2013年10月06日

玉泉亭@横浜市中区伊勢佐木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日は横浜で仕事。横浜に来たならば、ご当地麺のサンマーメンを食べてみたいなと。それならば元祖と呼ばれているお店に行こうということで、関内駅近く、伊勢佐木町にある玉泉亭さんに訪れました。

お店の外観は、街中の大衆中華屋さんという雰囲気です。駐車場は存在しませんでした。

店内は、テーブル席が並ぶ食堂風。意外ときれいなお店だなと思いました。お店は、老年の男性が調理をされ、老年の女性が接客をされていました。庶民的な雰囲気です。

メニューは、中華料理が豊富にそろっています。サンマーメン発祥のお店とのことでしたが、サンマーメン600円は、それほど推しておられる感じではありませんでした。お店のお勧めとして、中華ランチ820円(カニ玉、うまに、豚肉、お新香、ライス、スープ)を推されていました。サンマーメンの中には、サンマーワンタン660円、サンマーワンタンメン730円(どう違うのか分かりません・・)というメニューもありました。

この日は、最初の目的のとおりサンマーメン600円、それと仕事後でしたので瓶ビール550円を注文。瓶ビールはサッポロの赤星です。

サンマーメンは、醤油スープに、たっぷりのモヤシ、ニラ、タマネギ、ニンジン、キクラゲ、少しの白菜、豚肉などがトッピングされています。スープの上からは、あんかけが乗せられています。器に店名と電話番号が書かれているのがユニークです。

スープをいただくと、しょうゆ味なのですが、塩分は控えめです。あんかけのとろみと、ほんのりとした甘みが後味に残ります。ベースに何を使用されているのか、よく分からなかったのですが、飲むたびに、優しく旨みが口に広がる、とても美味しいスープでした。

麺は、やや細めのストレート麺を使用されています。茹で具合は柔らかめで、少しとろみのあるスープや、具との絡み合う感じがちょうど良い感じです。特に、やや柔らかいモヤシと合わさると、とても良い食感となります。

トッピングされている具も優しい味付けに仕上がっていて、スープの味との相性がよく、本当に飽きない一杯です。この味、何度でも食べたいし、何度食べても美味しくいただけそう。初めてのサンマーメンは、口に馴染む一杯なのでした。

↓サンマーメン
131006-1.JPG

↓麺とスープ
131006-2.JPG

↓サッポロ赤星
131006-3.JPG

↓お店の外観です。
131006-4.JPG
posted by たぬき at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2013年10月04日

新長城@茨城県つくば市研究学園

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

つくばエクスプレスの研究学園駅の駅前すぐにある西安料理のお店「新長城」さんです。刀削麺をやっておられるとのことで、訪れてみました。

お店は駅のロータリー横の複合店舗の1Fにあります。お店の裏に駐車場も存在するようです。

お店の外に、メニューをいっぱい出されています。見てると刀削麺が見当たらず、あれ・・と思い、店員さんに聞くと刀削麺もやってますよとのこと。店内は、とてもきれいな中華レストランでテーブル席が並んでいます。お店は調理・接客ともに中国系の方が切盛りされていて、とても丁寧な接客でした。

メニューは中華料理が豊富にそろっています。この日は、刀削麺が目的でしたので、メニューから刀削麺を探します。不思議なことに、刀削麺よりラーメンを売り出しておられる、そんな感じで、刀削麺は最後の方に載っていました。

刀削麺は、麻辣麺(マーラー麺)、酸辣麺、担担麺のほか、数種類から選択することが出来ます。価格帯は700〜800円くらいです。またラーメンも、ほぼ同じ内容、同じ価格帯で存在しました。

この日は、お店の方に刀削麺のおすすめを訪ねてみると、辛さが苦手じゃなければ、麻辣麺と聞きましたので、麻辣麺780円を注文しました。それと生ビールを注文。生ビールは、プレミアムモルツでした。

このお店の刀削麺は、ちゃんと、お店の方が店内で、刀で削られるそうなのですが、そのシーンを見るのを忘れていました。

登場した料理は、刀削麺らしい不均一なねじれた平麺。スープは、表面が、かなり脂が浮いているのと、香辛料らしいもの、ゴマがたっぷりと浮いているのが印象的。器の真ん中に、ネギ、ゴマ、ミンチ肉がトッピングされていて、それとキャベツが入っています。

スープは、かなり辛そうに見えるのですが、辛味は、そこそこという感じです。それよりも香辛料からくる、独特の旨みがしっかりしていて、何度も飲んでしまいそうな味わいです。そこにミンチ肉の旨みも入り、癖になりそうなスープです。

そして刀削麺は、良い感じのもちもち感があります。たまに入っているキャベツの良い食感も混ざり、噛むことを純粋に楽しむことが出来ます。

このピリッとした旨辛感と、刀削麺のモチモチ感が素晴らしく、麺料理にしては、自然とビールも進みます。

久しぶりに食べた刀削麺ですが、個性的なスープの味わいとマッチした一杯でした。他にもいろいろなメニューがあったので、また、つくばに仕事で来る機会があれば食べてみたいなと思います。

↓麻辣麺
131004-1.JPG

↓刀削麺
131004-2.JPG

↓お店の外観です。
131004-3.JPG
posted by たぬき at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2013年10月02日

札幌ラーメンどさん子・八重洲店@東京都中央区八重洲

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

「どさん子」さんの八重洲地下街2番通りにあるお店です。全国に多くある「どさん子」さんの中でも数少ない直営店とのことで、一度行ってみたいなとずっと思っていましたが、お店の前を通っても移動の都合で、時間がなかったりと行けてませんでした。

お店は、地下街に面していて、こじんまりとした造りとなっています。カウンター席が少しと、小さなテーブル席スペースがあります。店内は男性店員さん二人で切盛りされていましたが、挨拶などがしっかりしていて、とても心地よいものでした。

メニューは食券制となっています。味噌ラーメン680円(50年の歴史あるラーメンを、少しずつ現代風に改良)、熟成味噌ラーメン780円(2013年に開始した新作コクまろ味)、中華そば(醤油)680円、塩ラーメン680円を中心に、トッピングなどで価格が変わるようになっています。またセットメニューも存在しました。

この日は、味噌チャーシュー麺880円と、仕事後だったので、瓶ビール480円を注文。瓶ビールは、モルツです。

登場したラーメンは、味噌スープに黒ゴマと、七味のようなものがわずかに浮いています。トッピングは、大判なチャーシュー、コーン、タマネギ、モヤシ、ワカメ、ネギ、メンマとなっています。コーンをスープからすくうことが出来る穴明レンゲも付けられていました。

スープをいただくと、見た目は濃厚そうなのに、控えめで柔らかな味噌味に仕上がっています。濃厚過ぎず、マイルドで、そして七味が入っているので、後味がピリッと引き締まる。なかなか絶妙の仕上がり具合です。

麺は、中くらいの太さの多加水縮れ麺を使用されています。表面はツルっとした感じで、食感もそこそこ。マイルドな味噌スープとの相性も良いですし、モヤシや、コーンと絡まって、楽しくいただくことが出来ます。

具のモヤシは、少し味が入っている感じで旨みがあります。コーン、メンマ、ワカメも味噌味と合っていて、麺と絡めていただくのも、とても楽しい感じでした。

そしてチャーシューは、赤身部分が中心で、濃いめの味付け。しっかりとした食感で、食べ応えがあります。これを味噌スープに漬けて、いただくと、ビールのあてとしてもちょうど良い感じです。

今風に進化した味噌ラーメンとのことでしたが、とても懐かしさも感じる、まとまった味の素晴らしい味噌ラーメンだったと思います。また東京の乗換時には、使ってみたいお店となりました。

↓味噌チャーシュー麺
131002-1.JPG

↓チャーシュー
131002-2.JPG

↓麺とスープ
131002-3.JPG

↓メニュー
131002-4.JPG

↓瓶ビール
131002-5.JPG
posted by たぬき at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2013年09月30日

喜元門・本店@茨城県つくば市苅間

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

つくば市の研究学園駅の近くにあるお店「喜元門」さんです。この日は、出張先の近くで検索すると、こちらのお店が出てきたので入ってみました。

店舗は、マンション?の1階にテナントが複数入っている中の一つが、お店となっています。お店の横に駐車場もあるようでした。とても人気のお店のようでしたので、行列があれば入らないつもりでしたが、平日の夕食時でしたが、すんなりと座ることが出来ました。

店内は、入店した瞬間に感じる強い魚介の香りがインパクトありました。カウンター席とテーブル席が並んでいます。接客はとても良い感じでした。

メニューは食券制となっていました。ただメニューがとても豊富すぎて、一目で判断できないくらいあったと思います。真空とか、海老なんとかとか・・流行ぽい名前がそれぞれ付いていました。

この日は、とりあえず店名の名前がついていた喜元門720円、それにチャーシュー二枚追加+200円にしました。喜元門は、濃厚スープと魚介が7/3と書かれていました。

それと、注文時に、チャーシューを4種からお選びくださいと写真を見せられます。炭焼き、バラ巻き、直火焼き、低温調理の4種とのこと。私はチャーシュー3枚。3枚別々でも良いとのことでしたので、炭焼き、バラ巻き、直火焼きを選びました。

登場したラーメンは、今風のこぎれいな高い器です。高い器は、スープが飛び散りにくくワイシャツを着ているときには、ありがたいものです。

見るからに濃厚そうなスープ、真ん中に白ネギ、わきに青ネギ、ノリ、魚粉たっぷり、メンマ、そして三種のチャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、豚骨と鶏ガラの風味も強く感じる濃厚スープで、そこに魚介の風味も強く加わっています。かなりのドロドロ系なのですが、食べ進むと不思議と後味もさらりとするような感覚。これは、刻んで入れられているネギが緩和してくれているのかな。不思議と濃厚なのに、飲みやすいスープでした。

麺は、中細の低加水麺を使用されています。もっちりとした食感が独特で、食べていて楽しいものでした。スープとの絡みも良かったと思います。

3種のチャーシュー、まず直火と炭焼き、この二つ、炭焼きの方が香りが豊かには感じましたが、あまり差を感じなかったかな。厚みもあるのですが、妙にレアな食感が、個人的には苦手だなと思いました。バラ巻きは、脂分が強いのですが、こちらも妙にレア感が残っていて、工夫されているのですが、あと一歩な感覚が残りました。

しかしながらスープは、こってりなのに飲みやすい、完成度の高い味わいでした。普段は、行列もできるお店とのことで、様々なメニューのレベルが高いんだろうなぁと想像できる内容でした。

↓喜元門・チャーシュー3枚(バラ巻き、炭焼き、直火焼き)
130930-1.JPG

↓チャーシュー(左からバラ巻き、炭焼き、直火焼き)
130930-2.JPG

↓麺とスープ
130930-3.JPG

↓お店の外観です。
130930-4.JPG
posted by たぬき at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2010年11月16日

せたが屋・品川店@東京都港区高輪

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

品川駅の近所にあるラーメン&丼ぶりのテーマパーク「品達」にあるお店「せたが屋」さんの品川店です。東京出張時の帰り際に寄れたりするので、うれしかったりします。

この日は、新幹線に乗るまで少し時間があったので、「品達」をうろうろ。。「せたが屋」さんの前に来た時に、品川店限定「復活!雲のらーめん」と書かれていたので、どうせなら変わったものを食べて帰ろうと、ふらりと入りました。

とりあえず食券制なので、雲のらーめん850円を購入して席に座ります。品達のお店は、ラーメンテーマパークにしては、広々としていますね。以前「なんつッ亭」に入った時も、そう思いました。

メニューは、他に普通のらーめん700円、せたが屋らーめん1000円(らーめんに具だくさん)、つけ麺750円、せたが屋つけ麺1050円(つけ麺に具だくさん)、魚郎らーめん850円(肉、肉、にんにくのがっつり系(二郎系?))がありました。雲のらーめんは、野菜スープのラーメンとのことです。

他にも一品もの、ご飯ものも充実していました。

しばらく待つと、雲のらーめんがやってきました。表面に脂の層があり、その下にみるからにドロドロとしたような赤みがかったスープ。今まで見たことのないようなスープです。具に厚切りチャーシュー1つ、極太メンマ、ネギ、揚げネギ、千切りの唐辛子が乗っています。麺も平打ちの太麺を使っていて、ずいぶん変わった見栄えです。

さて、そのドロドロとしたスープ、レンゲを沈めるのですが、本当にドロドロ。よくこってり系のラーメンにあるコラーゲン、ゼラチン系の粘度があるようなスープでは無いのですが、このドロドロ感はスープというより、イタリアンに使うトマトソース?のような感じです。

味もまさしく、イタリアンのトマトソースのよう。トマトを中心に、タマネギ、セロリ、ニンジンのような風味を感じました。そこにほんのりと魚介の風味がまざっている感じです。全体的には、トマトの味が勝った野菜スープ(ソース?)でした。

そこに麺も平打ちのパスタを思わせるような麺で、本当にラーメンを食べているのかな?と思えるような、独特の雰囲気がありました。麺自体は、ドロドロとしたソースとよく絡み合い、食感も楽しめる良い具合のものでした。

チャーシューは意外とラーメンらしい正統派。すこし炙ったような厚切りの豚肉チャーシューで、醤油ダレの味がしっかりと染みついています。この野菜ラーメン?には、合うのか合わないのか、、、よく分かりませんでしたが(^^; チャーシュー自体は、とても美味しいものでした。極太のメンマも食感は良かったと思います。

とにかく、変わったラーメンでした。普通のこってりとは別物の、どろどろとしたイタリアンのトマトソース風のスープ。麺もそれに合わせてあり、ラーメンとイタリアンの中間のような独特の一品で、ラーメンと思い食べると面喰いますが、このような料理だと思っていただくと、なかなか美味しかったように思います。

↓雲のらーめん
101116-1.JPG

↓チャーシュー
101116-2.JPG

↓極太メンマ
101116-3.JPG

↓麺とスープ
101116-4.JPG

↓肉か野菜か(魚郎らーめん、雲のらーめん)
101116-5.JPG
posted by たぬき at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2010年11月14日

徳福・蒲田店@東京都大田区西蒲田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

徳島ラーメンのお店「徳福」さんです。以前、京都にも出店されていたのですが、食べる機会がないまま撤退されたのを残念に思っていました。この日は、ちょうど夕食をどこかで食べようかとJR蒲田駅前を歩いていたときに、目の前にお店が現れたので、これも縁?と思って、なんの情報も無く入店。

お店は、駅前で通勤客相手なのか、カウンター中心の座席構成でした。テーブル席は4人掛け席が2つあっただけだと思います。駅前で、夕食時だったのですが、客入りは少なめなのと店内が全体的に暗かったのは、少し気になりました。もう少し雰囲気を変えるだけで、もっと客入りは増えそうなお店です。

このお店は、食券制です。メニューは、徳島ラーメンの中華そば680円、玉子入りそば780円、肉入りそば880円、肉玉そば950円、また蒲田店の限定メニューなのか蒲田スペシャル(全部のせスペシャル)1200円というものがありました。

その他に、濃厚みそラーメン、濃厚みそチャーシュー麺、つけ麺、特製つけ麺、冷し坦々麺もありました。またご飯もの、一品ものもあります。

この日は、肉玉そばを注文。玉子は、生、味玉、温玉から選べるとのことで、生玉子にしました。

さて出てきたラーメン、徳島ラーメンらしい見栄えの一杯です。スープは少し脂分が多いように見えます。具は、豚バラ肉、生玉子、ネギ、メンマ、モヤシ。今まで食べた徳島ラーメンのお店は、一杯がとても小さく、ご飯と一緒に食べるスタイルだったのですが、ここのお店は普通のラーメンサイズです。

スープは、私が今まで食べたことのある徳島ラーメンの「いのたに」さん、「東大」さんと比べると、ややあっさりした風味の豚骨醤油味です。徳島らしい甘辛いような味付けですが、塩気がかなり強めです。スープの表面には、脂が多く浮いていますが、くどさはなく、さらさらとした飲み具合です。しかしながら、豚骨の旨みはしっかり出ていて、徳島ラーメンらしさは、しっかり出ていると思いました。

麺は低加水の、やや太め平打ち麺を使用。太めのしっとりとした食感は、なかなかよく、うどんとラーメンの中間をいただいているような感覚がありました。スープの旨みをしっかりと吸い込む麺で良かったと思います。

豚バラ肉は、量が多いのですが、過去に食べた徳島ラーメンのお店と比べると、とても薄切りなのと硬い食感なのが少し残念です。しかし甘辛く味つけられており、スープとはよく合う味でした。

生玉子は、この甘辛いような徳島ラーメン特有のスープによく合いますね。ちょっとしたすき焼き風な味わいになって、面白いと思います。

突然、前知識もなく入ったお店ですが、なかなか良い感じでいただくことが出来ました。徳島ラーメンの味は好みなので、他のお店も行ってみたいと思います。

↓肉玉そば
101114-1.JPG

↓豚バラ肉
101114-2.JPG

↓麺とスープ
101114-3.JPG

↓生玉子
101114-4.JPG
posted by たぬき at 16:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2010年11月12日

ますたに・日本橋本店@東京都中央区日本橋

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

東京に行けば、ぜひ行きたかったお店「第二旭」さんが、今年の夏に閉店されたとのことで・・・泣く泣く・・東京でもやっぱり、京都ラーメンを食べてやる!と、、京都の老舗店「ますたに」さんの日本橋の店舗へ。このお店は、京都の北白川にある「ますたに」さんの本店で修業され、暖簾分けされたとのことで、期待が持てます。

お店は、さすがに日本橋にあるとのことで、開店すぐにおとずれたのですが、次々とお客さんが来られます。

店内入って、すぐのカウンター席に座ったので、奥はよく見えませんでしたが、けっこう広そうでした。清潔感もあり、店員さんの元気もあります。ただ店員さんの雑談も多く、「活気がある」と「騒々しい」の中間のような、居心地の悪さはありました。この清潔感と喧騒は、良くも悪くも「ますたに」さんの本店とは、正反対のように思いました。

メニューは、ラーメン750円、ラーメン大盛り850円、チャーシューメン930円、チャーシューメン大盛り1030円。東京価格?でしょうか。京都の本店と比べるとずいぶん高いですね。ただ、このお店、ラーメンを食べると、ごはんは無料サービスでした。ただ、ラーメンとライスを付けて食べない私には、100円引いてでもラーメンのみにして欲しいなぁと思いました。

また本店と違い、トッピングが充実していて、味付半熟玉子120円、味付玉子100円、生玉子50円、ねぎ多め100円、メンマ多め100円、とろける海苔120円などがあります。

この日は、とりあえずチャーシューメン930円に味付半熟玉子トッピング+120円で注文しました。

さて、出てきたラーメン、器がとてもきれいだったのもありますが、見た目の印象は、京都の「ますたに」本店を、洗練させたような都会的な雰囲気です。背脂がきめ細かく入っており、背脂の量は、京都の店より、ずいぶんと多いです。京都の本店は、器が小さいのですが、このお店は、普通のラーメンサイズ。そしてチャーシューたっぷり、他にネギとメンマ、トッピングの味付半熟玉子が入っています。

スープは、鶏ガラベースの醤油味ですが、わずかに振りかけられている一味が強く効いていて、意外なほどピリ辛感が残ります。鶏ガラのコクは控えめで、どちらかというと醤油と辛さが目立ちます。

私は、京都の背脂醤油と言うと「ほそかわ」さんを食べる機会が多く、昨年、久しぶりに「ますたに」さんの京都本店をいただいたときに、ピリ辛な醤油味で、雑味が多いな・・と思ったのを覚えていますが、それを忠実に再現しているようなスープでした。良く言うと本店の味を再現しているのですが、逆に私は「ますたに」さんて、こんなに雑味の多い辛さが目立つスープだっけ?と思うスープでした。

麺は、本店と同じく細めのややカールした麺を使用。茹で具合が柔らかくて、背脂醤油のスープとよく絡み合います。

チャーシューは、赤身肉を使用。本店より多くの肉が使われ、ややパサパサとした食感があったのは残念でしたが、ボリューム感もたっぷりです。

そして本店にはない味付半熟玉子。こちらは、黄身のとろけ具合も素晴らしく、なかなか良いアクセントになる一品でした。

京都の「ますたに」さんを、忠実に再現し、さらに洗練させたようなラーメンで、なかなか良かったと思います。ただ、昨年訪れた「ますたに」さんの本店と今回のお店ともに、私の好みからは少し離れていたような。。「ますたに」さんの味わい、こんな感じだったかな?以前は、鶏ガラのコクがもっと効いていたんじゃないかな?と思ったりもしました。

↓チャーシューメン+味付半熟玉子
101112-1.JPG

↓チャーシュー
101112-2.JPG

↓麺とスープ
101112-3.JPG

↓お店の外観です。
101112-4.JPG
posted by たぬき at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2010年06月27日

塩専門ひるがお・東京駅店@東京都千代田区丸の内

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

東京駅一番街にある「東京ラーメンストリート」に入っているお店「ひるがお」さんです。

有名な「せたが屋」さんの本店がお昼だけ塩専門の店として「ひるがお」をやっておられるそうですが、東京ラーメンストリートでは、一日を通して「ひるがお」の味を楽しめるそうです。

お店は、ラーメンテーマパークにありがちな、食券を先に買うシステムです。券売機を見ていると、チャーシューメンに相当するものが見当たらなかったので、一番スタンダードな「塩ラーメン」750円を購入。

その他、味玉ラーメン850円、塩らーひるがお盛り1050円、塩つけ麺800円、塩玉つけ麺900円、つけ麺ひるがお盛り1100円などのメニューがありました。

店内は、カウンターとテーブル席があり、いろんな人数のお客さんに対応できそうな雰囲気でした。東京駅と言うだけあり、食事時ではありませんでしたが、混雑していて活気がありました。

さて出てきた塩ラーメン、やや茶色く濁ったような色合いのスープです。具はチャーシュー、メンマ、あおさのり、ネギはせん切りと細切れにしたものがスープに浮いています。

スープをすすると、表面に浮いている脂分が意外と効いていて、まろやかな舌触り。味わいは、ゆずのような柑橘系の味わい、細切れのネギの甘み、それと強めに魚介系の味が効いています。それらが絶妙に混ざり合い、なかなか旨みのあるスープでした。

麺はやや縮れ麺。食感が良く、まろやかな旨みのある塩スープと相性が良いです。あおさのりは、塩ラーメンと相性が良いですね。あっさりしたスープの良いアクセントとなっていました。

チャーシューは、あっさりとした味付けですが、肉の旨みが感じられる良い味わいでした。チャーシューメンがあれば、注文したいなと思えるほど、良い感じのチャーシューでした。ただ、この塩ラーメンに関しては、値段(750円)で、チャーシュー1枚は、少し残念な感じがします。

なかなか味わいのある塩ラーメンでした。東京駅という関東の玄関口で、このような美味しいラーメンを食べられるのは、旅行者、出張者にとってもうれしい気がします。東京駅は、仕事でたまに来るので、またこのラーメンテーマパークには立ち寄りたいと思います。

↓塩ラーメン
100627-5.JPG

↓チャーシュー
100627-6.JPG

↓麺とスープ
100627-7.JPG
posted by たぬき at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2010年06月25日

名代らーめん六天閣@さいたま市中央区上落合

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

埼京線、北与野駅を降りてすぐにあるお店「六天閣」さんです。独特の紫色の外観が印象的な店舗です。

この日は、金曜の夕食時でしたが、お店のドアを開けると誰もおられません。あれ?と思い、店を見渡すと店長さんが、小忙しそうにうろうろされていました。

店内は、カウンター主体ですが、テーブル席もありました。このお店、独特の雰囲気で、わざとカウンター席から厨房が覗けないようにしてあるかのように、メニューがカウンターの上の空間にぶら下げられています。

メニューは、おすすめと書かれた魚介系強めの醤油味「六味らーめん」の他、魚介系強め味噌、醤油、魚介豚骨、特塩などいろいろとあります。

初めて来たお店なので、おすすめと書かれた「六味らーめん」(650円)のチャーシュートッピング(+250円)を注文します。で、ここで少し気になることが・・・いざ注文しようとすると・・店長さん、、

たった一人の客の私を気にもせず、奥の倉庫?みたいなところとを行ったり来たり。無視状態です。どのタイミングで注文すればいいのかな・・と思っていると、よく見るとカウンターと厨房の空間を隔てているメニューのカーテンに、でかでかと「ご注文はい・つ・で・も申し付けください」と書かれています。

なので「六味らーめん」のチャーシュートッピングください!と店長に言います。・・・・・・店長無視。無反応。で、もう一度「すいませーん!」と声掛けるとさらに無視。なので、もう一度「すいませーん!」と声掛けると・・

店長「六味ラーメンのチャーシュートッピングと他になんですかー?」と目も合わせず答えが返ってきました。なので「それでいいです」と答えると、「何度も言われんでも聞こえてるわ!」と、これまた目も合わせず店長が言います。

怒・怒・怒・・・・ なんちゅう接客やねん!店出たろか?と思いながらも、気持ちを抑えてラーメンを味わってみようと、待ちました。

さて、出てきたラーメンは、醤油味のスープに大きいチャーシューが鉢一杯に浮いています。具は、ネギ、ノリ、カイワレ、メンマ、チャーシュー。メンマ、ネギともに切り方が工夫してあり、見た目もきれいなラーメンでした。

スープは、魚介系強めというだけあり、魚介の味ががつんと効いたパンチ力のあるスープです。魚粉の量も半端じゃないくらい浮かんでいました。醤油の味わいもまろやかで、なかなか美味しいです。ただ、食べ進むうちに単調で変化のない味だな・・と思いました。

麺は、ややねじれの効いた太縮れ麺。食感が良く、かなり好印象の麺でした。スープとの絡み具合もよく美味しくいただくことが出来ました。

チャーシューは、脂身部分を使っていて柔らかいだけでなく、大きく食べ応え抜群です。強い主張を持つスープの中でも負けない存在感がありました。

メンマは、切り方は特徴があるのですが、味わいは普通な感じ。カイワレ、ネギなども主張の強いスープの中での小さなアクセントと言った感じで、それほど存在感は無いでしょうか。

麺とスープの美味しさは、けっこう高レベルなラーメンでした。しかしながら、客と一切目線を合わせない、返事をしない、客に文句を言う、あの接客はどうなんでしょう?金曜の夕食時なのに、誰もお店にいない理由がわかった気がしました。

ラーメンはそれなりに美味しかったのですが、味よりも店長の言動にイライラするお店でした。味は★★★かもしれませんが、接客は★も無いと思います。

それとは逆に、このような店長さんだと知って行けば、美味しいラーメンをなににも干渉されず黙々と食べれて、逆に良い店なのかもしれないな・・とも思いました。

ただ個人的に、近所に住んでいてもこのお店には二度と行かないと思います^^;

↓六味らーめん+チャーシュートッピング
100625-1.JPG

↓チャーシュー
100625-2.JPG

↓メンマ
100625-3.JPG

↓麺とスープ
100625-4.JPG

↓お店の外観です。
100625-5.JPG
posted by たぬき at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2010年06月23日

ごう家@茨城県つくば市天久保

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

TXつくば駅から、北へずいぶん行ったところにあるラーメン店「ごう家」さんです。学研都市にありがちな広くきれいな道(学研東大通り)沿いにある小さな建屋のラーメン店です。夜に行ったためか、周りは少し寂しい雰囲気がありました。

逆にお店の中は、店員さんも元気よく非常に活気があります。カウンター中心のお店ですが、奥のほうにはテーブルもありました。大学生さんが多いのでしょうか。外の静けさとは逆に、多くのお客さんで、とても賑わっていました。

メニューは、いろいろありましたが、豚骨ベースの「特製ラーメン」がメインのようです。その他、豚骨ベースの特製みそがあり、鶏ガラベースの中華そば、背脂ラーメンなどがありました。またつけ麺もありました。

また一品料理もかなり数多くあり、ちょっとした飲み屋として活用できそうなくらい種類がありました。中でも手羽先揚が人気のようでラーメンに次ぐお店の看板メニューとして書かれていました。

この日は豚骨ベースの「特製チャーシューメン」(892円)を注文。店内の暖簾に、茨城産ローズポーク使用と書かれていたので、チャーシューがどんなのか期待が高まります。

さて、白濁した濃厚そうなスープのラーメンが出てきます。トッピングは、チャーシュー、ノリ、メンマ、ホウレンソウ、白ネギ、ゴマです。

スープを飲むと豚骨のダシがしっかりと効いた豚骨醤油スープです。スープの温度は熱々です。豚骨の風味が濃厚に出ているのですが醤油の味は控えめです。濃厚ですが、後味はすっきりしています。やや豚骨の臭みを感じます。

この豚骨醤油スープ、細切れの白ネギが浮いていてその甘みとゴマの香りが絶妙にマッチしているのも特徴で、なかなか美味しいスープでした。

麺は多加水の太縮れ麺。コシの強さとスープとの絡み具合が良く、食べ応えのある麺だと思いました。

具は、メンマが色合いが濃くて特徴的。色合いは濃いのですが味わいは、それほど塩分が濃いわけでもなく、むしろ食感を楽しむタイプのものでした。

それと、ホウレンソウが味付けも塩気が強く、特徴的でした。スープを飲む時のアクセントとなっていました。

そして茨城産ローズポークを使用したチャーシュー。こちらは、柔らかく肉の美味しさも伝わってくるのですが、一つ一つが小さく、数も薄切りが4枚と少なく、ややチャーシューメンにしては満足度が足りないかな・・と思いました。

しかしながら全体的に、スープも高レベルで、高レベルのお店でした。初めて来る地域で、このような美味しいお店と出会えるとうれしい気がします♪

↓特製チャーシューメン
100623-1.JPG

↓チャーシュー
100623-2.JPG

↓麺とスープ
100623-3.JPG

↓濃い色合いのメンマ
100623-4.JPG

↓お店の外観です。
100623-5.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2008年11月04日

麺屋武蔵 江戸きん@東京都台東区

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

浅草の駅からすぐにある「麺屋武蔵」の支店「江戸きん」です。麺屋武蔵の系列に行ったのは、奈良の「麺屋伊織」、東京・上野の「麺屋武蔵 武骨」についで3回目です。

麺屋武蔵の系列は行列は必須・・と思いつつ、すんなりお店に入れました。浅草という観光地だからか、わざわざラーメン食べに来る人は少ないのかな?

この江戸きん、金魚をモチーフに作られた?お店のようです。いたるところに金魚のデザインが用いられています。ラーメンメニューにも金魚をイメージした、赤と黒のワンタンメンが浮かぶラーメンがあるとのことで期待していましたが、この日、そのメニューは存在しませんでした(;;)

そこで、注文は迷いつつ、お店のオススメメニューということで「味玉チャーシュー麺(醤油)」を注文しました。

出されたラーメン、澄んだ色の醤油スープにたっぷりのチャーシューが浮いています。玉子とノリのトッピング。ボリューム多目です。

スープは、飲むと優しい味わい。和風スープです。もっちりとした太麺は、麺屋武蔵系列の特徴なのかな・・ この太麺、食べてると不思議な感覚です。和風なスープと交わって、あれ?関西風うどん?とか思います。

チャーシューは、赤身がメイン。ただ、とても煮込まれていて、味が付いていて柔らかいです。やや、かさつき感を感じたのですが、美味しいチャーシューでした。味玉も中が半生な感じで美味しかったです♪

和風なラーメン。すこしうどんを思い出しましたが、なかなかのお味でした♪

↓ボリューム多目な醤油ラーメンでした。テーブルは金魚デザイン。
081104-1.JPG

↓こちらもボリューム多目なチャーシュー♪
081104-2.JPG

↓もちもちした太麺が特徴でした♪
081104-3.JPG

↓店内は金魚のデザインで統一されていました。和風な感じです。
081104-4.JPG

↓お店の外観です。
081104-5.JPG
posted by たぬき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2008年02月25日

麺屋武蔵 武骨@東京・御徒町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この「麺屋武蔵 武骨」は「麺屋武蔵」の4番目の支店として出来たお店だそうです。以前、記事で書いた麺屋武蔵系列の関西のお店「麺屋 伊織」を食べたときから、一度は関東の「武蔵」系列を食べてみたいと思っていました。

お店は、開店前に行ったのですがすでに10人弱、行列が出来ていました。準備中の店内からは、店員の威勢の良いかけ声が聞こえます。

開店後、順序良く店員の導きで、中の食券機で券を買います。ラーメンのスープは、白武骨、黒武骨、赤武骨の3種類。それに具のトッピングで、普通のラーメン、味玉、チャーシュー、味玉チャーシュー、味玉Wチャーシューから選択できます。

ここは、一番こってりらしい黒武骨スープの、一番量が多そうな味玉Wチャーシューを注文しました。

店内では、3人の店員がとても手際よく、手分けして作業していきます。何かのショーを見ているようでした。どんどんラーメンが作られていきます。

さて、出てきたラーメン。チャーシューを見てびっくり。厚切りのチャーシューを超えています。もう肉塊。インパクト超大です!

スープは黒いマー油らしきものが浮いたとんこつスープです。しかしスープを飲むとイカ墨の味がします。イカ墨風マー油?イカ墨の味ってとてもトンコツラーメンに合うんですね。

麺は「麺屋 伊織」と似たような太麺。もちもちした食感が良いです。麺のボリュームも普通のラーメンより多かったと思います。

そしてチャーシュー。これがもうやわらかくて、ド迫力で。ただWチャーシューにしたのは、失敗でした。適度がいいですね(笑)最後は、脂っこすぎて、ギブアップしそうになりました。

全体的に味もよく、インパクトの大きいラーメン店でした♪

↓チャーシューがずっしり乗ったインパクト大ラーメンです。
080225-1.JPG

↓1枚のチャーシューをレンゲと太さ比較。この厚み・・これが何枚も乗ってるなんて・・
080225-2.JPG

↓お店の外観。ずっと行列が出来ていました。
080225-3.JPG
posted by たぬき at 22:02| Comment(2) | TrackBack(1) | ラーメン@関東

2008年01月22日

なんつッ亭・品川店@東京・品川

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

関東のトンコツラーメンの人気店「なんつッ亭」です。一度行ってみたいなーと注目していました。ということで品川駅前のラーメン&どんぶりテーマパーク「品達」に行ってきました。

「品達」は、品達ラーメン(ラーメン店:7店舗)と品達どんぶり(どんぶり店:5店舗)に分かれています。品川駅の高架下にあるので、フードテーマパークという雰囲気でもありません。

↓品達ラーメンの看板。品川駅高輪口(西口)を出て、徒歩5分くらい。高架下にあります。
080122-1.JPG

行く前は、もうひとつの人気トンコツ店「ひごもんず」とどちらにしようか迷ってましたが、初心貫徹で「なんつッ亭」へ。ラーメンテーマパークって混んでるんだよなぁ。。と思っていましたが、土曜の夕方6時ごろにもかかわらず、あっさり店内に入れました。

↓「うまいぜベイビー!」が目印
080122-2.JPG

さて、ラーメンは食券を買うシステムなので、「ちゃーしゅーめん」に温玉子、のりトッピングを注文しました。僕は、塩やトンコツラーメンの「のり」好きなんです♪

で、待ってる間に店内を観察していると、普通のラーメンにも「のり」は1枚乗っています。え!?「のり」1,2枚でいいのに。。と、注文したラーメンが運ばれてきてびっくり。「のり」多すぎ(^^;失敗しました。まぁ、ノリ好きなのでかまいませんが・・

のりが多すぎてラーメンが見えないので、のりを開けてみます。すると、トンコツスープ一面に黒色のマー油が広がっています。そしてマー油の良い香りがします。熊本系トンコツなんですね。でも、熊本系のラーメン店でも、黒いマー油なんて、はじめてかもしれません。

スープは「豚の骨」「無鉄砲」のようなドロドロこってり感はないのですが、しっかりとしたトンコツの味が出ていて、こってり気味で美味しいです♪マー油ともばっちり合ってます!

麺は中太くらいかな?ストレート麺です。このスープととても合います。

チャーシューは、ほどよく脂身が入っていてやわらかくて美味しい。その他にもやしもトッピングされています。

いやぁ、美味しかったです。人気店だけありますね♪次、品達に来ることあるかなぁ?来たら寄りたいですね♪でも混んでませんように!

↓メニュー到着直後。のりだらけで、なにがなんだか分かりません(笑)
080122-3.JPG

↓のりを開けると、黒いマー油がトンコツスープに浮いています。良い香り。スープはこってりして美味しいです♪
080122-4.JPG

↓スープのアップ。のりがあるから黒いわけでなく、本当に黒いマー油が浮いたスープです。
080122-5.JPG

↓チャーシューアップ。やわらかくてスープの味と相性も良いです。
080122-6.JPG
posted by たぬき at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2008年01月21日

活力屋@東京・秋葉原

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

秋葉原を散策したときに寄ったお店です。あっさり塩ラーメンが食べられるとの事で、自前に調べていきました。

お店は階段を上った2Fにありました。看板が立ててあり「ええスープでてまっせ!」となぜだか関西弁で書いてあります。

注文したラーメンは「えび塩焼豚そば」だったと思います(よく覚えてません^^;)それと単品で「炙りトロ焼豚」(300円)を注文しました。トロ焼豚と普通の焼豚があり、普通のは200円でした。

出てきたラーメンは、スープはあっさり透明色ですが魚粉がたっぷり浮いていて良い香りがします。それとスープ表面に薄く膜が張っていて、味を閉じ込めているような感じ。

このスープの味、えび味が効いています。塩の味と魚の旨み、えび味がうまくミックスしていて、予想以上に美味しいです!あっさりなのに、物足りなさなどなくて、とても味わい深いです。

チャーシューも赤身ですがやわらかく美味。玉子も良い味付けです。その他トッピングにほうれん草と「なると」が付いてます。なるとをトッピングするお店、最近少ないですね。

単品の「炙りトロ焼豚」は、ラーメンに入ってるチャーシューと違いバラ肉です。醤油ダレで味付けされ、やわらかくすごく口の中でとろけて美味。ラーメンにそのまま入れても美味しそうです♪

本当に予想以上に美味しいお店でした♪秋葉原に再度、行くときは、ぜひ寄りたいラーメン屋さんでした。

↓あっさり味なのに、しっかりとした味付けの美味しいラーメンでした♪
080121-1.JPG

↓やわらかい「炙りトロ焼豚」
080121-2.JPG

↓店は階段をのぼった2Fにあります。
080121-3.JPG

↓たて看板の「ええスープでてまっせ!」が目印
080121-4.JPG
posted by たぬき at 23:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2007年12月22日

天神屋@東京・御茶ノ水

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

出張時の昼ごはんに食べたお店です。店はL字型のカウンターのみで食券を先に買うタイプのお店でした。

濃厚な醤油味のスープです。すこしとろみを感じるくらい。表面にはわずかに背脂が浮いていて、鰹系の味がします。とても美味しい♪

チャーシューも程よいやわらかさで、麺は中太の縮れ麺です。これが、またスープとよく合います。

本当に美味しかったです♪近所にあれば、何度でも食べに行くのにな。

↓こってり醤油味。まろやかで、とろみのあるスープ。
071222-1.JPG

↓店構え。広くはなくカウンターのみですが、店内はきれいです。
071222-2.JPG
posted by たぬき at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2007年11月28日

こうや麺房@東京・御茶ノ水

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

出張時のお昼に寄ったお店です。本当は事前に調べていたお店に行く予定だったのですが、店が開いてなかったので、このお店に寄りました。ここも出張先の近所なのでネットでは調べていました♪

店に入ると、雑誌の紹介記事がおいてあり読んでいると「雲呑麺(ワンタンメン)」(840円)が看板メニューのようです。チャーシューメンが好きなのですが、看板メニューの雲呑麺を頼みました。ちなみにチャーシューメンは945円。他にいたお客さんも雲呑麺を頼んでました。

スープは鶏がら、豚骨をベースにしているとのこと。ただ実際の味は、あっさり醤油味と塩味の中間のような味です。ちょっとあっさりすぎて、私的にはインパクトにかけました。

ただワンタンは、とても大きく美味しかったです。めったに食べないワンタンメン。こんなに美味しかったのですね。チャーシューも2枚入っていて、まあまあのお味でした。

↓大きいワンタンが浮いています。美味しいんですよ。ワンタンのお肉の味が。
071128-1.JPG

↓「支那麺」と書かれた旗が店前にあり、すぐにお店を見つけることが出来ました。
071128-2.JPG
posted by たぬき at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2007年10月21日

くにがみ屋@川崎市

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

071020-1.JPG

出張先の川崎で、仕事前に昼食をどこで取ろうかと、駅周辺をぶらぶらしてると「ラーメンSymphony」なる小さなラーメンテーマパークがありました。

濃厚そうな「なんつッ亭」というお店が気になるが前日、飲んでいたのでこってり系はやめようと・・「くにがみ屋」へ。

店に入ると大きく「クアトロスープ」と宣伝されてます。ダブル、トリプルスープより手間をかけた本マグロ、鯛、鳥、豚のスープだそうです。

たのんだのは、あぶり焼きチャーシューメン(980円)。来たラーメンは、魚介系の香りがします。どんぶりの形が妙に変わっていて、見た感じ量が少なく見えます。なのにどんぶりの下のほうが、細く深くなっていて、実際にはボリュームが結構あります。

スープには魚粉が浮いていて、この味がすごく効いている感じで、ただのあっさりでなく、深い味わいがあります。チャーシューもやわらかく、あっさり系ですが味がしっかりしていて美味しいです。

うーん関西にお店があれば、何度となく訪れたいと思えるお店でした。
posted by たぬき at 14:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン@関東