2012年03月05日

第32回篠山ABCマラソン

雨の篠山マラソン。

今回の大会直前に、いろいろと所用が発生し、かなりのコンディション不良でした。

当日、早朝に京都駅まで出て、京都駅から出ているマラソンバスに乗車します。約1時間15分くらいでしょうか。篠山市民センターに到着。そそくさと受付を済まし、篠山城を少し散歩。そして着替えに入ります。

この日は、朝の天気予報では、15時くらいから雨が降るとのことで、レース中は天気が持つだろう・・・と半袖シャツ&短パンを選択。シューズは、前回のハーフマラソンで使用したスカイセンサーが好感触だったので、フルマラソンでも使ってみようと履くことにしました。

荷物を預け、トイレを済まし、スタート25分前くらいから列に並びます。今回はコンディションがよくなかったので、目標は3時間40分以内くらいを設定していたのでリラックス。

号砲が鳴り、スタート。するとポツポツ・・・と小雨が降り始めます。まぁ、すぐにやむだろう・・なんて思っていたら、これが結局レース最後まで続くことに(大誤算^^;)。

ただ篠山の地元の皆さん、雨の中、とても温かい声援です。私設エイドでチョコや飴、バナナなど用意してくださる方々もおられ、本当にありがたいものでした。今回も怪我から復帰しつつあり、走ることの幸せを噛みしめて、声援をくださる皆さんへは、何度も「ありがとう」と声をかけて、走るようにしました。

今回は、レース序盤から、ある程度余裕を持って、4分40〜50秒/kmくらいのペースで走りました。まあ20km越えるとペース落ちてくるんだろうな・・なんて思っていたら、1月のハーフマラソンと同様に・・あれれ・・と思うほど余裕があります。全然ペースが落ちない。。で、結局37km地点までペースを維持できました。

特に20kmを越えてからは、周りのランナーのペースが落ちるので、ほとんど抜いてばっかり。これも前回のハーフマラソンと同様で、すごく楽しく走ることが出来ました。

ただ、本当に誤算は雨(^^; 30km過ぎたころから、だんだんと強くなり、37km地点以降、足が重くなりだすと、体が動かないこともあり、どんどん冷えていきます。足よりもとにかく、腕が動かない。指先が冷たい。これが本当にスタミナを奪っていきました。

ただ、長い間ペースを保てたこともあって、余裕を持って、3時間40分以内どころか、3時間20分台でゴール。自分でも驚くほど、あっけなく良い結果を出すことが出来ました。不安に思っていた膝の状態も、若干、走っている途中で違和感を感じたくらいで、悪化しそうにもなさそうです。

本当に無事に怪我なく走り切れてほっとしました。今後は大会も登録していますが、所用で走ることが出来るかは、分かりません。とにかく、これまでフルマラソンの後に、大怪我することが多かったので、今は、じっくり疲れを取りたいと思います。とにかく今は、走れたこと、周りのみなさまへ感謝です。

↓完走メダル
120305-1.JPG

↓大阪方面からのマラソンバス(篠山市民センター内)
120305-2.JPG

↓篠山城大書院
120305-3.JPG

↓会場の様子
120305-4.JPG
posted by たぬき at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2012年01月29日

第40回たつの市 梅と潮の香マラソン大会

年末年始のトレーニング、走り込みをガツン!としたかったのですが、30km走や20km走をしては、翌日に膝に痛みが出たり、それまで痛みのなかった足首に痛みが出たり・・それどころか、今まで痛みのなかった側の膝に痛みが出たり・・ 長距離を走っては、休んで・・で、なかなか思うように、トレーニング量が増やせなかった毎日。

なので、この日は学生時代を過ごした懐かしの播磨での大会ですが、それほどマラソンの記録を狙うぞ!という高ぶりも無く、記録は無理だろう・・とさばさばとした気分。

この日は、たつの市(旧御津町)なので、朝4時に起きて、5時発で高速で大会会場に向かいます。長く、西播磨で暮らしていただけあり、御津町は勝手知っている地域。会場に近づくと、懐かしい風景が広がります。

最近は、フルマラソン以外は、小さな大会のほうが居心地が良いので、ローカルな大会を選んでいたのですが、この大会もかなり素朴な雰囲気でした。会場で受け付けをしていると地元の高校生とかが多く参加していて、地元密着型という感じでした。

コースは、御津運動場をスタートし、海岸沿いの国道250号線を相生市方面、室津のあたりまで行きます。このあたりは、いわゆる七曲りと呼ばれる起伏が激しい場所です。そこを折り返し、ちょうどスタート地点で11km地点くらいとなります。

その後、苅屋の成田新田に向かい、成田新田の海岸沿いをぐるっと回って、御津運動場に戻りゴールとなります。前半は、起伏が強く、後半はほぼ平坦なんだろうなと想像は出来ました。この日は、練習用の厚底タイプと、レース用のスカイセンサーの2種類のシューズを持っていったのですが、スカイセンサーで走ることにしました。

スタートをすると、ハーフと10kmのランナーが同時スタートなので、予想以上に混雑していました。2km地点を過ぎた時点で、12分近くかかりました。記録を狙ってないのですが、遅すぎ!!と思って、混雑をかいくぐりながら、どんどん抜いていくようにしました。

そのうち、3,4km地点くらいからまばらになり始めますが、5kmから七曲りに入って行きます。起伏があるから・・と思い、抑え気味に走るようにしてました。ただ、この起伏、予想よりきつくありません。

今までハーフはトレーニングと考えて、志摩のロードパーティや、淡路の国生みマラソンなど、起伏が強いレースに出てきたので、なんだか余裕があるのと、もうひとつ体に変化が・・・ 怪我後の2レースは、走っていて余裕がなかったのですが、なんと言うか走っていて体が軽いし、疲れが来ないというか・・なんだかんだ言ってトレーニングにより、身体が出来てきてるんだな・・と。

七曲りの起伏も、ほとんどタイムを落とさず4分30秒/kmペースで走れます。そして七曲りを終えて、平坦コースへ。このままの4分30秒/kmペースで走っていたら、1時間35分を切れないなと思ったので、少しペースを上げてみます。それでも脚に余裕があり、まだまだ行けそう。

その後、ペースも落とさず、ほぼ一定ペースで走り、さらに最後の1kmはさらにペースアップして1時間30分台前半で、ゴールすることが出来ました。

レース中、練習で痛めていた右の足首が少し気になりましたが、一番心配していた膝は意外と平気で、なによりも2,3年前に記録を出していたころのように、ハーフで失速しない走りが出来たのが本当にうれしく思いました。走っていて、あ・・怪我をする前の走りが戻ってきたと、とても楽しかったです。

今年の3月の篠山マラソンは、あまり良い走りは出来ないかな・・と思っていたのですが、今回走ったことによって、自信を持って挑むことが出来そうです。

おそらく、明日以降、また膝が痛むのではないかな?と思うので、様子を見ながら再度、トレーニングを再開して行こうと思います。

↓大会会場
120129-8.JPG

↓ゴールゲート
120129-9.JPG

↓大会バルーン
120129-10.JPG
posted by たぬき at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2011年12月11日

奈良マラソン2011

今日は、奈良マラソンです。昨年、怪我で半分走り、半分歩いた奈良マラソンを除いては、約2年ぶりにフルマラソンに復帰です♪

奈良マラソンは、昨年は怪我のため自分の競技としては不本意に終わりましたが、奈良を挙げての盛り上がり、その雰囲気の良さ・華やかさに、何度でも出たいな・・と思った大会でした。

今年度も膝には不安を抱えていたのですが、なんとか42km持つだろう・・という身体に仕上がりつつあり、出場。ただ、2年前のように記録を狙える状態でないことは自分自身がよく分かるので、とにかく楽しんで走ろうと心に決めて出場しました。足も万全でないので、シューズは練習用の厚底のニューヨークを履きました。

スタートは、さすがに1万人規模とのこともあり、人が多いです。私は過去の記録から優先してもらえたのか、先頭に近いBブロックからスタートすることが出来たので、号砲からスタートまでの時間は、それほどかかりませんでした。

ただ、5kmくらいまでは大混雑。私は記録を狙う気分ではなかったので、マイペースで走りましたが、隣同士ぶつかってこけてる方もおられましたね^^; 鴻池をスタートし、平城宮跡→近鉄奈良駅→奈良公園→大仏殿前を通過して行きます。

このあたりは、マイペース走。そして10kmあたりから、あ・・・・と。膝にわずかに違和感を覚え始めました。すこしスピードダウンしながら、奈良から天理に向かう正暦寺、弘仁寺付近の坂を上ります。ここで昨年もおられた「忌野清志郎」さん風パフォーマーが!! 今年は、大人気でランナーがみんなタッチ!タッチ! パフォーマーも清志郎風に「ベイビー!ベイビー!」と叫んでました(笑)

そして白川ダム付近の名阪国道を越える道は、とても美しい景色で、なんだか心地よい感じ。

心配していた膝の痛みは、わずかに感じるものの、体が温まったからか気にならないくらいに。そして天理を折り返し。折り返し時点で、ゴールは3時間40分台くらいだなと思いました。

その後、奈良マラソンの難関と言えば、帰りの起伏。28〜30km、35km付近にある2つの坂は、本当に体力を奪います。ほぼ5分強/kmで走っていた私も、この区間は、ものすごくスピードダウンしました^^;

35kmを越えると、もう気力を振り絞るだけでした。膝は、確実に違和感あるな・・・と。それ以上に、やっぱり2年前ほどトレーニングが出来ていないので、股関節やら太ももなど、いたるところに余裕がない状態^^; この苦しい時間帯、奈良市に入るので沿道に観客が多くて・・温かい声援が・・ 本当に力になります。

最後の鴻池陸上競技場へ向かう坂道も、なんとか登り切りゴール。折り返し時点での予想通り3時間40分台。以前のタイムには全然及びませんが、とにかくフルマラソンを走れる体に戻ってきたことに感謝。感謝。なのでした。

沿道の温かい声援、ボランティアの方々、元気なボランティアの学生さんたち。みんなありがとうございました。本当に心地よく走れる華やかな大会でした。また来年も出場したいと思います。

↓前日・早朝の受付時間帯の様子。
111210-1.JPG

↓完走タオル
111210-2.JPG

↓完走メダル(表)
111210-3.JPG

↓完走メダル(裏)
111210-4.JPG

※完走メダルは、古来から元興寺・飛鳥寺・額安寺などに残る“瓦”をモチーフに、さらに奈良にゆかりの多い八角(南円堂、正倉院・八角鏡、東大寺・八角燈籠など)をイメージしてデザインされたもののようです。
posted by たぬき at 19:30| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2011年11月03日

2011京都丹波ロードレース

♪しゃがみこんだのは 次のスタートの準備だから
 振り返らないで もう一度だけ この坂道を

 青い空と 我慢の鉄の味 闘えばこそ
 ああ 今日だって
 汗をかいてやる!


本日は、怪我をした状態で、半走半歩した2010年の奈良マラソンを除いては、自己ベストを出した2009年の加古川マラソン以来、2年ぶりのマラソン大会出場。

ただ、膝は完全な状態でなくて、トレーニングは半端ながらもやっているのですが・・・、体重・体脂肪も搾りきれてないし・・トレーニング中、体が出来ていない(体にキレがない)のは自分でもわかる。

なんか、ものすごくテンション右斜め上ではない・・・そんな朝。気分を高めるため、大好きなワタナベフラワーの「走る男」を聞いて会場に向かいました。
(上に書いた部分の歌詞がとても好きです)

最近の大会は、マラソンブームなので、どこも人一杯なので、わざと少しローカルそうな大会を選びました。それと、2年ぶりの大会・・・どれだけ走れるのか本当に不安でしたので、わざとマラソン仲間を誘わず一人でひっそり出場しました^^;

会場は、そんなに大きな大会じゃないのに、地元あげて、多くの物産展が並んだり、意外なほど華やか〜。ランニンググッズ売り場も4つくらいのショップが出されていたでしょうか。その中に、私がいつも利用している「京都キャロット」さんが、2年落ちかな?という旧モデルを格安で販売しておられたので、シューズとランニングハーフパンツ購入。


そして、11時・・・・・なんか11月なのに、夏日という暑さの中、ハーフマラソンスタート。

心がけたことは、まだ膝の状態が完全でないので、無理をしないペースで走ること。それと、走れる幸せへの感謝の気持ちを忘れないこと。

丹波の地元の方々は、とても温かく歓声をくださるので、それに対して、出来るだけ「ありがとう」の返事と、子供たちが求めるハイタッチ、全てに対応しながら、走りました。
(途中、苦しくて、しかめっ面で「ありがとう(だみ声)」みたいのありましたが・・^^;)

前半は、5キロまでフラットと言っても問題がないくらいの緩やかな登り。そのあと9キロまでは折り返しで緩やかな下り。

そして9キロから、急に強めの登り〜!! さすがにひさしぶりの大会。苦しいです。10キロを過ぎたときのタイムが、47分くらい・・

実は、ひさしぶりの大会なので、1時間45分くらいはかかるかな・・と思ってましたが、この時点で、あれ・・・1時間40分切れるやん!と。。。最初心がけた(無理をしない)を、わすれて・・・スイッチオン(^^;

ただ、それからゴールまで、起伏が続く、きつめのコース。スピードあげなきゃと思うのですが、なかなかきつい・・・最後、2キロくらいが下り坂なのが、本当に助かりました。なんとか、起伏の中、後半タイムをあげて、1時間40分を切ってゴールしました。

ゴールした瞬間、夏日の暑さで、頭がくらくらして・・意外なほどきついレースだったなと思いました。それと、2年ぶりなのに、走った後、意外とさばさば。

今回は、一人で出場したので、今まで体験したことがなかったサービスを利用することに。大会ボランティアで参加されておられた明治国際医療大のアイシングコーナーで、ゆっくりアフターケアをしていただきました。

その間、今後、どうやって今より10分以上早く走れた自分を取り戻そうかとトレーニングプランを考えたり・・・・ストイックモードにスイッチが入りそうです^^;

次は、奈良マラソン。1カ月後なので、記録が無理なのは、今回の大会で身にしみて分かりましたが、
少しでも良い物を得られる大会にしようと思います。


♪走る男 明日もやるしかな〜い
 踏ん張って 一歩ずつ
 一歩ずつ進む


↓大会のゴールに使われる競技場。
111103-1.JPG

↓選手受付の様子
111103-2.JPG

↓地元物産展で賑わっていました〜
111103-3.JPG
posted by たぬき at 19:41| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年12月05日

奈良マラソン2010

足の怪我の状態から、ずっと出場を悩んでいた大会「奈良マラソン2010」。普通に考えれば、怪我をしているなら無理をしないほうがいい・・・ただ、ものすごーーーく!楽しみにしていた大会でもあり、悩みに悩み・・出した結論は・・出場する。ただ、痛みなどが出て、やばいと思った時点で、リタイヤする。

ということで出場!負傷部分はサポーターで保護して、その他にも靴やインソールを工夫したり、とにかく普段の大会と違い、足に負担をかけない装備に変更しました。

前日の受付から、大会会場は、ものすごく華やかにぎわっていました。そして当日は、フルマラソン10000人、10km、5km、ジョギングの部を含めると15000人以上と、鴻ノ池陸上競技場は、人!人!人!そんな中、一緒に出場予定の仲間探しにすら苦労してた時に、いつもブログでお世話になっている「れみママ」さんに挨拶されたり、他にも知人にばったり会ったり・・ あわただしいスタート前でした。

参加者数が多いので、スタート地点に行くのにも、かき分けるように自分のブロックを探さなければ・・という感じです。スターターは、Qちゃんこと「高橋尚子」さん。スタート後に、ハイタッチする機会があったのですが、今までいろんなゲストランナーと触れ合いましたが、やはり華やかさが違います。

スタート後、前半コースは、鴻ノ池を出て、朱雀門(折り返し)→大仏殿、高畑町、教育大前、紀寺→窪ノ庄南→弘仁寺・白川大橋→天理方面。折り返し後の後半は、天理→白川大橋・弘仁寺→窪ノ庄南→樹寺、教育大前、高畑町、大仏殿→焼門前→鴻ノ池という往路の朱雀門を外したようなコース。

この日は、足の状態を気にしてジョグペース。特に弘仁寺付近は、坂道も多いので、ウォーキングに変更したりと、自分なりに足に負担がかからないように走りました。

天理大学・高校のある折り返し地点では、ぜんざいが振舞われていました。いつもなら、記録狙いのため、このような企画、通り過ぎるのですが、今回は、記録など狙える状態でもないので、いただきます。おばちゃんと喋りながらぜんざいを食べて、3,4分ロスしたでしょうか。しかし、おばちゃんの会話がほんとイケイケでおもしろかったです。

折り返し後も足に負担をかけないようなジョグを心がけていましたが、25kmくらいから痛み出しました。正直、ここまで持つとは思ってなくて、これも経験とか過去のトレーニングが生きたのでしょうか・・個人的には、本当に意外と走れたな・・と驚きました。

で、その後、ウォーキング&ジョグを混ぜつつ、徐々にウォーキングへ以降。走る前は、リタイヤばかりが頭にありましたが、ウォーキングでも完走できそうな時間的余裕があったので、ウォーキングで完走を目指すことにしました。

道中の応援は、本当に温かいものです。ボランティアの方が大半なんでしょうけど、若い中高校生たち、ノリのいいおじさん・おばさん。。 今まで、ずっと記録狙いで大会に参加してきたのですが、もう数カ月まともにトレーニングしていないから、早歩きもきつくて・・今まで、大会では歩いたこと、ほとんど無いのですが、本当に温かい声援が飛んできます。

この辛い時間帯に、いただく応援って、なんて力になるんでしょう。苦しいのに応援してくださるから、こちらもがんばって全力の笑顔で手を振るようにしましたが、35km地点あたりは、辛くて、応援されるたびに涙がこぼれそうな気分でした。

奈良公園を越え、鴻ノ池への坂・・・ めちゃくちゃ応えますが・・最後だけはと、その3kmくらいの区間は、ジョグペースで走りました。

鴻ノ池陸上競技場、ラスト一生懸命走っていたら、ご褒美が。。私のゴールの時だけ、誰も周りにおられずQちゃんが、走ってきてくれて「おめでとう!」と言ってハイタッチ後、少しだけ一緒に走ってくださいました。タイムは5時間越えと、自己ワーストを大幅に更新。しかし、個人的には誇りある勲章を得たと胸を張って言えそうな痛みや苦しみと闘いぬいたRunでした。

大会後は、脚痛痛・・・しかし、今まで記録を狙って完走してきた大会とは違う満足感が得られました。本当に沿道の皆さま、ボランティアの皆さま、ランナー仲間たち・・感謝感謝です。

本当に華やかで、ほのぼのとしていて、過去に出場した中でも最高級に素晴らしい大会でした。こんな素晴らしい大会が地元に出来ただけでもランナーとして誇りに思える気がします。とてもベストタイムが狙えそうにもない起伏の激しいコースでしたが、必ず脚の状態をじっくりと治して再度走りたいな・・と心に誓いました。

↓ボロボロの勲章:完走タオルです。
101205-1.JPG

↓こちらも・・完走メダルです。
101205-2.JPG

↓早朝のゴール地点
101205-3.JPG

↓前日の会場のにぎわい
101205-4.JPG
posted by たぬき at 20:02| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年10月17日

2010びわ湖高島マラソン〜マキノ健康栗マラソン〜

6〜8月の間、順調にトレーニングを再開していたので、秋の初戦に・・と選んでいたハーフマラソン。。。

ただ、9月ごろから、今まで痛めていた脚の逆側の脚に痛みを覚え始め・・練習休止。あえなく、この大会もとりあえずDNS(;_;)へこみます。

とりあえず、大会に行くのも久しぶりなので、空気を味わいに・・&参加賞をいただきに会場まで行きます。

ランナーのみなさんのトレーニングウェア姿がうらやましいやら、復帰に向けて希望を持っていたのに、いきなり躓いて悔しいやら・・・なんとも複雑な心持ち。

マキノ名物のメタセコイヤ並木を、会場に向かう途中にくぐり抜けましたが、こんなに気持ちの良く景色のいいコースを走れるなんて・・いいなぁ・・と思いました。来年は、ぜひ怪我を治して来ないと・・

まぁまだまだ、あと50年はマラソン人生を続けるつもり(笑)今は、ゆったりと怪我と向き合おうと思います。

↓スタート地点。早めに着いたので人もまばら。
101017-1.JPG

↓地元特産品などのブースもありました。
101017-2.JPG

↓参加賞の栗
101017-3.JPG

↓参加賞のTシャツ。デザインもシンプルで練習に使えそう。
101017-4.JPG
posted by たぬき at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年03月07日

第30回篠山ABCマラソン大会(見学)

関西のマラソンシーズン最後にあるフルマラソン大会と言ってもいい「篠山マラソン」。今年は、第30回の記念大会です。

と言っても、私は昨年末からの怪我が治らず登録はしているものの不参加〜(;_;) 事前に京都からのマラソンバス号に申し込んでいたのですがキャンセル不可とのことで、それならば・・と参加賞だけいただきに会場に足を運びました。

出場するならともかく、参加賞をいただくためだけに行くので、早朝から出かけるのも気が乗りません(^^; マラソンバスの中でも、緊張感漂うランナーのみなさんに混じり、おもっきりあくびしたりと超やる気無しモード。

しかし会場に着くと、篠山独特の街全体をあげての暖かい歓迎ムード。2年前、ここで、この雰囲気の中で頑張ったんだなぁ・・と思い出しました。走れない今の自分が少し悔しいし、つらい気分で一杯です。

しかし、会場はかなり寒い上に雨天。この日の篠山の予想最高気温は6℃。さらには雪が降る可能性もあるとのことで、ランナーの皆さんにとっては、過酷な環境でしたね。足場も緩んでいて、とても走りにくそうでした。

さて大会のスタートを見ようと思っていたのですが、、、私は、この後Jリーグの開幕試合(神戸vs京都)を見ようと思っていたので、係の人にJR篠山口駅への交通手段を訪ねると・・スタート後は交通規制のため、スタート前までにバスに乗らないと、夕方まで交通手段ないよ・・とのこと。

仕方なく、参加賞だけいただき、そそくさと会場を去りました。私の足の状況は、ずいぶん良くなっています。ただ、膝を強く曲げたりするとわずかに痛みます。完治はもうすぐかな・・と思っています。今は、次の激走のためへの我慢の時です。

↓会場は雨と寒さで厳しい環境でした。
100307-1.JPG

↓今年の京都からのマラソンバスは奈良交通。2年前は神姫バスでした。
100307-2.JPG

↓会場の隣の篠山城。
100307-3.JPG

↓参加賞のTシャツとビーフン。篠山マラソンのTシャツはミズノ製なので、練習によく使います♪
100307-4.JPG
posted by たぬき at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2010年02月07日

第27回京都木津川マラソン大会(見学)

昨年末の「加古川マラソン」をステップレースとして、今シーズンの集大成として記録を狙っていた大会です。しかし、実際は年末に負傷し不参加。マラソン人生初のDNSとなりました。

ただ気分的には、一足先にオフシーズンに入った感覚でリラックスしたものです(^-^; この日の目的は、参加賞をいただくこと、スタートを見ること、それといつもブログでお世話になっている「れみママ」さんが出場されるとのことで挨拶することを目的として行きました。

ということで、朝早くに会場に到着。まだ雪が残っていました。スタート地点付近は、ツルツルすべり・・走りにくそう。ランナーの方は苦労されそうな天候でした。ただ時間が経つにつれ気温も少しずつ上がり、雪も消えて行きました。

↓白い世界だったスタート2時間前。
100207-2.JPG

ちなみに参加賞は、小さなスポーツショルダーバック?のようなものでした。何かに使えるかな??御朱印帳とカメラを入れて、お寺に走っていく?・・でもこれだと走れないか。使い道がなかなか思いつきませんが、ほかの大会と違って単純なTシャツとかでないのは、うれしかったりします。

↓参加賞
100207-1.JPG

↓会場の様子。
100207-3.JPG

そして、れみママさん。会場は広くて今日は見つけること無理かな?と思っていたら、見つけていただきました(^-^;

実は勝手にお子様のお年ごろから、少し落ち着いた+年老いた(なんて失礼な^^;)方を想像していたのですが、若々しくそして、テキパキした感じで驚き。かなり好印象な方でした。それにポジティブシンキングで・・(^^;尊敬します。

そしてフルマラソン、つづくハーフマラソンのスタートを見届けてから、大会会場を去りました。大会会場を去り、近鉄の新田辺駅でお腹空いたな・・と、、あっ!!うどん(大会登録者無料)食べるの忘れた・・しまった!と思いつつ、もう戻る気もなく帰宅。

↓スタート後のランナー&観戦者の長蛇の列。
100207-4.JPG

その後、昼の2時半ごろにふと、3時ごろにれみママさんゴール予定だったなと、ふと思い出し、ちょっと見に行こうと再度会場へ(決してうどんが恋しかったわけではありません^^;)

3時10分ごろ、会場に着き、いろんなランナーのゴールシーンを見ます。ばったり倒れる人、淡々としている人、中には泣き出す人も。人それぞれ目標があり、それぞれ意義を持って大会に挑んでるんだな・・と、普段、他人のゴールシーンなんて見ないもので、ものすごく刺激を受けました。

その後、ゴール地点からコースをさかのぼって歩いて行くと、1kmほど歩いたところで、れみママさん発見!ここから1kmほど伴走して、ゴールを見届けて帰宅しました。

しかし、怪我もちながら、しっかり完走される姿勢には、本当に刺激を受けるし尊敬します。今日は、怪我のためやる気無し無しでしたが、れみママさんのおかげで、楽しめたし刺激を受けた一日でした♪

個人的には、しばらくはゆっくり膝を休めて回復させて、秋以降の大会を目指していきたいと思います。来月の篠山には間に合うかな?間に合ったとしても、観光&ファンランでゆっくり走ります。

↓新田辺駅前のきらら商店街のゆるキャラ「きらら」ちゃんです。
100207-5.JPG
posted by たぬき at 19:07| Comment(3) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年12月23日

第21回加古川マラソン大会

全治約1年の怪我を乗り越え、約2年ぶりのフルマラソン!ついに42.195kmのゴール地点へ戻ってきました!マジ感動です(笑)。

怪我をしていた時期は、正直、もう復帰は不可能かと思う日もありました。軽いトレーニングをしては、痛みがあることの確認の日々。別の競技への転向を考えたこともありました。

それでも、ベタな言葉「あきらめなければゴールできる!」を信じて、リハビリの日々を過ごし、2年ぶりのフルマラソン復帰。

この日、スタートラインでは、不思議とリラックス。実は先月のハーフマラソン出場後に足を痛めていて、思うようにトレーニングが出来ていなかったのもあり、完走できればいいかな・・といったところでした。

ただスタート後は、この日設定していた目標どおり1km4分30ペース〜4分45秒ペースで走ることにしました。足の痛みも少しありましたが、怪我で練習を無理をしなかったため、疲れが取れていたのか、スムーズに走れました。

ハーフ通過地点は1時間35〜40分の間だったと思います。その後、25kmから向かい風と小雨が降り寒さを感じる、やや過酷な条件となりました。

しかし、これまでのトレーニングの成果でしょうか。なんと38km地点まで4分台/kmを維持することが出来ました。その後、2kmは5分台/kmとなりましたが、40kmからの残り2.195kmは再度スピードアップし、4分台/kmで走ることが出来ました。後半に足が残っていたことには自分でも本当に驚きました。

結果、ゴールは、予想もしていなかった3時間20分を切り、自己新記録更新♪神様仏様からのプレゼントでしょうか。

それともうひとつ、大きな結果が・・ この日のランニング42.195kmで、2009年度の走った距離数が3650kmを超えました。単純に今年度は、10km/1日以上走ったことになります♪11月頃から、この記録を意識していましたがフルマラソン大会で達成できるとは!

これからは、周りの人々への感謝、走れることへの感謝を忘れずにランニングを続けて生きたいと思います♪

↓大会会場風景です。
091223-1.JPG
posted by たぬき at 20:34| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年12月06日

第29回奈良春日・大仏マラソン全国大会(見学)

地元なのに、一度も参加したことが無い「奈良春日・大仏マラソン」。気が向いたのでトレーニングがてら、家から奈良公園までジョギングし観戦♪

会場は、東大寺南大門のすぐ横の広場。シルクロード交遊館の手前です。すごい良い場所が会場で驚きます。奈良は有名なマラソン大会が少ないのですが、この大会は人気で参加者が多く、この日も10kmの部4000人、5kmの部2000人、3kmの部1500人だとか。

会場もにぎやか。たなかの柿の葉ずしがスポンサーのようで、スタート&ゴールゲートは柿の葉ずしデザイン(笑)もちろん柿の葉ずし売り場もあります。お決まりのように「せんとくんグッズ」売り場も。

そのグッズ売り場の横にあった平城遷都1300年祭のブースを見ていて、驚き!!!!どっひゃービッグニュースです。それは・・来年12/5(日)に・・・

平城遷都1300年記念「奈良マラソン2010」(フルマラソン)開催!!!

なのだそうです!!!規模は10000人。コースは鴻ノ池陸上競技場をスタート→奈良市役所前→平城京朱雀門を潜り抜ける!!(折り返し)→東大寺→天理(折り返し)→(ここから不明)→ゴール鴻ノ池陸上競技場 だそうです。

このコースだと35kmくらいか。他にもどこか名所を巡るんだろうか。奈良から天理は、すこし下り坂だし、後半は登りばっかり?特に最後の鴻ノ池への登りは、きつそうだな・・とか、いろいろと考えますが、めっちゃ魅力的♪関西で唯一、市民フルマラソンが存在しなかった奈良に・・ついに!!

来年は11月末に福知山マラソンに挑戦しようと思っていましたが、12月上旬に大本命が登場しちゃいました。もう奈良マラソン2010に参戦決定的です(笑)
(ちなみに毎年と同じく大仏マラソン10km、5km、3kmは行われるようです。)

とまぁ、それはさておき大仏マラソンの5kmの部を観戦。芝生や石畳のコースが多くて走りにくそうですね。トップランナーは16分くらいで帰ってきました。さすがに早いですね。今の自分だと19分くらいかな?と思い、19分くらいのランナーに声援を送りました。

ランナーたちの走りに刺激を受け、この後10kmの部は観戦せず、ゆっくり北・山の辺の道方面を走りに行きました(と言っても何度も道に迷い、県道を走ったり、いろいろはずれ道を行きましたが・・)。

途中、円照寺、弘仁寺で休憩、白川ダムの横を通り、そのまま天理まで走りました。(自宅から計23km弱)走る途中、頭の中は奈良マラソン2010のことでいっぱい。来年のこの日、このあたりを駆け抜けるんだ・・と走れるかどうかも分からないのに興奮気味です(^-^;

お昼は、北乃家さんで札幌ラーメンをいただき、電車で帰宅しました(いつかブログに書きます)。

↓にぎやかな会場。柿の葉ずしブースです。
091206-3.JPG

↓せんとくんブース。ここで奈良マラソン2010アンケートしていました。私も参加賞の希望など答えておきました。
091206-4.JPG

↓柿の葉ずしデザインのスタート&ゴールゲート。5kmスタート直前です。
091206-5.JPG

↓スタート♪今日は出場しなかったので、のんびり観戦。がんばれ〜♪
091206-6.JPG

↓南大門付近の紅葉は、ほぼ散り気味でしたが、一本、大きな銀杏が黄金色に輝いていました♪
091206-7.JPG
posted by たぬき at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年11月22日

2009神戸全日本女子ハーフマラソン大会

トップランナーが集う、神戸の女子ハーフマラソン「神戸全日本女子ハーフマラソン」に参加してきました。この大会、陸連登録していない男子は一般市民ランナーとしてハーフマラソンに参加可能です。

この日の目標タイムは1時間30分を切ること。それを意識してトレーニングしてきました。

スタート地点は、灘駅近くのHAT神戸で、三宮、元町、和田岬をはじめとする、神戸の名所を走り、ゴールはハーバーランドモザイクというすばらしいコースです。

この日は、1時間30分を切ることを目標に4分15秒/kmペースで走ることを心がけました。スタート後1kmは、参加者の混雑のため遅れましたが、おおむね、10kmまでそのペースを維持。

10km以後、海岸沿いを走るコース。やや向かい風になりましたが、結局最後まで4分15秒/kmを維持することが出来ました。そのため初の1時間30分切り♪

これからのマラソンシーズンに期待が持てそうな記録を残すことが出来ました。次の大会(予定)はフルマラソンですが、自分のペースを守って走ることが出来れば・・と思います。

↓ハーフマラソンの果てゴール地点です♪
091122-1.JPG
posted by たぬき at 19:56| Comment(7) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年10月18日

第25回記念淡路国生みマラソン全国大会

昨年の大怪我から立ち直り、今年トレーニングをしっかり続けて望んだ大会「淡路国生みマラソン」です。

「淡路国生みマラソン」のコースは、事前に調べていました。記録の出にくいコースで、レース後半に約100メートルの高低差の坂を一気に上り、そのあと上り下りが続くとのこと。

しかし、この難コースでも自己新記録を出すことを目標にトレーニングを続けていました。この大会で自己新を出さない限り、ハーフ1時間30分切り、フル3時間前半は無いと!

ただ気合が入っていただけに、スタート時は、いつもは感じないプレッシャーがのしかかりました。しかしスタートすれば、いつもどおり♪マイペースで走ります。

自分としては、マイペースと言うものを分かっているつもりなんですが、今日は不思議となんと4分/kmペースで走れます。これもハードトレーニングの成果かな?とあまり気にせず走っていました。10km過ぎまでほぼ4分〜4分10秒ペースで走れていました。

しかしながら12kmからこのコース特有の長〜〜い上り坂が・・ ここから、一気にペースダウン。しかも12km〜18kmくらいまで続く上り下りと海から来る強烈な風にやられ、4分30秒〜4分40秒ペースに落ちます。

そして、極めつけは最後19kmくらいにある最後の上り坂。予想よりはるかに急で・・今の私には、これを一気に上り切る足は残っていませんでした。今日のコース初めての5分以上/kmを記録。

結局最後は自己新記録は出したものの、1時間30分を切ることは出来ませんでした。

これも今の自分の実力でしょう。必ず、次のハーフマラソン(神戸)では初の1時間30分切りを達成できるよう、また鍛錬の再開です♪

↓ゴールゲート♪
091018-1.JPG

↓会場の様子です。
091018-2.JPG
posted by たぬき at 21:26| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年05月10日

第22回丹波市・三ツ塚マラソン大会

マラソンシーズンが過ぎたこの季節。10kmくらいの大会で・・と思い選んだこの大会。まさかこんなに暑い中走るとは(^^;

大会開始1時間前で気温28度、あまりもの猛暑に給水を取ってくださいと会場でアナウンスが(笑)さらに10kmコースは給水箇所が急遽、2箇所から3箇所へ増えたそうです。

大会自体は、小さい地方の大会ながらも楽しいイベント盛りだくさん!20人に1人くらいの確立で当たるゼッケン抽選や、大会開始前には記念撮影をしていただいて無料で写真をくださいました。屋台も多く出ていて、楽しかったです^^

さて、この大会の目標は、GWで長距離走りこんだ上、疲れがたまった状態でスピードトレーニング代わりに10km走る!です。

4月25日頃からGWにかけてのトレーニングは・・
20kmのトレーニング6回、その間に8km前後のスピードトレーニング数回、締めに5/6に30km走、5/7に8kmスピードトレーニング。全部、秋への復帰への意気込みです♪

なので、スタート前から体の重さが気になります。さらにスタート前の整列時、猛暑でむちゃくちゃ体力を消耗します(笑)気温30度前後で走るべきではありません(^^;

スタートし、走り始めた感覚からも足重っ!!思うように足が前に出ません。ただゆっくり走るとスピード練習にならないので、最低1km:4分30秒で走ろうとがんばります。

コースは最初1.5kmくらい下りのあとは、ほぼ平坦。ただ猛暑で、10kmだと必要ないかなと思っていた給水を2回も取りました。キロ4分30秒ペースでなんとかがんばっていたものの徐々に遅れ気味に・・

ただ体が重い中、気力を振り絞って最後の数キロはペースを上げました。最後の1.5kmはスタートと逆に上り坂、ここがきつかったです。最後は44分でゴール。

体が重い中ではよくやったほうでしょうか。けっこう走りやすかったコースなので、この大会に向けて記録を狙うため、しっかり調整しても良かったかな?とは思いましたが、まぁ本番は秋以降です。今日の目標は秋に向けての練習!今日も帰宅後、さらに8kmジョグして締めました♪

今日の暑さもあり、猛暑の中を走るのはこりごりかなぁ・・と。。来月、大会参加も考えてましたが、大会参加は基本、今シーズンはやめにします。秋以降に勝負です♪

↓快晴、真夏日!大会会場には鯉のぼりが掲げられていました♪
090510-1.JPG

↓ゲストランナーの片岡純子さん。この猛暑の中5km、10km、ジョギングの部と参加されたそうです。すごいです!
090510-2.JPG
posted by たぬき at 21:26| Comment(5) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年04月19日

志摩ロードパーティハーフマラソン2009

昨年度も参加した「志摩ロードパーティハーフマラソン」。昨年末の怪我の状態から考えて、今年も、あの超ハードなコースに戻って来れるとは思ってもいませんでした。

今年は、昨年とは違い車で参加。朝6時前に出発し、9時ごろには到着しました♪ただ遠いです。車の運転で疲労気味(^-^;

ここは、今まで走ってきた中でも、すごくお気に入りの大会のひとつです。志摩スペイン村をスタート&ゴールとし、志摩の海岸沿いを走るコース。その景色、大会会場の開放的な雰囲気は最高です!

今年のゲストランナーは、昨年と同じ千葉真子さんと、“走る男”森脇健児さんです。2人は、大会開始前も大会開始後もトークで盛り上げておられました。

テンションの高いまま大会がスタートします。この日は気温が20℃越えでかなり高かったこともあり、また高低差100m以上のコースが容赦なく体力を奪います。

前半の上り下りの連続コースでかなり疲労度大。その後、足の痛みと脇腹が痛み出し、中間時点でくじけそうになったとき・・10kmの部に参加していた“走る男”が私に向け「くじけるな!ファイト!!」と叫んでくれました。その声で本当に不思議と活力が復活しました。

ハードなコースと暑さ、脇腹痛などにより、徐々に遅れていたタイムでしたが、13kmくらいから脇腹の痛みが抜けてきて、再度、スピードを上げました。最後の強烈な100mアップの坂道もなんとかクリア。結果1時間37分でゴール♪

やっぱり本当に楽しくて、すばらしい大会でした。いろんな大会に出たいな・・と思っているので、来年度はこの時期にある芦屋や若狭、日吉ダムのハーフに出ようかな・・とか思っています。

ただ、本当に、志摩ロードパーティは魅力的すぎる大会で。やっぱりこちらに参加しているかもしれません♪

↓開放的な南国的な雰囲気。暑くてもハードなコースであろうと、この大会はすばらしいです♪
090419-1.JPG

↓“走る男”森脇健児さんと千葉真子さん。本当に大会を盛り上げておられました。
090419-2.JPG
posted by たぬき at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年03月15日

第31回京都ロードレース大会

ついにハーフマラソンに戻ってきました!昨年度は怪我で10ヶ月間、棒に振ったため、約1年ぶりのハーフマラソンです♪怪我で練習不足のため、今年はフル出場は無理ですが、怪我が治りつつあった年始から、ハーフマラソンを目標に2ヶ月半トレーニングしてきました。

久しぶりの大会なのですが、昨年と違って、出来るところまで走れたらいいや・・と、特に気負いも緊張も何もありません(笑)9時に会場で受付を済ませます。この大会・・ハーフマラソンは12時50分スタート・・・・3時間以上、何にもすることが無いので、近隣の神社などを観光してました(笑)まぁ歩いて、疲れるけど、記録も狙ってないし・・余裕余裕(笑)

12時ごろ会場に戻り、やや歩きすぎてだるい感じ。しかもスタートが近づいてきて、焦ります(^^;

この日、シューズは先日買った初の軽量シューズ「GENERACER」か、普段使っているトレーニング用の「NEWYORK」かで迷いましたが、「GENERACER」を持ってきました。軽くて走りやすいけど、不安です。シャツも長袖と半袖両方持っていったのですが、昼間になり、気温も高かったので半袖にしました。

スタートします。コースは桂川沿いのサイクリングロード。スタート・ゴールにある調整の0.975kmと桂の上野橋から嵐山近く(7km)を3往復する単純なコース。ただサイクリングロードに700人を越える参加者、3kmくらいまでは、混雑で自由に走れません。

とにかく気持ちよく走る、最初から最後までペースを落とさないを目標に走りました。が、5kmの標識を見落とし最初からペースが分からず・・10km時点で45分。気持ちよく走ってるつもりが先日の「大和郡山市民マラソン(10km、46分)」より早い!と焦りました。

そこからちょっとペースを自分なりに落としてみて15kmを迎えましたが、意外とペースが落ちていないどころかさらに早くなっていて・・でも余力があったので、さらに加速。ただこのあたりから周回遅れのランナーの方が多くて抜いていくのに苦労しました。でも20kmを1時間30分半で通過。これは行ける!!とさらにスパート。

ゴールタイムは1時間35分でした。自己ベストの昨年の大阪ハーフマラソンが1時間34分。10ヶ月の怪我のあとで、たった2ヵ月半の練習で、信じられませんでした。いつもはゴール後さばさばしているのに、今日は、怪我の苦しかった日々を思い出して、妙なを感動というか高揚感というか、とてもうれしい感覚がありました。

初めて履いた「GENERACER」。とても走りやすかったです。ただ、薄めのシューズを履いたこと無かったので、15km過ぎから足の裏に痛みが・・帰宅後確認すると、水ぶくれみたいなのが出来てました。もう少し慣れが必要ですね。

レース後は、抽選会があり、当たりはしませんでしたが、ニューバランスのランニングシューズやアシックスのウインドブレーカー、ランニングシャツなどが数多く出されていて、欲しいなぁと思いつつ眺めていました(^^;

次は、志摩ハーフマラソンです。あのコースは高低差がすごくて、記録は狙えないのでトレーニング&楽しむを目標に走ります♪

↓会場の様子です。河川敷の公園でほのぼのムードです。
090315-1.JPG

↓ゴール地点も手作り感一杯^^
090315-2.JPG

↓多くのランニンググッズが当たるお楽しみ抽選会。当たった人おめでとうございます♪
090315-3.JPG
posted by たぬき at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2009年02月08日

第37回大和郡山市民マラソン大会

最後に出場したマラソン大会が昨年5月。それ以来ですね。もう9ヶ月ぶりに大会の記事を書きます。

春の足の怪我から、ようやく復帰。年末頃に怪我が回復しそうな雰囲気が出てきたので、申し込んだのが、今回の「大和郡山市民マラソン大会」でした♪なんと言っても参加費無料です。そこに惹かれたのです(笑)怪我が治らなければ出場できなくても無料なので、後悔しない!と。

今回申し込んだのは10kmの部です。他にも5kmもありました。こういう地域の小さなボランティア的な大会で10kmって長いですね。うれしい大会です。今回は、怪我から復帰後、それほど練習も出来ていないので、記録は狙わず、スピードをできるだけ落とさず気持ちよく完走を目標に走りました。

スタート後、大和郡山郊外のはずれ、矢田丘陵のあたりを走るのですが、けっこう小さな起伏が繰り返しありました。ひさびさの大会なので、小さな起伏でも応えます。それに、風もそれなりに吹いていて、きつい・・

5km通過地点で、23分。ちょっと飛ばしすぎかな?と思い、ややペースを緩めました。ただ、7,8km過ぎたかな?というところで余裕がまだありそうなので、また少し加速。結局、ゴールタイムは46分。ちょうど5kmの通過タイムの倍でゴールできました♪

昨シーズンの記録からすると、だいぶ遅い記録です。ただ昨年の長い怪我の時期には、もう再度、走ることが無理だと思いかけていただけに、再度、大会に復帰できたことに感謝しています。ぼちぼち練習も続けて、来月か再来月にハーフに出場できればと思っています。

ただ、この春は無理せず、怪我せずを目標にぼちぼち頑張ります♪

↓大和郡山市総合公園のグラウンドが会場でした♪
090208-1.JPG
posted by たぬき at 17:47| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン大会

2008年05月18日

第28回奥びわ湖健康マラソン大会

関西のローカルマラソン大会になるのでしょうか。第28回奥びわ湖マラソン大会に参加してきました。登録してたのは15kmです。その他に5kmと1.5kmがありました。15kmの参加者は約1050人でした。ローカルな大会と思っていただけに、意外なくらい人は多く驚きました。

さすがに滋賀の北部と言う事だけあり、参加者は関西だけでなく、福井、岐阜、愛知、三重あたりの方も多いようでした。

私自身は、4月最初に足を痛め「志摩ロードパーティハーフマラソン(4/20)」を走ったのをのぞいては、この1ヶ月、10日に1回程度しか練習してなかったです。そのため、モチベーションも低め(笑)最初数キロを試し走り程度で走って、無理ならジョグペースでと心に決めてました。

ところが、スタートすると足の痛みは軽くあるものの思うより体が軽く・・普通に1km4分30秒くらいで走れます。足の痛みから目標は1時間20分台と考えていたのですが、結局ゴールは1時間7分でした。

このタイムを単純にハーフ(21.0975km)に換算しなおすと、1時間34分になり、私のベストタイムとほぼ同等です。ちょっと出来すぎですね・・こんなに練習してないのに驚きです。12月〜4月にかけてのハードトレーニングの効果が出ているんでしょうか。


さて、大会は天気が良かったこともあり、とても景色が良く素晴らしいコースでした!新緑のびわ湖沿いを走るのは気持ちがいいです♪

それにローカル大会ならでは?の手作り感が良く、完走証をボランティアの方が筆ペンでわざわざ書いてくれるのも味わいがあります!参加費も1500円と安く、これからお気に入りの大会になりそうです(^^)来年、都合が合えば、また出場したい大会です!

↓会場の様子。朝早いから人がまだ少なかったですが、徐々に増えました。
080518-1.JPG

↓「キャッフィー」というキャラクターらしいです。子供に大人気。
080518-2.JPG

↓ボランティアの方々が完走証に手書きで書いてくださいます♪
080518-3.JPG

↓会場はJR永原駅から、徒歩3分くらいです。駅が僻地?だけに歩いてすぐは、うれしかったです。
080518-4.JPG
posted by たぬき at 21:27| Comment(5) | TrackBack(1) | マラソン大会

2008年04月20日

志摩ロードパーティハーフマラソン2008

今シーズン最後のハーフマラソン、志摩ロードパーティハーフマラソン2008に参加してきました。大会には、マラソン用の臨時特急&臨時バスを近鉄、三重交通が用意してくれたので、それに乗っていきました♪

↓普通と違うタイプの近鉄特急でした♪
080420-1.JPG

大会、2週間前くらいに足を痛め、練習ができずにかなりローテンションでの参加。しかし天気の良さもあり、行きの近鉄特急で伊勢志摩に近づくにつれて、景色が素晴らしく!海がきれい!!

大会は、志摩スペイン村がスタート&ゴール地点です。スペイン村が拠点だけあって、イベントが充実!ゲストランナーの「千葉真子」さんのトーク、地元の物産市、スペイン村の最寄駅もイベントムードです。

↓スペイン村が会場なので、開放的で陽気な空間です♪
080420-2.JPG

↓会場では伊勢志摩の物産市が。陸上用品も格安で売ってます。
080420-3.JPG

↓千葉真子さん。ちょっとテンション高め(^^;
080420-4.JPG

↓レース後、もちつきもやってました♪
080420-5.JPG

この陽気なムードにつられて、テンションアップ(^^;スタートラインに並びます。そして、スタート。足の痛みを気にしつつ、スタートしましたが、、

このコースすごいんです(笑)まずひとつは、志摩の海が絶景だこと!高所から眺める湾岸の美しさ!輝き!こんな美しいコースはじめてです。過去に出た大会で一番美しいのでは!

それと、もうひとつは、海岸だけあって、超超超!アップダウン激しすぎ(^^;こんな激しいコースはじめて?去年走った5月末にあった伊賀上野の青山高原クォーターマラソンと似てるかも。

アップダウンが多くランナーを応援する看板がいくつか立ってました。うろ覚えですが「Enjoy!坂に負けるな」とか(^^;「ここが頂上ですよ」みたいなのとか・・(笑)

しかも10km以降平坦なところが5kmほど、海岸沿いに続くのです。楽かと思いきや・・海岸からの潮の香りが・・今日は気温も高く喉が渇いて・・そのときに潮の香りって、罰ゲームのようです(笑)喉に来ます。しょっぺー!!

自分としては、足が痛いので無理をせず走ったのですが、やっぱり初の90分切り目指してハードトレしてきたからか、10km通過地点のタイムが、自分でも意外と早くてびっくりしました。自己新ペースだと(^^;;ただその後、本格的に足が痛みだしたので、ペース落としました。

それでも100分切り。自己新よりだいぶ遅かったですが、それなりにやれました。記録は来期に持ち越しですが、じっくり足を治して、また5月以降トレーニングに励みます♪

感想としては、本当に楽しい大会でした♪他のランナーの満足度も高いのでは?景色、イベント、応援する人への配慮。高レベルな大会でした。

posted by たぬき at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2008年03月02日

第28回篠山ABCマラソン大会(フルマラソン)

篠山ABCマラソン(フルマラソン)に参加してきました。マラソンを始めたのは06年の年末ですが、07年の春に膝を故障してしまいました。夏以降にリセットした状態で再スタートしたマラソン生活。その練習成果を試す最終目標として目指していたフルマラソンです♪

朝早く起きて京都駅からマラソンバスに乗っていきました。大会の開催地が兵庫県ということで、神姫バス♪懐かしいです。京都駅から1時間30分ほどで会場に着きました。

↓大会バスは神姫バス。京都−篠山便は6台でした。
080302-1.JPG

この大会は最低でも8000人以上規模ということで、私が出た大会の中では京都シティーハーフと並んでビッグ。会場でも人だらけです。

会場は町をあげてのお祭りといった雰囲気ですごいです。うどん、おにぎり、パン、ランニング用品などの定番だけでなく、地元特産品やいのしし汁コーナーまで。楽しげな雰囲気でした。

↓会場の雰囲気。人いっぱいです。
080302-2.JPG

さて、大会です。スタートは登録選手が10時40分スタートということで先にスタートします。10分遅れで未登録選手が10時50分スタート。

大阪ハーフマラソンの結果から、3時間20〜25分を目標にスタート。しかし今日は、11月にあった淀川市民マラソンの失敗(後半大失速)もあり、十分朝に栄養補給したからか、おなかに重さを感じ、軽い走りではなかったです(^^;

ただ重いながらもがんばって、ハーフ時点は1時間40分で通過。去年末の宝塚ハーフマラソンより少し遅いくらいです。そういえば、ハーフ時点で有森裕子さんがハイタッチしてくれました。

12kmくらいから30kmくらいまでは、意外と小さい起伏が繰り返されるコースで体力を消耗しました。私も30km付近から徐々にタイムが遅れがちに・・

後半は、本当に気力で走りました。淀川市民のときは、歩くことすらやばい状態に陥ったので、常にマイペースを心がけて・・歩かないように・・

35kmくらいではまだまだ3時間20分台でゴールできそうと思いつつ、徐々に遅れ・・ 40kmではあきらめモード(^^;しかし踏ん張って、走り続けなんとかゴールしました。あと一歩で3時間20分台でしたが、3時間30分台になっちゃいました・・・しかし、ちゃんと走りきれて充実感はありました♪

本当にフルマラソンは向いてないのでは・・と思っていただけに、ちゃんと走りきれてよかったです。次は来シーズンかな。出来ればさらに早いタイムで走りたいです♪

次は4/20志摩ロードパーティハーフマラソンです。ハーフの集大成としてがんばりたいです♪

↓ゴール後サイン会におられた有森裕子さん。
080302-3.JPG

↓とてもうれしい完走メダルです。
080302-4.JPG
posted by たぬき at 20:54| Comment(6) | TrackBack(0) | マラソン大会

2008年01月27日

2008大阪ハーフマラソン

大阪国際女子マラソン」の前座で実施される「大阪ハーフマラソン」に参加してきました。大きい大会なので、楽しみにしていました♪

4500人くらい参加者がおられたそうです。その参加者数には圧倒されますね。スタート前の行列も長く・・、かなり後ろからのスタートとなりました。

スタートの号砲から、スタートラインを通過するまで1分くらいかかりました(^^;今日は年末から悩まされていた右足首の痛みもだいぶ治まっていたのもあり、少し痛みがあるかなー?程度で、しっかり走ることが出来ました。

長居陸上競技場をスタートし、大阪城公園までずっと北上するコース。ずっと、ややおだやかな向かい風だったでしょうか。後半にやや起伏があり、上り坂は向かい風と合わさって、少しきつかったです。

途中、ニュースアンカーでおなじみのお天気お兄さん「片平くん」も走っておられました。

レースは、5kmまで渋滞気味でゆっくりとしか走れませんでしたが、途中からはマイペースで走ることが出来ました。ゴールは自信最高記録を出すことが出来ました。ついに95分切りました♪次は90分切を目標に頑張ります♪

ゴール後、大阪城近くで、大阪国際女子マラソンを観戦しました。福士加代子が独走してました。

で、続きを見たくなり、いっしょに走った知り合いとテレビの見れる飲み屋へゴー!そしたら、大失速してましたね。福士選手。僕もフルマラソンでは同じ思いをしたので、、本当につらい思いでした。

↓レース前の受付の様子。大きい大会だけに人がいっぱいです。
080127-1.JPG

↓ゴール後の大阪城公園。ゴールした参加者であふれかえってます。
080127-2.JPG

↓福士選手。この独走状態から失速するとは・・マラソンは怖いです。
080127-3.JPG
posted by たぬき at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン大会