2013年05月17日

松阪城@三重県松阪市殿町

4月に訪れた松阪城です。個人的には、二回目の訪問です。

現在は、松阪城跡公園として整備されているこちらのお城。蒲生氏郷が築いた平山城は、建築物こそ、まったく残っていませんが、素晴らしい石垣を見ることが出来ます。

蒲生氏郷と言えば、安土城の築城にかかわったことでも有名ですが、このお城の石垣は、安土城の石垣とよく似ており、さらに発展させたような造りとなっているそうです。

観光客もほとんどいない、この城跡。その高く積み上げられた石垣は、見ていると時間を忘れるようなゆったりとした雰囲気があります。

↓松坂城跡
130517-1.JPG

↓道を通る軽自動車と比べても高い石垣
130517-2.JPG

↓天守閣跡
130517-3.JPG
posted by たぬき at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2013年04月26日

伊賀上野城@三重県伊賀市上野丸之内

何度か訪れたことのある上野城。数年ぶりに訪れました。

戦国末期、要所となった上野の地は、その時の権力によって、その立場が異なっていたようです。豊臣時代は、大阪城を守る立場として、奈良・大和から移転となった筒井家が東国に対する防衛の地として、上野に城を気付いたようです。

対して、現存する石垣などの多くは、徳川時代の藤堂高虎によるもの。大阪の陣に備え、大阪城に対する備えとして築かれたそうです。その高石垣は大阪城に次ぐ二番目の高さ。上から堀を除くと足がすくむ高さです。

また、もしもの徳川方の大阪の陣の敗北の際、緊急の籠城という事態に備えて、井戸からの抜け穴(補給路にもなります)が作られていたり、築城の名手、高虎の様々な案がもり込まれています。

なお天守閣は、大阪の陣の前に作られましたが、わずか一年で台風により倒壊したとのこと。大阪の陣の豊臣氏の敗北により、不要になった天守は再建されませんでした。現存の天守は、昭和になり、復元されたものとなります。

↓上野城天守
130426-1.JPG

↓高石垣を上から見る。
130426-2.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2013年04月07日

長良川うかいミュージアム@岐阜市長良

FC岐阜と京都サンガの試合前に立ち寄った長良川うかいミュージアムです。正式には、岐阜市長良川鵜飼伝承館というそうです。

時間つぶし的に立ち寄ったのですが、昨年開業したばかりですので館内も設備もとても美しいものです。館内の説明もとても分かりやすく、ミニシアターでは、鵜飼の一日が本当によく分かるようになっています。

私は知らなかったのですが、今、岐阜の長良川鵜飼の方々は、宮内庁式部職鵜匠と言い、宮内庁所属の国家公務員の扱いとなっているそうです。明治天皇と岩倉具視に鮎を献上した縁から、今も皇居への献上や、伊勢神宮への鮎の奉納をされているそうです。

ミュージアムの隣には長良川が流れ、その対岸には岐阜城が見渡せるようになっています。観光客の方も、あまりおられず静かで、意外と良いスポットだなと思いました。

↓長良川うかいミュージアム
130407-1.JPG

↓ミニシアター
130407-2.JPG

↓ウミウの模型(4倍サイズ)
130407-3.JPG

↓館内展示されている鮎
130407-4.JPG

↓対岸の岐阜城
130407-5.JPG
posted by たぬき at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2013年04月03日

富山城@富山市本丸

富山に訪れた際に立ち寄った富山城跡公園です。

富山城と呼ばれる建物は、昭和に復元されたもので富山市の郷土博物館として使用されています。博物館内は、戦国時代の神保氏、上杉氏、佐々成政時代から、前田家による時代までを詳しく説明されています。また天守様の展望台に登り、富山市内を見渡すことが出来ます。

この日、カターレ富山vs京都サンガの試合前日。ちょうど目の前にあった全日空系のホテルにサンガの用具を運ぶトラックが駐車されていました。

↓富山市郷土博物館
130403-1.JPG

130403-2.JPG

↓展望台から見えたサンガトレーラー
130403-3.JPG
posted by たぬき at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2013年04月01日

郡山城跡@奈良県大和郡山市

3/30に訪れた大和郡山城跡です。

城跡には、多くの桜が植えられており、この日は七分咲きとの情報を元に訪れましたが、ちょうど見頃で良い感じでした。

お城祭りが開催され、多くの屋台が出ており、観光客もたくさんのにぎわいを見せていました。

久しぶりに訪れた郡山城ですが、筒井順慶に次いで、豊臣秀長が居城として使用していただけあり、その石垣などは大規模なもので迫力がありました。

↓郡山城跡の桜景色
130401-1.JPG

130401-2.JPG

130401-3.JPG

130401-4.JPG
posted by たぬき at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2013年03月30日

宇治市植物公園@宇治市広野町八軒屋谷

枝垂桜が見頃と聞きましたので、宇治市の植物公園に訪れました。こちらは初めての訪問です。

広々とした園内。大きな温室での熱帯系の植物と、屋外でも数多くの植物を楽しむことが出来ます。また「花と水のタペストリー」では、宇治にちなんだ絵柄を草花を使って描かれています。今は「カワセミ」が描かれていました。

桜が咲いているコーナーも、桜だけでなく、梅・桃なども、この季節でも咲いています。桜も本数こそ多くないものの、数多くの品種が咲いてました。

この日は、とにかく枝垂桜が美しく満開に花を咲かせていました。

↓枝垂桜
130330-1.JPG

133030-2.JPG

↓花と水のタペストリー「カワセミ」
133030-3.JPG

↓ウツボカズラ
133030-4.JPG

↓カカオ
133030-5.JPG
posted by たぬき at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2013年02月10日

うちわの港ミュージアム@香川県丸亀市

香川県は、何度も訪れているので、最近巡る観光地が少なくなってきて・・訪れてみた、丸亀市のうちわの港ミュージアムです。

それほど広くない館内には、丸亀うちわの紹介や、丸亀うちわの販売、展示など。いろいろなデザインや形に工夫のある、うちわが多く、意外と見ているだけで時間をつぶすことが出来ました。

全国のうちわ産地の紹介コーナーもあり、奈良うちわなんてジャンルがあることを初めて知りました(^^;近場なのに・・

体験うちわ作りなども、実施されているようでしたので、お子様連れの方とかにも良い施設のように思いました。

↓うちわの港ミュージアム
130210-1.JPG
posted by たぬき at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2013年02月09日

琴弾公園の銭形砂絵@香川県観音寺市

香川県のうどん巡り中に訪れた琴弾公園の中にあります「銭形砂絵」です。

おおよそ直径100メートルもある、この砂絵。寛永通宝が描かれています。

なんと江戸時代から続く砂絵だそうです。伝承では、丸亀藩主の生駒氏を迎えるために、この地の地元の方々が、一夜にして作ったとありますが、その時期に、寛永通宝は流通しておらず、この説には矛盾があり、なんのために作られた砂絵なのかは、いまだ分からないようです。

よく分からない砂絵ですが、この砂絵が長く保存されていることに驚くばかりです。この日、どうしても見たくて、訪れましたが他に観光客はおられず。。 この砂絵を見ると、今後「お金には困らない」とも言われているそうで、その恩恵にあやかりたいものです。

↓銭形砂絵
130209-5.JPG
posted by たぬき at 18:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年10月27日

京都丹波/亀岡 夢コスモス園(2)

2年前にも訪れた、亀岡の夢コスモス園です。

台風の影響なのか、例年よりかは、少し咲き具合が悪そうでしたが800万本ものコスモスが咲き乱れる景色は圧巻です。会場に設けられている展望台から見る景色は、コスモスの花じゅうたんそのものです。

またコスモスだけでなく、他の花々もところどころに植えられており、彩りを加えています。

関西の中でも、とてもきれいなコスモスの名所だと思います。

↓昨年の記録
京都丹波/亀岡 夢コスモス園(1)

↓一面のコスモス畑
121027-1.JPG

121027-2.JPG

121028-3.JPG

↓なぜだかかかしの澤さんとタモリ
121028-4.JPG

↓メキシカンセージ
121028-5.JPG

↓明智かめまるくん
121028-6.JPG
posted by たぬき at 18:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年10月06日

水木しげるロード@鳥取県境港市

境港に立ち寄ったついでに〜 もう15年ぶりくらいに訪れる水木しげるロードです。

境港の駅から、商店街にかけて水木しげる作品に登場する銅像が多く設置され、それを全部見て歩くだけでも楽しい、そんな観光名所です。

意外なほど多くある銅像。その中で知っているキャラクターは少なく、鬼太郎の主要メンバー、鬼太郎、目玉のおやじ、ねずみ男、猫娘、砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿、ぬりかべ・・を探すのも一苦労という感じです。

全部の銅像を見て歩くのに1時間もかからないくらいでしょうか。その間にお店で売っている風変わりな鬼太郎グッズを見たり、それだけで意外と楽しめます。

この日は平日なのに、人通りも多く、水木先生の力で、この商店街が活性化しているのがよく分かります。

↓水木先生と鬼太郎、ねずみ男
121006-11.JPG

↓水木先生夫婦
121006-12.JPG

↓猫娘
121006-13.JPG

↓ぬりかべ
121006-14.JPG

↓鬼太郎と目玉のおやじ
121006-15.JPG

↓鬼太郎
121006-16.JPG

↓鬼太郎の下駄
121006-17.JPG

↓目玉のおやじ
121006-18.JPG

↓一反木綿
121006-19.JPG

↓ねずみ男
121006-20.JPG

↓子泣き爺
121006-21.JPG

↓砂かけ婆
121006-22.JPG
posted by たぬき at 19:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年10月04日

足立美術館@島根県安来市古川町

夏に京都で「横山大観展」があったのですが、それを見て以来ずっと訪れたかった島根県安来市にある「足立美術館」です。

足立美術館で有名なのは、横山大観の絵の豊富さ。創始者であり、島根県出身の実業家である足立全康氏が、集めたその数は約130点にのぼるとのことです。他にも多くの著名な画家の絵画、北大路魯山人の陶芸など多くのコレクションが展示されています。

ただ絵画・工芸品など以上に有名なのが庭園です。米国の日本庭園専門雑誌では、9年連続、日本庭園一位に輝く、その庭は、とても手入れが行き届き、美しい景色です。またミシュラン・グリーンガイドでも、この庭園は三ツ星評価を受けているとのことです。

ゆっくり見ていると2時間は必要でしょうか。この豊富な絵画と日本一庭園を、一個人が作り上げていったというのは、すごいことだなと・・感心するばかりです。

↓日本一に選ばれる庭園
121004-10.JPG

121004-11.JPG

121004-12.JPG

121004-13.JPG

121004-14.JPG
posted by たぬき at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年10月03日

松江城@島根県松江市殿町

山陰地方唯一の現存天守を持つ松江城です。その天守は、重要文化財の天守閣の中では最大とのことです。築いたのは、大河ドラマ功名が辻でも、何度も登場した堀尾吉晴・忠氏の親子です。

建築物こそ、天守閣以外はほぼ撤去されているものの、その石垣、お堀は壮大なものが残っています。天守からは、松江の街並み、宍道湖を望むことが出来、とても美しい景色が広がります。

↓天守
121003-7.JPG

↓石垣
121003-8.JPG

↓天守から宍道湖を望む
121003-9.JPG
posted by たぬき at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年10月01日

石見銀山@島根県大田市

世界文化遺産の石見銀山です。日本は、一時期世界の三分の一の銀を産出していたそうですが、その日本の中で、最大の銀山だそうです。

銀山遺跡内での観光は、車は基本禁止のようですので、少し離れた「石見銀山世界遺産センター」に駐車します。そこから銀山遺跡へバスで移動。

銀山遺跡は、銀山地区と大森地区(古い街並み)があるので、大森地区でレンタサイクルを借りて観光しました。

大森地区は、かつての代官所跡があったり、銀山で亡くなられた方を供養する寺院があったり、往時の様子をしのばせています。

銀山地区は、龍源寺間歩(間歩とは坑道のことです)が公開されており、銀を発掘した間歩内を歩くことが出来ます。暗いのですが、手で掘った跡が確認できます。

少しのどかな雰囲気の漂う観光地、涼しい時期だとゆったりと過ごせると思います。

↓龍源寺間歩の中
121001-1.JPG

↓清水谷精錬所跡
121001-2.JPG
posted by たぬき at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年09月30日

島根県立しまね海洋館(アクアス)@島根県浜田市久代町

中国地方の水族館巡りその2です。こちらは、島根県浜田市にある通称「アクアス」、しまね海洋館です。

こちらの水族館は、かなり大きめの規模です。メインはなんと言ってもシロイルカ達。ソフトバンクのCMでバブルリングを披露した、あのシロイルカは、こちらの水族館の「アーリャ」だったりします。

他にもペンギンの餌やりタイムを始め、多くの魚たちが。館内も広くきれいで、見るところの多い水族館でした。

↓バブルリング中
120930-6.JPG

↓うまく撮れなかったですが・・
120930-7.JPG

↓餌に群がるペンギンさん
120930-8.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

広島城@広島市

広島城です。広島城は、太平洋戦争の原爆投下により倒壊しているので、再建ですが、外観は往時の雰囲気を思い出させるものです。

現在は、天守の中は資料館のようになっています。毛利家、福島家、浅野家と継がれていった資料が多くみられるお城となっています。

↓広島城
120930-4.JPG

120930-5.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

宮島水族館(みやじマリン)@広島県廿日市市宮島町

水族館好きな私は、宮島観光ついでに宮島水族館(いわゆる「みやじマリン」)へ。

外観は、地味な感じの水族館ですし、建物も若干古くなっているようですが、2008年に町立から民間委託のような形に変えられ、リニューアルされているようです。ですので館内はとてもきれいな感じがしますし、こじんまりとしつつも、まとまった良さがあります。

ここの水族館のアイドルはなんと言っても「スナメリ」です。その笑っているかのような愛嬌のある顔で、観客を興味深そうに覗き込みに来る姿は、とても微笑ましいものでした。

↓スナメリ
120930-1.JPG

↓カブトガニ
120930-2.JPG

↓チンアナゴ
posted by たぬき at 20:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年08月14日

与謝野町・ひまわり園@京都府与謝郡

京都府与謝野町のひまわり園です。15万本のひまわりとのことで、毎年のようにイベントをされておられます。

例年は、兵庫の南光町にひまわりを見に行くことが多いのですが、7月中に行くことが出来ず、こちらであれば、まだ見頃かな?と思って訪れました。

ひまわり園は、ややピークを過ぎた感じでしょうか。下向きになっているひまわりが多く、少し残念な感じがしました。南光町と比べると、規模こそ小さいのですが、さすが15万本あるだけあり、一面見渡せるだけのひまわりが咲き誇っていました。

素朴な感じの、町内のかかしコンテストがあったり、少し和むような雰囲気もありました。

↓ひまわり園
120814-2.JPG

120814-3.JPG

↓個人的にいいな!と思った、かかしさん
120814-4.JPG
posted by たぬき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年08月08日

松山城@愛媛県松山市

もうひとつの愛媛県の現存天守を持つお城「松山城」です。

麓からロープウェーに乗っていきます。宇和島城と比べると観光地として整備されていることと、とにかく石垣の美しさに目を奪われます。

またロープウェーの降り場から歩いていく途中に見える、建造物の美しさ。とてもきれいなお城です。

ここの天守は、連立式天守となっており、大天守、小天守、櫓などが連なっています。姫路城ともよく似た作りになっていて、天守内の見学も時間がかかるものでした。

↓天守
120808-1.JPG

↓石垣
120808-2.JPG

120808-3.JPG
posted by たぬき at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年08月06日

宇和島城@愛媛県宇和島市

真夏の太陽照りつける中、宇和島城です。

天守、石垣、上り立ち門以外は、明治以降に取り払われたり、空襲で焼失したという宇和島城。しかしながら、立派な石垣、天守が残っています。

もともと築城の名手であった藤堂高虎が、築いたときからは、天守も改装され、現存しているのは1662年のものとのこと。戦いの時代ではないからか、あまり守ることを意識していないような造りにも思われます。

しかし、真夏は、軽い登山みたいになる城見学は不向きかもしれませんね。暑さに強い私でも滝のような汗が。観光客は、私以外たったの2人でした。

↓天守
120806-1.JPG

↓石垣
120806-2.JPG

↓真夏の休憩所
120806-3.JPG

↓天守より望む宇和島の街並み
120806-4.JPG
posted by たぬき at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年07月31日

福知山城@京都府福知山市

復元天守ではあるのですが、福知山市を見渡せるようにきれいにそびえるお城「福知山城」です。

明智光秀が切り開いたこの地、場内では、光秀を大河ドラマにという署名がおこなわれていましたが、謎の多い光秀を大河にするのは難しそうですね。

丹波から、播磨にかけては、秀吉、光秀が織田勢として、数多くの激戦を戦った地でもあります。光秀の攻撃を何度も撃退した赤井直正は、赤井秀和の先祖でもあるそうです。

↓福知山城
120731-1.JPG

120731-2.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場