2019年11月03日

第33回あいの土山マラソン

年末の奈良マラソンに向けて、トレーニング用に選んだ大会、あいの土山マラソン。ずっと出たかった大会です。ちょうど二週前に淡路国生みマラソン(ハーフ)に出場したこともあり、疲労も残っているのかなと思いつつのフルマラソンでの参加です。

あいの土山は滋賀で近場なのですが、アクセスが微妙に遠くて・・・ 朝一の電車に乗って、会場入りが8時台という感じです。ただ貴生川駅からのバスは頻繁に出ていて、ストレスに感じるようなことはありませんでした。

会場もこじんまりとしていますが、地元の物産スペース、ランニング用品の販売所、大会受付も含めて混雑せずスムーズなのが良いところです。参加者も多くないので、トイレなどもそれほど混雑しません。荷物受付は、貴重品のみで荷物は更衣室などに置きっぱなし、この辺りは歴史ある大会ならではなのかなと思いますが改善点かもしれません。

そしてスタート。フルマラソンは、5分前に女子がスタートしたのちの男子スタートとなっています。スタート時点も緩くて、タイム別にエリアは分けられていますが、私は女子スタートまでは隣の空き地のようなところで座ってゆっくりしていました。この辺りはローカルマラソンならではのゆったり感かもしれません。

この日は、トレーニング目的でしたので3時間30分前後に照準を合わせてスタート。

スタートは、意外なほどスムーズで、参加者も多くないので、混雑も少なく1km地点くらいから心地よく走ることができます。

コースについて、奈良マラソンのような強烈な坂、長い坂は少なく、18q地点にすごい登りがあったことくらいでしょうか。ただ、上り下りが基本的に常にあります。なので疲労度がすごいあります。ただ、走路は広く走りやすいです。

最初の5,6qを過ぎると比較的フラットなので楽でしたが、そのあと14qくらいから強烈な下り、そして18kmくらいで猛烈な登り、その辺りは下り→ややフラット→やや登りという感じだったと思います。このフラットコースは20-25kmくらいでしたが向かい風が基調で難しかったです。

そのあとのやや登りの所も適度に下りがあって、本当にテクニカルで脚に来るコースでした。私もラストの30q以降に若干、足が鈍ってきて苦しい中ゴールすることとなりました。

それでもおおよそ3.5時間でゴールすることができ、これからの冬の大会に向け良いトレーニングになったかなと思います。少しアクセスが遠いのですが、走りやすいコースで、そのコースのハードさも良いので、また気が向けばシーズン最初のトレーニングのために出場したいかなと思います。

↓スタート地点
191103-2.JPG

↓参加賞Tシャツ
191103-1.JPG
posted by たぬき at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2019年10月20日

第35回淡路国生みマラソン全国大会

10年ぶりに出場した淡路国生みマラソン。この大会は、12月の奈良マラソンに向けて、11月あいの土山マラソンと合わせて高低差の強烈な大会の練習に良いかなと出場しました。

朝は早くに車で移動し、大会受付の始まる7時30分より早くに会場に到着。この時間帯ですと会場すぐ横の一宮中学校の駐車場もまだ空いていて停めることができました。

会場では、玉ねぎスープやヤクルトなどが無料でサービスされていて、のどかな雰囲気。とりあえず受付をすまし、伊弉諾神宮を参拝して、更衣室、荷物預所となっている「いざなぎアリーナ」で時間をつぶします。大会の開会式は神前式。このあたりはさすが国生みマラソンだなという印象。

そして、10時前にはスタート位置の集合に並び、大会のスタート。一つ失敗といえば、この大会は記録順ではないので、早い人も遅い人もごっちゃ混ぜです。私はいつもの癖で同じブロック(この大会では年代別に並んでました)の一番後ろの方にいました。そうすると最後方からのスタートのような感じに・・

すると最初の2qくらいは大混雑で、自分のペースで走れるようになるまで、とても厳しかったです。まあタイムではなくトレーニングのつもりで出場した大会なので、そのあたりは気にせず。3qくらいから混雑もばらけてきます。そして平坦な道が10kmくらいまで続きます。

10q通過が47分くらいだったと思います。このコースは公判が強烈な坂道が続くので、目標はここで設定。後半は同じペース以上、可能なら1時間35分くらいでゴールしようと。

10-16kmくらいは長い登りが常に続きますが、前半と同じペースでほぼ行くことができました。そのあとがきつい、下っては上り坂の繰り返し。19qまでは、ほぼ前半のペースを維持しましたが、さすがいラスト20qにある坂は若干ペースが落ちました。しかしながら最終的には1時間35分ちょっとでゴール。ほぼ設定どおり以上のタイムで行くことができました。

走った後はお待ちかねの抽選を引いて「玉ねぎ」などをゲット。この大会、のどかな雰囲気ですが、とてもハードなコース。冬の大会に向けてのトレーニングにちょうど良い大会だと思います。また景色も素晴らしくコスモスも満開。走っていてもとても楽しいコースだったと思います。またスケジュールが良ければ走りたいコースです。

↓受付の様子
191020-1.JPG

↓伊弉諾神宮
191020-2.JPG

↓開会式
191020-3.JPG

↓淡路市長の挨拶
191020-4.JPG

↓参加賞など
191020-5.JPG

191020-6.JPG
posted by たぬき at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2019年04月08日

2019ユニセフカップ芦屋さくらファンラン

3年連続で出場のこちらの大会。今年もシーズンの締めに出場することにしました。

目標は特になく、鳥取マラソン後も追い込んだトレーニングもしてませんでしたので、昨年、一昨年くらいの記録が出ればよいかな・・という感じでの出場です。

当日は快晴で暑さを感じるくらいの気温でした。昨年は桜が散っていましたが、今年は2年前と同様、桜が満開。花見客の中でのマラソン大会となりました。

こちらのコースは、細やかなアップダウンがあり、さらに芦屋中央公園周辺を変則的に2週することもあり、カーブが多いコースです。

スタートから余力を残しつつという感じで走ります。5q通過は23分くらいだったと思います。そのあと10qは22分前後だったかな。とにかく暑さがひどかったので、給水所ごとに水を受け取り腕や顔に水をかけて走りました。

途中、あまりないことなのですが、腹部が痛むような感じもあり、緩めて走ったりしながら、ほぼ同じペースで走ることに。20qを通過したときに、今年もやっぱり昨年、一昨年と同じくらいのタイムかな・・と。そのままゴール。1時間30分台前半のタイムでのゴールとなりました。

今年は、本当に桜が満開で心地よく、海辺の景色も快晴だったので最高だったと思います。シーズンの締めに丁度良い大会なので、また来年以降も気が向いたら参加しようと思います。

↓会場の様子
190408-1.JPG

↓桜満開でした
190408-2.JPG

↓参加賞Tシャツ
190408-3.JPG
posted by たぬき at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2019年03月10日

鳥取マラソン2019

2月の京都マラソン後、3週間しか空いていませんでしたが、記録を狙おうかなと登録していた鳥取マラソンに出場しました。

前日入りし、前日は軽く市内観光などをして早くに就寝。朝は5時前に起きて、用意します。鳥取駅近くに宿泊しましたので駅から会場の砂丘エリアまではチャーターバスが運行されていました。6時台ですと待ちも少なく、すぐに乗ることができました。

この日、困ったのは天気予報で、基本的に雨予報。会場に着いて雨は降っていなかったのですが、すぐに降りそうな気配。しかしながら気温は10〜15度くらいの予報で高めです。会場の周りのランナーや、雲の様子も見て、晴れ間は出そうにないな・・と長袖Tの上に半袖T重ねで出ることにしました。

スタート時には、この日一番のサプライズが。鳥取駅前にイベントで来られていた中村勘九郎がサプライズで登場。会場、どよめいていましたよ。私も「いだてん」見てるので思わず近づきました。

そしてマラソンはスタート。鳥取マラソンは、最初に起伏があり、そのあと20〜25km、35〜37qくらいに大きな起伏があります。

最初の起伏を超えるまではさすがに出だし悪いな・・と思いましたが平坦な道に入ると気になりません。23分/5qくらいを考えて走るようにしました。最初の5qくらいまでは混雑もありましたが、そのうちまばらになってきます。

スタート30分後くらいから困ったのは、やはり雨。小雨がレース終了時までこまめに降っていて、シャツが雨を含んで重くなることに。まあ、きにせず長袖なので暖かくていいやと思いながら走りました。

走路も広く、途中、困難に思うことが少なかったと思います。20qくらいからの坂も緩やかでしたし、37qの坂も奈良を毎年走っているので、こんなものかな・・?と普通に通り過ぎることができました。ほぼ、42qペースが変わらず、最後まで行くことができました。

ラストは若干でもスピードアップしてゴールしようと。その結果、3時間10分台前半で無事走ることができました。

初めて鳥取マラソン走りましたが、起伏、そこそこありますが、それほど強くなく、観客も多く華やかな面もあったと思います。関西からもアクセスは良いので、いつかまた参加してみたいなと思える大会だったと思います。

↓完走タオル
190310-1.JPG

↓スタート会場の砂オブジェ。
190310-2.JPG

↓ゴール会場の雰囲気。
190310-3.JPG
posted by たぬき at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2019年02月17日

京都マラソン2019

今年度の目標として照準を合わせてきた京都マラソン。新年の走り込みや、試し走として選んだ加古川30Kもそこそこ良い感じで、右足の指に痛みがある以外は順調に来ていました。目標は3時間20分台前半くらいとしました。

過去に京都マラソンは3度出ていますが、初めて京都駅から西京極までの予約バスで行ってみました。正直、これはミスだったかなと。すごい並ぶし、座ることが確定でなくて・・ バスの中も立ちっぱなしで、普通に地下鉄と阪急で行けばよかったなと後悔しました。

当日の気温は予報ではスタート時点が5度くらいで、最高気温8度、曇りとのことで、防寒機能付きの長袖Tを着用して走ることに。しかしスタート地点に立つと・・暖かい、快晴。司会進行のキヨピーがすでに9度で給水を十分に取ってくださいと注意を即しておられ失敗!かと思いました。

ただ、スタート後、ゴールまで雲がかかる時間が多く、やはり寒くて服装はミスではなかったです。さすが日本の天気予報。当たります。

スタート後、最初は、混雑が激しいので嵐山付近の5qくらいまでは身体の調子を確認しながらゆったり目のペースで行きます。そのあと、徐々に集団もはぐれてくるので、スピードを上げることに。

きぬかけの道の10〜15qあたりは一番の坂道の難所だと思うのですが、思った以上に身体が軽く、普段から坂道トレーニングを繰り返していたからか順調に通過。そのあとも20qをすぎ、植物園あたりをすぎ、意外と体が軽いなと。さらに北から南の風だったので、これは後半有利だなと・・

賀茂川の河川敷に入り、この付近も予想外に身体が軽くスピードが出ます。30qを過ぎ、35qの京都市役所前あたり、いつもなら35qあたりで一気に身体が重くなるな・・と思っていたら、ここも軽い感じで通過。

うーんなんだこの感じ?と思いながら最後の今出川通の登りにも向かいますが、ここでもキロ4分台をキープできます。本当に快調。最後、京大前から平安神宮にかけては緩い下り坂でもありますし、気分も行けるということで、そのままゴール。

初めてかもしれませんが、前半より後半のほうがタイムの良いフルマラソンとなりました。結果も3時間10分台後半ですが、かなりの出来です。これも周りの人々のおかげだと思います。

京都マラソン、少し狭い道もありますが、応援も活気があって、とても楽しむことができました。また、当選したらこちらの大会に出場してみたいなと思います。自身も次のレースに向けて、また練習・調整していこうと思います。

↓完走メダル
190217-1.JPG

↓参加賞
190217-2.JPG

↓前々日の受付「おこしやす広場」
190217-3.JPG

190217-4.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2019年01月19日

兵庫・加古川30K

2月の京都マラソンに向けて練習用として「兵庫・加古川30k」に出場しました。大会名の通り30キロの部のみの大会で、加古川沿い片道2.5qのコースを6往復します。

会場(スタート&ゴール地点)も加古川駅から歩いて10分ほどと近くアクセス良し。参加者もそれほど多くなくコンパクト。トイレ等の混雑もありません。

スタート前に協賛の味の素さんから、アミノバイタルPRO、パーフェクトエネルギーが配られエネルギー補給もできますし、20k地点では再度パーフェクトエネルギーが配布されます。フィニッシュ後はアミノバイタルGOLDとGOLD2000ドリンクが配られサポートも抜群です。

コースは平坦な加古川沿い。2.5qごとにトイレと給水があります。小さい大会なのにスタートは2段階ウェーブ式だったりして、ランナーが走りやすいように考慮された大会だと思います。

この日は、先週まで走りこんで脚も重い感じを残したまま、どれだけ30qまで4分50秒前後/kmを維持できるかを課題にフラットペースで臨みました。

スタート時点では快晴でしたが非常に寒い感じもあったので、ロングTで走ることに。ただ、やはり天気も良かったので、10qくらい走ると徐々に暖まりましたが、まあ服装はこれで良かったかなと思いました。

体調は悪くはなかったのですが、練習疲れもあり4分50秒ペースが意外ときつく感じます。ただ10q、20qとそのペースを保つことができました。ただ20qを超えたあたりで左の太ももに違和感を覚えます。どうしようかと思いつつ、そのままのペースで押し切ろうと走りましたが、ゴール後タイムを確認すると若干タイムが落ちていました。ただほぼフラットで走れたでしょうか。

練習疲れもあると思いますので、まあ個人的には目標通りの走りができたのかな・・とも思います。こちらのコースは平たんでとても走りやすく、河川敷なだけに往路は追い風、復路は向かい風のような連続の難しさはありましたが、トレーニング用の大会として最適だったと思います。

参加賞のロングTも練習等に使えるシンプルなデザインなのも良かったですし、またスケジュールが合えば参加してみたいなと思います。

↓会場の様子
190119-1.JPG

↓加古川
190119-2.JPG

↓参加賞ロングTシャツ
190119-3.JPG
posted by たぬき at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2018年12月09日

奈良マラソン2018

年末に毎年出場しています奈良マラソンに今年も参加してきました。

今年度は調子良く練習できていたのですが直前に脚を痛めてしまいちょっとテンションダウン。直前1週間は練習を完全にストップして臨みました。

そのため目標は、とりあえず去年と同じペースで走ってみる。脚が痛むようなら、あとは歩いて完走めざす。に設定しました。それと最高気温が8〜10度の予想。曇り予想でもありましたので、防寒機能のある長袖Tを着て走りました。

スタート後、常に脚の痛みを見ながら走ります。最初の平城宮跡付近の地点で早くも、やっぱり若干痛むなと思いながら通過。ただ、その痛みは身体が暖まったからか感じなくなっていましたので、そのまま去年ペースで走り続けることに。

気温は曇りになると寒く感じるのですが、太陽が直射になると暑く感じる不安定な天候。ただ、基本的に曇りの時間帯が多く防寒の服装で走ったのは正解だったかなと思います。

20qを超えて、天理の山越え、その下り坂。ここで脚が痛むようならペースを落とし歩こうかなと考えていましたが、若干の痛みは感じるのですが、そのまま行けそうなので、ここも去年ペースで通り過ぎることに。

結局そのまま復路の天理の山越えも乗り越えて・・30q前後まで。そのあたりから、やはり痛みがあるな・・と考えながら走ります。35qくらいまではぎりぎりキロ4分台を保ち、去年のペースくらいで走れていましたが、35qくらいから脚の痛みと、やはり身体全体が重くなってきて、去年のペースは維持できなくなってきます。

去年と同じく3時間30分以内は行けるかな、無理かな・・と考えていましたが、不思議と多くの知り合いが沿道におられたこともあり元気回復。40キロ付近でキロ4分台に復活し、なんとか3時間20分台後半でゴールすることができました。

奈良マラソンは、毎年出ていますが、ハードな坂道が多いながらも沿道の応援も多く、大会の運営も素晴らしく何度でも出場したい大会だなといつも思います。脚が痛んでますのでしばらく練習は休もうと思いますが、タイムも悪くなかったですので、また練習を積んで次の大会を目指したいなと思います。

↓完走タオル、メダル
181209-1.JPG

181209-2.JPG

↓前日受付、松井絵里奈さん。
181209-3.JPG

↓大会後いただいたものなど。
181209-4.JPG
posted by たぬき at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2018年10月07日

2018あざいお市マラソン

昨年に続いて、あざいお市マラソンへ出場。この日は、昨年とは異なり車で移動しました。指定の駐車場がイオン長浜店でしたので、そちらに駐車し、バスで会場へ移動。イオン長浜はインターチェンジ近くでしたので、アクセスが良いですね。

会場へ到着。台風の影響で天候が心配されましたが、曇りで開催は全く問題ありませんでした。今回は、トレーニングが十分でないこともあり、1時間40分くらいで走ることを目標に設定。

スタートし、さすがに4000人規模なので、最初の1,2kmくらいは混雑します。無理して抜かしたりせず混雑がばらけるのを待ちます。その後8kmまでは草野川沿いの緩やかな登りとなります。この辺りは無理をせずキロ4分45秒前後で走りました。

折り返しての緩やかな下りとなります。ここはだいたいキロ4分35秒くらいで保ちました。途中、予想以上に暑いし蒸し蒸ししているなと。発汗量がすごかったように思います。最後の平坦な道に入っても、キロ4分40秒前後を保ち、そのまま1時間30分台後半でゴール。

まだシーズン開始後で、身体が重かったのですが、それなりの走れましたし、良いトレーニングになったと思います。

こちらの大会は、運営がスムーズですし、参加賞も新米とロングTシャツで、使えるもので良いと思います。また来年以降もスケジュールが合えば参加を検討したいと思います。

↓朝の大会の予行演習
181007-1.JPG

↓このタワー周辺に屋台などが集まります。
181007-2.JPG

↓参加賞(新米)
181007-3.JPG

↓参加賞(ロングTシャツ)、昨年の色違い。スタッフが来ておられるシンプルロゴの方がうれしいような気もします。
181007-4.JPG

181007-5.JPG

↓その他もらいものなど
181007-6.JPG

181007-7.JPG
posted by たぬき at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2018年04月08日

2018ユニセフカップ芦屋さくらファンラン

今年もマラソンシーズンの締めに、昨年に続いて芦屋さくらファンランに出場することに。今年は3月の篠山マラソンに出場後、脚に痛みが出たこともあり、二週ほど連取を休みました。そのこともあり、タイムを気にせず、流して走ることに。

この大会は、年代別に同じハーフマラソンでも分けられているため、私は12時50分からの遅い出走。そのため、ゆっくりと会場に向かいました。

予想外に寒い天候。スタート前はわずかに雨も降ったり、暴風の時もあり、心配になります。ただ、午後の暑さも予想して、半袖シャツで出場することに。

コースは、コンパクトな公園コースを周回します。若干の起伏は有りますが、そこそこフラット。ただカーブが多いのがむつかしいところです。

最初から流しペースで走ると決めていましたが、そこそこスピードは出ている感覚がありました。ただ、去年はあったはずのわずかな距離表示。今年はどこにもありません(笑)

なので、何キロでどんなペースだろう?とか考えながら走ります。今年は、気温が寒いくらいだったので走りやすかったのですが、難しかったのは風でしょうか。風が時に強く吹いて、つらかったように思います。

20km地点で初めての距離表示が。あれ?と。去年とほぼ同じタイムだな・・と。そして、そのままゴール。

今年は流して走りましたが、1時間30分前半で、ほぼ去年と同じタイムでのゴールとなりました。個人的には、真面目に走ればもっと行けたのかな?とも思いつつも、満足のいく結果でした。

この大会は、走路が少し狭いようにも思いますが、景色も良いのでまた出場したいなと思える大会です。来年も気が向いたら参加を検討しようかなと思います。

↓参加賞Tシャツ
180408-1.JPG

↓大会会場の様子
180408-2.JPG

180408-3.JPG

180408-4.JPG
posted by たぬき at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2018年03月05日

第38回篠山ABCマラソン

5,6年ぶりの参加となった篠山マラソン。前走の姫路城マラソンから3週間でのフルマラソン参加です。過去のフルマラソン参加は最低でも5週間、間を取っていましたので、この短期間でのレース参加は初めての試みです。

この日は京都駅からマラソンバスに乗って参加。6時15分ごろのバスに乗ると、大会会場には8時前には到着しました。参加賞を受け取り、更衣所でゆったりと過ごします。

この日は最高気温は20℃との予報。そのため半袖Tシャツにランパンで準備。スタート前も意外と暖かく、寒さは全く気にならないくらいでした。

スタートし、最初の5kmほどは混雑気味。姫路城マラソンの際は、走っていて身体の重さのようなものを感じたのですが、今回は温かいこともあるのか、身体がよく動く感じでした。5kmは25分すぎて通過。続く10kmは予想より早く23分台での通過となりました。篠山マラソンは前半は距離標識が5kmごとのため、ペースをあまり気にせず気持ちよく走る感じで行きました。

そのまま30kmまでは、ほぼフラットペースで23分/5kmくらいだったと思います。途中、直射日光が照る時間帯もありましたが、基本は曇り空だったため気温ほどの暑さは感じませんでした。

そして30kmを過ぎて折り返し。ここから強めの向かい風となります。それでも30〜35kmは24分/5kmくらいで走ることができ、37km地点くらいまではぎりぎり4分台/kmが続いていたと思います。

ただ前半から、ややペースを速めていたためか、それとも暑さもあったためか、その後失速気味に。徐々に遅れ最後は3時間20分台の半ばでのゴールとなりました。

ただタイムとしては、今シーズンでは一番の好タイムとなりました。3週間での連戦マラソンは初めての経験で調整も難しかったですが、うまく対応することができたと思います。また来シーズン以降も、スケジュールが合えば、3週間マラソンなどもチャレンジしてみようと思います。

また篠山マラソンは、3度目の出場となりますが、広めの走路、走りやすく声援も温かく、やはりとても良い大会だなと言う印象です。篠山もまたいつか出場しようと思います。

↓完走メダル
180305-1.JPG

↓参加賞Tシャツ
180305-2.JPG

↓大会当日の朝
180305-3.JPG
posted by たぬき at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2018年02月12日

姫路城マラソン2018

3年ぶりに姫路城マラソンに出場。第一回からの久しぶりの参加です。前日入りしましたが、受付だけして近場の宿に宿泊。姫路城など観光したいなと思いつつ、大雨のため観光する気にもなれず、ゆっくりしていました。大会のマラソンイベントブースも大雨のためひっそりとしていました。

当日は、逆に天候が回復し晴れていました。ただ予想最高気温は6度と低め。少し迷いつつ、薄手の長袖Tシャツを着てスタートします。

姫路城マラソンは、姫路城をスタートし最初、市街地を走り、その後、夢前川沿いを塩田温泉付近まで走り、南下し2号線を超え夢前川のサイクリングロードを走ったのち、また市街地に戻るコース。前半15qまでが緩やかな登り、そして30kmくらいまで緩やかな下り、35kmまで緩やかに登ったのち、ゴールまで緩やかに下るコースです。ほぼフラットで走りやすいと思います。

この日、長袖Tシャツを着用しましたが薄手のものにしました。手袋も薄手のものを。ちょっとそれが失敗したかなと。途中、意外と寒いところや曇りで日光が当たらない時間帯が多く、手先は冷たかったですし、脚も冷えて動きが悪かったように思います。

奈良マラソンが3時間20分台後半でしたので、走りやすい姫路のコースなら数分は縮められるかなと思っていました。しかし、なかなかスピードが上がらない(笑)4分台後半/kmのペースで35kmくらいまでフラットで行きました。35kmから若干スピードが落ちて、ジャスト5分/kmくらいに。ほとんど奈良と同じペースとなりました。

そのままゴール。タイムはほぼ奈良マラソンと同じとなりました。

しかし姫路の大会は運営もスムーズですし、参加者も多すぎずコンパクトで心地よいですね。また参加したいと思います。次は3週間後、篠山にエントリーしていますが、3週間という期間は初なので、走れるのか不安です。

↓前日の会場の様子。雨のため人もまばら。
180211-1.JPG

↓姫路城
180211-2.JPG

↓完走メダルとタオル
180211-3.JPG

↓参加賞Tシャツ
180211-4.JPG

180211-5.JPG
posted by たぬき at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2017年12月10日

奈良マラソン2017

毎年出場している奈良マラソンに本年度も出場。今年は練習の感触から、昨年と同じかそれ以上のタイムは出るだろうなと予想はしていたのですが、直前に腰を痛めていたこともあり、心配しながらの出場。当日の気温は曇り予報で最高気温は11〜12度くらいでしたので半袖で出場しました。

スタートから、出来るだけ自分の感覚で軽く(しんどくなく)行けるペースの一番早いかなと思えるところで走ることに。最初の1kmと、10kmの部に出場される皆さんと交差する奈良公園付近はタイムが落ちましたが、基本4分40〜50秒台/kmで、ずっと進めることが出来ました。

途中、奈良公園付近の坂も、15qから始まる登りも意外とキロ5分までは落ちずに進めることが出来ました。天理の折り返しも過ぎて最大の難関の復路の坂へ。坂道の最初の地点に有森裕子さんが元気をくださっていました。

ここからの強烈な坂。脚の疲れもあるかなと思ってましたが、意外とラップタイムを計っていると4分50秒台くらいで進めています。結局35kmの坂が来るまでは基本キロ5分よりかは早くずっと走れていたように思います。

35kmの坂を過ぎるとさすがに徐々に脚の重みが出てきて、キロ5分+数秒かかるようになりましたが、それでもゴールするまで、そのままのペースで進むことが出来ました。最終的には3時間20分台後半でのゴール。奈良マラソンの難コースでのタイムなので、自信になりますし、次の2月の大会につなげていきたいと思います。

ひとまずは、ゆっくりと身体を休めようと思います。

↓フィニッシャータオルと完走メダル
171210-3.JPG

171210-4.JPG

↓今年の参加賞Tシャツ
171210-1.JPG

171210-2.JPG
posted by たぬき at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2017年10月08日

2017あざいお市マラソン

10年ぶりに、あざいお市マラソンに出場。このブログも最初はあざいお市マラソンだったように記憶しています。前回は車で行きましたが、今回は早朝から電車を乗り継いで長浜駅からバスで移動。やはりマラソンブームを経て、ずいぶんと参加者は増えた感じですね。

会場に到着後、とにかく暑い。真夏日です。着替えていても熱くて、前日まで長袖の可能性?とか考えていたのが馬鹿らしくなるくらい。半袖でも十分汗がどんどん出てきます。そのため、十分給水を取ってからスタートすることに。

こちらのコースは、前半8km位までは緩やかな登り。残りは下りと平坦なコースです。

前半、暑かったこともあり、スタート後は、かなり控えめでゆっくりとしたペースで走りました。練習で、少々太ももを痛めていたこともあり、感触も確かめながら、4分50秒/kmくらいで記録を気にせず登りは走りました。それでもとにかく暑い(笑)

8kmくらいの折り返し地点からは、太ももも、それほど痛まなかったので、4分30秒/kmくらいにスピードを上げて、気持ちよく走ることにしました。コンディションがやはり過酷なのですかね。途中、棄権しているランナーさんを数人見かけました。

ペースをそれほど落とさず、気持ち良い感じでゴールしたいところ、ただ暑いので、ラスト当たり若干遅れて、4分40秒/kmくらいとなっていました。そのまま1時間30分台後半でゴール。

かなり暑い大会でした。個人的にも練習量が昨年より少ないのと、脚に痛みがあったので、ガツガツ行けないことは分かっていましたが、ここからまた走力アップのためトレーニングに励みたいなと思います。

しかし、この大会は、運営もスムーズですし、のどかな地方大会という雰囲気ですが、コースも良く、満足できますね。また走りたいなと思いました。

↓会場の様子。
171008-1.JPG

↓参加賞の新米、Tシャツなど。
171008-2.JPG

171008-3.JPG
posted by たぬき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2017年06月04日

第30回青山高原つつじクォーターマラソン大会

今シーズンラストレースに選んだ大会。青山高原つつじクォーターマラソン大会です。前回は、おそらく10年前くらいに出場したことがあります。

この日は、特に目標もなく、本気で走る訳でなく、あくまでファンランということで出場。起伏の激しいコースだということは前回に出場して分かっていましたので、タイムは狙えないので、とにかく景色を楽しもうと思って臨みました。

前回出場した際は、天気が悪くて見渡せなかった高原の景色。この日は、快晴です。青山高原の風力発電の風車群、そして展望台に立てば伊勢湾まで見渡せます。本当にきれいな景色。

また第30回の記念大会とのことで、Tシャツのデザインも凝っていました。これはデザインを公募されて選考の上きめられているそうですが、今回デザインされた方は、出場されている女性ランナーさんとのことでした。

クォーターマラソンの部は、その名の通り1/4マラソンなので10.55kmです。面白いのは、10kmコースが設定されているようで、他の5km、3kmのスタート地点から、0.55km下がった場所からスタートします。しかもこの0.55kmが超絶登り坂でスタート直後からきつい(笑)

その後もアップダウンの激しい高原特有のコース。風力発電があるものだから、当然、風も強い。なかなかの難コースです。しかし景色は本当に美しく、大迫力の風車の近くを走り、伊勢湾を見渡し、高原の美しい新緑の景色の中、楽しんで走ることができます。

この日はファンランでしたので、終始ながしペースで走りました。タイムも50分を少し過ぎていたのですが、順位的には意外と上位だったような。やはり他のランナーさんも、このアップダウンに苦しんでタイムを落とされているのでしょうか。

しかし、この大会は快晴だと本当に気持ち良い大会だと思います。また良く年以降もタイミングが合えばシーズンのラストファンランで出場してみたいなと思います。

↓風力発電の風車群
170604-1.JPG

170604-2.JPG

↓伊勢湾が見渡せます。
170604-3.JPG

↓参加賞のTシャツ
170604-4.JPG
posted by たぬき at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2017年04月09日

2017ユニセフカップ芦屋さくらファンラン

シーズン最後に、ハーフマラソンに出場。以前から気になりつつも出たことがなかった芦屋のハーフマラソンです。

この大会、年代別にレースをされていたりして、ハーフマラソンは開始時間が遅いんですね。12時50分開始とのことで、ゆっくりと芦屋に向かいました。会場は、天候こそ曇りでしたが、桜は満開。スタート&ゴール会場は芦屋中央公園ということもあり、花見客でにぎわう中、走る華やかな大会でした。

個人的には、シーズン終了近いこともあり、とてもリラックス。流して走る感じで行こうと。目標は1時間35分くらいでとスタートします。

こちらのコース、若干細い感じがしますので混雑もしますが、全体的に細かな起伏があるくらいで、ほぼフラット。ただコンパクトな公園コースを周回するのでカーブが非常に多いので、スピードには乗りにくい感じです。この日は、気温も高かったのですが、曇りだったので日光を感じず、走りやすかったと思います。

ただ山地に向いて走るときは、六甲おろしになるのかな?向かい風が強め。景色は、桜満開。海風も心地よい。そんなコースです。

無理しないように流してスタートしましたが、スタート後2kmくらいでは、もう集団もばらけて走りやすかったように思います。意外と身体も軽かったので、何も気にせず走り続けます。ただ、この大会、距離表示が5kmと10km地点、残りは「あと1km」しかなかったように思います。

10km過ぎた地点で、あれ・・早すぎるかもと。前半は1時間35分超えるペースで良いのにと思っていたら、下手したら1時間30分前後のペースになるかもと。ただ身体も軽かったので、そのまま走ることにしました。そしたら距離表示15qないし、今のペース分からないな・・・と思いつつ。

そのままゴールすると1時間30分前半でのゴールでした。予想外にタイムが良かったような。適度な起伏は有りましたがフラットで走りやすく、景色も良く、とても快適に走れる大会に思いました。

今期は、フルマラソンばかり3回走りましたが、ラストに心地よく景色を楽しみながらハーフマラソンを走ることが出来て良かったと思います。本当に家族、周りの人々、走ることができる身体に感謝したいと思います。

↓桜並木のハーフマラソンコースです。
170409-1.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年12月11日

奈良マラソン2016

毎年、出場している奈良マラソンに本年度も出場。今年は、大会前にわずかに右膝に違和感を感じていたのと、毎回アップダウンで苦しむので、とにかくペースを抑え気味にすることを意識してスタート。

最高気温が8度、曇りという天気もあり、冷え込んだため、暖機能のある長袖Tシャツを着用しました。走り始めてから45分くらいは晴れ間も出て、失敗したかなと思いましたが、途中から曇りで冷え込んだので、これは吉だったと思います。

スタートから抑え気味に走ります。5kmくらいまで、とてもペースを控えめに5分/kmくらいで。5kmくらいから15kmまでは、坂になる前に、少し蓄えようかなとスピードアップしようと思いましたが、10kmの部に出場されているランナーさんと混合するコースもあり、大混雑し、逆にペースは控えめに。まあ膝の状況もあるし、良いかとゆったりペースで走ります。

坂道は登りはもちろん抑え気味。5分/kmを下回ろうと気にしない。下り坂は逆にペースアップ。そんな感じで、マイペースで進めました。

そうすると不思議と今まで苦手だった35km位のラストの急な坂の時も余裕があり、37kmくらいの平坦な地点でも4分台/kmが出たり。あれ?いつもなら、このあたり苦しくて、どんどん失速するのにな・・と思いつつ、そのペースでゴール。

結果としては3時間30分を超えましたが、奈良の難コースなので、十分な結果かなと。個人的には十分、満足できる大会でした。ペースのコツ?のようなものもつかんだ気がしますので、また別の大会に活かしたいと思います。

↓フィニッシャータオルと完走メダル
161211-3.JPG

↓完走メダル
161211-4.JPG

↓参加賞のTシャツ(裏)
161211-1.JPG

↓参加賞のTシャツ(表)
161211-2.JPG
posted by たぬき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年10月31日

第6回大阪マラソン

気まぐれに申し込んでみたら当選していた大阪マラソン。所用などもあり、いつもほどしっかりとトレーニングできていなかったので、リラックスモードでの参加です。

7時前には京橋駅について、会場入り。早めの会場入りのつもりが・・すごい人。奈良マラソンなら、この時間帯まだ空いているのにな。。 と、あわててトイレに並びます。するとトイレだけで40分待ち。荷物を預けるのは8時までで超焦る。しかも荷物を預けてからスタート地点まで歩いて25分くらいかかります。大阪城公園広すぎ・・

バタバタとスタート前から疲れる感じでした。ときおりすれ違う芸能人をちょっと見たりしている間に、すぐにスタート時間がやってきます。

スタート後もなかなか混雑で走れません。スタート位置までしばらくかかり、それから1kmくらいは、混雑の中を走ります。

そのうち5kmくらいでばらけるので快適に走ります。そこそこ気温が高かったように思いますが、意外と高速道路の高架下なので涼しい感じがします。それとフラットなコースも走りやすいです。

もともと3時間40分くらいかなと思っていたのですが、走っていると予想より軽い感じで走ることが出来て、25km通過地点あたりで、30分も切れそうだなと。。

35kmくらいから徐々にペースが落ち始めます。そして南港のあたりから暑さもきつくなってきます。ただそのまま押し切るような形でぎりぎり3時間30分を切ってゴール。ネットタイムはもう少し早かったです。

練習量の問題もあったので、予想外に良い結果に驚きました。少し暑さを感じますが、とても走りやすいコース。来年度は11月開催に変更となるようです。そうなると気温的にも記録を狙える大会になりそうです。また機会があれば走ってみたいなと思います。

↓スタート地点の大阪城
161030-1.JPG
posted by たぬき at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年06月05日

第12回わかさあじさいマラソン

私生活の都合により4月のフルマラソンをキャンセルして、来シーズンにつながるように、走力維持のトレーニングのみを実施しつつ、参加した今回の大会。

若狭町と言っても、京都縦貫道が開通したので、京都南部からも2時間ちょっとで行くことができます。7時過ぎに到着するとすでに駐車場は満車に近い状態。早くに訪れると良い大会かもしれません。

大会自体は、とてものんびりとした地元のローカルな大会と言う印象です。ハーフマラソンは1000人規模の模様でした。受付をして、着替えをして、車の中でゆっくりスタート近くまで待機です。仮設トイレは、男性でいうと小の方だけやたら少なかったので、早めに並んだ方が良いかもしれませんね。

若干、小雨も降る中スタート。6月にしては曇っていたので、走りやすい気温だったと思います。ただ風は強く、最初の3kmほどとハーフ折り返し後は向かい風でした。

コース自体は、フラットと言って良いほどの緩やかな登りが前半で、折り返し後は緩やかに下る。走路も広く走りやすいです。ただ距離表示がほとんどないのでペース配分が分かりません。

シーズンも終わっているので、流しペースで余力を残しつつ走ります。距離表示がないので分からなかったのですが、感覚では、なんとなく1時間30分台後半かな・?と思いつつ走っていました。曇っていたとはいえ、暑いので汗もそこそこ出ます。それと給水がペットボトルそのものを渡されるのも初めての体験で、飲みにくかったですね(笑)

折り返し時点で、予想と同じくゴールは1時間35〜40の間になりそうでした。なので、そのまま同じペースを刻もうと思い、走りました。少し向かい風でしたので、若干、途中は強めに足を運ぶ感じで。

そのままゴールは予想通りのタイムでゴール。シーズン終了ですが、流しでも、そこそこはしれて余力も十分ありそうでした。このままの総力を維持しつつ秋口からトレーニング負荷量を高めて、来シーズンに入りたいなと思います。

↓のどかな雰囲気の大会です。
160605-1.JPG
posted by たぬき at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年02月21日

京都マラソン2016

今年の本番と位置付けていた京都マラソンです。前々日の金曜日に受付をして、前日は休憩して臨みました。当日、トレーニングは積んでいたのですが、右の股関節通がずっと続いていて、それだけが気になっての会場入り。

会場は、常々通っている西京極なのでおなじみの場所。ハンナリーズアリーナと野球場が更衣室のようでしたので、7時開門の前の6時45分くらいから、アリーナの方が広いかな・・?と並びました。正解だったのか広々としていましたしトイレの混雑も少なく良かったです。8時45分には並ばなければいけなかったので、早々と荷物を預けます。

西京極で驚くことと言えば、ついにオーロラビジョンとなったこと。サンガの試合前に見るとは・・(笑)

西京極をスタート。奈良マラソン以外で都市マラソンは初なので、どうかな・・と思っていたのですが、京都の方が道が狭く意外と混雑するんですね。5kmくらいまでは周りの人とぶつからないようにマイペースで。5km通過タイムが27分近くかかっていました。

そこからばらけだしたので、徐々にスピードアップします。5〜20km位までは小さなアップダウンが繰り返されるのですが、意外と日常坂道を走っていたので、それほど苦にも感じず走ることができ、5kmごとにほぼ24分前後くらいのペースで進みます。

20〜35kmは、ほぼ平坦か下り坂で走りやすいのですが、途中、賀茂川の河川敷が少し前日の雨で重みがあって走りづらかったかな・・ それでも意外と35kmまではペースが落ちず、ずっと24分/5kmペース。年始からのトレーニングが活きているなと。それと痛みのあった股関節通も、意外なほど持ってゴールまで、走りづらさは感じませんでした。

35km超えてから川端通を北上すると向かい風と、寒さ、若干の小雨もあり、このあたりで、少し足が動かなくなってきます。急激に5分/1kmペースになり、さらに今出川通の坂で少しペースダウン。

しかしながらラストは3時間20分台後半でしたが無事にゴール出来ました。

初めての京都マラソンでしたが沿道の応援も途切れませんし、受付からスタート、ゴール、そしてゴール後までもスムーズでとても快適に過ごすことが出来ました。個人的には35km以上のスタミナを付けたいところですが、またそれを課題にトレーニングしたいなと思います。しばらくは休憩して3月からトレーニング再開しようと思います。

↓西京極のオーロラビジョン。きれいに撮れてませんが美しかったです。
160221-1.JPG

↓フィニッシャータオルとメダルです。
160221-2.JPG
posted by たぬき at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年01月24日

地元のハーフマラソン

今日は地元の地味なハーフマラソンに出場してきました。市の体育協会が主催していて、とても小さな大会。ハーフの部は150人ほどの参加。他に9kmや家族ファンランの部もありました。

この大会の特徴は高低差が200メートル近い上り坂が5〜11kmあたりに続くこと。それと交通規制がないこと。これは、それほど車が通らない場所なので良いのかな・・?と思っていましたが、路線バスは走っていて怖かったですね。

個人的には、2月末の京都マラソンに出場するので、ハードな坂道がトレーニングにちょうど良いかな・・と選んだ大会ですが、この日は寒波の影響で気温も0℃前後できつい条件でした。

スタート後、最初は大きなアップダウンはないので、適度なペースでと思っていましたが・・とにかく想定外だったのが強烈に冷えた向かい風。身体が揺れる感じがする風と冷たさで息を吸うたびに肺付近がやられる感じがします。本当にきつかったな。

5km通過が22分台だったと思います。少しペースが速いと思いましたが、年末年始に京都マラソン用にギアを入れるトレーニングしたので、このまま行けるかなと。

続いて200メートル坂を登ります。本当にきつい、途中くじけそうになりそうでしたが、年末年始の走り込みの成果を見せてやる!と気合で登ります。ただ路線バスは怖かったな(これマジで)。この区間も意外と23分台とかで走っていたような。驚きで、トレーニングの成果が出ているんだなと。

11kmくらいから逆に急な下り坂でスピードが出ますが、膝や太ももの筋肉はつらく感じます。そして15qくらいからは、ほぼフラットな河川敷。しかしながら、天候のこともあり、猛烈な極寒の向かい風にさらされます。このあたりは気合で乗り切りました。

この後半で地元の大会。走っていることも少ないので前のランナーも見えないので・・ 係員の方がいない三差路とか、どっち行けばいいのか迷ったな・・ 1ヶ所私は、間違えて50メートルほど別の方向に走ってしまいました。来年以降、改善されると良いな。

その後、ゴールは1時間30分台前半でゴール。天候、コースの難易度も含めて考えると個人的には、とても満足できる結果でした。年末年始に走りこんだのが地味に効いているのかな・・と。この調子で怪我をせず、京都マラソンにチャレンジしたいと思います。

↓地元ののんびりした雰囲気の大会です。
160124-1.JPG
posted by たぬき at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会