2012年05月07日

松本城@長野県松本市

長野県松本市にある国宝・松本城。松本山雅と京都サンガの試合を見る前に観光で訪れました。

到着すると、ものすごい人人人・・さすがGW最中、観光客だらけです。それに火縄銃の実射みたいなこともされておられ、そこにも多くの観光客がおられました。

お城は、黒く質実剛健とした雰囲気です。場内に入り、いたるところの説明を読む限り、このお城が、戦いのために作られた店主であることが良く分かります。

しかし、GW中だっただけに、店主内を全て見て回るだけでも1時間以上・・ こんなに混んでいたお城は、いつ以来でしょう。

これで、国宝のお城は、全て巡ることが出来ました。また遠出した際には、いろいろなお城を巡ってみたいです。

↓国宝・松本城
120507-1.JPG

120507-2.JPG
posted by たぬき at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2012年04月16日

井手・玉川の桜@京都府綴喜郡井手町(3)

先週の平日の昼間に立ち寄った井手町、玉川の桜です。

約1.5kmの玉川の両側にソメイヨシノが並ぶ景色は、とても美しいものです。この日は、満開を若干過ぎた感じだったでしょうか。

平日だけに、人も少なくのんびりと歩いて観賞することが出来ました。

↓過去の記録
井手・玉川の桜(2)
井手・玉川の桜(1)

120416-1.JPG

120416-2.JPG

120416-3.JPG

120416-4.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年11月10日

神仏います近江 日吉の神と祭@大津市歴史博物館

滋賀県の3つの博物館などが連携して行っている「神仏います近江」。最後に訪れたのは、私も好きな博物館「大津市歴史博物館」で行われています「日吉の神と祭」です。

こちらは、普段見る機会の少ない神像が最初に数多く展示されていて、本当に圧巻です。仏像と違って、表情も個性も様々な像が多く、何度も往復して、見直しました。

また坂本、下阪本の人々にとっては馴染みの山王祭の昔の様子が記された絵画。当時の坂本の町並みや地図などが多く展示されていました。坂本の地図は、見ていると面白く、今も変わってない寺院もいくつかありました。

大津市歴史博物館は、常設展の大津の古代から現代までの歴史のコーナー。実は、ここも好きで、戦国時代から江戸時代、近年の江若鉄道の様子など、毎回のように見てるのですが、なぜか飽きません。また何度でも訪れたい博物館の一つです。

今回の三館連動の特別展企画、かなり個人的にはヒットでした。また同じような特別展を期待しています。

↓日吉の神と祭
111110-1.JPG
posted by たぬき at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年10月26日

滋賀県立近代美術館@滋賀県大津市

びわこ文化公園の中にある「滋賀県立近代美術館」。先日訪れたMIHO MESEUMに続いて、3つの博物館などが連携して行っている「神仏います近江」を見るために訪れました。こちらの美術館では、「祈りの国、近江の仏像 古代から中世へ」と題して、時代別の仏像を展示されていました。

仏像好きの私にとっては、今回の3つの博物館の中で一番面白かったでしょうか。延暦寺を中心とする不動明王像や、数多くの地蔵菩薩像が印象に残りました。

それと本来の目的でなく訪れた常設されている滋賀出身の画家「小倉遊亀」の絵画も、家族をテーマとした温かい画風で、なんとも印象に残る一日でした。

↓滋賀県立近代美術館
111026-13.JPG

↓祈りの国、近江の仏像 古代から中世へ
111026-14.JPG
posted by たぬき at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年10月10日

大津祭2011

10月9日。毎年のように訪れる大津祭へ。

この祭りが過ぎると秋だなぁという感じがします。今年も大津の町衆の活気ある掛け声で、祭りは大盛況。年々観光客が増えていると思うのは、私だけでしょうか。

↓過去の記録
大津祭(1)

↓西行桜狸の上には、狸さんが。
111010-9.JPG

111010-10.JPG

↓中町商店街も巡航します。
111010-11.JPG
posted by たぬき at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年10月05日

MIHO MUSEUM@滋賀県甲賀市信楽町

現在、滋賀県の3つの博物館などが連携して行っている「神仏います近江」。その一つは、信楽にあるMIHO MUSEUMで行われていましたので、9月上旬に見に行きました。

MIHO MUSEUMは、初めて訪れたのですが、受付の建物から、博物館までの通路、そして博物館自体の建物も、とても近代的で、建築物だけを見に訪れても満足できるような素敵な場所でした。

今回、MIHO MUSEUMでは「天台仏教への道」と題して、釈迦入滅から奈良時代、そして最澄の仏教、最澄以降の近江の仏教に関するものが展示されていました。

またMIHO MUSEUMは、常設展としてギリシア、ローマ、エジプト、中近東、ガンダーラ、中国など、幅広い地域の美術や工芸品などが展示されており、見ていて時間が経つのが本当に早く感じる施設でした。

↓MIHO MESEUM本館
111005-1.JPG

↓受付のある施設
111005-2.JPG

↓神仏います近江
111005-3.JPG

↓博物館へ続くトンネル
111005-4.JPG

↓博物館へ続くつり橋
111005-5.JPG
posted by たぬき at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年10月02日

木戸孝允旧邸・達磨堂

8月末に訪れました幕末の志士「木戸孝允」の旧邸です。夏から9月にかけて特別公開されていたものです。場所は、京都御苑と平安神宮の間、鴨川のすぐ近くにあります。

このひっそりと建つ2階建ての建築物は、いくつかあった建物のうちの一つだそうです。病床に着いていた孝允を明治天皇が見舞ったという由緒正しき場所でもあるそうです。

その建物の隣には、瓦や窓も達磨型を形取った、独特のお堂があります。その名も「達磨堂」。これは木戸孝允の子、木戸忠太郎によって集められた、数万点ともいう達磨が展示されています。このコレクションがすごくて、日本だけでなく、中国、朝鮮の達磨さんたち・・変わり種も多く展示されてあり、独特の世界でした。

この特別公開、隣接する「かもがわ」でのドリンク券も付いていてお得なものでした。私は、偶然、集中豪雨に見舞われ、「かもがわ」でゆっくり雨をしのぎながら、雨宿りさせていただきました。

↓木戸孝允旧邸
111002-1.JPG

↓達磨堂
111002-2.JPG

↓窓や瓦も達磨のユニークな造り
111002-3.JPG

111002-4.JPG

↓堂内には達磨コレクションがたくさん
111002-5.JPG
posted by たぬき at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年08月13日

キンシ正宗・堀野記念館@京都市中京区堺町通二条上ル亀屋町

ずいぶん前、冬のころに訪れた京都を代表する日本酒メーカーのひとつ、キンシ正宗さんの堀野記念館です。京都御所の南、街中にある記念館です。

もともとは、京都市内にあるこの場所で、日本酒の醸造などもされていたようですが、今は伏見に移転されています。この記念館の場所は、今日の名水「桃の井」がいまでも湧き出てくるそうで、その水の美味しさを生かして、現在は地ビールの醸造をされています。

こちらでは、昔ながらの京の町家、それとキンシ正宗(堀野家)が客人を迎えた客間、職人たちが住みこんだ部屋などを見学することが出来ます。解説付きで、充実した内容でした。お酒の試飲も日本酒、地ビールなど、いろいろなものを飲めるのと、あまり見学者がおられず、ゆったりできるので、良い場所だと思います。

↓堀野記念館
110812-1.JPG

↓こちらで地ビールを醸造されています。
110812-2.JPG
posted by たぬき at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年08月08日

岐阜城@岐阜県岐阜市

岐阜公園からロープウェイを使って金華山に登るとある岐阜城です。

この日は、少し遅めの時間に訪れたのですが、大河ドラマの影響も多少はあるのでしょうか。多くの観光客でにぎわっていました。

再建された天守閣とは言え、山に建つ城は立派なものです。難攻不落のこの城で、斎藤道三や織田信長は、戦国の世の中を生き抜いていったのですね。

この日、7月上旬でしたが、まだアジサイの花が少しだけですが咲いていたのも印象的でした。

↓岐阜城
110808-15.JPG

↓天守から見る岐阜の街並み
110808-16.JPG
posted by たぬき at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年08月07日

ひるがの高原 牧歌の里

7月上旬に訪れた、岐阜県のひるがの高原にある「牧歌の里」です。7月上旬から中旬にかけてラベンダーが見頃のことで訪れました。

この日、天候が悪かったのですが、のどかな高原の雰囲気は、ゆったりとして、開放的になれる気分でした。お客さんもそれほど多くなく、本当にゆるやかな時間が流れています。

肝心のラベンダーは、まだ見頃というより咲き始めくらいで、ラベンダー畑のいろいろな部分で緑色が勝っている感じでした。ただ多くの草花、とくにコキア(ホウキ草)などは、とても変わっていて、見ていて面白かったです。

他にも、ジャージー牛や、羊、馬、ウサギなど多くの動物とふれあえる、とても良いテーマパークでした。

↓牧歌の里
110808-8.JPG

↓咲き始めのラベンダー
110808-9.JPG

110808-10.JPG

110808-11.JPG

↓コキア
110808-12.JPG

↓ジャージー牛
110808-13.JPG

↓お馬さん
110808-14.JPG
posted by たぬき at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年06月08日

鳥取砂丘@鳥取市

ガイナーレ鳥取との試合を見る前に訪れた鳥取砂丘です。ここに訪れるのは、たぶん5、6度目くらいです。

砂丘の付近には、きれいに作られた砂像がありました。先日、新聞に、台風2号により、砂像が崩れたという記事が載っていましたが、方向によってはきれいな彫刻が残っていました。

砂丘の内陸側の低地には「長者ヶ庭」と呼ばれるくぼんだ土地があって、夏場でも水は絶えないそうです。この日は、梅雨が始まった時期と台風2号が過ぎ去った直後ということもあり、大きな池となっていました。まるで砂漠のオアシスのような雰囲気でした。

この日は、朝早くに訪れたためか、観光客もまばらで、鳥取砂丘は、のんびりとしていました。

↓鳥取砂丘
110608-1.JPG

↓長者ヶ庭のたまり水
110608-2.JPG

↓砂丘から望む日本海
110608-3.JPG

↓砂像
110608-4.JPG
posted by たぬき at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年05月02日

なばなの里@三重県桑名市長島町(2)

なばなの里のチューリップが満開と聞いて、訪れました。

この日、チューリップの花々は、まさしく満開。一面の圧倒されるような華やかなチューリップ園だけでなく、チューリップの根元にパンジーなどの花々が植えられ、色とりどり・・圧巻でした。

過去に何度となく、なばなの里には、訪れているのですが、ブログを読み返してみると、冬期のイルミネーションのことしか書いてないようで・・・ コスモスやアジサイ、ダリア、いろいろな季節で楽しめる本当に素晴らしいスポットだと思います。それに整備も行き届いていて、いつ訪れてもはずれがないスポットです。

↓過去の訪問記録
なばなの里(1)

↓満開のチューリップ園
110502-1.JPG

110502-2.JPG

110502-3.JPG

110502-4.JPG

110502-5.JPG

110502-6.JPG

110502-7.JPG

110502-8.JPG

110502-9.JPG

110502-10.JPG

110502-11.JPG

↓オオデマリの花も咲き始めていました。
110520-12.JPG
posted by たぬき at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年04月21日

永源寺ダム@近江市永源寺相谷町

百済寺の後、京都サンガの練習試合を見に行く間に時間つぶしで訪れた「永源寺ダム」。ダム湖周辺の道には、桜並木がほぼ満開で咲いていました。

永源寺には、多くの参拝客がおられるようで駐車場は満杯のようでしたが、永源寺ダムの公園は、それほどメジャーな名所でないのか、車は数台。観光客もまばらでした。

天候が良かっただけに、のどかな雰囲気のダム湖と桜を散策がてら、ゆったりと楽しむことが出来ました。

↓ダム湖周辺の桜は満開でした。
110421-1.JPG

110421-2.JPG

110421-3.JPG

↓永源寺ダム
110421-4.JPG
posted by たぬき at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年04月13日

ふれあい公園@木津川市木津小釜

木津川市の旧木津町市街地と木津川市体育館の間、鹿川と山松川の合流地点にふれあい広場という、小さな公園があります。私のランニングコースの一つです。

それほどメジャーでもありませんが、鹿川、山松川のほとりには、桜並木が並び、菜の花も植えられていて、のどかで美しい景色が続きます。公園付近は、より多くの桜が植えられ、この日は満開。普段、この付近をジョギングしても地元の方が散歩されているくらいなのですが、さすがに桜の季節は花見客がおられます。

最近、もう1年以上続く膝の故障が、ようやく回復に向かいつつある私は、この付近で軽いトレーニング。その合間に桜を見に歩いてみました。

ほんの数カ月前まで、坂道、山道・階段を歩くだけで痛んだり、軽い1kmのジョグでも痛んだ私の膝は、ずいぶん良化・・ 最近は、調子の良い日は5kmくらいのジョグでは、痛みは何も感じない日もあります。

まさか桜の季節に完全ではないけど、走れる体に回復するとは・・・・ もうマラソンへの復帰は不可能と思う日もあっただけに、すごく気分が高まりつつあります。

ここ数年、生活の中心は、マラソンとそのトレーニングだったのが、膝を故障して以来、ずいぶん歯車が狂っていました。ようやく、トレーニング生活の入り口に戻ってこれたのかな・・と桜と菜の花を見てると扉を開けたときに差し込む光のような感覚に陥ります。

まだまだ完治したわけではありませんので、油断禁物です。今は、走るため、膝を守るための脚の筋肉を付ける時期だと思います。じっくりと徐々にトレーニングを再開して行きたいと思います。

↓鹿川のほとりの菜の花と桜
110413-1.JPG

110413-2.JPG

↓ふれあい公園
110413-3.JPG

↓ふれあい公園の桜は満開
110413-4.JPG

↓音の記念碑(風が吹くと音が鳴るんです)
110413-5.JPG

110413-6.JPG
posted by たぬき at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年04月10日

井手・玉川の桜@京都府綴喜郡井手町(2)

土曜日、すこし天気が曇りがちでしたが、井手・玉川の桜を見に行きました。

今年度は、震災の影響なのでしょうか。毎年開催されている桜祭りのような催しが行われていませんでした。そのためか例年より観光客は少なめ。ただ、地元の方が少しだけ、屋台や地元特産品を売っておられました。

玉川沿い、約1.5kmをソメイヨシノが覆い尽くします。この日は七分咲きから満開の見頃な感じでした。この付近では、桜のみを見るのであれば、ここが一番楽しめるのかな・・と思います。歩いても歩いても桜のトンネル・・ 圧倒される感覚です。

↓過去の記録
井手・玉川の桜(1)

↓玉川の川沿いの桜がほぼ満開。まさに桜のトンネルでした。
110410-7.JPG

110410-8.JPG

110410-9.JPG

110410-10.JPG

110410-12.JPG

110410-11.JPG
posted by たぬき at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年04月08日

丸岡城@福井県坂井市丸岡町

昨年、秋に訪れた丸岡城。最近、寺社だけでなく城も訪れているのですが、ブログに載せるのを忘れていたようなので、アップします。

柴田勝豊(柴田勝家の甥)によって築かれたこのお城、北陸唯一の現存天守だそうです。ただ昭和初期の地震により、崩壊し、その部材をそのまま用いて再建されたそうです。重要文化財指定されています。

お城自体は、こじんまりとした雰囲気ですが、その質素な作りがとても味のある雰囲気です。お城からは、丸岡の町並みを見渡すことが出来、ゆったりとした時間を過ごせる場所でした。

それと、このお城に付属している博物館は、小さいのですが、古銭や昔の大名の石高表など興味深く拝見することが出来ました。

↓丸岡城、天守閣
110408-1.JPG

↓天守から望む丸岡の町並み
110408-2.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年03月07日

後楽園@岡山市北区後楽園

日本三名園のひとつ「後楽園」。この日は、香川に金毘羅さん参拝&うどん食べ歩きに行った帰りに、梅を見ようと訪れました。

ひろびろとした、のどかな庭園、隣には再建された岡山城を望むことが出来ます。夕方に訪れたので、岡山城に入ることが出来なかったのは残念でしたが、庭園の至る所に、江戸時代の岡山藩の色を感じることが出来ました。

後楽園の端のほうに、小規模ですが梅林がありました。七分咲きくらいでしょうか。白と桃色の花が咲き、良い雰囲気でした。また梅林の端には、水仙が咲いていて、こちらも観光客の目を楽しませていました。

↓後楽園から望む岡山城
110307-1.JPG

↓後楽園の景色
110307-2.JPG

110307-3.JPG

110307-4.JPG

↓梅林と水仙
110307-5.JPG

110307-6.JPG

110307-7.JPG

110307-8.JPG
posted by たぬき at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年01月16日

土佐闘犬センター@高知市浦戸

桂浜を散策後、土佐闘犬センターへ。ちょうど闘犬が始まるとのことで見に行きました。

テレビなどで見てはいましたが、実際に見るとデカ!!迫力満点。まず大型の闘犬全国横綱の土俵入りから始まります。なんか写真撮影タイムがあって、、、「近寄って撮ってください!」なんて言われるんですが、迫力満点・・怖いです(^^;

その後、闘犬の試合が始まります。この日は小型の土佐闘犬が試合を行っていました。チケットを買った時、偶然、最前列の席になった私。試合が始まる前に「最前列の方には、試合の流れによっては、血や唾液が飛びます」なんて言われます(^^; 聞いてないよ〜

試合が始まる前から興奮気味の二頭の土佐闘犬。開始直後に激しく噛みあい、さらに最前列に座っているものだからその様子は1メートル前くらいで、、、迫力満点です。もう、こちらと言えば、びびってしまって目の前で二頭が噛みあうたびに頭が後ろに下がってしまいます(^^;

試合は、常に優勢に進めていた犬が勝ったのかな?と思いきや、ルールがあるそうで、少しでも泣き声をあげたほうが負けなのだそうです。優勢に進めていた犬は、興奮しすぎて泣いてしまって敗戦となっていました。

ものすごく興奮していた二頭ですが、係員さんに連れられると、不思議と落ち着いた様子で戻っていきました。

試合後は、飼育場を見学。あんなに獰猛そうで迫力満点の土佐闘犬。しかし子犬が飼育されていて、土佐闘犬と言えども子犬は、本当に愛らしく、それもまた逆の意味で驚きました。

↓迫力の横綱土俵入り
110116-5.JPG

110116-6.JPG

↓試合の様子
110116-7.JPG
posted by たぬき at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

桂浜@高知市浦戸

香川を後にし、昼前には高知県の桂浜に到着。人生初の高知です。

桂浜と言えば、龍馬さん。ということで、さっそく龍馬像を探しに。すこし小高い位置に龍馬像はありました。とても大きい像であることに驚きます。何度も見たことがある像の前で記念撮影。

その後、桂浜を散策。桂浜にある小さな水族館も見たかったのですが、時間的に余裕がなさそうだったので、次回ということにしました。坂本龍馬記念館では、龍馬の手紙や、龍馬、慎太郎の血痕の付いた屏風などが展示されており、じっくり見て回ると小さな博物館なのに、1時間以上は経過してしまいました。

桂浜は観光地なのに、意外と人が少ないんだなというのも印象的。昨年の大河ドラマの時期には、もっと人が多かったのでしょうか。ゆったりと見て回ることが出来ました。

↓桂浜
110116-1.JPG

110116-2.JPG

↓坂本龍馬像
110116-3.JPG

↓坂本龍馬記念館の前の龍馬像
110116-4.JPG
posted by たぬき at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場

2011年01月12日

みさき公園@大阪府泉南郡岬町

正月休みに、イルカショーを見に「みさき公園」へ。

イルカショーは、間近で見れて、とても迫力があります。しかし、ショーの時間以外は、水族館のように常時、姿を見れないのは少し残念。これで入園料1000円以上+イルカショー料金は、高いかなぁなんて思っていましたが、動物園の規模が意外なほど大きく満足。

キリン、ツキノワクマ、ライオン、トラ、シマウマなどの大型動物も多く、ツキノワグマやニホンザルに餌を与えることが出来たりするのは、なかなか面白かったです。

普段は、大阪と言うことで混雑するのかもしれませんが、この日は、とても閑散としていて、意外とのびのびと見学することが出来ました♪

↓イルカショー
110112-1.JPG

↓餌をねだるツキノワグマ
110112-2.JPG

↓ライオン
110112-3.JPG

↓トラ
110112-4.JPG

↓豚
110112-5.JPG

↓キリン
110112-6.JPG
posted by たぬき at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場