、記憶ではカウンター席のみだったと思います。真面目そうな男性店員さんが一人で切り盛りされ、丁寧な接客でした。

メニューは、ラーメン、つけ麺ともに煮干し、塩煮干し、辛煮干しから選べます。その他、冬季限定で極味噌というメニューもありました。それぞれトッピング、サイズなどで値段が変わるようになっています。

この日は、基本の煮干しらーめんは別の店舗で食べたことあるなと思い、塩煮干しらーめん730円のチャーシュートッピング+300円をお願いしました。

こちらのお店はトッピングが別皿提供されます。基本のラーメンには1枚チャーシューが入っており、トッピングは3枚でした。それらを自分で盛り付けます。

スープは茶濁しており、表面に脂分、魚粉が浮いています。トッピングはチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、紫蘇、糸唐辛子となっています。

スープをいただくと、やや酸味を感じるような、まろやかな塩スープに魚介の風味が程よく効いています。それと想像以上に強く個性を主張しているのが紫蘇の風味。これが絶妙に効いていて塩スープの旨味を高めてくれます。この紫蘇の味わい好みだなと思いました。

麺は、低加水の太めのちぢれ麺を使用。表面がツルっとしており、食感はもっちりとしたもの。具やスープとの絡みも良いものでした。

チャーシューは赤身部分を中心としていて、醤油ダレの味もしっかりと入った大判のもの。豚本来のおいしさ、強い食感を楽しむことができます。ボリューム感もあり満足できました。

全体的にもスープのコクやまろやかさ、具とのバランスが良く、基本の煮干しらーめんより、個人的にはこちらの塩煮干しのほうが好みかなと思いました。大阪にはいくつか店舗もありますので、また機会があれば再訪したいと思います。

↓塩煮干しらーめん+チャーシュートッピング
190328-1.JPG

↓チャーシュー
190328-2.JPG

↓麺とスープ
190328-3.JPG

↓お店の外観です。
190328-4.JPG
posted by たぬき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2019年01月05日

バケット・天王寺MIO店@大阪市天王寺区悲田院町

サンマルク系列のパン食べ放題のレストラン「バケット」の天王寺MIO店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。

お店は天王寺MIOの10階レストラン街の中にあります。店内は意外と広めで、テーブル席が多く並びます。予想外に多くのお客さんが入れそうでした。それと、こちらのお店は店員さんの愛想がよく、細かいことにもよく気づかれるので好印象が残りました。

メニューは洋食のメイン料理を注文し、それにパン食べ放題、ドリンクバーなどをプラスで付け加えることができるようになっています。この日はアヒージョに関してはパン食べ放題、ミニサラダ付きのセットとなっていました。

そのためアヒージョが数種類あった中から、ミックスグリルのアヒージョ1540円を注文。またバケットやブレッドガーデンなどのサンマルクの格安系の店舗では、パンはセルフで取りに行く方式が普通ですが、こちらの店舗はサンマルク同様に店員さんが各テーブルまで持ってきて、複数のパンから選択できるようになっていました。

最初にミニサラダが登場しますが、こちらはごく普通な印象。続いていろいろなパンをいただきます。

この日パンは、もみの木パン、チーズロング、トーストロール、きのこチャパタ、クロワッサン、マロンロール、さつまいもトーストなどをいただきました。

もみの木パン、マロンロール、さつまいもトースト、きのこチャパタあたりが季節限定品なのだと思います。もみの木パンは、パイ生地の作っとした食感とほんのりとした甘みが食べやすいもの。きのこチャパタはもっちり食感ときのこの香りが心地よいものでした。

そしてミックスグリルのアヒージョ。正直、予想外に大きなベーコン、ウインナー、チキンが入っています。ガーリックとオニオンが効いた味わいで、パンを漬けて食べるのにも良いものです。

特にウインナー、ベーコンはかなりのボリューム感。味もしっかりとしていますし、肉が食べたいというときにも満足できそうな一品だったと思います。

バケット、ブレッドガーデンの系列はよく使うのですが、こちらのお店はお店の方のサービスもとても良くて心地よい店舗だったと思います。天王寺方面に来る機会があれば、また使ってみたいと思います。

↓ミックスグリルのアヒージョ
190105-1.JPG

↓ミニサラダ、パン食べ放題
190105-2.JPG

190105-3.JPG

190105-4.JPG

190105-5.JPG
posted by たぬき at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2018年12月21日

鎌倉パスタ・松井山手店@京都府京田辺市山手西

鎌倉パスタの松井山手店です。鎌倉パスタさんはショッピングモールのレストラン街に入っておられることが多いですが、こちらは店舗型のお店です。この日は平日のお昼時に訪れました。

お店は、山手幹線と第二京阪が交わるあたりにあります。お店の外観はサンマルク系列だけあり、サンマルクを和風にしたような見た目です。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は靴を脱いで入るようになっています。和風で掘りごたつ風の座敷とテーブル席があり、広々としています。接客もトレーニングされた丁寧なものでした。

メニューは、単品のパスタが1000〜1500円くらいのものが多かったと思います。それに追加料金で、サラダ、ドリンクやパン食べ放題、デザートなどを好みで付けることができます。平日はランチセットもあり、1000〜1500円でサラダ、ドリンク付。+80円でパン2個追加。+180円でパン食べ放題にすることができます。

この日は、ランチセットの中から、炙りチャーシューの和風パスタ1390円+パン食べ放題180円をお願いしました。ドリンクはアイスココアをお願いしました。

こちらのパン食べ放題は、店内のコーナーに取りに行くシステムとなっています。サンマルク系列は良く使用しますが、定番のパンに加え、鎌倉パスタオリジナルなのかなと思えるものもいくつかありました。

この日は、小エビのフォカッチャ、チーズボール、チャパタ、よもぎロール、ブルーベリーロール、獺祭酒粕米粉ロール、バジルロールなどを取りました。

小エビのフォカッチャは小エビの風味とマヨのバランスが良かったです。獺祭の酒粕パンは、酒粕の風味が意外と弱かったように思いますがモチモチ食感が楽しいものでした。

サラダは、小エビを使ったシンプルなものが提供されました。

和風パスタは、真ん中に黄身が乗り、チャーシュー、キャベツ、刻み海苔、ネギなどがトッピングされています。こちらのお店は生パスタが売りと言うこともあり、心地よい食感の噛み心地がとても良いです。

和風スープは、ほんのり甘みがある醤油風味で、黄身を混ぜ合わせるとマイルドな感じが加わります。海苔やネギも加わるので、和風であっさりとした印象です。具がチャーシューと言うこともあり、和風な醤油ラーメンのような感覚もありました。

チャーシューは炙りと書かれていましたが、炙りが本当に入っているのかな・・という感じのもの。赤身肉で食べやすく量はソコソコでしたが、想像していたものと比べると残念な感じはありました。

こちらのお店は、全体的には、とても落ち着いた空間で、パンも焼きたてで美味しく、とても使いやすいお店だと思います。また気が向いたときに使ってみようと思います。

↓炙りチャーシューの和風パスタ
181221-1.JPG

↓サラダ、アイスココア
181221-2.JPG

↓パン食べ放題
181221-3.JPG

181221-4.JPG
posted by たぬき at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2018年11月06日

ジャパニーズまぜ麺 マルタ@京都市上京区丸太町通河原町西入高島町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

河原町丸太町の交差点のところに有ります、まぜ麺のお店「マルタ」さんです。この日は、土曜日のお昼時に偶然通りがかり、こんなお店あったんだなと入りました。

お店の外観は、とてもこぎれいで、ラーメン店のようには思えないです。お店の前のメニュー看板と白と紫の暖簾が目印となります。私も紫の「まぜ麺」と書かれた暖簾で気が付きました。

店内に入ると、お店の中もとても清潔感があり、広々としています。カウンター席と奥の方にテーブル席が数個。和モダンという感じの内装で、女性客でも敷居は高くないと思います。お店の方は若い男女が調理をされ、女性店長さんと思われる方が接客をされていました。接客は丁寧なものでした。

メニューは、基本のまぜ麺が、並780円。それにサイズ、トッピングなどの選択で値段が変わるようになっています。また麺は温・冷から選べ、辛さの選択もできます。また夏の季節限定品として「すだち」まぜ麺がありました。すだちシリーズは冷オンリーのようです。

これらの「まぜ麺」とご飯類を組み合わせたセットも存在します。

この日は、炙りチャーシュー増しまぜ麺(並・温)930円をお願いしました。基本のまぜ麺に炙りチャーシューをトッピングしたシンプルなもののようです。辛さは0〜5のうち2が基本とのことで、それでお願いしました。

登場したまぜ麺。器の下の方にだしが入っていて、その上に麺、揚げゴボウ、半熟玉子、ネギ、チャーシューが乗り、唐辛子が少しかけられています。

最初に麺とだしを、よく混ぜます。麺は平打ち気味で、それぞれ長さが短めの麺でした。

いただくと、出汁には、ほんのりと魚介の風味が効いているのですが、それよりも玉子が濃厚なので、玉子まぜそばという感じです。玉子のマイルド間に、ほんのりとピリ辛が入る感じで、刺激は強くはありません。個人的には、だしの風味が前面に出ていないので、どうもラーメン版釜玉みたいなものを食べてる感覚で、このお店の個性が分からない気もしました。

しかしながらもっちりとした平打ち麺の食感は美味しく、素直に美味しい麺を楽しめる一品だと思います。また炙りチャーシューがしっかりと味が入っていましたし、薄切りで大きめ、ジューシーで、なかなかのものだったと思います。

初めて入ったこちらのお店。お洒落な空間で、いろいろな方に入りやすい雰囲気があると思います。接客も丁寧なので、まぜ麺が好みの方は一度訪れる価値があると思います。

↓炙りチャーシュー増しまぜ麺(並・温)
181106-1.JPG

↓炙りチャーシュー
181106-2.JPG

↓麺のアップ
181106-3.JPG

↓お店の外観です。
181106-4.JPG
posted by たぬき at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2018年09月25日

餃子の王将・槇島店@京都府宇治市槇島町十六

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

餃子の王将の槇島店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。そこそこ混雑していましたが、10分ほどの待ちで入ることが出来ました。

お店は京滋バイパスと旧24号線が交差する交差点をすぐ北に行くとあります。大きめの店舗で、餃子の王将の基本的な看板なども目立ちますので、すぐにわかると思います。駐車場も完備されています。

店内は、王将の基本的なレイアウトですが、とても清潔感があります。広めのスペースに座敷、カウンター、テーブル席がたっぷりと存在します。お店の方の接客も庶民的ながらも丁寧なものでした。

メニューは王将の基本メニューと、店舗オリジナルがいくつか。店舗オリジナルでは、バンバンジー、スタミナラーメンなどが個性的なメニューに思いました。またセットメニューもオリジナルがいくつか存在しました。

この日は、スタミナラーメン550円と餃子220円を注文。餃子は、複数人で訪れていましたので、何人前かで合わせて提供されました。

しばらくすると登場するラーメン。かなり大判の器に入って提供されます。スープは、茶濁かつ辛そうな赤みがかっていて、豚肉、ニラ、白菜などがトッピングされています。いわゆる天理系の雰囲気です。

スープをいただくと、ピリ辛で刺激的。でも意外と後味もすっきりしていて飲みやすい感じです。ニンニクは感じなかったので、天理系と比べるとシンプルで優しい印象です。比較的、優しめのスタミナラーメンですが、飲みやすく万人受けする味わいかな?と思いました。

麺は、細めの多加水麺を使用されています。若干、安っぽく思置いましたが、具だくさんの野菜、豚肉などとの絡みは良いものです。トッピング自体は、若干少ないように思いました。野菜、豚肉含め、もう少し多いと奈良天理系の常連さんにも好まれるインパクトが生まれるように思います。

ただ、こちらのスタミナラーメン、飲みやすい濃さなのですが、バランスも良く、少しピリ辛のラーメンを楽しみたいという方には、とても受ける一品だと思います。

一方の餃子は安心の焼き加減の素晴らしさ、具の大きさなど良いもの。さすが王将と言うところです。

こちらの店舗は、明るい雰囲気もあり居心地も良いので、また通りがかった際には再訪を考えたいと思います。

↓スタミナラーメン
180925-1.JPG

↓麺と具のアップ
180925-2.JPG

↓餃子
180925-3.JPG
posted by たぬき at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2018年09月17日

パリクロアッサン・木津店@京都府木津川市相楽城西

頻繁に使用しています、アルプラザ木津にあるベーカリーショップ「パリクロアッサン」の木津店です。

このお店は、フジパン系列のようで、全国的にベーカリーショップを展開されています。アルプラザ木津では、食品売り場の真横で営業されています。イートインスペースはありません。ただ平和堂ユーザーにはうれしいホップマネーが使えたりする利点があります。駐車場はアルプラザのものが完備されています。

お店の方の接客も常に丁寧なもので好感が持てます。また夜間は、よく割引サービスをされているのでお得です。

この日は、仕事後の夜間にお店の前を通ると、夜間割引をされていましたので、ついつい購入。サンドが半額でした。

買ったのは、チキン南蛮ドッグ。200円以上していたものが100円くらいで購入できたと思います。

そのお味は、ふんわりとしたスタンダードなパン生地を使用されていて、ゴマの風味が効いているのが特徴です。トッピングは、チキン万々、サラダ、玉子とシンプルなものです。

このチキン南蛮は、甘酢をくぐらせていて、予想以上にあっさりと食べやすい印象。肉質も悪くなく、意外と良いなと言うチキン南蛮です。この甘酢の風味にあ合うのが、玉子の甘み、それと野菜に加えられているマヨソース。それぞれ、程よい甘さでバランスが取れています。具もたっぷりなのでボリューム感がある一品だと思います。

この日は偶然の半額でしたので、100円で購入できた、この一品。少し高くても頼んでしまえるバランスの良いサンドだったと思います。

↓チキン南蛮ドッグ
180917-1.JPG
posted by たぬき at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2018年05月21日

第38回奥びわ湖健康マラソン

シーズンの最後に選んだ大会。過去に数回出場している奥びわ湖健康マラソンです。

湖西線の永原駅降りてすぐが会場の大会なのでアクセスも良く、また過去に出場した際は天候も恵まれ、景色が良いこの大会は大好きです。この日は15qの部に参加。特に目標などを定めず、気持ちよく流して走ることに。

気温も、ものすごく高くはないものの、快晴だったため、そこそこの暑さは感じました。風も若干ありましたので、向かい風になったり、追い風になったり。また参加者が2000人を超えていたので、スタート直後はさすがに、混雑しましたね。

しかし、走路も広く、景色も良い。起伏もほとんどないので快適に走ることができます。4月のハーフマラソン後、そんなに練習もしっかりしてなかったのですが、意外と快適に走ることができ、10km地点くらいで時計を見ると4分30秒/kmペースで走っていました。そのまま押し切ってしまおうと流して走り切ります。

ゴールは1時間7分ジャストくらい。ほぼ4分30秒/kmペースを保てる感じでしたね。

数年おきに、シーズンオフに出場している、こちらの大会。景色も良く、和やかな手作り感のある心地よい大会だと思います。また今後も参加を検討したいと思います。

↓大会会場
180521-1.JPG
posted by たぬき at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2017年10月10日

肉そば総本山神保町けいすけ@東京都千代田区神田神保町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

神保町駅近くにありますラーメン店「肉そば総本山神保町けいすけ」さんです。この日は、仕事が終わった後、夕食時に近くをウロウロ。店名が気になったこちらのお店に入りました。

お店は、神保町駅から水道橋駅方面へ向かうとあります。黒色を基調とした外観の店舗、明るいライトや提灯が目立つので分かりやすいです。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、きれいで清潔感があります。店内入ってすぐのところに食券機があり、そちらで最初に購入するようになっています。席はカウンター席が厨房を囲んでコの字型になっていて20人くらいは入れそうに思いました。調理しているところは見ることが出来ない造りになっていて、女性スタッフが接客されています。接客は丁寧なものでした。

メニューは、肉そば780円が中心で、スープが醤油、塩、味噌、背脂から選ぶことが出来ます。三種のチャーシューが乗る肉そばスペシャル1100円や、濃厚魚介つけ麺、その他期間限定で、パクテーラーメンがありました。トッピングも複数種類があります。単品やセットメニューも存在しました。

この日は、肉蕎麦スペシャルの醤油1100円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、濃い色合いの醤油スープは澄んでいます。そこに刻み玉ねぎ、生姜、カイワレ、メンマ、煮玉子が乗り、チャーシューは3種、肩ロース、バラロール、豚トロがトッピングされています。なかなか迫力があります。

スープをいただくと、醤油のコクがしっかりと出ていて、豚由来の動物系の旨みもしっかりしています。醤油も濃厚すぎず、後味のすっきり感もあり、高レベルで美味しい醤油スープだなと思いました。ほんのりと感じる生姜の風味や、刻み玉ねぎの味わいも良い感じでバランスを取ってくれていました。

麺は、多加水ぎみの中太縮れ面を使用されています。食感が強めで噛んでいて楽しい麺でした。

そしてチャーシュー、基本の肩ロースは、脂身が少なく、醤油ダレでしっかりと味付けされています。脂身が抜かれすぎていてパサパサした感じなのが少し残念なのですが、豚本来の味を楽しむことができます。バラのロールも、意外なほど脂が落とされていて、食べやすい印象。こちらも若干硬めの食感なのが少し残念な気もしましたが、厚切りで食べ応えがあります。豚トロは、かなりの厚切りで脂も乗っていて、柔らかくジューシーな一品でした。

また煮玉子は、しっかりと味が入っていて、なかなかの一品だったと思います。

なんとなく入店したこちらのお店。今風のお店でしたが、クラシックスタイルにも思えるスープにたっぷりチャーシューで、なかなか満足できる迫力系ラーメンだったと思います。関東や名古屋、海外にも出店されているようですが、いつか関西でも食べられると良いなと思いました。

↓肉蕎麦スペシャル・醤油
171010-1.JPG

↓3種のチャーシュー(肩ロース、バラロール、豚トロ)
171010-2.JPG

↓麺とスープ
171010-3.JPG

↓お店の外観です。
171010-4.JPG
posted by たぬき at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2017年07月23日

麺屋 一龍@京都市上京区栄町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

河原町今出川の交差点近くにあるラーメン店「麺屋 一龍」さんです。この日は、偶然通りがかって入ってみました。

お店は、河原町今出川の交差点を南下して、少し路地に入ったところに有ります。お店の外観は、こじんまりとしていて、白地に赤字の「鶏中華そば」と書かれた提灯が目印になります。お店の駐車場は、街中のため無いようです。

店内は、こじんまりとしていてラーメン店と言うより、古き喫茶店のような落ち着いた雰囲気。老年のご夫婦が切り盛りされています。カウンター席とテーブル席があり、この日は客が私一人だったため、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

メニューは、鶏中華そば、豚中華そば、鶏豚骨白湯(塩・醤油選択可)の3種のラーメンが800円。他に御所つけ麺850円(熱い・冷たいスープ選択可、甘・辛・酸味選択可)が存在します。他に期間限定のラーメンも存在しました。トッピングの選択で値段がわかるようになっています。ご飯ものも存在します。

この日は、鶏中華そば800円の豚増250円を注文。

登場したラーメンは、やや濁った色合いの醤油スープ。表面は脂分が浮いています。トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、ネギ、ナルトなどとなっています。

スープをいただくと、けっこう脂分が強め。しかしながら、この脂が濃すぎず、旨みをたっぷり口に運んでくれます。鶏と野菜から取られた旨みは優しく、決して強烈な個性はないのですが、まろやかな味わいで舌を落ち着かせてくれます。ほんのりとした甘みと醤油のバランスがとても良いものです。

麺は、細めの多加水気味の麺を使っておられます。とても食感が良くて、優しいスープとの相性も良いものです。

最初にラーメンが提供された時には、少なそうに見えたチャーシュー。これが意外なほど、たっぷりと入っています。優しいスープを邪魔しないように味付けされたものですが、ボリュームはたっぷり。スープとのなじみも良く、満足度は高いものでした。

偶然通りかかって、食べたこのお店。お店の方の雰囲気からも、とても優しさが伝わるラーメン。味も本当にしっとりと胃に染みわたるような優しいものでした。目立つお店ではありませんが、とても上品で優しい味を提供されるお店だと思います。末永く続いてほしいお店だと思います。

↓鶏中華そば+豚増
170723-1.JPG

↓チャーシュー
170723-2.JPG

↓麺とスープ
170723-3.JPG

↓お店の外観です。
170723-4.JPG
posted by たぬき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2017年04月14日

はなまるうどん・京都錦店@

はなまるうどんの「京都錦店」です。この日は、夕刻ごろ、小腹がすいたので久しぶりに入りました。

お店は京都大丸の裏手にあるので分かりやすい立地ですし、乗り換えついでにも使いやすいと思います。

こちらのはなまるうどん、店内がとてもきれいです。カウンター席、テーブル席が並び一人客や、グループ客にも使いやすいようになっています。

この日は、はなまるスタンダードともいえる、かけうどん(小)130円と、かき揚げ140円、ちくわ磯辺揚げ110円、とり天140円を取りました。合計520円で安いです。かけうどんは以前と比べ値上がりしましたが、それでも十分安いと思います。また最近、はなまるさんの天ぷらはヘルシーオイル使用を強調されています。

かけうどんは、澄んだおだしに、最初からネギが少量トッピングされています。

うどんは、適度のコシがありつつも、しっとりとした食感があります。讃岐に行くと、このような麺によく出会う気がして、やはり本場の麺だなぁと思います。関西の讃岐うどんはやたら剛麺が多くて、たまに違和感も感じる気がするので、このような麺は素朴に美味しいです。

そして、おだしがほんのりとイリコが効いている感じ。こちらも香川という感じで良いですね。本当に安心できる、はなまるさんのおうどんだと思います。

天ぷらは、ライバルの丸亀さんのものが大きさも揚げたて感も勝っているようにも思うのですが、こちらもカリッと揚がっていて悪くはありません。とり天は、脂分が少ないのですが柔らかく、かき揚げの野菜も多くの種類が入っていて満足できるものでした。

気軽に使える、はなまるうどんさん。これからも、たまに使うことがありそうです。

↓かけうどん(小)
170414-1.JPG

↓かき揚げ、ちくわ磯辺揚げ、とり天
170414-2.JPG
posted by たぬき at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2016年12月17日

コメダ珈琲店・奈良二条大路店@

コメダ珈琲店の奈良二条大路店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、阪奈道路沿い、奈良公園方面へのレーン沿いの平城宮席朱雀門の手前あたりにあります。お店の外観はコメダ珈琲の基本的なものと同じで分かりやすく、駐車場も完備されています。

お店は、落ち着いた雰囲気で席も比較的広く取ってあります。一人客のためにカウンター席もあります。接客も丁寧なものでした。

メニューは、コーヒーをはじめとするドリンク類、スナック、デザート、シロノワール、大皿・サラダなど意外と豊富に存在します。

この日は、カツサンド820円とたっぷりアイスコーヒー500円を注文。たっぷりアイスコーヒーはレギュラーサイズの1.5倍です。カツサンドは注文時に、辛子マヨネーズを付けるかどうか聞かれますので、付けていただきました。

しばらくすると、アイスコーヒーと、付属の豆菓子、そしてカツサンドが登場します。いつもながらに、コメダのカツサンドはアメリカンなサイズです。アイスコーヒー自体がラージサイズなのですが、それと比べても十分大きいことが分かると思います。

そのカツサンド、カツの厚みもすごいし、衣の揚げたてサクサク感も素晴らしい。カツとパンの間には、たっぷりのキャベツ、人参を中心にキュウリ、パセリなどが敷き詰められています。カツだけのくどさがなく、とても美味しくいただけます。一切れでも十分量なのに三切あるので、これだけでかなりお腹いっぱいになります。

コメダさんは、珈琲自体も、意外とコクがあって後味もすっきり引き締まり良い感じがします。それと、なんといっても意外とお店が落ち着いているので・・ついつい長居してしまう雰囲気。これが良いなと思います。特にこの奈良二条大路のお店は車の通行量は多いのに、意外とお客さんは満席状態でもなく、とても静かな印象でした。

ゆっくりと会話を楽しみたいとき、カツサンドなどでお腹いっぱいになりつつ、ゆるりと過ごしたいとき。そんな時に使えるコメダさんだと思います。

↓カツサンド、たっぷりアイスコーヒー
161217-1.JPG

↓カツサンドの断面。
161217-2.JPG

↓お店の外観です。
161217-3.JPG
posted by たぬき at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2016年03月18日

来来亭 長岡京店@京都府向日市上植野町桑原

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

来来亭の長岡京店です。こちらのお店は、来来亭がチェーン展開された初めの頃から長岡京市にありましたが10年くらい前に、こちらの場所に移転されていたと思います。なので店名は長岡京店ですが、微妙に向日市に入っています。この日は休日のお昼時に訪れました。移転後に入るのは初めてです。

お店の外観は、来来亭らしい黄色のテント看板が目印となります。駐車場もお店の横に完備されています。

店内は来来亭の基本的な造り。カウンター席と座敷が存在します。接客もうるさすぎず程よい元気さで、とても居心地が良かったです。

ラーメンメニューは、基本の背脂醤油スープのラーメンを中心に、こってりラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、旨辛麺などがあります。トッピングやサイズの変更で値段が変わるようになっています。また単品や定食メニューもとても充実しています。

この日は、チャーシュー麺770円を注文。麺の硬さ、背脂の量など好みを聞かれますが、すべて普通でお願いしました。

ほどなくして登場するラーメン。見た瞬間に思うことは、他の来来亭の店舗と比べてチャーシューが大判だなということ。そのチャーシューが鉢一杯に広がり、ネギ、メンマがトッピングされています。スープはわずかな濁りで、やや大粒の背脂と、一味が浮いています。

スープをいただくと、鶏ガラのコクは控えめで、比較的あっさりと飲みやすい仕上がり。後味もすっきりしていますし、背脂の甘みとのバランスも良いです。醤油も辛すぎず、とても飲みやすい味わいだと思います。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。普通くらいの硬さの茹で具合で、心地よい食感を楽しむことができます。スープとの馴染みも良いものです。

それとチャーシューですが、来来亭にしては、やや厚切りの大判の赤身チャーシューがたくさん。どちらかと言うと、薄切りのお店が多い中、こちらのお店は、しっかりとしたボリューム感を楽しめるチャーシューで食べ応えがありました。

こちらのお店は、接客もそうですがラーメン自体も非常にしっかりしているなぁとの印象です。この道は、あまり使わないのですが、通りがかりに立ち寄っても良いなと思える店舗でした。

↓チャーシュー麺
160318-1.JPG

↓チャーシュー
160318-2.JPG

↓麺とスープ
160318-3.JPG

↓お店の外観です。
160318-4.JPG
posted by たぬき at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2016年01月24日

丸亀製麺・ビエラタウンけいはんな店@京都府相楽郡精華町光台(3)

最近、良く訪れるビエラタウンの丸亀製麺さんです。

この日は、ぶっかけ(並・冷)290円と、ちくわ天110円、黄金かれい天140円を注文。

丸亀さんのぶっかけは、久しぶりに食べたような。麺は安心の粘性の高いしっかりとした角の立った麺。それと美味しいなと感じられるのが、ぶっかけだし。香川県の味とは、異なる感じはしますが、濃厚な昆布だしなどが効いた味わいは、関西人には受け入れやすく、美味しいなと感じます。

ちくわ天は、いつも通り満足度が高く、そして黄金かれい天は、あっさりしていますが、身が大きくて食べ応えがありますね。こちらはヘルシーそうで、2つでも食べてみたいなと思いました。

↓ぶっかけ(冷・並)
160124-2.JPG

↓ちくわ天、黄金かれい天
160124-3.JPG
posted by たぬき at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2015年07月26日

ニュー・トーキョー ビヤホール 東京駅八重洲口店@東京都千代田区丸の内(2)

東京の八重洲口の地下1階にあるビアレストランの「ニュートーキヨー」さんです。新幹線乗り場ともすぐですので、乗り換えの方にも使いやすい店舗だと思います。

この日は出張帰り、新幹線待ちの時間つぶしに訪問。宮崎産ポークのアイスバイン960円と生ビール中シュタイン850円を注文。

いつもながらに迫力のある陶器容器で登場。たっぷり量で夏場には良い爽やかなピルスナービールは、とても美味しいものです。

アイスバインはタマネギなどと香辛料のようなもので、しっかりと煮込まれた酸味と旨みがたっぷりの豚肉が、柔らかく、そして厚みもあり食べ応えがあります。ビールとよく合う味わいで、新幹線に乗る前の一杯として、とても美味しく時間を過ごすことが出来ました。

またこちらのお店は乗り換え時に使うこととなりそうです。

↓宮崎産ポークのアイスバイン
150726-1.JPG

↓サッポロ生・中シュタイン
150726-2.JPG
posted by たぬき at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2015年01月23日

ラーメン藤・物部店@滋賀県守山市古高町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン藤の物部店です。お店は、守山市の守山南中の近くにあります。

外観は古風なラーメン店という感じで、黄色いテント看板が目立ちます。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、細長い造りとなっていて、厨房を囲むように長いカウンター席で、ほぼ占められていますが、奥の方に2つテーブル席がありました。意外と人気店なのか続々と地元の方が来られ、そのためか店員さんも多かったです。職人さんが2人と女性店員さん数人で切り盛りされていました。接客も丁寧で良かったです。

ラーメンメニューは、しょう油、塩が700円、みそ、パイタンが750円です。ラーメン藤さんで塩、パイタンがあるのは珍しいですね。大盛りが+150円、特製(チャーシューメン)が+150円、特大+250円となっています。サイドメニューは、ギョウザ、カラアゲ、キムチ、ライス、玉子など、それほど多くはありません。

この日は、しょう油・特製900円を注文。大きな釜で麺を泳がせておられる職人さん、手さばきがスムーズで期待が高まります。

そして登場したラーメン。やや濁った色合いの醤油スープ。トッピングは、チャーシューとネギ、モヤシたっぷり。これぞラーメン藤!これぞ京都の王道ラーメンという見栄えです。

スープには、多めに脂分が浮いています。そのスープの味は、豚のコクが強く出ていて、脂分も多いので、一口目にドーン!と来るような迫力の味わい。醤油のコクも強すぎず弱すぎず。この手のラーメンが好きな私としても、唸るような完成度だと思います。第一旭の寺田店に近いかなと思いました。

麺は、柔らかめの茹で具合の低加水ストレート麺を使用されています。しっとりとした安心の食感、近藤製麺のもので、スープとの相性も抜群です。

チャーシューは赤身肉の薄切りのものがたっぷりと入っています。味付けは薄めですが、量が多くて食べ応え十分です。

なんとなく通りがかりに入ってみた、こちらのお店。京都の本店にも負けないくらい、素晴らしい完成度のラーメンだったと思います。近ければ、何度でも入るのに・・と思える名店の一つでした。

↓しょう油・特製
150123-1.JPG

↓チャーシュー
150123-2.JPG

↓麺とスープ
150123-3.JPG

↓お店の外観です。
150123-4.JPG
posted by たぬき at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット