2015年05月18日

第35回奥びわ湖健康マラソン

昨年に引き続き出場した奥びわ湖健康マラソン。シーズンも終わりなので、リラックスして出場。今シーズンは、雨の大会ばかりだったのに、ラストでようやく快晴。

随分前に出場した際には、スタート前もそれほど並ばなかった大会ですが、今年も結構な参加者でスタート時は並びます。慌てず、中間くらいの位置からスタート。

この大会は、コースも広いし、そこそこフラット。とても走りやすいし、湖岸の景色がとても美しいです。km表示もたまにしかないので、心地よく走れる感じで走っていきます。

折り返し地点くらいで1時間ちょっとでゴールできそうだなと確認。後半10kmくらいから、加賀温泉郷マラソンから痛みのある左ひざの裏の筋肉部分に違和感が出てきましたので、スパートはやめて流して走ることに。

それでも1時間5分。そこそこのタイムでゴールすることが出来ました。

今シーズンは、雨に降られる大会が多くて、練習量に比べて、残念な結果が多かったのですが、大きなけがもなく走り続けられていることに感謝の気持ちです。少し休んで、またトレーニングを続けていこうと思います。

↓快晴、新緑の美しい大会でした。
150518-1.JPG

150518-2.JPG
posted by たぬき at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年04月20日

2015加賀温泉郷マラソン

4月にフルマラソンに出場するのは初で、暑さを心配しての出場。加賀市に前泊しての加賀温泉郷マラソンです。

前日に受付を済ませ、近くのホテルに宿泊。前日までは雨は降らない予報。しかしながら、当日、天気予報を見ると12時から雨と・・ まぁ9時スタートだし、最後の方だけ雨なのかな、仕方ないのかなと思いながらのスタートです。

スタート前、ゲストの増田明美さんが16個の坂がある難コース、でも18個のエイドがありますよ〜!とか言って、場を和ませておられました。

このコース、加賀の片山津、山代、山中と温泉街を巡るようになっています。まず片山津をめざし、南下、20kmくらいで山代、27kmくらいが山中温泉だったと思います。スタート-片山津-山代までは、起伏はあるものの、奈良マラソンを経験しているためか、特に問題なく。ペース的にもゴールは3時間30分くらいかな・・と思っていました。

ただ、予想外だったのが20km過ぎたころから本格的な雨。雨を予想していなかったので、身体が冷える冷える・・ 防水でないランパンだったので、重いし、完全な対策ミス。一気にスピードが出せなくなってきます。

そして27〜35kmくらいに続く連続の坂。奈良マラソンよりかは楽に思いましたが、それでも、かなり厳しい坂の連続です。そしてラストも坂。そのあたりは、雨で身体が冷えすぎてお腹がおかしいなと思って、トイレに駆け込んだり、精神的にも参っている状態で・・ なんとかほぼ4時間くらいでのゴール。

2014〜2015は、本当に大会が雨が多かったなぁと・・福井駅前も雨でしたし、姫路城マラソンも雨。舞鶴も雨。そして雨の大会には非常に弱いことに今更ながら気が付いたのでした。雨の大会は確実にタイムが悪い・・

実は、姫路を3時間30分台だったので、さらにタイムを伸ばすつもりだったのが、強烈なしっぺ返しを食らったような大会となりましたが・・ しかしながら、この大会、運営もスムーズですし、参加者も多すぎず、意外と良いように思いました。来年はどうかは分かりませんがスケジュールが合えば、また参加してみたい大会となりそうです。

↓少し安っぽいのですが完走賞のタオルマフラーです。
150420-1.JPG

↓会場の様子
150420-2.JPG
posted by たぬき at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年02月24日

世界遺産姫路城マラソン2015

第一回となる姫路城マラソン。2月の大会は抽選で京都と姫路、両方申し込んで、どちらも当選したのですが、学生時代を過ごした姫路をと。こちらに参加。初の前泊しての参加です。

大会当日は7時前に大会会場に到着。この大会、前日受付も、大会当日の着替えや荷物預かり、ゴール後の動線も含めて非常にスムーズで驚くばかり。こんな快適な大会は過去に経験ないかもと思いました。

天気はあいにくの雨天。スタート時には小雨が降ってました。ゴミ袋をかぶってのスタート。姫路城前大手前をスタートできるとは感無量です。目標は3時間30分に設定です。

スタート後、姫路市内から書写方面に向かい、夢前川を30kmほど往復して、姫路市内に戻るルート。最初の15q位が緩やかな上り、35kmまでは緩やかな下りそのご3kmほど緩やかな上りで、ラストは下りです。ほぼフラットで走りやすいコース。

意外と走路が広くて、2kmくらい走ると混雑がほどけだして快適に走れます。たまに4分30秒/kmくらいになって早すぎるなとペースを落としたり繰り返しながら・・20kmくらいでトイレに行きたくなり入ります。

コース図を見ていて夢前川の周りは応援が少ないだろうなぁ・・と思いきや、なんのその。姫路はやはり大きい街ですね。大声援どころか、とくに30kmくらいの応援はすごすぎて… 沿道に観客びっちり。走りの方にも力が入る応援です。ありがたい限り!

ペース自体は25kmあたりから、股関節に痛みを感じるようになり、徐々にペースダウン。30kmを超えるとキロ5分台になってきました。ラスト、安室や田寺の街並みは非常になつかしいなぁと思いながらも、つらい走り。そのあたりでゲストで走っておられた尾崎好美さんにも抜かれ・・

ゴールは3時間30分を数分すぎてゴール。かなり疲労感があって、つらいレースとなりましたが、ラストが姫路城というのがまた感動です。そして、ゴール後の動線が・・なぜだか動物園。疲労度MAXの中、熊とかを見ました。

姫路はやはり私にとっては特別な街で、走る景色毎に、思い出がよみがえります。コースも走りやすく、運営も素晴らしく、また当選すれば、ぜひとも走りたい大会です。

↓フィニッシャータオル
150223-3.JPG

↓完走メダル
150223-4.JPG
posted by たぬき at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2015年01月18日

第23回高槻シティハーフマラソン

今日は高槻シティハーフマラソン。個人的な目標が一つあり、2011-2012のシーズンに非常に似た状態。なので、そのシーズンと同等以上の成績を残すことが今の目標です。

2011-12は今年と同じく怪我明け。復帰の秋のハーフはいまいちタイムが出ず、12月の奈良で3時間40分台。ここまで同じ。2012はその後、1月末に兵庫県竜野でハーフマラソンで1時間30分前半→3月篠山3時間20分台でした。

今回は、2011よりハード目に年末年始トレーニングしましたが、2011と異なり2週間、奈良から次のハーフまでの期間が短いです。それとハード目なトレーニングを、今回の大会前の三連休もしっかりこなして、ある程度、身体が疲れた状態で、どれだけできるかのテストです。

10時20分スタートの大会なのに、また朝7時台から会場にスタンバイ。高槻駅からは無料シャトルが出ていて便利でした。体育館の中でゆっくりした後スタート列に並びます。

疲れがありましたが1時間30分台でゴールは確実と思ってましたが、疲れもあり不安だったので、その後ろの1時間40分台の列に並ぶことに。

そしてスタート。陸上競技場を出て、芥川、淀川の河川敷を走るコースですが、競技場から河川敷までのコースが狭いのが難点。芥川の河川敷も狭くてスタートから3kmは、スピードを出すことが無理なコースです。なので、この3kmは17分ほどかかってしまいました。

その後、徐々にばらけてきますので、徐々に速度を上げることに。困ったことに、この大会、距離表示がありませんでした。まあ開き直って自分のペース感覚を養うチャンスと。1時間35分くらいゴールのイメージで走ってみます。

河川敷ですが適度に起伏があるコース。イメージは加古川マラソンに似ていますが、コース幅が狭めなのと、起伏は多いように思いました。途中、給水所があるのですが、そこにも距離表示がなくて・・今、どこらへん走っているんだろう・・と思いながら進みます。

中間時点と書かれた看板があり、そこの通過タイムが1時間38分の半分くらいで、やばい!とゆっくりしすぎたかなと思いギアを入れなおします。ただ帰りも距離表示がないので不安(笑)

ペースを上げつつ、最後、けっこう曲がりが多いコースで苦戦しましたが、ちょうど目標タイムから若干遅れてのゴール。3分を縮めるのは意外と困難だなぁと思いましたが、後半ペースをあげれたこと、疲労が残る身体でも、そこそこのタイムを出せたことは良かった点だと思います。

次回は2012よりも2週ほど早くフルマラソンが出てきます。2012のタイムを上回れるようにトレーニングしたいと思います。

↓高槻駅の歓迎看板
150118-1.JPG

↓会場の様子(朝7時台)
150118-2.JPG

150118-3.JPG
posted by たぬき at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年12月14日

奈良マラソン2014

10月の舞鶴のハーフマラソンでの結果を受けて、非常に良くないな・・と。気合を入れて練習に励んで、臨んだ大会です。目標は、身体が出来ていないながらも、走り切った、今年と似た感じで出場した2011年のタイム(3時間46分)を上回ること。

練習は、膝の痛みと相談ながらもびっしりとこなしていたのですが、大会の1週前に右膝に痛みが出て、テンションダウン。大会前の1週間は、あまり練習せず、本番に臨みます。

大会当日は、その膝の痛みもほぼ感じず。いつも通り早め、7時ごろには大会会場入りします。今年は選挙の関係で、男子更衣室は体育館が使えず・・・ ということで、私は陸上競技場の裏に緊急設置されていた更衣室へ。室と言っても、競技場の裏のスペースで、風通しも良い吹き抜けエリアなのですが・・・ 屋外の風に吹かれつつ、寒さにじっと耐えて待ちます。

スタートし、5分/kmペース前後で走ります。意外と身体も軽く膝の痛みもなく順調です。名物の忌野清志郎のそっくりさんタレント「今ノ葉狂志郎」さんは、今年は、少しだけ奥まったところにおられたかな・・ そこも順調に通過します。

ただ、この20km付近から、奈良マラソン独特の急な上り下りの坂の連続。体力が奪われます。それと24kmを過ぎた時点で、あっ!と。やはり1週前に痛めた右膝に痛みが一瞬走り、しばし側道にそれて屈伸などで確かめます。

そのあと、しばらくジョグペースで走り、痛みがひどくなさそうなのを確認して再度、走ります。とにかく続く、坂に徐々にペースダウン。でも、奈良マラソンの沿道の皆様の温かい声援にも助けられ、ラスト2kmくらいはペースを取り戻し、また5km/分ジャストくらいで。

結果、目標としていた2011のタイムよりは、早くにゴールすることが出来ました。ただ3時間40分台なので、また、しっかり休養を取り、年末年始に走りこんで、2月末のフルマラソンにつなげたいなと思います。

↓完走タオルと完走メダル
141214-1.JPG

141214-2.JPG
posted by たぬき at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年10月13日

舞鶴赤れんがハーフマラソン2014

昨年第一回が行われた舞鶴赤れんがハーフマラソン。今年も行われるとのことで出場することに。

ただ、台風19号の影響で、本当に開催されるか心配。。。前日、夕方に電話で問い合わせると、開催するとのこと。JRも午後以降停めるとのことなのに、大丈夫なのかな・・と思いつつ、就寝。

早朝から舞鶴に向かう途中、雨がかなり激しく降る地域もあり、心配しながら現地到着。しかしながら、意外と現地は小雨が降る程度で安心。

ここの大会、残念だなぁと思うのが手荷物預かり所がないところ。受付を済ませて、車の中に荷物を置いて、スタート位置へ。

今年は、小さな怪我もあり、どれくらい行けるか分かりませんでしたので、1時間35〜45分の位置に並びました。スタート前は、それほど雨も降ってなかったと思います。

スタート後、舞鶴市役所付近を走って、自衛隊の基地内を走るコース。今年は、カメラを持って走らなかったので、様子は、昨年の記事を読んでいただければと思います。

↓昨年の記事
舞鶴赤れんがハーフマラソン2013

走り始めて思ったことが、やはり怪我と出張が続いて練習不足だったので、身体にキレがなく重いなぁと。なので、無理せず1時間40分前後を目指すことに。途中自衛隊基地では、かなりの雨風に打たれて、つらいなぁと思いながら走ることに。

全体的には、あまり上り下りの少ないコース。雨風さえなければ、走りやすいと思います。後半、少し左脚の筋肉に違和感を感じて、スピードが落ちましたが、なんとか1時間40分を少し超えたところでゴール。

個人的には、もう少し上を目指したかったかな。次の奈良マラソンまでの間、しっかりトレーニングをしたいと思います。

↓ゴール地点
141013-1.JPG

↓大会開始前の赤れんが倉庫群
141013-2.JPG
posted by たぬき at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年05月18日

第34回奥びわ湖健康マラソン

GWに1週間寝込んで、その後、体力自体は回復してましたが、咳と鼻水が止まらない毎日。10日ほどあるので、治るだろうと思っていましたが、ついに大会当日まで症状は治まらないまま。

そんな感じでテンション低目で訪れた大会です。もともとGWは走りこむつもりだったのに、走りこむことができず、しかも体調も低く、なので、マイペースで走ることを目的に。

この大会は、2008年に出場して以来。その時も快晴で。この日も快晴。あぁ、こんな日に絶好調の体調だと最高なんだろうなぁと・・

JR永原の駅を降りると、DCTさんらしき人影が・・・ あっ!と思いつつ、帰りの切符を買っているうちに、姿を見失いました。

ただ会場で受付を済ませた後、DCTさんとお会いすることができて、すこしお話を。その後、のんびりとした大会なので、することもなく、スマホをいじったりで、スタート時間まで待ちました。

今回は15q。で、スタート地点に行くと・・・2008年では無かったような大人数のスタート待ちが!!! なんだこりゃ!と。まぁ、個人的にテンションも低いので、スタートまで時間かかっても良いかなと後ろのほうからスタートすることに。

スタートしてから結構かかって、スタートラインを通過。スタート時点のタイム目標は定めておらず、体調に任せるまま走ってみて、いけそうなペースで進もうと。

体調が悪いので6分/kmくらいになるかな・・・と思っていたら、5km通過時点で、ほぼ5分/km。あれ・・意外とイケる・・ 走りながら咳も出るのになんて思いつつ、その時点で、ゴールを1時間15分に設定。

天気が良く、とても景色が素晴らしいです。奥びわ湖の美しいのどかな景色。それを見ながら走ります。

7kmくらいでDCTさんと会って、「風邪と言ってる割に元気すぎません?」みたいな感じで声かけられて(笑)。「5分/kmで走ってみてます」と言ってみましたが。本来は、こんなペースで走るつもりではありませんでした^^;

その後、8kmくらいから1kmごとの距離表示があって、不思議と個人的にも、体調が乗ってきて、徐々に4分後半/kmのペースに。あれよあれよ・・というままに1時間10分ちょっとでゴール。

2008年は、怪我をしていたのですが、今回よりもずっと早いタイムでゴールしているようで。。 まだ本調子ではないのですが、いろいろと目標が新たに出てきました。次は、秋以降に大会に出るつもりですが、今期は、怪我から復帰できて、大会にも参加できるようになったことが本当に大きいことだと思っています。徐々に体力を戻していこうと考えています。

↓大会の雰囲気。終了後、JR永原駅から
140518-1.JPG

↓奥びわ湖健康マラソン
140518-2.JPG
posted by たぬき at 20:53| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年04月06日

第15回福井駅前マラソン

2月に出場した木津川マラソン以来、左足が少し違和感を感じる日々。不安を持ったままの福井駅前マラソン(ハーフ)に参加です。

福井と言っても駅前が受付&スタートなので、関西からでも意外とアクセスは良いです。私は特急サンダーバードで訪れました。

駅を降りるとすぐに雨。予報はレース中が雨とのことでしたが、レース前から雨が降っています。駅前すぐのビルが男性更衣室になっていたので、受け付けを済ませた後、着替えて、スタート直前までゆっくり待ちます。

スタート地点には、ゴミ袋をかぶって雨対策。しっかりと雨が降ってます。

そしてスタート。身体も冷えるのと、怪我もあり、それほどしっかりとトレーニングも出来ていないので、木津川マラソン(フル)と同じようにハーフ時点(ゴール)を1時間50分くらいを目標として設定して、走っていくことに。

まわりの桜はきれいだし、足羽川の桜並木とか、特に美しいのに。とにかく雨!雨!追い風の時は良いにせよ、向かい風になると顔面が痛いくらいの雨。そして目に雨が入りすぎて視界も分からず、何度も顔や目を拭きながら走ることに。

寒さもあり、ゴミ袋をかぶっている部分より先、腕、手などは感覚がない状態に。どんどん遅れて行きます。それと5kmくらいから寒いからか、普段気にしている左足の違和感も感じました。なので、さらにスローペースで走ることに。ただコース自体は、とてもフラットで、雨風がなければ走りやすいと思います。

途中、くじけそうになりますが、気持ちをこらえて走り続けます。10kmを過ぎたころから若干雨もやむ時間が増えて来たような。

15km地点では、雨もやんで、シューズはずぶずぶでしたが、しっかりと走ることが出来るように。そのころから左足の違和感も、そんなに感じず。遅れを取り戻そうと、一生懸命走ります。

前半の遅れはだいぶカバーできましたが、しかしながら、1時間50分ジャストくらいでのゴールとなりました。

とても寒い耐久レースでしたが、この大会、天気が良ければ、そこそこ楽しめそうに思います。コースもフラットで、記録も出そうです。個人的にも、じっくりと足を治して、トレーニングして、記録を残せる状態で、再度挑戦してみたい大会となりました。

↓雨の降る福井駅前スタート地点。
140406-1.JPG

↓ゴール地点の運動公園。この時点では雨がやんでました。
140406-2.JPG
posted by たぬき at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2014年02月02日

第31回 京都木津川マラソン大会

2/2。天気予報は9時ごろまで雨。気にしてましたが、家を出るときは、もうやんでいました。

8時から受付開始なのに7時30分ごろには会場入りして、うろうろ。受付開始と同時に、受付し、ささっと着替えテントでゼッケンなどをセットして、どうしよう・・とうろうろしていると、ブログでお世話になっている「DCTさん」とばったり会って、大会のコースの特徴などを教えていただきました。

そのあとは、更衣室内でボーっとスタートまで待ち、目標タイムは怪我明け3ヶ月しか練習出来ていないので4時間として、3時間30〜4時間の人のスタート待機場所に並びます。

この時、天気予報では気温が上がるとのことで半袖短パン姿だった私。突然の雨が襲います。寒ぅ〜。じっと我慢。きっとレース途中で暑くなるはずと祈りながら。

↓早くついて閑散としている会場
140202-1.JPG

140202-2.JPG

140202-4.JPG

そしてスタート。フルマラソンのコースは、木津川のサイクリングロードを京田辺→精華町→木津川台駅付近(折り返し)→京田辺→八幡(折り返し)→京田辺 と行くコース。

木津川のサイクリングロードは、普段の練習から、たまに走っているので、よく知っています。細い道なので混雑しないのかな・・と思っていたら・・・ スタートから5kmまでは、混雑気味。

個人的に目標は4時間としつつも、間違って3時間30分くらい狙えないだろうか・・なんて内心、思っていたのですが、この最初の数km走って、身体が重いな・・・と。まだ、そんな身体に仕上がってないなと実感。なので、素直に4時間を目指しました。

スタートから3kmまでは混雑してタイムは遅れ気味でしたが、途中からは、5分15秒/kmくらいで順調に走ることが出来ます。ハーフ地点で1時間55分くらいだったかな。この付近で、ハーフマラソンを走っておられた「DCTさん」とすれ違い、お互い頑張ろう!と声を掛け合います。

この頃には、たまに晴れ間も出たりして、半袖短パンで走ったことは正解だったかなと思いました。

20〜25kmあたりが一番タイムも快調で、良い走りが出来ていたのですが、27kmくらいから、足が重く感じるようになってきました。やっぱり3ヶ月の練習では、足りないんだなぁ・・・と実感。

でも30kmを2時間50分くらいで通過したので、なんとか4時間以内には帰れそう・・・ 35km地点では、さらに足が重くなってきて、6分/kmを保てないどころか7分/kmくらいになってきます(笑) つらいなぁ・・ 

38km地点くらいの給水所。おじさんに話しかけられたので、まだ時間も余裕が合ったので1,2分話していると、後ろの方に4時間のペースランナーが見えました。やば・・・(^^;

ということで、急いで走ります。もう力がなくてやばいと思っていたのに、焦るとぎりぎり5分台/kmで走れる私・・・ もっと前から、その力出せよ!と自分に喝。

で、ラストはなんとか4時間を切って走りきることが出来ました。

3ヶ月の練習で、これだけ走れれば、だいぶ良い感じなのかな・・と思います。今後のレースは、未定ですが、とにかく来シーズンはベストに戻して、また3時間30分を切ることが出来る身体に持っていこうと思います。

※そういえば、八幡の流れ橋の付近。気になる方がいて・・・ 演奏されていた人。見た瞬間から、淡路で一緒に走った高石ともやさんかな?と思っていました。 帰りも元気に演奏されていて・・・ 本物だったようです。誰も反応されてなかったなぁ・・・ 声掛けるべきでした。

↓スタート地点
140202-3.JPG
posted by たぬき at 18:17| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2013年12月08日

奈良マラソン2013

久しぶりに怪我が治りつつある状態でのフルマラソン。ただ練習出来ているのは、わずか1カ月。一応、30km走は実施したけれど、痛みがないか確認しながらの走りで、少し不安でした。

今回、奈良マラソンは、申込時、数時間でネットは締め切りとなっていました。4年連続で出場できたものの、翌年はどうなるのか心配です。

当日は、朝7時前には会場入り。まだ閑散とした雰囲気です。私自身も記録は狙うことが出来ないのは分かっているので、のんびりとすごします。時間に余裕があるので、まだ混んでないトイレに行ったり、ゆったりとすごします。

年々混雑するこの大会。運営も毎年良くなりつつあるように思います。スタートなどもスムーズですし、いろいろと満足度の高い大会だと思います。

レース自体は、スタート前から怪我の不安もあるので、4時間〜5時間の間でゆっくりと練習ペースでと思い走ります。ただ不思議と身体が軽く、5分台/kmで走ることが出来てました。

途中、名物、忌野清志郎のそっくりさんタレント「今ノ葉狂志郎」さんのパフォーマンスで勇気をもらいます。

意外と行けるかも・・とか思ったのが、間違い? 30kmくらいまでは、ほぼペースを維持してまして、このままいけば4時間も切れるかも・・と思いましたが、怪我をしていない左足に違和感を覚えはじめます。そのまま走ろうかなと思いましたが、痛みが増しそうでしたので、ペースダウン。

今回は、記録を狙う大会ではなく、今後につなげるための大会だと肝に銘じて、それ以上は、怪我をしないよう、無理に走らないようにすることにしました。

ほぼウォーキングで・・沿道に、走って〜と言われると、その区間だけ走って痛みを確かめて。でもやっぱり痛みがありそうなので、歩く。その繰り返し。そしてゴール。

一応4時間台でゴールしましたが、完走!というまでの充実感はなく。でも、トレーニングとして良かったのかなと思いました。レース後、今大会から初めて、完走写真無料サービスというのをやっておられましたが、断りました。まずは自身の満足できる状態に持って行けるように、明日からも日々、努力です。

それでも、やっぱり奈良マラソンは素晴らしい。また出たい大会です。出来れば、来年も走ることが出来ますように。

↓フィニッシャータオル
131208-1.JPG

↓完走メダル
131208-2.JPG
posted by たぬき at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2013年10月20日

舞鶴赤れんがハーフマラソン

舞鶴市制施行70周年を記念して行われた「舞鶴赤れんがハーフマラソン」です。初の開催ですが、コースに特徴があるとのことで、出てみたいなと思って申し込んでいました。

ただ怪我のこともあって、無理かな・・と思っていたのですが、9月末ごろから、徐々に膝の痛みが消えてきて、短距離なら走っても痛みが出ないな・・と。先週10kmくらいを二度走ってみて、怪我している足は大丈夫。ほぼ完治してそうと。

ただ、懸念は怪我してないほうの足が、あまりトレーニング出来てないためか、筋肉系の張りのような違和感を感じてました。

でもハーフなら行けそうと思い、とりあえずトレーニング&ファンランをと、出場することに。それと、驚くことに、この大会。地元の小学生から、直筆の応援カードが届くんです。それも背中を押してくれました。本当に元気をもらうことが出来ます。


当日の天気は小雨。あいにくの天気ですが、受付&スタートの場所が、赤レンガ倉庫群というのがうれしい。

↓赤レンガ倉庫群が受付&スタート
131020-1.jpg

この日は、ファンランのつもりだったので、スマホを持ちながら写真撮影しながら走ることにしました。目標は、怪我なく走ること。それとトレーニングの意味もあったので、可能であれば6分/kmペースを守って、2時間10分弱で完走することを目標にしました。ほとんどトレーニング出来てないので不安でしたが、痛みが出たら棄権しようと思ってスタートしました。

雨は、それほど強くなく、苦にならない程度。スタート後、赤レンガ倉庫群、海上自衛隊の横を抜けると、少し上り坂になります。坂を登りきると「雁又トンネル」に入ります。いろいろな大会に出ているけど、こんな長めのトンネルを走るのは初めてかも・・

↓雁又トンネル内
131020-2.jpg

トンネルを抜けると、若干の下り道。そして本日のメイン。日常は入場不可能な海上自衛隊の舞鶴航空基地へ入ります。思ったより広〜い敷地内。この日は、車両数台と、ヘリが数台置かれていました。途中何度も、写真を取るためストップ(笑)それと、この間は多くの自衛隊員さんが応援してくださっていました。

↓海上自衛隊・舞鶴航空基地内のコース
131020-3.jpg

131020-4.jpg

基地を抜けると折り返し、赤レンガ方面へ。次は、海上自衛隊の船が置かれている敷地内に入ることが出来ます。巡洋艦や小型艦がいっぱい。こちらは迫力満点です。今回は、記録も狙っていなかったので、自衛官さんに巡洋艦の名前を聞いたり、ゆっくりと走行。

↓艦船がいっぱい。
131020-5.jpg

131020-6.jpg

ここまでが前半10km。中間地点で元の赤レンガ倉庫群を抜けます。タイムを見ると、写真を取っていたこともあり、少し遅れ気味だったので、少しペースを速めます。

後半は、のんびりとした舞鶴湾を望む湾岸景色が続きます。沿道の応援もとても温かく、うれしいものでした。後半も少し、アップダウンがありました。

自分自身の脚の状態はと言うと、怪我していた右膝は大丈夫。もう完治しているのでしょうね。走る前から気にしていた左足は、やっぱり15kmくらいから、ちょっと筋肉の張りのようなものを感じました。これからトレーニングが必要だと思います。

ゴールは、赤レンガ倉庫へ。当初の目標通り、ほぼペースを保って、2時間10分以内で戻ることが出来ました。

↓ゴール地点
131020-8.jpg

大会は、コースもとても良くて、日程が合えば来年も出たいなぁと。欲を言えば天気が良かったらとは思いましたが、それでも素晴らしい大会でした。

個人的には、タイムは断トツの自己ワースト記録です。でも怪我のため、ほとんどトレーニング出来てない状態で、意外と走れたし、もう少しスピードを出す余裕もある感じで、かなり希望が持てる内容でした。しばらく、脚の痛みを気にしながら、トレーニング量を増やして、以前の調子に戻していこうと思います。

走れることに感謝。
posted by たぬき at 18:47| Comment(3) | TrackBack(0) | マラソン大会

2012年12月09日

奈良マラソン2012

本日は、奈良マラソン。7月最初に怪我をして、9月下旬ごろ順調に治りつつあった右膝。その膝をウォーキング中に痛めてしまい、歩くことも辛い時期がありました。しかもなかなか治らず・・もう奈良マラソンは無理だなと思っていたところ、2週前ごろから痛みが消えてきました。

あきらめずに筋トレや、傷みの少ない日はウォーキングを繰り返してきた効果なのでしょうか?奈良マラソン1週前に、数回4km走を走ってみると、膝に違和感は若干覚えるのですが、普通に走れそう・・と思い、とりあえず出場することに。


さてスタート。今回は、膝が本調子でもないし、平坦な道を出来るだけ走って、膝に負担がかかる場所は歩く戦法です。しかし、スタート場所・・・持ちタイムが、ある程度あるだけに、2番目のブロックからのスタート。周りはエリートランナーぽい方々がいっぱい。今回、下手したらリタイアでもいいやとリラックスムードの私は、ちょっと恥ずかしい気分。

スタート後、タイムじゃなく、膝が気になるので、膝に負担を書けないように気をつけながらゆっくりジョグします。抜かれる一方。その膝の状態は・・2kmであ・・・痛みあるかもと一瞬思いましたが、その後、不思議となんともなく走れます。意外とイケル!?

あまり無理せず15kmを過ぎ、最初の難関の坂は歩こうとすると、奈良マラソン名物の「今の葉狂志郎さん(忌野清志郎さんのそっくり様)」さんの大音量パフォーマンス!私が通過するときは行きは「上を向いて歩こう」帰りは「雨上がりの夜空に」でした。無理したらダメと思いつつ清志郎の前だけは!!と走りました(笑)

その坂を登り切って、まだ行けるかな・・と思っていたら、なんと・・痛めている右膝ではなく、逆の左膝が悲鳴を上げ始めました。私の膝はガラスの膝です^^; でも、怪我とかではなく疲労による痛みの感じでしたので、ところどころ休んで膝の様子を見ながら、折り返しも過ぎ、30km地点も3時間30分以内で過ぎました。

その時点で、もう絶対完走は大丈夫と思いましたので、膝に負担をかけないよう、残りはすべて歩くことに。そして5時間を過ぎてから、ゆっくりとfinish。

レース後、膝は、それほど悪くなってないようですし、半年も、まともに練習できなかったのに予想以上に走れる自分にも驚きました。しばらく養生して、来シーズンに向けてゆっくり練習できる環境に持っていきたいと思います。

それにしても、この奈良マラソン、沿道の皆さんの応援。とても暖かくて・・・沿道の皆さんの応援を受けるだけで100メートル分のエネルギーをもらえるような。こんなに素晴らしいなと思えるマラソンは、なかなか無いと思います。来年もぜひ出場して連続完走記録を伸ばしたいなと思います。

↓フィニッシャータオル
121209-1.JPG

↓完走メダル
121209-2.JPG

※今年は古事記編纂1300年。それを記念して、完走メダルはヤマトタケルの頭をイメージした形を楕円形3つで描いておられます。裏面には、勾玉の中にヤマトタケルが草薙剣を持つ姿と鏡が描かれています。
posted by たぬき at 18:27| Comment(6) | TrackBack(0) | マラソン大会

2012年03月05日

第32回篠山ABCマラソン

雨の篠山マラソン。

今回の大会直前に、いろいろと所用が発生し、かなりのコンディション不良でした。

当日、早朝に京都駅まで出て、京都駅から出ているマラソンバスに乗車します。約1時間15分くらいでしょうか。篠山市民センターに到着。そそくさと受付を済まし、篠山城を少し散歩。そして着替えに入ります。

この日は、朝の天気予報では、15時くらいから雨が降るとのことで、レース中は天気が持つだろう・・・と半袖シャツ&短パンを選択。シューズは、前回のハーフマラソンで使用したスカイセンサーが好感触だったので、フルマラソンでも使ってみようと履くことにしました。

荷物を預け、トイレを済まし、スタート25分前くらいから列に並びます。今回はコンディションがよくなかったので、目標は3時間40分以内くらいを設定していたのでリラックス。

号砲が鳴り、スタート。するとポツポツ・・・と小雨が降り始めます。まぁ、すぐにやむだろう・・なんて思っていたら、これが結局レース最後まで続くことに(大誤算^^;)。

ただ篠山の地元の皆さん、雨の中、とても温かい声援です。私設エイドでチョコや飴、バナナなど用意してくださる方々もおられ、本当にありがたいものでした。今回も怪我から復帰しつつあり、走ることの幸せを噛みしめて、声援をくださる皆さんへは、何度も「ありがとう」と声をかけて、走るようにしました。

今回は、レース序盤から、ある程度余裕を持って、4分40〜50秒/kmくらいのペースで走りました。まあ20km越えるとペース落ちてくるんだろうな・・なんて思っていたら、1月のハーフマラソンと同様に・・あれれ・・と思うほど余裕があります。全然ペースが落ちない。。で、結局37km地点までペースを維持できました。

特に20kmを越えてからは、周りのランナーのペースが落ちるので、ほとんど抜いてばっかり。これも前回のハーフマラソンと同様で、すごく楽しく走ることが出来ました。

ただ、本当に誤算は雨(^^; 30km過ぎたころから、だんだんと強くなり、37km地点以降、足が重くなりだすと、体が動かないこともあり、どんどん冷えていきます。足よりもとにかく、腕が動かない。指先が冷たい。これが本当にスタミナを奪っていきました。

ただ、長い間ペースを保てたこともあって、余裕を持って、3時間40分以内どころか、3時間20分台でゴール。自分でも驚くほど、あっけなく良い結果を出すことが出来ました。不安に思っていた膝の状態も、若干、走っている途中で違和感を感じたくらいで、悪化しそうにもなさそうです。

本当に無事に怪我なく走り切れてほっとしました。今後は大会も登録していますが、所用で走ることが出来るかは、分かりません。とにかく、これまでフルマラソンの後に、大怪我することが多かったので、今は、じっくり疲れを取りたいと思います。とにかく今は、走れたこと、周りのみなさまへ感謝です。

↓完走メダル
120305-1.JPG

↓大阪方面からのマラソンバス(篠山市民センター内)
120305-2.JPG

↓篠山城大書院
120305-3.JPG

↓会場の様子
120305-4.JPG
posted by たぬき at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2012年01月29日

第40回たつの市 梅と潮の香マラソン大会

年末年始のトレーニング、走り込みをガツン!としたかったのですが、30km走や20km走をしては、翌日に膝に痛みが出たり、それまで痛みのなかった足首に痛みが出たり・・それどころか、今まで痛みのなかった側の膝に痛みが出たり・・ 長距離を走っては、休んで・・で、なかなか思うように、トレーニング量が増やせなかった毎日。

なので、この日は学生時代を過ごした懐かしの播磨での大会ですが、それほどマラソンの記録を狙うぞ!という高ぶりも無く、記録は無理だろう・・とさばさばとした気分。

この日は、たつの市(旧御津町)なので、朝4時に起きて、5時発で高速で大会会場に向かいます。長く、西播磨で暮らしていただけあり、御津町は勝手知っている地域。会場に近づくと、懐かしい風景が広がります。

最近は、フルマラソン以外は、小さな大会のほうが居心地が良いので、ローカルな大会を選んでいたのですが、この大会もかなり素朴な雰囲気でした。会場で受け付けをしていると地元の高校生とかが多く参加していて、地元密着型という感じでした。

コースは、御津運動場をスタートし、海岸沿いの国道250号線を相生市方面、室津のあたりまで行きます。このあたりは、いわゆる七曲りと呼ばれる起伏が激しい場所です。そこを折り返し、ちょうどスタート地点で11km地点くらいとなります。

その後、苅屋の成田新田に向かい、成田新田の海岸沿いをぐるっと回って、御津運動場に戻りゴールとなります。前半は、起伏が強く、後半はほぼ平坦なんだろうなと想像は出来ました。この日は、練習用の厚底タイプと、レース用のスカイセンサーの2種類のシューズを持っていったのですが、スカイセンサーで走ることにしました。

スタートをすると、ハーフと10kmのランナーが同時スタートなので、予想以上に混雑していました。2km地点を過ぎた時点で、12分近くかかりました。記録を狙ってないのですが、遅すぎ!!と思って、混雑をかいくぐりながら、どんどん抜いていくようにしました。

そのうち、3,4km地点くらいからまばらになり始めますが、5kmから七曲りに入って行きます。起伏があるから・・と思い、抑え気味に走るようにしてました。ただ、この起伏、予想よりきつくありません。

今までハーフはトレーニングと考えて、志摩のロードパーティや、淡路の国生みマラソンなど、起伏が強いレースに出てきたので、なんだか余裕があるのと、もうひとつ体に変化が・・・ 怪我後の2レースは、走っていて余裕がなかったのですが、なんと言うか走っていて体が軽いし、疲れが来ないというか・・なんだかんだ言ってトレーニングにより、身体が出来てきてるんだな・・と。

七曲りの起伏も、ほとんどタイムを落とさず4分30秒/kmペースで走れます。そして七曲りを終えて、平坦コースへ。このままの4分30秒/kmペースで走っていたら、1時間35分を切れないなと思ったので、少しペースを上げてみます。それでも脚に余裕があり、まだまだ行けそう。

その後、ペースも落とさず、ほぼ一定ペースで走り、さらに最後の1kmはさらにペースアップして1時間30分台前半で、ゴールすることが出来ました。

レース中、練習で痛めていた右の足首が少し気になりましたが、一番心配していた膝は意外と平気で、なによりも2,3年前に記録を出していたころのように、ハーフで失速しない走りが出来たのが本当にうれしく思いました。走っていて、あ・・怪我をする前の走りが戻ってきたと、とても楽しかったです。

今年の3月の篠山マラソンは、あまり良い走りは出来ないかな・・と思っていたのですが、今回走ったことによって、自信を持って挑むことが出来そうです。

おそらく、明日以降、また膝が痛むのではないかな?と思うので、様子を見ながら再度、トレーニングを再開して行こうと思います。

↓大会会場
120129-8.JPG

↓ゴールゲート
120129-9.JPG

↓大会バルーン
120129-10.JPG
posted by たぬき at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2011年12月11日

奈良マラソン2011

今日は、奈良マラソンです。昨年、怪我で半分走り、半分歩いた奈良マラソンを除いては、約2年ぶりにフルマラソンに復帰です♪

奈良マラソンは、昨年は怪我のため自分の競技としては不本意に終わりましたが、奈良を挙げての盛り上がり、その雰囲気の良さ・華やかさに、何度でも出たいな・・と思った大会でした。

今年度も膝には不安を抱えていたのですが、なんとか42km持つだろう・・という身体に仕上がりつつあり、出場。ただ、2年前のように記録を狙える状態でないことは自分自身がよく分かるので、とにかく楽しんで走ろうと心に決めて出場しました。足も万全でないので、シューズは練習用の厚底のニューヨークを履きました。

スタートは、さすがに1万人規模とのこともあり、人が多いです。私は過去の記録から優先してもらえたのか、先頭に近いBブロックからスタートすることが出来たので、号砲からスタートまでの時間は、それほどかかりませんでした。

ただ、5kmくらいまでは大混雑。私は記録を狙う気分ではなかったので、マイペースで走りましたが、隣同士ぶつかってこけてる方もおられましたね^^; 鴻池をスタートし、平城宮跡→近鉄奈良駅→奈良公園→大仏殿前を通過して行きます。

このあたりは、マイペース走。そして10kmあたりから、あ・・・・と。膝にわずかに違和感を覚え始めました。すこしスピードダウンしながら、奈良から天理に向かう正暦寺、弘仁寺付近の坂を上ります。ここで昨年もおられた「忌野清志郎」さん風パフォーマーが!! 今年は、大人気でランナーがみんなタッチ!タッチ! パフォーマーも清志郎風に「ベイビー!ベイビー!」と叫んでました(笑)

そして白川ダム付近の名阪国道を越える道は、とても美しい景色で、なんだか心地よい感じ。

心配していた膝の痛みは、わずかに感じるものの、体が温まったからか気にならないくらいに。そして天理を折り返し。折り返し時点で、ゴールは3時間40分台くらいだなと思いました。

その後、奈良マラソンの難関と言えば、帰りの起伏。28〜30km、35km付近にある2つの坂は、本当に体力を奪います。ほぼ5分強/kmで走っていた私も、この区間は、ものすごくスピードダウンしました^^;

35kmを越えると、もう気力を振り絞るだけでした。膝は、確実に違和感あるな・・・と。それ以上に、やっぱり2年前ほどトレーニングが出来ていないので、股関節やら太ももなど、いたるところに余裕がない状態^^; この苦しい時間帯、奈良市に入るので沿道に観客が多くて・・温かい声援が・・ 本当に力になります。

最後の鴻池陸上競技場へ向かう坂道も、なんとか登り切りゴール。折り返し時点での予想通り3時間40分台。以前のタイムには全然及びませんが、とにかくフルマラソンを走れる体に戻ってきたことに感謝。感謝。なのでした。

沿道の温かい声援、ボランティアの方々、元気なボランティアの学生さんたち。みんなありがとうございました。本当に心地よく走れる華やかな大会でした。また来年も出場したいと思います。

↓前日・早朝の受付時間帯の様子。
111210-1.JPG

↓完走タオル
111210-2.JPG

↓完走メダル(表)
111210-3.JPG

↓完走メダル(裏)
111210-4.JPG

※完走メダルは、古来から元興寺・飛鳥寺・額安寺などに残る“瓦”をモチーフに、さらに奈良にゆかりの多い八角(南円堂、正倉院・八角鏡、東大寺・八角燈籠など)をイメージしてデザインされたもののようです。
posted by たぬき at 19:30| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2011年11月03日

2011京都丹波ロードレース

♪しゃがみこんだのは 次のスタートの準備だから
 振り返らないで もう一度だけ この坂道を

 青い空と 我慢の鉄の味 闘えばこそ
 ああ 今日だって
 汗をかいてやる!


本日は、怪我をした状態で、半走半歩した2010年の奈良マラソンを除いては、自己ベストを出した2009年の加古川マラソン以来、2年ぶりのマラソン大会出場。

ただ、膝は完全な状態でなくて、トレーニングは半端ながらもやっているのですが・・・、体重・体脂肪も搾りきれてないし・・トレーニング中、体が出来ていない(体にキレがない)のは自分でもわかる。

なんか、ものすごくテンション右斜め上ではない・・・そんな朝。気分を高めるため、大好きなワタナベフラワーの「走る男」を聞いて会場に向かいました。
(上に書いた部分の歌詞がとても好きです)

最近の大会は、マラソンブームなので、どこも人一杯なので、わざと少しローカルそうな大会を選びました。それと、2年ぶりの大会・・・どれだけ走れるのか本当に不安でしたので、わざとマラソン仲間を誘わず一人でひっそり出場しました^^;

会場は、そんなに大きな大会じゃないのに、地元あげて、多くの物産展が並んだり、意外なほど華やか〜。ランニンググッズ売り場も4つくらいのショップが出されていたでしょうか。その中に、私がいつも利用している「京都キャロット」さんが、2年落ちかな?という旧モデルを格安で販売しておられたので、シューズとランニングハーフパンツ購入。


そして、11時・・・・・なんか11月なのに、夏日という暑さの中、ハーフマラソンスタート。

心がけたことは、まだ膝の状態が完全でないので、無理をしないペースで走ること。それと、走れる幸せへの感謝の気持ちを忘れないこと。

丹波の地元の方々は、とても温かく歓声をくださるので、それに対して、出来るだけ「ありがとう」の返事と、子供たちが求めるハイタッチ、全てに対応しながら、走りました。
(途中、苦しくて、しかめっ面で「ありがとう(だみ声)」みたいのありましたが・・^^;)

前半は、5キロまでフラットと言っても問題がないくらいの緩やかな登り。そのあと9キロまでは折り返しで緩やかな下り。

そして9キロから、急に強めの登り〜!! さすがにひさしぶりの大会。苦しいです。10キロを過ぎたときのタイムが、47分くらい・・

実は、ひさしぶりの大会なので、1時間45分くらいはかかるかな・・と思ってましたが、この時点で、あれ・・・1時間40分切れるやん!と。。。最初心がけた(無理をしない)を、わすれて・・・スイッチオン(^^;

ただ、それからゴールまで、起伏が続く、きつめのコース。スピードあげなきゃと思うのですが、なかなかきつい・・・最後、2キロくらいが下り坂なのが、本当に助かりました。なんとか、起伏の中、後半タイムをあげて、1時間40分を切ってゴールしました。

ゴールした瞬間、夏日の暑さで、頭がくらくらして・・意外なほどきついレースだったなと思いました。それと、2年ぶりなのに、走った後、意外とさばさば。

今回は、一人で出場したので、今まで体験したことがなかったサービスを利用することに。大会ボランティアで参加されておられた明治国際医療大のアイシングコーナーで、ゆっくりアフターケアをしていただきました。

その間、今後、どうやって今より10分以上早く走れた自分を取り戻そうかとトレーニングプランを考えたり・・・・ストイックモードにスイッチが入りそうです^^;

次は、奈良マラソン。1カ月後なので、記録が無理なのは、今回の大会で身にしみて分かりましたが、
少しでも良い物を得られる大会にしようと思います。


♪走る男 明日もやるしかな〜い
 踏ん張って 一歩ずつ
 一歩ずつ進む


↓大会のゴールに使われる競技場。
111103-1.JPG

↓選手受付の様子
111103-2.JPG

↓地元物産展で賑わっていました〜
111103-3.JPG
posted by たぬき at 19:41| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年12月05日

奈良マラソン2010

足の怪我の状態から、ずっと出場を悩んでいた大会「奈良マラソン2010」。普通に考えれば、怪我をしているなら無理をしないほうがいい・・・ただ、ものすごーーーく!楽しみにしていた大会でもあり、悩みに悩み・・出した結論は・・出場する。ただ、痛みなどが出て、やばいと思った時点で、リタイヤする。

ということで出場!負傷部分はサポーターで保護して、その他にも靴やインソールを工夫したり、とにかく普段の大会と違い、足に負担をかけない装備に変更しました。

前日の受付から、大会会場は、ものすごく華やかにぎわっていました。そして当日は、フルマラソン10000人、10km、5km、ジョギングの部を含めると15000人以上と、鴻ノ池陸上競技場は、人!人!人!そんな中、一緒に出場予定の仲間探しにすら苦労してた時に、いつもブログでお世話になっている「れみママ」さんに挨拶されたり、他にも知人にばったり会ったり・・ あわただしいスタート前でした。

参加者数が多いので、スタート地点に行くのにも、かき分けるように自分のブロックを探さなければ・・という感じです。スターターは、Qちゃんこと「高橋尚子」さん。スタート後に、ハイタッチする機会があったのですが、今までいろんなゲストランナーと触れ合いましたが、やはり華やかさが違います。

スタート後、前半コースは、鴻ノ池を出て、朱雀門(折り返し)→大仏殿、高畑町、教育大前、紀寺→窪ノ庄南→弘仁寺・白川大橋→天理方面。折り返し後の後半は、天理→白川大橋・弘仁寺→窪ノ庄南→樹寺、教育大前、高畑町、大仏殿→焼門前→鴻ノ池という往路の朱雀門を外したようなコース。

この日は、足の状態を気にしてジョグペース。特に弘仁寺付近は、坂道も多いので、ウォーキングに変更したりと、自分なりに足に負担がかからないように走りました。

天理大学・高校のある折り返し地点では、ぜんざいが振舞われていました。いつもなら、記録狙いのため、このような企画、通り過ぎるのですが、今回は、記録など狙える状態でもないので、いただきます。おばちゃんと喋りながらぜんざいを食べて、3,4分ロスしたでしょうか。しかし、おばちゃんの会話がほんとイケイケでおもしろかったです。

折り返し後も足に負担をかけないようなジョグを心がけていましたが、25kmくらいから痛み出しました。正直、ここまで持つとは思ってなくて、これも経験とか過去のトレーニングが生きたのでしょうか・・個人的には、本当に意外と走れたな・・と驚きました。

で、その後、ウォーキング&ジョグを混ぜつつ、徐々にウォーキングへ以降。走る前は、リタイヤばかりが頭にありましたが、ウォーキングでも完走できそうな時間的余裕があったので、ウォーキングで完走を目指すことにしました。

道中の応援は、本当に温かいものです。ボランティアの方が大半なんでしょうけど、若い中高校生たち、ノリのいいおじさん・おばさん。。 今まで、ずっと記録狙いで大会に参加してきたのですが、もう数カ月まともにトレーニングしていないから、早歩きもきつくて・・今まで、大会では歩いたこと、ほとんど無いのですが、本当に温かい声援が飛んできます。

この辛い時間帯に、いただく応援って、なんて力になるんでしょう。苦しいのに応援してくださるから、こちらもがんばって全力の笑顔で手を振るようにしましたが、35km地点あたりは、辛くて、応援されるたびに涙がこぼれそうな気分でした。

奈良公園を越え、鴻ノ池への坂・・・ めちゃくちゃ応えますが・・最後だけはと、その3kmくらいの区間は、ジョグペースで走りました。

鴻ノ池陸上競技場、ラスト一生懸命走っていたら、ご褒美が。。私のゴールの時だけ、誰も周りにおられずQちゃんが、走ってきてくれて「おめでとう!」と言ってハイタッチ後、少しだけ一緒に走ってくださいました。タイムは5時間越えと、自己ワーストを大幅に更新。しかし、個人的には誇りある勲章を得たと胸を張って言えそうな痛みや苦しみと闘いぬいたRunでした。

大会後は、脚痛痛・・・しかし、今まで記録を狙って完走してきた大会とは違う満足感が得られました。本当に沿道の皆さま、ボランティアの皆さま、ランナー仲間たち・・感謝感謝です。

本当に華やかで、ほのぼのとしていて、過去に出場した中でも最高級に素晴らしい大会でした。こんな素晴らしい大会が地元に出来ただけでもランナーとして誇りに思える気がします。とてもベストタイムが狙えそうにもない起伏の激しいコースでしたが、必ず脚の状態をじっくりと治して再度走りたいな・・と心に誓いました。

↓ボロボロの勲章:完走タオルです。
101205-1.JPG

↓こちらも・・完走メダルです。
101205-2.JPG

↓早朝のゴール地点
101205-3.JPG

↓前日の会場のにぎわい
101205-4.JPG
posted by たぬき at 20:02| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年10月17日

2010びわ湖高島マラソン〜マキノ健康栗マラソン〜

6〜8月の間、順調にトレーニングを再開していたので、秋の初戦に・・と選んでいたハーフマラソン。。。

ただ、9月ごろから、今まで痛めていた脚の逆側の脚に痛みを覚え始め・・練習休止。あえなく、この大会もとりあえずDNS(;_;)へこみます。

とりあえず、大会に行くのも久しぶりなので、空気を味わいに・・&参加賞をいただきに会場まで行きます。

ランナーのみなさんのトレーニングウェア姿がうらやましいやら、復帰に向けて希望を持っていたのに、いきなり躓いて悔しいやら・・・なんとも複雑な心持ち。

マキノ名物のメタセコイヤ並木を、会場に向かう途中にくぐり抜けましたが、こんなに気持ちの良く景色のいいコースを走れるなんて・・いいなぁ・・と思いました。来年は、ぜひ怪我を治して来ないと・・

まぁまだまだ、あと50年はマラソン人生を続けるつもり(笑)今は、ゆったりと怪我と向き合おうと思います。

↓スタート地点。早めに着いたので人もまばら。
101017-1.JPG

↓地元特産品などのブースもありました。
101017-2.JPG

↓参加賞の栗
101017-3.JPG

↓参加賞のTシャツ。デザインもシンプルで練習に使えそう。
101017-4.JPG
posted by たぬき at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年03月07日

第30回篠山ABCマラソン大会(見学)

関西のマラソンシーズン最後にあるフルマラソン大会と言ってもいい「篠山マラソン」。今年は、第30回の記念大会です。

と言っても、私は昨年末からの怪我が治らず登録はしているものの不参加〜(;_;) 事前に京都からのマラソンバス号に申し込んでいたのですがキャンセル不可とのことで、それならば・・と参加賞だけいただきに会場に足を運びました。

出場するならともかく、参加賞をいただくためだけに行くので、早朝から出かけるのも気が乗りません(^^; マラソンバスの中でも、緊張感漂うランナーのみなさんに混じり、おもっきりあくびしたりと超やる気無しモード。

しかし会場に着くと、篠山独特の街全体をあげての暖かい歓迎ムード。2年前、ここで、この雰囲気の中で頑張ったんだなぁ・・と思い出しました。走れない今の自分が少し悔しいし、つらい気分で一杯です。

しかし、会場はかなり寒い上に雨天。この日の篠山の予想最高気温は6℃。さらには雪が降る可能性もあるとのことで、ランナーの皆さんにとっては、過酷な環境でしたね。足場も緩んでいて、とても走りにくそうでした。

さて大会のスタートを見ようと思っていたのですが、、、私は、この後Jリーグの開幕試合(神戸vs京都)を見ようと思っていたので、係の人にJR篠山口駅への交通手段を訪ねると・・スタート後は交通規制のため、スタート前までにバスに乗らないと、夕方まで交通手段ないよ・・とのこと。

仕方なく、参加賞だけいただき、そそくさと会場を去りました。私の足の状況は、ずいぶん良くなっています。ただ、膝を強く曲げたりするとわずかに痛みます。完治はもうすぐかな・・と思っています。今は、次の激走のためへの我慢の時です。

↓会場は雨と寒さで厳しい環境でした。
100307-1.JPG

↓今年の京都からのマラソンバスは奈良交通。2年前は神姫バスでした。
100307-2.JPG

↓会場の隣の篠山城。
100307-3.JPG

↓参加賞のTシャツとビーフン。篠山マラソンのTシャツはミズノ製なので、練習によく使います♪
100307-4.JPG
posted by たぬき at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年02月07日

第27回京都木津川マラソン大会(見学)

昨年末の「加古川マラソン」をステップレースとして、今シーズンの集大成として記録を狙っていた大会です。しかし、実際は年末に負傷し不参加。マラソン人生初のDNSとなりました。

ただ気分的には、一足先にオフシーズンに入った感覚でリラックスしたものです(^-^; この日の目的は、参加賞をいただくこと、スタートを見ること、それといつもブログでお世話になっている「れみママ」さんが出場されるとのことで挨拶することを目的として行きました。

ということで、朝早くに会場に到着。まだ雪が残っていました。スタート地点付近は、ツルツルすべり・・走りにくそう。ランナーの方は苦労されそうな天候でした。ただ時間が経つにつれ気温も少しずつ上がり、雪も消えて行きました。

↓白い世界だったスタート2時間前。
100207-2.JPG

ちなみに参加賞は、小さなスポーツショルダーバック?のようなものでした。何かに使えるかな??御朱印帳とカメラを入れて、お寺に走っていく?・・でもこれだと走れないか。使い道がなかなか思いつきませんが、ほかの大会と違って単純なTシャツとかでないのは、うれしかったりします。

↓参加賞
100207-1.JPG

↓会場の様子。
100207-3.JPG

そして、れみママさん。会場は広くて今日は見つけること無理かな?と思っていたら、見つけていただきました(^-^;

実は勝手にお子様のお年ごろから、少し落ち着いた+年老いた(なんて失礼な^^;)方を想像していたのですが、若々しくそして、テキパキした感じで驚き。かなり好印象な方でした。それにポジティブシンキングで・・(^^;尊敬します。

そしてフルマラソン、つづくハーフマラソンのスタートを見届けてから、大会会場を去りました。大会会場を去り、近鉄の新田辺駅でお腹空いたな・・と、、あっ!!うどん(大会登録者無料)食べるの忘れた・・しまった!と思いつつ、もう戻る気もなく帰宅。

↓スタート後のランナー&観戦者の長蛇の列。
100207-4.JPG

その後、昼の2時半ごろにふと、3時ごろにれみママさんゴール予定だったなと、ふと思い出し、ちょっと見に行こうと再度会場へ(決してうどんが恋しかったわけではありません^^;)

3時10分ごろ、会場に着き、いろんなランナーのゴールシーンを見ます。ばったり倒れる人、淡々としている人、中には泣き出す人も。人それぞれ目標があり、それぞれ意義を持って大会に挑んでるんだな・・と、普段、他人のゴールシーンなんて見ないもので、ものすごく刺激を受けました。

その後、ゴール地点からコースをさかのぼって歩いて行くと、1kmほど歩いたところで、れみママさん発見!ここから1kmほど伴走して、ゴールを見届けて帰宅しました。

しかし、怪我もちながら、しっかり完走される姿勢には、本当に刺激を受けるし尊敬します。今日は、怪我のためやる気無し無しでしたが、れみママさんのおかげで、楽しめたし刺激を受けた一日でした♪

個人的には、しばらくはゆっくり膝を休めて回復させて、秋以降の大会を目指していきたいと思います。来月の篠山には間に合うかな?間に合ったとしても、観光&ファンランでゆっくり走ります。

↓新田辺駅前のきらら商店街のゆるキャラ「きらら」ちゃんです。
100207-5.JPG
posted by たぬき at 19:07| Comment(3) | TrackBack(0) | マラソン大会