2010年08月23日

ベアレン(ベアレン醸造所)

ビール好きが立ち上げた地ビール会社「ベアレン醸造所」の地ビール。またまたネット仲間のはんしんさんからいただきました♪

↓過去の記録
ベアレン(1)
ベアレン(2)
ベアレン(3)

今回いただいたのは、下の二種類です。

まず「ベアレン バヴァリアンラガー」アルコール度数:5.5%

百年前のビールの製法と素材などを参考に、伝統的なスタイルで作られたビールだそうです。バヴァリアというのは、南ドイツの地名で、そこでよく飲まれていたビールとのこと。

注ぐととても柔らかな泡立ちです。濃厚なコクとググッと来る程よい苦みが特徴的でした。マイルドな感じではあるのですが、最後に来る苦みが、ビール好きが好みそうな味わいです。

↓ベアレン バヴァリアンラガー
100823-1.JPG


次は「ベアレン マイボック」アルコール度数:6.5%

こちらはドイツでは5月に飲まれる季節ビールとのことです。

まず最初に飲んだ印象は、口当たりがとても柔らかいのが印象です。泡立ちの柔らかさも良いのですが、すっきり感があります。しかし深いコクを感じ逆に、驚くほど後味はすっきりしています。

なのにアルコール度数は強めで、飲み終わる頃には、けっこうガツンと酔いが回ってくる強力なビールでした。

↓ベアレン マイボック
100823-2.JPG
posted by たぬき at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年08月20日

太陽と大地のめぐみ(エチゴビール)

新潟の地ビールメーカー「エチゴビール」の商品です。国産麦芽、中でも栃木、群馬産の麦芽100%にこだわって作ったビールだそうです。

このビール、飲んだことあるような気がしていたのですが、ブログを見直すをアップした形跡がなく・・たまにアップしないこともあるので、、、どうなのか記憶にありません。

夏らしいさわやかなデザインの感が印象的なビールです。

非常に泡立ちも良い淡色系ビールです。非常にさわやかな味と切れ味がよいのが印象的。さわやかなのに、喉の奥にくるような、ちょっとした苦みとコクを感じるのが好印象のビールです。あまり期待せず買ってみたビールなんですが、とてもビール好きが好みそうな味だなと思いました。

↓さわやかなデザインのビールです。
100820-1.JPG
posted by たぬき at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年07月26日

湖畔の杜ビール(株式会社トースト)

ネット仲間のはんしんさんから、またまたいただきもの。秋田の地ビールで変わり種のビールです。

オンザロックビールと言って、その名の通りオンザロックで飲むよう。冷したグラスにいっぱい氷を入れて、そこにビールを注ぎ、焙煎した麦芽の香味とふくよかな味わいを楽しむスタイルとのこと。面白そうです。

と言うことで、グラスを冷し、そこに氷を入れて、、注ぎます。どんなものかな?と思っていると、ものすごくきめ細やかな泡。深い麦の香りがします。

味もなかなかのものです。深いコクと、苦みもガツンと後に来ます。たしかにゆっくりと飲みたいビールの気がします。ただ氷はやはりとけるので、だんだん飲み終わりにつれて、味が薄くなる感じがするのが残念ですね。

昔、ロフトか東急ハンズで、ビールを冷すための石(氷くらいの大きさ)を売っているのを見たことがあるのですが、そういうのを入れると味が引き立つビールかもしれません。

とにかく一風変わった、そしてレベルの高いビールをいただくことが出来ました♪

↓オンザロックビール
100726-1.JPG
posted by たぬき at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年07月11日

モクモク地ビール(伊賀の里モクモク手作りファーム)

伊賀の農業公園モクモクファームが作っている地ビールです。個人的には、なかなか良い味のビールが多いなと好みの地ビール銘柄の一つです。

もうずいぶん前、5月に飲んだものですが、写真とメモを取っていたので、いまさらながらアップします。


松下由美香のレッドラガー、アルコール度数:5%

インターナショナル・ビアコンペティション2009 銀賞受賞というビールです。赤褐色の色合いが特徴的なビール。注ぐととてもビールらしい香りが漂います。

味は、しっかりとした苦みが効いています。コクも深くがっつりと飲める感じです。しかしながら後味はすっきり。ビール好きが好む味わいなのではないかな?と思います。私もこの味は好きです。

↓レッドラガー
100711-1.JPG


ゴールデンピルスナー、アルコール度数:5%

淡色系ビール。ピルスナーらしい爽快な味わいを楽しむことが出来ます。苦みはそれほど強くなく、喉越しが非常に良い感じです。

↓ゴールデンピルスナー
100711-2.JPG


春うらら、アルコール度数:5%

2006ワールド・ビア・カップ 金賞(酵母小麦ビール部門)受賞というビールだそうです。春限定ものだと思います。

注ぐと香りに特徴があり、とてもフルーティーな香りがします。いわゆるエール系のビールです。柔らかな舌触り、ほんのりとする甘さ、後味のすっきり感が特徴的なビールでした。

↓春うらら
100711-3.JPG
posted by たぬき at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年07月05日

サザンスター(オリオンビール)

オリオンビールが出す新ジャンル。期間限定品のようです。オリオンビールのラベルは夏向きですね。夏に売り上げが伸びそうなビールだなといつも思います。

このサザンスターは、とてもあっさりした味わいです。それほどコクのようなものはありませんが、喉越しが良く、ぐいぐい飲める味になっています。ただ関西では、それほど手に入れる場所が無いかもしれませんね。

↓サザンスター
100705-1.JPG
posted by たぬき at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年07月02日

夕張石炭ビール(薄野地麦酒)

関東に出張時に偶然見かけて購入した北海道の地ビール「夕張石炭ビール」です。「薄野(すすきの)地麦酒」という会社が作っているビールのようです。

このビール調べてみると夕張にある石炭博物館で売られているもののようですね。石炭と言うだけあり黒ビールです。アルコール度数5%

そのお味は、、、

なかなかのコクと、ほんのりとした甘さ、そして後味に残る苦み。かなり本格的な黒ビール。しっかり深い味わいを味わうことが出来ます。けっこう美味しいビールでした。なかなか出会うことが出来ないと思いますが、また飲みたいビールの一つです。

↓夕張石炭ビール
100702-1.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年06月27日

堺収穫麦酒(株式会社堺ファーム)

大阪の堺市にある農業公園「ハーベストの丘」に立ち寄った際に購入したビールです。地名でもある「さかい」と関西弁をもじったネーミングがユニークな地ビールです。飲んだのは、以下の4種類。


ほんまもんやさかい(ミュンヘナー)アルコール度数5%

青色のラベルのビール。注ぐと濃褐色の色合いのビールです。ほのかにフルーティーな甘い香りが漂います。味もほのかな甘みがあり、意外なほど苦みは効いていません。フルーティーで、後味もあっさりしていて、濃色系ビールにしては、あっさり感の強いビールでした。

↓ほんまもんやさかい
100627-1.JPG


すきやさかい(ピルスナー) アルコール度数5%

赤と黄色のラベルが印象的です。注ぐと淡色系ビールですが、少し濁りがあります。飲んだ感じもピルスナー独特の軽快な感じと言うより、独特の苦みの利いた特徴ある味わいがします。個人的には、ヒットだなと思えるビール好きが喜びそうなビールでした♪

↓すきやさかい
100627-2.JPG


麦酒日和(ヴァイツェン)

このビールだけネーミングが、普通な感じです。ラベルもほのぼのとしたデザイン。注ぐと淡色系の色合い。フルーティーな香りが漂います。味もフルーティな軽快な感じで、ごくごくと飲める感覚に陥ります。すっきりとした後味も好印象のビールです。

↓麦酒日和
100627-3.JPG


こだわりやさかい(ライラガー) アルコール度数4%

赤いラベルのビール。ライ麦を使用した少し変わったビールです。注ぐと褐色系の濃い色合い。濃色系にありがちな濃厚な味わいかな?と思いきや、意外なほどあっさりとした口当たりのビールです。後味も心地よい感じで暑い季節に飲みやすそうなビールでした。

100627-4.JPG
posted by たぬき at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年06月26日

感謝(黒)(サンクトガーレン)

こちらもネット仲間のはんしんさんから、いただいたビールなのですが、、

なんかでっかい一升瓶サイズのお中元が送られてきて・・・日本酒?焼酎?とか思っていると・・・・ビールでした・・・・(@@; なんだこれ〜(笑)でかっ!!

我が家の冷蔵庫では一升瓶サイズを長々と保存しておくスペースが無く、とりあえず冷して一気に飲むことに(笑)日本酒とかだと置いておくことが出来るんでしょうが、ビールだとなかなか保存しておけないですね。パーティー用のビールかな?と思いました^^

商品名は「感謝」というものだそうです。黒と金があるようで、黒をいただきました。

味は本当にどっしりとしたコクのある本格的な黒ビール。旨いですね〜 一升(約1.8L)を飲むのには、2時間以上かかりましたが、ワールドカップを見ながらへべれけ〜な感じで飲み終わりました。

とにかく、はんしんさんに感謝です。

↓一升瓶の迫力地ビール。一升瓶って注ぐの意外と難しいですね。
100626-3.JPG
posted by たぬき at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

白雪ビール(小西酒造)

ネット仲間のはんしんさんから、いただいた地ビールです。白雪で有名な酒造メーカー「小西酒造」さんが作る地ビール「白雪ビール」です。

いただいたものは、二種類。「シトラス」と「香雪」です。


まずシトラスからいただきます。アルコール度数4.5% あざやかな色合いのラベルが印象的です。

このビール、清酒メーカーらしく、白米が使われています。それとグレープフルーツが使われているということで、注ぐととても強い柑橘系の香りが漂います。

飲むと、非常に口当たりすっきり。柑橘系の味わいが強く効いていてフルーティーで、ビールでないかのよう。白米のなめらかな口当たりも印象的で夏に良さそうなビールです。

↓シトラス
100626-1.JPG


次に香雪をいただきます。こちらは純和風なラベルです。アルコール度数は3%と弱めです。

こちらも白米を原料としていて、同じように柑橘系で味付けされています。そのため注ぐと同じように強いフルーティーな香りがします。

味は、シトラスと比べてもこちらのほうがさらにライトにした感じです。ビールと言うより一種のフルーツ風味のドライカクテルのような、、独特のさわやかな味わいです。ビールの苦みが苦手な人にも大丈夫そうな商品でした。

↓香雪
100626-2.JPG
posted by たぬき at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年06月13日

Bavaria(ババリアビール)

オランダのビール会社「ババリア」の商品です。こちらは、ネット仲間のはんしんさんにいただきました。

ペットボトル入りの変わったビール。甲子園球場では、ビン、缶もちこみ禁止のため、このビールが周辺のスーパーなどで売られているそうです。

味は、それほど日本のビールとも変わらない、ピルスナータイプ。小麦の風味が強く出ている感じでした。

↓ババリアビール
100613-2.JPG
posted by たぬき at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

麦とホップ やわらか小麦(サッポロビール)

サッポロの新ジャンル「麦とホップ」で春ごろやっていたキャンペーンを応募していたら、抽選で限定醸造品が6缶当たりました。

「麦とホップ やわらか小麦」というものです。クリーミーな泡立ちが特徴とのことです。関西限定でサッポロビールが出している「クリーミーホワイト」と同じように新ジャンルなのに、泡立ちが良い商品だとのこと。

注ぐと、さすがに泡立ちが良いです。飲むと、きめこまやかな泡のため、喉越しが非常に心地よい感じがします。従来の「麦とホップ」と比べると、ややライトな感じの味わいでしょうか。これからの季節に良さそうなさわやかな味でした。

↓やわらか小麦
100613-1.JPG
posted by たぬき at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年06月11日

湘南ビール(熊澤麦酒)

Craft Beer Festa Kyoto」で購入した地ビール「湘南ビール」です。いただいたのは以下の2種類です。

まずインペリアルスタウト。アルコール度数7%

説明書きには「18世紀にロシア皇帝のために、イギリスで造られロシアに輸出された、究極の黒ビールです」と書かれています。

どんなものなのかな?と思いつつ飲むと、これが個人的にはヒット作!甘み、香ばしさがとても強く、深い味わいを楽しむことが出来ます。甘みだけでなく、後味にググっとくる苦みが強く、とても本格的な黒ビールでした。

↓インペリアルスタウト
100611-1.JPG

次に飲んだのがビター。こちらはアルコール度数5%。

こちらは淡色系ビールですが、ビターと言うだけあり、とても苦みの効いたビールです。苦みだけでなく、あっさりとした口当たりも良い感じのビールでした。

↓ビター
100611-2.JPG
posted by たぬき at 22:54| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年06月07日

ナギサビール(ナギサビール株式会社)

CRAFT BEER LIVE 2010」で購入した和歌山、白浜の地ビール「ナギサビール」です。ずいぶん以前に白浜で飲んで、とても美味しかった記憶が残っているビールでしたので、楽しみにしていました。

地ビールの会社は、ドイツ、ベルギービールなどを再現しようとしている会社が多い中、ここはアメリカで学び、昔のアメリカのビールを再現しようとしているそうです。

飲んだ味は、2種類です。

まず、ペールエール。アルコール度数は5%です。濃色系のビールで、注ぐとほのかにフルーティーな香りが漂います。味わうと非常にまろやかな甘みがあります。とても柔らかで深いコクのある味わい。甘みが強いのですが後味にピリッとした苦みも効いていて、しっかりとした重みのある風味です。

↓ペールエール
100607-1.JPG


そしてアメリカンウィート。こちらもアルコール度数5%。淡色系のビールで少し濁ったような色合いです。泡立ちがきめ細やかで、柔らかな舌触りとフルーティーな味わいが特徴です。

↓アメリカンウィート
100607-2.JPG
posted by たぬき at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年06月06日

小樽麦酒(北海道麦酒醸造)

過去に飲んだことのある、「釧路サンセットエール」「小樽エール」などを手掛けている「北海道麦酒醸造」が作っている地ビールとのことです。偶然、お店で見かけたので購入しました。

↓過去の記録
釧路サンセットビール(1)
釧路サンセットビール(2)」
小樽エール

購入したのは二種類。デュンケルとピルスナーです。

まずデュンケルからいただきます。アルコール度数5%

注ぐと非常に濃色な色合い。泡立ちも良い感じです。飲むと非常に深いコクと甘み、苦みがバランスよく両立しています。このビールそれほど値段が高くなかったような。。300円くらいだったと記憶してるんですが、この味なら買いだな!と思える深さがありました。

↓濃色ビール。「デュンケル」
100606-1.JPG


次にピルスナー。これもアルコール度数5%。

こちらは淡色系ビールです。デュンケルと同じく泡立ちが非常によいです。味わいは、あっさり感がありますが、意外と喉に来る苦みが効いています。それと程よい深い麦の味わいを感じられて、味わいと喉越しの心地よさをダブルで味わえるビールだな。と思いました。これからの季節に良さそうなビールです。

↓緑色の缶。 ピルスナー
100606-2.JPG
posted by たぬき at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年06月04日

明石ビール(明石ブルワリー)

先日、大阪で行われた地ビール祭り「CRAFT BEER LIVE 2010」で購入した地ビールです。明石ブルワリーという醸造所が製造しているビールだそうです。

いただいたビールは、2種類。「明石の君」(ヴァイツェンタイプ)と「明石たこビール」(ピルスナータイプ)の二つです。

まず「明石の君」をいただきます。こちらはアルコール度数4.5%とのことです。紫色ベースで和風な女性が描かれたラベルが印象的です。

注ぐと褐色系の色合い、少し濁っています。それときめ細やかな泡立ちがとても好印象。味わいは、ヴァイツェンにしては、フルーティーな印象は控えめで、小麦の柔らかな味わいが効いています。泡立ちが良い分、喉越しも心地よく、あっさりと味わえるビールでした。

↓明石の君
100604-1.JPG

次に、明石たこビール。こちらはアルコール度数5%。明石の君とは逆に、とてもユーモラスな赤いたこの描かれたラベルが印象的です。

このビールも注ぐと非常に良い泡だち。淡色系ビールです。ピルスナーらしい、非常に心地よい喉越しです。あっさりした味わいの中にコクも感じられます。これからの季節に良さそうなビールでした。

↓明石たこビール。
100604-2.JPG
posted by たぬき at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年05月30日

インドの青鬼(ヤッホーブルーイング)

このビールも「ヤッホーブルーイング」さんのビールです。青い缶のデザインが印象的な「インドの青鬼」というビールです。

このビールはIPAというスタイルのビールなのですが、とても苦みがガツンとくるビールです。ビール好きにはたまらない味なのではないでしょうか。飲んだ瞬間にドスンと来る強力な苦みがあり、その次に深いコクを感じる感じがします。

それとこのビールはアルコール度数がやや高く7%なので、一杯飲むと、かなり回りますね^^;

このあたりもビール好きにはたまらないビールなのかな・・と思います^^

↓インドの青鬼
100530-2.JPG
posted by たぬき at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

サンサンオーガニックビール(ヤッホーブルーイング)

東京土産でいただいた「サンサンオーガニックビール」です。よなよなエールで有名な地ビールメーカーの「ヤッホーブルーイング」さんが作っておられます。

ヤッホーブルーイングの製品群とは別のラインの商品として売られているようです。ドイツ産の有機麦芽100%、ホップもドイツ産の有機ホップを100%使用して、有機認証を得た「ヤッホーブルーイング佐久醸造所」というところで醸造されているそうです。

ということで、いただきます。

泡立ちは柔らかい感じ。淡色系のビールです。

飲むと非常に優しくあっさりした味わいですね。苦みもそれほどきつくなく万人受けするような優しいビールです。これからの季節に良さそうなビールでした。

ヤッホーブルーイングさん、いろいろ商品出されているので、これからも楽しみにしていきたいです^^

↓優しい味わいのビールでした。
100530-1.JPG
posted by たぬき at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年05月27日

厳選旨口(サッポロビール)

昨年は、イオングループとセブン&ワイが、サントリー製品の第三のビール(新ジャンル)をプライベートブランドから出したのが話題になりました。

こちらは5/11に、この近所で言うと、近商、平和堂、オークワ、ライフなどが採用しているニチリウグループのプライベートブランド「くらしモア」から出たサッポロビール製品の第三のビール「厳選旨口」です。

ただイオンから出た時と比べ、価格が6缶610円程度で売られており、それほど安くないからか世間的には、あまり話題になっていません。

さて飲んだ感想は、、実は、ラベルが違うだけで中身は、サッポロの「麦とホップ」とかと一緒じゃないの?とか思ってましたが、違う味で、あっさりしたこれからの夏に良さそうな味わいでした。

個人的にサッポロ製品は好みの味なので、安く買えるのはうれしいです。今回のくらしモア製品は限定醸造のようで、そのうち商品は無くなるのでしょうが、これからも期待したいと思います。

↓青いデザインの缶です。
100527-1.JPG
posted by たぬき at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年05月23日

CRAFT BEER LIVE 2010

先週に引き続き、湊町リバープレイス Plaza2 オープンスペースで行われていた地ビール祭「CRAFT BEER LIVE 2010」に行ってきました。

先週、京都で行われていたものは、全国の地ビールということでしたが、今回は関西の地ビールが集合していました。

出店していた地ビールは、、

1.黄桜京都麦酒(京都)
2.京都町屋麦酒(京都)
3.周山街道ビール(京都)
4.明石麦酒(兵庫)
5.白雪長寿蔵ビール(兵庫)
6.六甲ビール(兵庫)
7.曽爾高原ビール(奈良)
8.ナギサビール(和歌山)
9.びわこいいみちビール(滋賀)
10.箕面ビール(大阪)
11.大阪國乃長ビール(大阪)
12.堺ハーベストの丘(大阪)
13.地ビール地底旅行(大阪)
14.道頓堀地ビール(大阪)

雨の中だったため、それほど飲まなかったのですが、今回も友人と行ったため、友人が飲んだ分も試飲させてもらいました。

今回飲んだビールの感想をいくつか・・

地ビール地底旅行(メルツェン)・・甘みと、濃厚なコクがありとても美味しいビールでした。今回飲んだ中では、一番かな?

地ビール地底旅行(ピルスナー)・・苦みがガツンと効いた喉越しのよいビール。なかなか良かったです。

道頓堀地ビール(ケルシュ)・・苦みと濃厚さがあり、なかなかのビールでした。

道頓堀地ビール(ウィートエール)・・独特の風味のあるエールビール。以前飲んだことがある、伊勢の地ビール「神都麦酒」の味に似ているかな・・と思いました。

雨でなかったら、本当に良いイベントだったのになぁと残念です。

帰りに明石麦酒とナギサビールを購入。いつか飲む日を楽しみにしています。

↓雨なのに多くの人が地ビールを楽しんでいました♪
100523-1.JPG
posted by たぬき at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど

2010年05月19日

伊賀流麦酒(北村酒造合名会社)

名張の赤目四十八滝の帰り、名張の酒蔵「北村酒造」さんで見つけた地ビールです。

この日売っていたのは、基本の「イエローラベル」と「グリーンラベル」、それと春の特別商品と言う「桜ビール」の3種類です。

ということで、まずイエローラベルをいただきます。黄色い伊賀忍者のラベルが印象的です。淡色系のビールで、泡立ちも良い感じです。飲むと非常に優しいさっぱり味。わずかに酸味とフルーティーな香りを感じます。それと泡立ちが独特で、さらさらとした舌触りのような感触がありました。

↓イエローラベル
100519-1.JPG


次にグリーンラベル。こちらは緑色の伊賀忍者ラベルです。こちらは濃色系ビール。深いコクがありますが、意外なほど後味はすっきりしています。こちらも苦みよりもフルーティーな風味を感じました。

↓グリーンラベル
100519-2.JPG


最後に桜ビール。このビールだけ大瓶しか売ってませんでした。ラベルも桜ラベルです。

個人的には3種類の中では、これが一番好みでした。濃色系ビールですが、一番コクとほのかな苦みがあり、柔らかな口当たりが印象的なビールでした。

↓桜ビール
100519-3.JPG
posted by たぬき at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど