2016年12月11日

奈良マラソン2016

毎年、出場している奈良マラソンに本年度も出場。今年は、大会前にわずかに右膝に違和感を感じていたのと、毎回アップダウンで苦しむので、とにかくペースを抑え気味にすることを意識してスタート。

最高気温が8度、曇りという天気もあり、冷え込んだため、暖機能のある長袖Tシャツを着用しました。走り始めてから45分くらいは晴れ間も出て、失敗したかなと思いましたが、途中から曇りで冷え込んだので、これは吉だったと思います。

スタートから抑え気味に走ります。5kmくらいまで、とてもペースを控えめに5分/kmくらいで。5kmくらいから15kmまでは、坂になる前に、少し蓄えようかなとスピードアップしようと思いましたが、10kmの部に出場されているランナーさんと混合するコースもあり、大混雑し、逆にペースは控えめに。まあ膝の状況もあるし、良いかとゆったりペースで走ります。

坂道は登りはもちろん抑え気味。5分/kmを下回ろうと気にしない。下り坂は逆にペースアップ。そんな感じで、マイペースで進めました。

そうすると不思議と今まで苦手だった35km位のラストの急な坂の時も余裕があり、37kmくらいの平坦な地点でも4分台/kmが出たり。あれ?いつもなら、このあたり苦しくて、どんどん失速するのにな・・と思いつつ、そのペースでゴール。

結果としては3時間30分を超えましたが、奈良の難コースなので、十分な結果かなと。個人的には十分、満足できる大会でした。ペースのコツ?のようなものもつかんだ気がしますので、また別の大会に活かしたいと思います。

↓フィニッシャータオルと完走メダル
161211-3.JPG

↓完走メダル
161211-4.JPG

↓参加賞のTシャツ(裏)
161211-1.JPG

↓参加賞のTシャツ(表)
161211-2.JPG
posted by たぬき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年10月31日

第6回大阪マラソン

気まぐれに申し込んでみたら当選していた大阪マラソン。所用などもあり、いつもほどしっかりとトレーニングできていなかったので、リラックスモードでの参加です。

7時前には京橋駅について、会場入り。早めの会場入りのつもりが・・すごい人。奈良マラソンなら、この時間帯まだ空いているのにな。。 と、あわててトイレに並びます。するとトイレだけで40分待ち。荷物を預けるのは8時までで超焦る。しかも荷物を預けてからスタート地点まで歩いて25分くらいかかります。大阪城公園広すぎ・・

バタバタとスタート前から疲れる感じでした。ときおりすれ違う芸能人をちょっと見たりしている間に、すぐにスタート時間がやってきます。

スタート後もなかなか混雑で走れません。スタート位置までしばらくかかり、それから1kmくらいは、混雑の中を走ります。

そのうち5kmくらいでばらけるので快適に走ります。そこそこ気温が高かったように思いますが、意外と高速道路の高架下なので涼しい感じがします。それとフラットなコースも走りやすいです。

もともと3時間40分くらいかなと思っていたのですが、走っていると予想より軽い感じで走ることが出来て、25km通過地点あたりで、30分も切れそうだなと。。

35kmくらいから徐々にペースが落ち始めます。そして南港のあたりから暑さもきつくなってきます。ただそのまま押し切るような形でぎりぎり3時間30分を切ってゴール。ネットタイムはもう少し早かったです。

練習量の問題もあったので、予想外に良い結果に驚きました。少し暑さを感じますが、とても走りやすいコース。来年度は11月開催に変更となるようです。そうなると気温的にも記録を狙える大会になりそうです。また機会があれば走ってみたいなと思います。

↓スタート地点の大阪城
161030-1.JPG
posted by たぬき at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年06月05日

第12回わかさあじさいマラソン

私生活の都合により4月のフルマラソンをキャンセルして、来シーズンにつながるように、走力維持のトレーニングのみを実施しつつ、参加した今回の大会。

若狭町と言っても、京都縦貫道が開通したので、京都南部からも2時間ちょっとで行くことができます。7時過ぎに到着するとすでに駐車場は満車に近い状態。早くに訪れると良い大会かもしれません。

大会自体は、とてものんびりとした地元のローカルな大会と言う印象です。ハーフマラソンは1000人規模の模様でした。受付をして、着替えをして、車の中でゆっくりスタート近くまで待機です。仮設トイレは、男性でいうと小の方だけやたら少なかったので、早めに並んだ方が良いかもしれませんね。

若干、小雨も降る中スタート。6月にしては曇っていたので、走りやすい気温だったと思います。ただ風は強く、最初の3kmほどとハーフ折り返し後は向かい風でした。

コース自体は、フラットと言って良いほどの緩やかな登りが前半で、折り返し後は緩やかに下る。走路も広く走りやすいです。ただ距離表示がほとんどないのでペース配分が分かりません。

シーズンも終わっているので、流しペースで余力を残しつつ走ります。距離表示がないので分からなかったのですが、感覚では、なんとなく1時間30分台後半かな・?と思いつつ走っていました。曇っていたとはいえ、暑いので汗もそこそこ出ます。それと給水がペットボトルそのものを渡されるのも初めての体験で、飲みにくかったですね(笑)

折り返し時点で、予想と同じくゴールは1時間35〜40の間になりそうでした。なので、そのまま同じペースを刻もうと思い、走りました。少し向かい風でしたので、若干、途中は強めに足を運ぶ感じで。

そのままゴールは予想通りのタイムでゴール。シーズン終了ですが、流しでも、そこそこはしれて余力も十分ありそうでした。このままの総力を維持しつつ秋口からトレーニング負荷量を高めて、来シーズンに入りたいなと思います。

↓のどかな雰囲気の大会です。
160605-1.JPG
posted by たぬき at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年02月21日

京都マラソン2016

今年の本番と位置付けていた京都マラソンです。前々日の金曜日に受付をして、前日は休憩して臨みました。当日、トレーニングは積んでいたのですが、右の股関節通がずっと続いていて、それだけが気になっての会場入り。

会場は、常々通っている西京極なのでおなじみの場所。ハンナリーズアリーナと野球場が更衣室のようでしたので、7時開門の前の6時45分くらいから、アリーナの方が広いかな・・?と並びました。正解だったのか広々としていましたしトイレの混雑も少なく良かったです。8時45分には並ばなければいけなかったので、早々と荷物を預けます。

西京極で驚くことと言えば、ついにオーロラビジョンとなったこと。サンガの試合前に見るとは・・(笑)

西京極をスタート。奈良マラソン以外で都市マラソンは初なので、どうかな・・と思っていたのですが、京都の方が道が狭く意外と混雑するんですね。5kmくらいまでは周りの人とぶつからないようにマイペースで。5km通過タイムが27分近くかかっていました。

そこからばらけだしたので、徐々にスピードアップします。5〜20km位までは小さなアップダウンが繰り返されるのですが、意外と日常坂道を走っていたので、それほど苦にも感じず走ることができ、5kmごとにほぼ24分前後くらいのペースで進みます。

20〜35kmは、ほぼ平坦か下り坂で走りやすいのですが、途中、賀茂川の河川敷が少し前日の雨で重みがあって走りづらかったかな・・ それでも意外と35kmまではペースが落ちず、ずっと24分/5kmペース。年始からのトレーニングが活きているなと。それと痛みのあった股関節通も、意外なほど持ってゴールまで、走りづらさは感じませんでした。

35km超えてから川端通を北上すると向かい風と、寒さ、若干の小雨もあり、このあたりで、少し足が動かなくなってきます。急激に5分/1kmペースになり、さらに今出川通の坂で少しペースダウン。

しかしながらラストは3時間20分台後半でしたが無事にゴール出来ました。

初めての京都マラソンでしたが沿道の応援も途切れませんし、受付からスタート、ゴール、そしてゴール後までもスムーズでとても快適に過ごすことが出来ました。個人的には35km以上のスタミナを付けたいところですが、またそれを課題にトレーニングしたいなと思います。しばらくは休憩して3月からトレーニング再開しようと思います。

↓西京極のオーロラビジョン。きれいに撮れてませんが美しかったです。
160221-1.JPG

↓フィニッシャータオルとメダルです。
160221-2.JPG
posted by たぬき at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年01月24日

地元のハーフマラソン

今日は地元の地味なハーフマラソンに出場してきました。市の体育協会が主催していて、とても小さな大会。ハーフの部は150人ほどの参加。他に9kmや家族ファンランの部もありました。

この大会の特徴は高低差が200メートル近い上り坂が5〜11kmあたりに続くこと。それと交通規制がないこと。これは、それほど車が通らない場所なので良いのかな・・?と思っていましたが、路線バスは走っていて怖かったですね。

個人的には、2月末の京都マラソンに出場するので、ハードな坂道がトレーニングにちょうど良いかな・・と選んだ大会ですが、この日は寒波の影響で気温も0℃前後できつい条件でした。

スタート後、最初は大きなアップダウンはないので、適度なペースでと思っていましたが・・とにかく想定外だったのが強烈に冷えた向かい風。身体が揺れる感じがする風と冷たさで息を吸うたびに肺付近がやられる感じがします。本当にきつかったな。

5km通過が22分台だったと思います。少しペースが速いと思いましたが、年末年始に京都マラソン用にギアを入れるトレーニングしたので、このまま行けるかなと。

続いて200メートル坂を登ります。本当にきつい、途中くじけそうになりそうでしたが、年末年始の走り込みの成果を見せてやる!と気合で登ります。ただ路線バスは怖かったな(これマジで)。この区間も意外と23分台とかで走っていたような。驚きで、トレーニングの成果が出ているんだなと。

11kmくらいから逆に急な下り坂でスピードが出ますが、膝や太ももの筋肉はつらく感じます。そして15qくらいからは、ほぼフラットな河川敷。しかしながら、天候のこともあり、猛烈な極寒の向かい風にさらされます。このあたりは気合で乗り切りました。

この後半で地元の大会。走っていることも少ないので前のランナーも見えないので・・ 係員の方がいない三差路とか、どっち行けばいいのか迷ったな・・ 1ヶ所私は、間違えて50メートルほど別の方向に走ってしまいました。来年以降、改善されると良いな。

その後、ゴールは1時間30分台前半でゴール。天候、コースの難易度も含めて考えると個人的には、とても満足できる結果でした。年末年始に走りこんだのが地味に効いているのかな・・と。この調子で怪我をせず、京都マラソンにチャレンジしたいと思います。

↓地元ののんびりした雰囲気の大会です。
160124-1.JPG
posted by たぬき at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年12月13日

奈良マラソン2015

今年度の奈良マラソンは、6年目にして初めて怪我の影響もなかったのですが、仕事の関係などで、走りこみつつも疲労が酷いなと思いつつの参加です。

いつも通り、大会会場は高の原駅からバスで行きました。今年は荷物預かり所と、更衣室が異なるようでしたが、少しスペースがありましたので、荷物預かり所の階段のところで休憩しながら待ちました。タイムも控えめのタイムを書いていたので、後ろの方のブロックからのスタート。ゲストの安田団長や有森さんなどのやり取りを聞きながらスタートを待ちます。

スタート後は、スタートラインまでも時間がかかったのと、後方からのスタートだったため、混雑も多く、最初の4kmくらいは、ゆっくりマイペースで走ることに。その後5kmくらいからバラけてくるので速度を上げていきます。この時点で3時間40分くらいでゴールしようかな・・と。

15qくらい、弘仁寺に向かう沿道で、いつも通りキヨシローが元気づけてくれます。そして一つの大山を上り下り、天理へ。この下りがやはりダメージを食らうのかな・・ ここで痛みを大きく感じ始めます。

その後、折り返しを過ぎ、一つ目の大きな登りを超えると、もう足に余裕がなく・・・ 徐々にペースダウン。途中、35km位の有森さんの激励に勇気をもらいますが、それを継続する体力が・・・

ただ、それでも淡々と走り続け、ゴールしてみればなんとか3時間40分台前半。やはり奈良マラソンは厳しいなぁ。。と思いつつ、またトレーニングを行い、次につなげていこうと思います。

↓フィニッシャータオル
151213-1.JPG

↓完走メダル
151213-2.JPG
posted by たぬき at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年10月18日

2015びわ湖高島栗マラソン

2015-16シーズンの初戦。そこそこトレーニングは積めていたのですが、トレーニングのし過ぎで疲労も感じながら参加した大会です。

この日は、マキノまで車で行って、駅前からメタセコイヤが名物の大会会場(マキノピックランド)までバスで訪れました。名物のメタセコイヤ並木は、まだ色づいていませんでしたが、並ぶと壮観ですね。写真を撮ってなかったのが残念。

大会会場に早く着いたのでゆったりと過ごし、初のニューバランスのシューズを履いて大会参加。購入して、走ってみると軽くて、フィッティング感も良かったのが理由です。

ハーフマラソンのスタートは10時10分。1500人ぐらいの方がおられ、快晴でした。

スタート後、若干下り坂のコース。わずかにアップダウンがありますが苦になるほどではないです。走路の幅が若干狭く感じましたが、混雑すぎるほどではなく、そこそこ快適。ただ、おどろくのが5km-10kmあたりの向かい風、そのあとの15qくらいからの向かい風。なかなか強かったです。あとは予想以上に暑かったですね。このあたりもランナーさんのスタミナを奪ったかも。

私自身は、10km頃まで向かい風もそんなに苦痛にならず快調。トレーニング効果が出てるなと。1時間35分以内ではゴール出来るなとペースを守って走っていました。

ところが、16kmくらいかな。右わき腹に珍しく、日ごろ感じないような痛みを感じて・・ しばらくコースアウトして体をひねったりします。それを500メートルは走り、ストレッチと繰り返して、18kmくらいから痛みがなくなりコースに戻りました。

かなりの痛手!と一生懸命取り戻しましたが1時間30分台後半でのゴール。まぁ、よく分からないアクシデントでしたので、そこまでタイムが悪かったことに凹みませんでし、足も余裕があったのですが。最近、タイムが伸びないので、少し残念に思ったりもしました。

ただ、快晴の大会。気持ちよく走れて楽しいハーフマラソンでした。12月に奈良マラソンを毎年走っているので、この辺りの時期はハーフマラソンを走るのには丁度良く感じます。また、候補の大会として来年度も選択肢にしたいと思います。

↓ゴール地点
151018-1.JPG

↓早朝の受付
151018-2.JPG
posted by たぬき at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年05月18日

第35回奥びわ湖健康マラソン

昨年に引き続き出場した奥びわ湖健康マラソン。シーズンも終わりなので、リラックスして出場。今シーズンは、雨の大会ばかりだったのに、ラストでようやく快晴。

随分前に出場した際には、スタート前もそれほど並ばなかった大会ですが、今年も結構な参加者でスタート時は並びます。慌てず、中間くらいの位置からスタート。

この大会は、コースも広いし、そこそこフラット。とても走りやすいし、湖岸の景色がとても美しいです。km表示もたまにしかないので、心地よく走れる感じで走っていきます。

折り返し地点くらいで1時間ちょっとでゴールできそうだなと確認。後半10kmくらいから、加賀温泉郷マラソンから痛みのある左ひざの裏の筋肉部分に違和感が出てきましたので、スパートはやめて流して走ることに。

それでも1時間5分。そこそこのタイムでゴールすることが出来ました。

今シーズンは、雨に降られる大会が多くて、練習量に比べて、残念な結果が多かったのですが、大きなけがもなく走り続けられていることに感謝の気持ちです。少し休んで、またトレーニングを続けていこうと思います。

↓快晴、新緑の美しい大会でした。
150518-1.JPG

150518-2.JPG
posted by たぬき at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年04月20日

2015加賀温泉郷マラソン

4月にフルマラソンに出場するのは初で、暑さを心配しての出場。加賀市に前泊しての加賀温泉郷マラソンです。

前日に受付を済ませ、近くのホテルに宿泊。前日までは雨は降らない予報。しかしながら、当日、天気予報を見ると12時から雨と・・ まぁ9時スタートだし、最後の方だけ雨なのかな、仕方ないのかなと思いながらのスタートです。

スタート前、ゲストの増田明美さんが16個の坂がある難コース、でも18個のエイドがありますよ〜!とか言って、場を和ませておられました。

このコース、加賀の片山津、山代、山中と温泉街を巡るようになっています。まず片山津をめざし、南下、20kmくらいで山代、27kmくらいが山中温泉だったと思います。スタート-片山津-山代までは、起伏はあるものの、奈良マラソンを経験しているためか、特に問題なく。ペース的にもゴールは3時間30分くらいかな・・と思っていました。

ただ、予想外だったのが20km過ぎたころから本格的な雨。雨を予想していなかったので、身体が冷える冷える・・ 防水でないランパンだったので、重いし、完全な対策ミス。一気にスピードが出せなくなってきます。

そして27〜35kmくらいに続く連続の坂。奈良マラソンよりかは楽に思いましたが、それでも、かなり厳しい坂の連続です。そしてラストも坂。そのあたりは、雨で身体が冷えすぎてお腹がおかしいなと思って、トイレに駆け込んだり、精神的にも参っている状態で・・ なんとかほぼ4時間くらいでのゴール。

2014〜2015は、本当に大会が雨が多かったなぁと・・福井駅前も雨でしたし、姫路城マラソンも雨。舞鶴も雨。そして雨の大会には非常に弱いことに今更ながら気が付いたのでした。雨の大会は確実にタイムが悪い・・

実は、姫路を3時間30分台だったので、さらにタイムを伸ばすつもりだったのが、強烈なしっぺ返しを食らったような大会となりましたが・・ しかしながら、この大会、運営もスムーズですし、参加者も多すぎず、意外と良いように思いました。来年はどうかは分かりませんがスケジュールが合えば、また参加してみたい大会となりそうです。

↓少し安っぽいのですが完走賞のタオルマフラーです。
150420-1.JPG

↓会場の様子
150420-2.JPG
posted by たぬき at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年02月24日

世界遺産姫路城マラソン2015

第一回となる姫路城マラソン。2月の大会は抽選で京都と姫路、両方申し込んで、どちらも当選したのですが、学生時代を過ごした姫路をと。こちらに参加。初の前泊しての参加です。

大会当日は7時前に大会会場に到着。この大会、前日受付も、大会当日の着替えや荷物預かり、ゴール後の動線も含めて非常にスムーズで驚くばかり。こんな快適な大会は過去に経験ないかもと思いました。

天気はあいにくの雨天。スタート時には小雨が降ってました。ゴミ袋をかぶってのスタート。姫路城前大手前をスタートできるとは感無量です。目標は3時間30分に設定です。

スタート後、姫路市内から書写方面に向かい、夢前川を30kmほど往復して、姫路市内に戻るルート。最初の15q位が緩やかな上り、35kmまでは緩やかな下りそのご3kmほど緩やかな上りで、ラストは下りです。ほぼフラットで走りやすいコース。

意外と走路が広くて、2kmくらい走ると混雑がほどけだして快適に走れます。たまに4分30秒/kmくらいになって早すぎるなとペースを落としたり繰り返しながら・・20kmくらいでトイレに行きたくなり入ります。

コース図を見ていて夢前川の周りは応援が少ないだろうなぁ・・と思いきや、なんのその。姫路はやはり大きい街ですね。大声援どころか、とくに30kmくらいの応援はすごすぎて… 沿道に観客びっちり。走りの方にも力が入る応援です。ありがたい限り!

ペース自体は25kmあたりから、股関節に痛みを感じるようになり、徐々にペースダウン。30kmを超えるとキロ5分台になってきました。ラスト、安室や田寺の街並みは非常になつかしいなぁと思いながらも、つらい走り。そのあたりでゲストで走っておられた尾崎好美さんにも抜かれ・・

ゴールは3時間30分を数分すぎてゴール。かなり疲労感があって、つらいレースとなりましたが、ラストが姫路城というのがまた感動です。そして、ゴール後の動線が・・なぜだか動物園。疲労度MAXの中、熊とかを見ました。

姫路はやはり私にとっては特別な街で、走る景色毎に、思い出がよみがえります。コースも走りやすく、運営も素晴らしく、また当選すれば、ぜひとも走りたい大会です。

↓フィニッシャータオル
150223-3.JPG

↓完走メダル
150223-4.JPG
posted by たぬき at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年01月18日

第23回高槻シティハーフマラソン

今日は高槻シティハーフマラソン。個人的な目標が一つあり、2011-2012のシーズンに非常に似た状態。なので、そのシーズンと同等以上の成績を残すことが今の目標です。

2011-12は今年と同じく怪我明け。復帰の秋のハーフはいまいちタイムが出ず、12月の奈良で3時間40分台。ここまで同じ。2012はその後、1月末に兵庫県竜野でハーフマラソンで1時間30分前半→3月篠山3時間20分台でした。

今回は、2011よりハード目に年末年始トレーニングしましたが、2011と異なり2週間、奈良から次のハーフまでの期間が短いです。それとハード目なトレーニングを、今回の大会前の三連休もしっかりこなして、ある程度、身体が疲れた状態で、どれだけできるかのテストです。

10時20分スタートの大会なのに、また朝7時台から会場にスタンバイ。高槻駅からは無料シャトルが出ていて便利でした。体育館の中でゆっくりした後スタート列に並びます。

疲れがありましたが1時間30分台でゴールは確実と思ってましたが、疲れもあり不安だったので、その後ろの1時間40分台の列に並ぶことに。

そしてスタート。陸上競技場を出て、芥川、淀川の河川敷を走るコースですが、競技場から河川敷までのコースが狭いのが難点。芥川の河川敷も狭くてスタートから3kmは、スピードを出すことが無理なコースです。なので、この3kmは17分ほどかかってしまいました。

その後、徐々にばらけてきますので、徐々に速度を上げることに。困ったことに、この大会、距離表示がありませんでした。まあ開き直って自分のペース感覚を養うチャンスと。1時間35分くらいゴールのイメージで走ってみます。

河川敷ですが適度に起伏があるコース。イメージは加古川マラソンに似ていますが、コース幅が狭めなのと、起伏は多いように思いました。途中、給水所があるのですが、そこにも距離表示がなくて・・今、どこらへん走っているんだろう・・と思いながら進みます。

中間時点と書かれた看板があり、そこの通過タイムが1時間38分の半分くらいで、やばい!とゆっくりしすぎたかなと思いギアを入れなおします。ただ帰りも距離表示がないので不安(笑)

ペースを上げつつ、最後、けっこう曲がりが多いコースで苦戦しましたが、ちょうど目標タイムから若干遅れてのゴール。3分を縮めるのは意外と困難だなぁと思いましたが、後半ペースをあげれたこと、疲労が残る身体でも、そこそこのタイムを出せたことは良かった点だと思います。

次回は2012よりも2週ほど早くフルマラソンが出てきます。2012のタイムを上回れるようにトレーニングしたいと思います。

↓高槻駅の歓迎看板
150118-1.JPG

↓会場の様子(朝7時台)
150118-2.JPG

150118-3.JPG
posted by たぬき at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年12月14日

奈良マラソン2014

10月の舞鶴のハーフマラソンでの結果を受けて、非常に良くないな・・と。気合を入れて練習に励んで、臨んだ大会です。目標は、身体が出来ていないながらも、走り切った、今年と似た感じで出場した2011年のタイム(3時間46分)を上回ること。

練習は、膝の痛みと相談ながらもびっしりとこなしていたのですが、大会の1週前に右膝に痛みが出て、テンションダウン。大会前の1週間は、あまり練習せず、本番に臨みます。

大会当日は、その膝の痛みもほぼ感じず。いつも通り早め、7時ごろには大会会場入りします。今年は選挙の関係で、男子更衣室は体育館が使えず・・・ ということで、私は陸上競技場の裏に緊急設置されていた更衣室へ。室と言っても、競技場の裏のスペースで、風通しも良い吹き抜けエリアなのですが・・・ 屋外の風に吹かれつつ、寒さにじっと耐えて待ちます。

スタートし、5分/kmペース前後で走ります。意外と身体も軽く膝の痛みもなく順調です。名物の忌野清志郎のそっくりさんタレント「今ノ葉狂志郎」さんは、今年は、少しだけ奥まったところにおられたかな・・ そこも順調に通過します。

ただ、この20km付近から、奈良マラソン独特の急な上り下りの坂の連続。体力が奪われます。それと24kmを過ぎた時点で、あっ!と。やはり1週前に痛めた右膝に痛みが一瞬走り、しばし側道にそれて屈伸などで確かめます。

そのあと、しばらくジョグペースで走り、痛みがひどくなさそうなのを確認して再度、走ります。とにかく続く、坂に徐々にペースダウン。でも、奈良マラソンの沿道の皆様の温かい声援にも助けられ、ラスト2kmくらいはペースを取り戻し、また5km/分ジャストくらいで。

結果、目標としていた2011のタイムよりは、早くにゴールすることが出来ました。ただ3時間40分台なので、また、しっかり休養を取り、年末年始に走りこんで、2月末のフルマラソンにつなげたいなと思います。

↓完走タオルと完走メダル
141214-1.JPG

141214-2.JPG
posted by たぬき at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年10月13日

舞鶴赤れんがハーフマラソン2014

昨年第一回が行われた舞鶴赤れんがハーフマラソン。今年も行われるとのことで出場することに。

ただ、台風19号の影響で、本当に開催されるか心配。。。前日、夕方に電話で問い合わせると、開催するとのこと。JRも午後以降停めるとのことなのに、大丈夫なのかな・・と思いつつ、就寝。

早朝から舞鶴に向かう途中、雨がかなり激しく降る地域もあり、心配しながら現地到着。しかしながら、意外と現地は小雨が降る程度で安心。

ここの大会、残念だなぁと思うのが手荷物預かり所がないところ。受付を済ませて、車の中に荷物を置いて、スタート位置へ。

今年は、小さな怪我もあり、どれくらい行けるか分かりませんでしたので、1時間35〜45分の位置に並びました。スタート前は、それほど雨も降ってなかったと思います。

スタート後、舞鶴市役所付近を走って、自衛隊の基地内を走るコース。今年は、カメラを持って走らなかったので、様子は、昨年の記事を読んでいただければと思います。

↓昨年の記事
舞鶴赤れんがハーフマラソン2013

走り始めて思ったことが、やはり怪我と出張が続いて練習不足だったので、身体にキレがなく重いなぁと。なので、無理せず1時間40分前後を目指すことに。途中自衛隊基地では、かなりの雨風に打たれて、つらいなぁと思いながら走ることに。

全体的には、あまり上り下りの少ないコース。雨風さえなければ、走りやすいと思います。後半、少し左脚の筋肉に違和感を感じて、スピードが落ちましたが、なんとか1時間40分を少し超えたところでゴール。

個人的には、もう少し上を目指したかったかな。次の奈良マラソンまでの間、しっかりトレーニングをしたいと思います。

↓ゴール地点
141013-1.JPG

↓大会開始前の赤れんが倉庫群
141013-2.JPG
posted by たぬき at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年05月18日

第34回奥びわ湖健康マラソン

GWに1週間寝込んで、その後、体力自体は回復してましたが、咳と鼻水が止まらない毎日。10日ほどあるので、治るだろうと思っていましたが、ついに大会当日まで症状は治まらないまま。

そんな感じでテンション低目で訪れた大会です。もともとGWは走りこむつもりだったのに、走りこむことができず、しかも体調も低く、なので、マイペースで走ることを目的に。

この大会は、2008年に出場して以来。その時も快晴で。この日も快晴。あぁ、こんな日に絶好調の体調だと最高なんだろうなぁと・・

JR永原の駅を降りると、DCTさんらしき人影が・・・ あっ!と思いつつ、帰りの切符を買っているうちに、姿を見失いました。

ただ会場で受付を済ませた後、DCTさんとお会いすることができて、すこしお話を。その後、のんびりとした大会なので、することもなく、スマホをいじったりで、スタート時間まで待ちました。

今回は15q。で、スタート地点に行くと・・・2008年では無かったような大人数のスタート待ちが!!! なんだこりゃ!と。まぁ、個人的にテンションも低いので、スタートまで時間かかっても良いかなと後ろのほうからスタートすることに。

スタートしてから結構かかって、スタートラインを通過。スタート時点のタイム目標は定めておらず、体調に任せるまま走ってみて、いけそうなペースで進もうと。

体調が悪いので6分/kmくらいになるかな・・・と思っていたら、5km通過時点で、ほぼ5分/km。あれ・・意外とイケる・・ 走りながら咳も出るのになんて思いつつ、その時点で、ゴールを1時間15分に設定。

天気が良く、とても景色が素晴らしいです。奥びわ湖の美しいのどかな景色。それを見ながら走ります。

7kmくらいでDCTさんと会って、「風邪と言ってる割に元気すぎません?」みたいな感じで声かけられて(笑)。「5分/kmで走ってみてます」と言ってみましたが。本来は、こんなペースで走るつもりではありませんでした^^;

その後、8kmくらいから1kmごとの距離表示があって、不思議と個人的にも、体調が乗ってきて、徐々に4分後半/kmのペースに。あれよあれよ・・というままに1時間10分ちょっとでゴール。

2008年は、怪我をしていたのですが、今回よりもずっと早いタイムでゴールしているようで。。 まだ本調子ではないのですが、いろいろと目標が新たに出てきました。次は、秋以降に大会に出るつもりですが、今期は、怪我から復帰できて、大会にも参加できるようになったことが本当に大きいことだと思っています。徐々に体力を戻していこうと考えています。

↓大会の雰囲気。終了後、JR永原駅から
140518-1.JPG

↓奥びわ湖健康マラソン
140518-2.JPG
posted by たぬき at 20:53| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年04月06日

第15回福井駅前マラソン

2月に出場した木津川マラソン以来、左足が少し違和感を感じる日々。不安を持ったままの福井駅前マラソン(ハーフ)に参加です。

福井と言っても駅前が受付&スタートなので、関西からでも意外とアクセスは良いです。私は特急サンダーバードで訪れました。

駅を降りるとすぐに雨。予報はレース中が雨とのことでしたが、レース前から雨が降っています。駅前すぐのビルが男性更衣室になっていたので、受け付けを済ませた後、着替えて、スタート直前までゆっくり待ちます。

スタート地点には、ゴミ袋をかぶって雨対策。しっかりと雨が降ってます。

そしてスタート。身体も冷えるのと、怪我もあり、それほどしっかりとトレーニングも出来ていないので、木津川マラソン(フル)と同じようにハーフ時点(ゴール)を1時間50分くらいを目標として設定して、走っていくことに。

まわりの桜はきれいだし、足羽川の桜並木とか、特に美しいのに。とにかく雨!雨!追い風の時は良いにせよ、向かい風になると顔面が痛いくらいの雨。そして目に雨が入りすぎて視界も分からず、何度も顔や目を拭きながら走ることに。

寒さもあり、ゴミ袋をかぶっている部分より先、腕、手などは感覚がない状態に。どんどん遅れて行きます。それと5kmくらいから寒いからか、普段気にしている左足の違和感も感じました。なので、さらにスローペースで走ることに。ただコース自体は、とてもフラットで、雨風がなければ走りやすいと思います。

途中、くじけそうになりますが、気持ちをこらえて走り続けます。10kmを過ぎたころから若干雨もやむ時間が増えて来たような。

15km地点では、雨もやんで、シューズはずぶずぶでしたが、しっかりと走ることが出来るように。そのころから左足の違和感も、そんなに感じず。遅れを取り戻そうと、一生懸命走ります。

前半の遅れはだいぶカバーできましたが、しかしながら、1時間50分ジャストくらいでのゴールとなりました。

とても寒い耐久レースでしたが、この大会、天気が良ければ、そこそこ楽しめそうに思います。コースもフラットで、記録も出そうです。個人的にも、じっくりと足を治して、トレーニングして、記録を残せる状態で、再度挑戦してみたい大会となりました。

↓雨の降る福井駅前スタート地点。
140406-1.JPG

↓ゴール地点の運動公園。この時点では雨がやんでました。
140406-2.JPG
posted by たぬき at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年02月02日

第31回 京都木津川マラソン大会

2/2。天気予報は9時ごろまで雨。気にしてましたが、家を出るときは、もうやんでいました。

8時から受付開始なのに7時30分ごろには会場入りして、うろうろ。受付開始と同時に、受付し、ささっと着替えテントでゼッケンなどをセットして、どうしよう・・とうろうろしていると、ブログでお世話になっている「DCTさん」とばったり会って、大会のコースの特徴などを教えていただきました。

そのあとは、更衣室内でボーっとスタートまで待ち、目標タイムは怪我明け3ヶ月しか練習出来ていないので4時間として、3時間30〜4時間の人のスタート待機場所に並びます。

この時、天気予報では気温が上がるとのことで半袖短パン姿だった私。突然の雨が襲います。寒ぅ〜。じっと我慢。きっとレース途中で暑くなるはずと祈りながら。

↓早くついて閑散としている会場
140202-1.JPG

140202-2.JPG

140202-4.JPG

そしてスタート。フルマラソンのコースは、木津川のサイクリングロードを京田辺→精華町→木津川台駅付近(折り返し)→京田辺→八幡(折り返し)→京田辺 と行くコース。

木津川のサイクリングロードは、普段の練習から、たまに走っているので、よく知っています。細い道なので混雑しないのかな・・と思っていたら・・・ スタートから5kmまでは、混雑気味。

個人的に目標は4時間としつつも、間違って3時間30分くらい狙えないだろうか・・なんて内心、思っていたのですが、この最初の数km走って、身体が重いな・・・と。まだ、そんな身体に仕上がってないなと実感。なので、素直に4時間を目指しました。

スタートから3kmまでは混雑してタイムは遅れ気味でしたが、途中からは、5分15秒/kmくらいで順調に走ることが出来ます。ハーフ地点で1時間55分くらいだったかな。この付近で、ハーフマラソンを走っておられた「DCTさん」とすれ違い、お互い頑張ろう!と声を掛け合います。

この頃には、たまに晴れ間も出たりして、半袖短パンで走ったことは正解だったかなと思いました。

20〜25kmあたりが一番タイムも快調で、良い走りが出来ていたのですが、27kmくらいから、足が重く感じるようになってきました。やっぱり3ヶ月の練習では、足りないんだなぁ・・・と実感。

でも30kmを2時間50分くらいで通過したので、なんとか4時間以内には帰れそう・・・ 35km地点では、さらに足が重くなってきて、6分/kmを保てないどころか7分/kmくらいになってきます(笑) つらいなぁ・・ 

38km地点くらいの給水所。おじさんに話しかけられたので、まだ時間も余裕が合ったので1,2分話していると、後ろの方に4時間のペースランナーが見えました。やば・・・(^^;

ということで、急いで走ります。もう力がなくてやばいと思っていたのに、焦るとぎりぎり5分台/kmで走れる私・・・ もっと前から、その力出せよ!と自分に喝。

で、ラストはなんとか4時間を切って走りきることが出来ました。

3ヶ月の練習で、これだけ走れれば、だいぶ良い感じなのかな・・と思います。今後のレースは、未定ですが、とにかく来シーズンはベストに戻して、また3時間30分を切ることが出来る身体に持っていこうと思います。

※そういえば、八幡の流れ橋の付近。気になる方がいて・・・ 演奏されていた人。見た瞬間から、淡路で一緒に走った高石ともやさんかな?と思っていました。 帰りも元気に演奏されていて・・・ 本物だったようです。誰も反応されてなかったなぁ・・・ 声掛けるべきでした。

↓スタート地点
140202-3.JPG
posted by たぬき at 18:17| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2013年12月08日

奈良マラソン2013

久しぶりに怪我が治りつつある状態でのフルマラソン。ただ練習出来ているのは、わずか1カ月。一応、30km走は実施したけれど、痛みがないか確認しながらの走りで、少し不安でした。

今回、奈良マラソンは、申込時、数時間でネットは締め切りとなっていました。4年連続で出場できたものの、翌年はどうなるのか心配です。

当日は、朝7時前には会場入り。まだ閑散とした雰囲気です。私自身も記録は狙うことが出来ないのは分かっているので、のんびりとすごします。時間に余裕があるので、まだ混んでないトイレに行ったり、ゆったりとすごします。

年々混雑するこの大会。運営も毎年良くなりつつあるように思います。スタートなどもスムーズですし、いろいろと満足度の高い大会だと思います。

レース自体は、スタート前から怪我の不安もあるので、4時間〜5時間の間でゆっくりと練習ペースでと思い走ります。ただ不思議と身体が軽く、5分台/kmで走ることが出来てました。

途中、名物、忌野清志郎のそっくりさんタレント「今ノ葉狂志郎」さんのパフォーマンスで勇気をもらいます。

意外と行けるかも・・とか思ったのが、間違い? 30kmくらいまでは、ほぼペースを維持してまして、このままいけば4時間も切れるかも・・と思いましたが、怪我をしていない左足に違和感を覚えはじめます。そのまま走ろうかなと思いましたが、痛みが増しそうでしたので、ペースダウン。

今回は、記録を狙う大会ではなく、今後につなげるための大会だと肝に銘じて、それ以上は、怪我をしないよう、無理に走らないようにすることにしました。

ほぼウォーキングで・・沿道に、走って〜と言われると、その区間だけ走って痛みを確かめて。でもやっぱり痛みがありそうなので、歩く。その繰り返し。そしてゴール。

一応4時間台でゴールしましたが、完走!というまでの充実感はなく。でも、トレーニングとして良かったのかなと思いました。レース後、今大会から初めて、完走写真無料サービスというのをやっておられましたが、断りました。まずは自身の満足できる状態に持って行けるように、明日からも日々、努力です。

それでも、やっぱり奈良マラソンは素晴らしい。また出たい大会です。出来れば、来年も走ることが出来ますように。

↓フィニッシャータオル
131208-1.JPG

↓完走メダル
131208-2.JPG
posted by たぬき at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2013年10月20日

舞鶴赤れんがハーフマラソン

舞鶴市制施行70周年を記念して行われた「舞鶴赤れんがハーフマラソン」です。初の開催ですが、コースに特徴があるとのことで、出てみたいなと思って申し込んでいました。

ただ怪我のこともあって、無理かな・・と思っていたのですが、9月末ごろから、徐々に膝の痛みが消えてきて、短距離なら走っても痛みが出ないな・・と。先週10kmくらいを二度走ってみて、怪我している足は大丈夫。ほぼ完治してそうと。

ただ、懸念は怪我してないほうの足が、あまりトレーニング出来てないためか、筋肉系の張りのような違和感を感じてました。

でもハーフなら行けそうと思い、とりあえずトレーニング&ファンランをと、出場することに。それと、驚くことに、この大会。地元の小学生から、直筆の応援カードが届くんです。それも背中を押してくれました。本当に元気をもらうことが出来ます。


当日の天気は小雨。あいにくの天気ですが、受付&スタートの場所が、赤レンガ倉庫群というのがうれしい。

↓赤レンガ倉庫群が受付&スタート
131020-1.jpg

この日は、ファンランのつもりだったので、スマホを持ちながら写真撮影しながら走ることにしました。目標は、怪我なく走ること。それとトレーニングの意味もあったので、可能であれば6分/kmペースを守って、2時間10分弱で完走することを目標にしました。ほとんどトレーニング出来てないので不安でしたが、痛みが出たら棄権しようと思ってスタートしました。

雨は、それほど強くなく、苦にならない程度。スタート後、赤レンガ倉庫群、海上自衛隊の横を抜けると、少し上り坂になります。坂を登りきると「雁又トンネル」に入ります。いろいろな大会に出ているけど、こんな長めのトンネルを走るのは初めてかも・・

↓雁又トンネル内
131020-2.jpg

トンネルを抜けると、若干の下り道。そして本日のメイン。日常は入場不可能な海上自衛隊の舞鶴航空基地へ入ります。思ったより広〜い敷地内。この日は、車両数台と、ヘリが数台置かれていました。途中何度も、写真を取るためストップ(笑)それと、この間は多くの自衛隊員さんが応援してくださっていました。

↓海上自衛隊・舞鶴航空基地内のコース
131020-3.jpg

131020-4.jpg

基地を抜けると折り返し、赤レンガ方面へ。次は、海上自衛隊の船が置かれている敷地内に入ることが出来ます。巡洋艦や小型艦がいっぱい。こちらは迫力満点です。今回は、記録も狙っていなかったので、自衛官さんに巡洋艦の名前を聞いたり、ゆっくりと走行。

↓艦船がいっぱい。
131020-5.jpg

131020-6.jpg

ここまでが前半10km。中間地点で元の赤レンガ倉庫群を抜けます。タイムを見ると、写真を取っていたこともあり、少し遅れ気味だったので、少しペースを速めます。

後半は、のんびりとした舞鶴湾を望む湾岸景色が続きます。沿道の応援もとても温かく、うれしいものでした。後半も少し、アップダウンがありました。

自分自身の脚の状態はと言うと、怪我していた右膝は大丈夫。もう完治しているのでしょうね。走る前から気にしていた左足は、やっぱり15kmくらいから、ちょっと筋肉の張りのようなものを感じました。これからトレーニングが必要だと思います。

ゴールは、赤レンガ倉庫へ。当初の目標通り、ほぼペースを保って、2時間10分以内で戻ることが出来ました。

↓ゴール地点
131020-8.jpg

大会は、コースもとても良くて、日程が合えば来年も出たいなぁと。欲を言えば天気が良かったらとは思いましたが、それでも素晴らしい大会でした。

個人的には、タイムは断トツの自己ワースト記録です。でも怪我のため、ほとんどトレーニング出来てない状態で、意外と走れたし、もう少しスピードを出す余裕もある感じで、かなり希望が持てる内容でした。しばらく、脚の痛みを気にしながら、トレーニング量を増やして、以前の調子に戻していこうと思います。

走れることに感謝。
posted by たぬき at 18:47| Comment(3) | TrackBack(0) | マラソン大会

2012年12月09日

奈良マラソン2012

本日は、奈良マラソン。7月最初に怪我をして、9月下旬ごろ順調に治りつつあった右膝。その膝をウォーキング中に痛めてしまい、歩くことも辛い時期がありました。しかもなかなか治らず・・もう奈良マラソンは無理だなと思っていたところ、2週前ごろから痛みが消えてきました。

あきらめずに筋トレや、傷みの少ない日はウォーキングを繰り返してきた効果なのでしょうか?奈良マラソン1週前に、数回4km走を走ってみると、膝に違和感は若干覚えるのですが、普通に走れそう・・と思い、とりあえず出場することに。


さてスタート。今回は、膝が本調子でもないし、平坦な道を出来るだけ走って、膝に負担がかかる場所は歩く戦法です。しかし、スタート場所・・・持ちタイムが、ある程度あるだけに、2番目のブロックからのスタート。周りはエリートランナーぽい方々がいっぱい。今回、下手したらリタイアでもいいやとリラックスムードの私は、ちょっと恥ずかしい気分。

スタート後、タイムじゃなく、膝が気になるので、膝に負担を書けないように気をつけながらゆっくりジョグします。抜かれる一方。その膝の状態は・・2kmであ・・・痛みあるかもと一瞬思いましたが、その後、不思議となんともなく走れます。意外とイケル!?

あまり無理せず15kmを過ぎ、最初の難関の坂は歩こうとすると、奈良マラソン名物の「今の葉狂志郎さん(忌野清志郎さんのそっくり様)」さんの大音量パフォーマンス!私が通過するときは行きは「上を向いて歩こう」帰りは「雨上がりの夜空に」でした。無理したらダメと思いつつ清志郎の前だけは!!と走りました(笑)

その坂を登り切って、まだ行けるかな・・と思っていたら、なんと・・痛めている右膝ではなく、逆の左膝が悲鳴を上げ始めました。私の膝はガラスの膝です^^; でも、怪我とかではなく疲労による痛みの感じでしたので、ところどころ休んで膝の様子を見ながら、折り返しも過ぎ、30km地点も3時間30分以内で過ぎました。

その時点で、もう絶対完走は大丈夫と思いましたので、膝に負担をかけないよう、残りはすべて歩くことに。そして5時間を過ぎてから、ゆっくりとfinish。

レース後、膝は、それほど悪くなってないようですし、半年も、まともに練習できなかったのに予想以上に走れる自分にも驚きました。しばらく養生して、来シーズンに向けてゆっくり練習できる環境に持っていきたいと思います。

それにしても、この奈良マラソン、沿道の皆さんの応援。とても暖かくて・・・沿道の皆さんの応援を受けるだけで100メートル分のエネルギーをもらえるような。こんなに素晴らしいなと思えるマラソンは、なかなか無いと思います。来年もぜひ出場して連続完走記録を伸ばしたいなと思います。

↓フィニッシャータオル
121209-1.JPG

↓完走メダル
121209-2.JPG

※今年は古事記編纂1300年。それを記念して、完走メダルはヤマトタケルの頭をイメージした形を楕円形3つで描いておられます。裏面には、勾玉の中にヤマトタケルが草薙剣を持つ姿と鏡が描かれています。
posted by たぬき at 18:27| Comment(6) | TrackBack(0) | マラソン大会

2012年03月05日

第32回篠山ABCマラソン

雨の篠山マラソン。

今回の大会直前に、いろいろと所用が発生し、かなりのコンディション不良でした。

当日、早朝に京都駅まで出て、京都駅から出ているマラソンバスに乗車します。約1時間15分くらいでしょうか。篠山市民センターに到着。そそくさと受付を済まし、篠山城を少し散歩。そして着替えに入ります。

この日は、朝の天気予報では、15時くらいから雨が降るとのことで、レース中は天気が持つだろう・・・と半袖シャツ&短パンを選択。シューズは、前回のハーフマラソンで使用したスカイセンサーが好感触だったので、フルマラソンでも使ってみようと履くことにしました。

荷物を預け、トイレを済まし、スタート25分前くらいから列に並びます。今回はコンディションがよくなかったので、目標は3時間40分以内くらいを設定していたのでリラックス。

号砲が鳴り、スタート。するとポツポツ・・・と小雨が降り始めます。まぁ、すぐにやむだろう・・なんて思っていたら、これが結局レース最後まで続くことに(大誤算^^;)。

ただ篠山の地元の皆さん、雨の中、とても温かい声援です。私設エイドでチョコや飴、バナナなど用意してくださる方々もおられ、本当にありがたいものでした。今回も怪我から復帰しつつあり、走ることの幸せを噛みしめて、声援をくださる皆さんへは、何度も「ありがとう」と声をかけて、走るようにしました。

今回は、レース序盤から、ある程度余裕を持って、4分40〜50秒/kmくらいのペースで走りました。まあ20km越えるとペース落ちてくるんだろうな・・なんて思っていたら、1月のハーフマラソンと同様に・・あれれ・・と思うほど余裕があります。全然ペースが落ちない。。で、結局37km地点までペースを維持できました。

特に20kmを越えてからは、周りのランナーのペースが落ちるので、ほとんど抜いてばっかり。これも前回のハーフマラソンと同様で、すごく楽しく走ることが出来ました。

ただ、本当に誤算は雨(^^; 30km過ぎたころから、だんだんと強くなり、37km地点以降、足が重くなりだすと、体が動かないこともあり、どんどん冷えていきます。足よりもとにかく、腕が動かない。指先が冷たい。これが本当にスタミナを奪っていきました。

ただ、長い間ペースを保てたこともあって、余裕を持って、3時間40分以内どころか、3時間20分台でゴール。自分でも驚くほど、あっけなく良い結果を出すことが出来ました。不安に思っていた膝の状態も、若干、走っている途中で違和感を感じたくらいで、悪化しそうにもなさそうです。

本当に無事に怪我なく走り切れてほっとしました。今後は大会も登録していますが、所用で走ることが出来るかは、分かりません。とにかく、これまでフルマラソンの後に、大怪我することが多かったので、今は、じっくり疲れを取りたいと思います。とにかく今は、走れたこと、周りのみなさまへ感謝です。

↓完走メダル
120305-1.JPG

↓大阪方面からのマラソンバス(篠山市民センター内)
120305-2.JPG

↓篠山城大書院
120305-3.JPG

↓会場の様子
120305-4.JPG
posted by たぬき at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会