2010年12月26日

巽屋@徳島市住吉

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

香川うどん巡りの後、大歩危小歩危、うだつの町並みを観光し、徳島へ。徳島ラーメンのお店「巽屋」さんに立ち寄りました。徳島ラーメンは「いのたに」「東大」「徳福」さんに続いて、4回目です。特に最初の2店舗は大満足だったので、期待が高まります。

お店は、けっこう大きめの店舗で、隣に駐車場が完備されていて、けっこうな台数が停められそうでした。

店舗に入ると、すぐそこに券売機があります。店内は、4人掛けのテーブルが多く並んでいて、食堂のような雰囲気でした。

メニューは、ラーメンメニューとして支那そば(小)500円(大)580円があり、そのトッピングによって、値段が変わるようです。トッピングは、玉子入+50円、肉入+150円、肉玉入+200円、チャーシュー入+250円とのこと。徳島ラーメンの特徴の豚バラ肉は、「肉」と呼んでいるんでしょうね。それ以外にチャーシューを選べるのは、面白そうです。

その他はライスがあるくらいです。ネギやメンマ、モヤシ、肉、チャーシュー増しも有料ですが、出来るようでした。

ということで、とりあえず肉玉入(小)を注文。

しばらくすると、出てきたラーメン。見た目は、いかにも徳島ラーメンだなぁ!・・という雰囲気です。器は小ぶり。これは徳島ラーメンの基本ですね。ごはんといっしょに食べるような一品なんですね。そして濃厚そうな色合いの豚骨醤油スープに、豚バラ肉、生玉子、モヤシ、メンマ、ネギ少々がトッピングされています。

スープをいただくと、かなり濃厚な味わい。過去に食べた徳島ラーメンのお店と比べると、豚骨の風味は少なめで、醤油が前面に出ているタイプです。悪い言い方をすると、豚骨のコクが少なく、なんとなく硬い感じ、良く言うと醤油の深みがあるが後味が引かない切れ味が良いスープ、そんな感じでしょうか。個人的には、もっと動物系のダシがガツンと効いているほうが好みですが、これはこれで、なかなか良かったと思います。

麺は、中細ストレート麺を使用。濃厚なスープで色合いも濃くなっている感じでした。食感は柔らかめですがスープをよく吸うので、美味しくいただくことが出来ました。

そして、生玉子の黄身を割ってやると、スープがややまろやかに。玉子の風味が生きて、ちょっとすき焼きっぽい味わいになります。麺との絡みもよく、玉子を割ってからの味わいも良い感じでした。

豚バラ肉は、とても薄切りで小ぶり。ただ、味付けは甘辛く濃いめにされており、さらに噛むと脂分がじわ〜とにじみ出て、美味しくいただくことが出来ます。もう少し厚さや、量があれば、もっと満足できるのにな・・と、そのあたりは少し残念な気がしました。

もやしは最初は、濃い味わいのスープを邪魔するのでは・・といらないのでは?と思ったのですが、超濃厚なスープが、もやしにすら味を付けてくれます。なのでサクサク食感&濃厚な風味で、良いアクセントとなっていました。

個人的には、初めて食べた徳島ラーメンの「いのたに」さんのような衝撃はありませんでしたが、濃厚かつ、後味はあっさりとしたスープは、誰にでも食べやすそうなラーメンだなと思いました。徳島の味は、個人的に好みなので、また機会があればいろいろなお店を巡ってみたいと思います。

↓肉玉入(小)
101226-9.JPG

↓豚バラ肉
101226-10.JPG

↓麺とスープ
101226-11.JPG

↓店内の雰囲気
101226-12.JPG

↓お店の外観です。
101226-13.JPG
posted by たぬき at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2010年11月08日

好来道場@名古屋市千種区春岡通

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

名古屋の老舗のお店「好来道場」さんです。私は、名古屋のラーメンは詳しくないのですが、このお店は薬膳ラーメンという系統の元祖だそうで、名古屋には、同じような系統のお店がたくさんあるようです。

お店の外観は、とてもラーメン店には思えないような、素朴な雰囲気が漂います。なかなか、知らない人はラーメン店と思わないのではないでしょうか。お店の周りには駐車場がありますが、人気店なのでほとんど埋まっているようでした。

店内は和風な空間。一見、お寿司屋?と思わせるような独特の雰囲気です。店長さん店員さんの服装も和式で、木目調の店内。席はカウンター席のみで、10席前後だったと思います。常にお客さんが来られるので、数人は待っておられ、店内に待つための席とテーブルが用意されています。

このお店、店内に入ると、まず注文を聞かれます。そして、注文するとメニューと番号が書かれた札を渡されるので、それまで席に座って待つというシステムです。次から次へとお客さんが来られるのですが、ひとつひとつ丁寧に接客されている姿は好印象でした。

メニューも和風なネーミングで、以下の通り。
松 800円:並
竹 1000円:メンマ多し
寿 1000円:チャーシュー多し
寿竹 1200円:チャーシューメンマ多し
大松 1000円:めん多し
大竹 1200円:めんメンマ多し
大寿 1200円:めんチャーシュー多し
大寿竹 1400円:全部多し
快老麺(並) 800円:松よりチャーシューが一枚少なく、鉢一杯のとろろ昆布とノリ2枚
快老麺(大) 1000円:快老麺の大サイズ
ねぎ多し 100円

あまりこのお店に関する前知識もなかったので、とりあえず寿竹(チャーシューメンマ多し)を注文してみました。注文すると札を渡されるので、椅子に座って待ちます。待ち合い席に愛知のラーメン本が置いてあったので、読んでいると、このお店の薬膳スープは、鶏ガラ、豚骨、野菜のダシと載っています。楽しみです♪

そのうち番号を呼ばれるので、席に座ると、ほどなくラーメンが運ばれます。

ラーメンを見て、まず笑ってしまいました。とにかく大量のメンマ!メンマ!メンマ!しかも極太!(笑)見た目は、古風なラーメンと言う感じです。スープは、やや濁った感じの醤油スープで鉢に満杯に入っています。そのスープ上にネギがまばらに浮いています。

とりあえず、スープをいただくと、あっさりとした和風の味わい。鶏ガラや豚骨の風味は、とても控えめで、どちらかというと野菜の風味が効いていると思います。醤油の酸味は感じず、あっさり、優しく、後味のキレが良いです。最近、流行りのパンチ力勝負のようなラーメンにはない、素材そのものの風味が効いたとても旨みのある味わいでした。

とにかくメンマを・・・・とメンマをいただくと極太だけに食感がとても良いです。味付けはスープに合わせてあるのか、あっさりしていてスープの旨みを邪魔しないように仕上がっています。これだけの分量があるので、食べ終わる頃の満腹感はけっこうありました。

メンマの層の下にチャーシューの層があります。チャーシューは脂身部分のロールタイプです。予想以上に分量が多く、数を正確に覚えていないのですが、10枚くらい入っていたと思います。これらも味は控えめですが、肉の旨みがしっかり出ているのと、適度な柔らかさと食感があり、とても良い出来でした。

一番下の層に麺があります。麺は分量少なめです。やや太の縮れ麺で、茹で具合は、やや柔らかめです。太めの麺らしい、もちっとした食感がとても良かったです。麺自体もスープを吸いこんでいるのか、ほのかな旨みを感じる美味しい麺でした。

老舗店らしい店内の雰囲気と、接客の丁寧さ、ラーメンの個性、味、どれをとっても満足できるお店でした。私が待ち合い席で読んだ本には、一日80杯と書かれており、売切れもよくあるようです。食べたい方は、早い時間帯に行かれるほうが良いと思います。

↓寿竹
101108-1.JPG

↓メンマ
101108-2.JPG

↓チャーシュー
101108-3.JPG

↓麺とスープ
101108-4.JPG

↓メニュー
101108-5.JPG

↓外観
101108-6.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2010年07月31日

天下一品・中央通り店@仙台市青葉区中央

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

こちらの「天下一品・中央通り店」も仙台の「天下一品こむらさき」の系列店だそうです。仙台出張初日に仙台の天下一品を食べて、そのオリジナリティーがとても印象的だったので、この日は、他のお店に行く予定をやめて訪れました。

お店は、中央通りのアーケードの中。「こってり」の文字があり、その通路を入っていくと、繁華街にふさわしくないような通路に面した半屋台のような不思議なお店に出くわします。

店内というか通路沿いというか・・にカウンターがあり、通路に面して、強引に8人掛けのテーブルが一つ置かれています。8人掛けと言っても、合席なので、ほぼカウンターという感じでしょうか。

メニューは、こむらさき店と同じく、京都とは違う感じ。
天下一品ラーメン750円、肉多め1000円、大盛950円、大盛り肉多め1150円、和だしラーメン650円、天下一品味噌800円、冷しメカブラーメン680円、天下一品土鍋チーズ800円。 このお店には印度一品はありませんでした。

ということで、どうしても食べたかったお目当ての「天下一品土鍋チーズ」を注文。いったいどんなものか・・期待が高まります。

そして、こむらさき店と同じく、最初に茹で卵がサービスで出てくるので、塩をかけて食べながら待ちます。

さて、出てきたラーメン、名前の通り小ぶりな土鍋に入ってラーメンが出てきます。天一のこってりスープの上にチーズがたっぷり乗り、ぐつぐつ煮たっています。具はチャーシュー、ネギ、メンマ。今まで見たことのない天一ラーメンですね〜(笑)

さてアツアツのスープを冷ましながらいただくと・・京都よりクリーミーな独特の仙台天一スープにさらにトロリとした食感のチーズが合わさり、とても濃厚で滑らか。天一のスープにチーズはよく合うんですね。おどろきました。これは、本当に相性の良い味だなと思いました。

麺は、こむらさきでいただいた麺と少し違います。同じ多加水の黄色がかった麺を使用しているのですが、こちらは中太縮れ麺を使用。おそらくアツアツのスープに負けないように太いものを使用しているのだと思いましたが、こちらのほうが濃厚スープをよく絡める感じで、好みでした。

チャーシューもこむらさき店のものと違い、赤身肉を使用。濃厚でアツアツのスープなので、とろけるようなチャーシューでなく、逆にしっかりとした食感の赤身肉のほうが合うなと思いました♪

メンマやネギは、このインパクト大のスープの中では、本当に存在感が少なく、なくても良いかも?と思いました。

非常に特徴のあるインパクト大の天一でした。近所にお店があればはまりそうです(^^; 印度一品など、他のメニューも試してみたいので、いつか仙台を訪れたときには、再訪したいと思います。

↓天下一品土鍋チーズ
100730-1.JPG

↓チャーシュー
100730-2.JPG

↓麺とスープ
100730-3.JPG

↓茹で卵サービス
100730-4.JPG

↓お店の外観
100730-5.JPG

↓店に続く通路
100730-6.JPG
posted by たぬき at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2010年07月27日

天下一品・こむらさき店@仙台市青葉区国分

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

仙台の天下一品」は、京都から全国に広まっている「天下一品」と一味違うと言います。なんでも元々、屋台時代の京都の天一に惚れ込んだ仙台の店長が暖簾分けを申し込んだそうですが、屋台のためかなわず、熊本の豚骨の名店「こむらさき」の暖簾分けを受けたそうです。

その後、チェーン展開した「天一」の暖簾分けが叶い、このような変わった店名となっているそうです。そのためか、味も京都の「天下一品」と少し異なっているとか、京都より濃いとか言われています。

仙台に行く機会があれば、必ず行こうと決めていたので訪れました。

お店の外観は、京都と比べるとずいぶん派手な感じです。店内は、テーブル席とカウンターがありますが、カウンターがより多い感じでした。

お店に入り、テーブルに着こうとすると・・このお店は食券制なんですね。食券を買ってくださいと店員さんに言われました。

メニューは、京都とはずいぶん違います。基本は、天下一品ラーメン750円。これが京都で言うこってりにあたるようです。それの大盛950円、肉多め1000円、大盛り肉多め1150円などなど。それと和だしラーメン(京都で言うあっさり?)があります。

そしてかなり変わったラーメンも・・・
印度一品ラーメン(土鍋)1050円・・・どんなのか想像付きませんがカレー系? 
天下一品土鍋チーズ800円・・こってりスープが土鍋に入ってチーズ入り?
うま辛つけ麺800円、冷しめかぶラーメン680円などなど。変わり種メニューが気になりました。

この日は、とりあえず天下一品ラーメン肉多めを注文しました。変わっているのが、注文すると、まず茹で卵がサービスで出されます。トッピングするの?とか思いつつ、テーブルにあった塩をかけて食べながら待ちました。

さて出てきたラーメン。京都のものと比べると、ずいぶん小ぶりな鉢です。スープの見た目は、京都のものと似た雰囲気です。そこにチャーシュー、小さなメンマ、ネギが乗っています。

スープをいただきます。味の感じは、京都のものと似た感じ。同じような素材を用いているのでしょう。鶏ガラ、野菜をトロトロに煮込んだスープです。ただ京都の天一はザラザラとしたような独特の食感があるのに、こちらはとことんまで煮込んであるのか、すごくなめらかな食感でした。

そのためか濃厚さも、やや仙台のお店のほうが濃い気もしました。それと辛味が少し効いていて、京都の天一と比べると後味に締りがある感じです。

麺は、逆にずいぶんと違います。多加水の黄色がかった、やや縮れ細麺。少し高価なカップ麺に使われている生麺のような、安っぽそうな麺に見えます。ただ逆にこれがヤワヤワな感じで濃厚スープとすごく絡みます。スープが重すぎるのか麺を引っ張るとゴムのように伸びるような感覚があります(^^;

チャーシューは、脂身と赤身部分がバランスよく、醤油でしっかり味つけられています。薄切りで柔らかくこの濃厚スープと絡めるのには良い感じです。逆にメンマは、小さく本当に存在感が無い感じでした。

スープが濃厚なのと小ぶりな鉢に入っているからか、食べ終わる頃にスープは、ほとんど残っていませんでした(笑)

京都の天一とは違う感じの濃厚スープでした。麺も最初は安っぽいとか思いましたが、逆にこの重みのあるスープには合っている感じがしました。すべては、こってりスープのためにあるような一品で、京都とは違う味を楽しむことが出来ました。次行く時は、かならず未知の土鍋チーズを味わってみたいです。

↓天下一品ラーメン
100727-1.JPG

↓チャーシュー
100727-2.JPG

↓麺とスープ
100727-3.JPG

↓茹で卵サービス
100727-4.JPG

↓食券メニュー
100727-5.JPG

↓お店の外観
100727-6.JPG
posted by たぬき at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2010年07月20日

元祖 第一旭・名阪大内店@三重県伊賀市大内

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

以前から気になっていた名阪上野ドライブインに近接して存在する「第一旭」のFC店のお店です。この日はふらりと訪問。

お店は遠くから見ると、素朴な古い感じなのかな?と思うのですが、近づくと意外ときれいです。駐車スペースも存在します。

内装も予想以上にきれい。名阪国道のドライバー相手なのでしょうか?カウンターが多いお店で、15席ちかくカウンターがあります。逆にテーブル席は3つくらいでした。

メニューは、第一旭のFC店らしく普通(並)のスペシャル600円、肉増しが+100円。サイズによって(大)ジャンボ800円、(小)ミニ600円。厚切りチャーシューのデラックス750円、肉増し+200円、味噌650円、鉄人(豚骨)650円など。

よくFC店にあるターローはなく、ざる中華、塩、冷麺など特別メニューが存在しました。一品モノや、平日のランチメニューもいくつか存在しました。

この日は、スペシャル600円の肉増し+100円を注文。

さて出てきたラーメン。こんもりとチャーシューが乗っていますね〜♪そして、普通の第一旭と違うことが、、スープはいつも通りの澄んだ茶色なのですが背脂がたっぷり浮かんでいます。具は、ネギ、多めのモヤシ、メンマとシンプル。

さて、この背脂が浮いた醤油スープ、醤油の深いコクと、しっかりとダシのとれた豚骨の風味、それと背脂の甘みが合わさり、かなり出来の良いスープです。第一旭らしい深いコクが出たスープをベースに、さらに背脂の旨みが足されている感覚です。

京都に良くある背脂醤油ともずいぶん違う、醤油の味がストレートに奥深く出ています。このタイプによく入れられる一味などは浮かばず、最後まで口の中に旨さが残ります。

麺は、やや細い柔らかめの茹で具合のストレート麺。スープをよく吸いこみ口に運んでくれます。ネギ、モヤシは量が多く、この手の醤油ラーメンには良く合いますね。

チャーシューは、赤身肉を使用。量はとても多いのですが、パサパサ感が強いのが少し残念です。この深いコクのある醤油スープなら、厚切りチャーシューのデラックスのほうが合ったかな?と思いました。

しかしながら予想を反する高レベルなスープでした。第一旭らしからぬ背脂がたっぷり浮いたスープでしたが、また再訪したいお店の一つです。

↓スペシャル、肉増し
100720-1.JPG

↓チャーシュー
100720-2.JPG

↓麺とスープ
100720-3.JPG

↓お店の外観です。
100720-4.JPG
posted by たぬき at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2009年11月03日

いのたに@徳島県徳島市西大工町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

徳島を訪れた際に食べた、徳島ラーメンの有名店「いのたに」さんです。徳島駅の近所にあり、すぐ横には眉山がなだらかな曲線を描いています。「これが眉山かぁ〜」と、とりあえず観光気分です♪

お店は駐車場スペースも多くあります。店舗は老舗店らしく古いのですが、店内は予想以上にきれいで広々としています。カウンターだけで、30〜40席くらいあったのでしょうか。

メニューは、中華そば(中)が500円、(大)が600円、それぞれの肉入りが100円アップ。生玉子は50円アップ。ライスが150円。それだけだったと思います。

事前に徳島ラーメンは、ごはんと一緒に食べるのが普通で、ラーメン一杯はとっても小さいと言うことを調べていたのですが、どうしたものか・・と迷いつつも中華そば肉入り(中)のみを注文しました。

出てきたラーメン、たしかに小さいです。普通のラーメン屋さんで言うミニラーメン。周りを見ると、みなさんラーメン食べながら、ごはんを食べておられます(笑)

スープの色は、茶色く濁っていて、濃そうな色合いです。太目のメンマとゴロゴロとチャーシューが浮いています。

そのスープを飲むと・・・んん!予想以上にウッマー!正直、観光気分で食べに来たので、それほど期待していなかったのですが、鶏ガラ豚骨ベースの醤油味でしょうか。濃厚なダシが取れていてマイルドで、非常にコクがあります。和歌山ラーメンとも似ている感じですが、こちらの方がやや濃い目な印象。

チャーシューは、甘辛く煮込んだ独特のあじわいのバラ肉です。柔らかいのですが、厚みがあるので噛み応えもあり肉の旨みがたっぷりです。スープのコクと生玉子、そしてこのバラ肉を食べていると、なんとなく「すき焼き」を食べているかのよう。本当に独特なラーメンです。

ごはんが合うのもよく分かる個性的な味でした。ラーメンだけを味わいたい方はサイズ(大)を選ぶべきなんでしょうね。しかし本当に期待を大きく裏切る美味しさでした♪徳島に行く機会があれば、いくつかのお店を食べ歩きしてみたいです。

↓濃厚マイルドな味わいのラーメン。
091102-1.JPG

↓豚バラのチャーシュー。
091102-2.JPG

↓店舗の外観です。
091102-3.JPG
posted by たぬき at 00:11| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2009年07月28日

如水@名古屋市東区徳川町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

名古屋の人気店「如水」さん。開店から間もない時間帯に訪れましたが、すでに数人待っていました。店員はみんなハキハキ元気で活気があります。

お店のメニューは、基本は塩と醤油のようです。他にも如水特製という台湾ラーメン系のメニューがありました。この日は、塩チャーシューメンを注文。

出てきたラーメンを見てびっくり。澄んだ色の塩スープ、チャーシューの雰囲気、、この前日に名古屋・栄にある「なるとや」さんを訪れていたのですが、そこのラーメンと見た目そっくりで、、、、香りも魚介系の香りがしてそっくり。

名古屋では、この系統が流行っているのかな?とか思ってしまいました。しかし、それもそのはず。帰宅後ネットで調べて「なるとや」さんが「如水」さんで修行していたという噂(公表されてない?)があるそうです。

スープの味は、あっさり塩味ですが意外と旨みがあり、魚介の味と合わさって非常に美味しかったです。「なるとや」さんと比べると、魚粉の量も控えめで、よりあっさり感がある感じでした。

チャーシューもあっさり柔らか。美味しかったです。

麺は、内モンゴル産天然かんすい使用の特注麺と書かれていました。これが「なるとや」さんとは、やや違い、柔らかいゆで具合です。歯ごたえを感じないくらいです。あっさりスープに合ってるのですが、若干もの足りなさを感じました。

個人的には、前日に食べた「なるとや」さんの方が好みかな?と思いましたが、この「如水」さんも非常に美味しくレベルの高い一杯でした♪

↓魚介の味と香りが効いた塩ラーメン。
090728-1.JPG

↓柔らかくあっさりとした味のチャーシュー。
090728-2.JPG

↓お店の外観です。
090728-3.JPG
posted by たぬき at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2009年07月22日

なるとや@名古屋市中区栄

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

まったく前知識も知らないまま入ったお店「なるとや」さん。お腹が空いていたこともあり、店もきれいだったので、ふらっと入店。

帰宅後ネットで見たのですが、名古屋の有名店「如水」さんと関係のある方のお店だとか。。実は翌日「如水」に行くことになっていて、二日続けて似たラーメンをいただくことになりました(^^;

メニューは「しお」か「しょうゆ」から選択できます。この日は、しおチャーシューメンを注文しました。

出てきたラーメンは、澄んだ色の塩ラーメン。そこに魚粉が分かるくらい浮いていて、やんわり魚介の香りがします。

スープをすすってみると、これがウンマー!あっさりしていながら、塩の甘み、魚介の味わいも混じりあい、深いコクもあります。麺は、細麺ストレートでしたが、コシがやや強く非常に心地よい食感。

チャーシューは、非常にあっさりとした味付けですが、この塩味のスープとばっちり合います。それによく煮込まれていてトロトロとして美味でした。

ほとんど、なにも期待せず入り、しかも客が自分ひとりだったので不安でしたが、かなりヒットな美味しさのお店でした♪いつか再訪したいです!

↓あっさりながらコクもある塩ラーメンでした。
090722-1.JPG

↓チャーシューはサイズも大きめで良かったです。
090722-2.JPG

↓内装、外装ともに、きれいな店舗でした。
090722-3.JPG
posted by たぬき at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2008年02月19日

鉢一杯叉焼麺

マルちゃんの「麺づくり」と麺好亭の「焼豚」特価品(笑)を用意し、チャーシューメン風に。ただ、それだけの話です(笑)この「焼豚」は脂肪分よりもタンパク量が多くて栄養成分的にもうれしいです♪

↓麺づくり&焼豚・特価品
080219-1.JPG

↓鉢一杯叉焼麺??美味しくなさそう・・(^^;
080219-2.JPG

ランニング生活を始めて以来、特にここ最近は練習量も増えて、1日30km走る日も少なくありません。

以前は、気を抜くと太るところが、最近は、気を抜くと痩せすぎるという感じです。なので体重計にしょっちゅう乗ります。で、減りすぎるとこうやって何かを食します。

グリコの「麺好亭」は、スープから具までいろいろと売ってますが、このシリーズでラーメンを作った方はおられるのでしょうか?けっこう高く付くような。美味しいのかな?
posted by たぬき at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2008年02月05日

ラーメン評価

どうでもいいことですけど、ラーメン評価を1段階増やし、4段階にしました♪
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

というのは、辛口評価苦手なので、どうしても★★★:ウマーが増えちゃういます(笑)なので、本当にオススメ!は★★★★:オススメ!としまーす。

今までの投稿分も評価なおしました。暇なら見てみてください。

ちなみに好みのラーメンは、こってりとんこつ、あっさり塩の両極端か、京都ラーメン系とんこつ醤油、背脂とんこつ醤油です。チャーシュー大好きなので、チャーシューが美味しいだけで評価高くなります(笑)

それにしても、ビール、ラーメン、マラソンばかりのブログとなりつつあります・・
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2007年12月10日

福山SAのラーメン(とんこつラーメン)

サンガのJ1昇格が決まった後、立ち寄った福山SAの食事コーナー。ラーメンが充実してました。

土地柄的にも「尾道ラーメン」がメインのようです。帰宅後ネットで検索してもサービスエリアのレストランのラーメンと思えないほど美味しいと、紹介しているページが多いです。

そのときは、昇格の喜びと疲れから気にもせず「とんこつラーメン」を選んでしまいました。ちょっと後悔。

しかし、このとんこつラーメンも、SAのラーメンだから・・と言うようなものではなく、けっこう美味しかったです。高菜も入っており、紅生姜は自由にトッピングできました♪

もう行く機会はないかもしれませんが、いつか福山SAに行った時は、尾道ラーメンに再チャレンジしたいです。

↓昇格の味です♪
071210-1.JPG
posted by たぬき at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2007年12月07日

ベビースターラーメンおつまみ

ちょっとJ1・J2入れ替え戦前で興奮さめないため、どうでも良い?ネタを・・(笑)

実は、ベビースターラーメン愛好家です。最近は、マラソンのためビールを飲む機会が減りましたが、よくビール飲みながらぽりぽりとベビースター食べてました。

普通のベビースターや、その他のタイプも良く食べます。

ラーメンおつまみシリーズはお酒のつまみに最適です。いろいろ種類も増えましたね。

最初は、スタンダードなラーメン&ピーナッツタイプでしたね。昔はたぶん「ラーピー」という名前で売ってたような記憶があります。

一時期売っていた、ラーメン&小魚アーモンドは、かなりのお気に入りでした。今では売っていません(;;)

今は、キムチ味のラーメンおつまみが売っています。これもなかなかいけますよ。

てことで、広島に行ってきます♪

↓スタンダードタイプのラーメンおつまみ。昔のラーピー。写真は6袋タイプですけど、1袋でも売ってますよね。美味しい♪
071207-1.JPG

↓キムチ味。ちょっぴり辛いです。今、よくスーパーやコンビニで見かけます。
071207-2.JPG
posted by たぬき at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2007年11月18日

桔梗屋@飛騨高山(お土産ラーメン)

もらいもののラーメンです。桔梗屋。聞いたことない名前だったんですが、ネットで検索すると飛騨高山の名店のようですね。高山ラーメンというと、和風醤油味というイメージですね。

さてさて、実際に作ってみると、すぐにスープの良い香りがぷんぷんします。具にチャーシュー、玉子、メンマ、ネギを入れて完成♪スープはとても澄んだ色をしています。

肝心のお味は、あっさりだけど深みのあるスープです。そして、なんと言うかすごく良い香りがします。昔ながらのシンプルな和風醤油味です。

実際に本店でも食べてみたいなと思えるラーメンなのでした。


↓チャーシュー麺風です。入れすぎ。
071118-1.JPG
posted by たぬき at 16:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン@その他

2007年10月29日

札幌らーめん缶(醤油味)

最近、よく自販機で売ってますよね。らーめん缶。この札幌らーめん以外に売ってるのは、見たことないんですが。他にもあるんでしょうか?

これは、ばんばん♪が先月の“10周年オフ会”の前日に遊びに来たときに持って来てくれたものです。ふむふむ栄養成分表をみると以下のように書いてあって・・

エネルギー:56Kcal
たんぱく質:3.6g
脂質:1.7g
炭水化物:6.4g
ナトリウム:1.4g

え!?56kcal!?そんなに量が少ないの?と、思いつつ、どんぶりに入れてみると、たしかに量は少ないけどそれでも200〜300kcalは、ありそう。

一応、どんぶりに入れるとラーメンぽく見えます。具はメンマが2枚。それとチャーシュー風?のミンチ肉のようなものが一切れ。少し寂しいのでネギをトッピングします。で、レンジで温めていただきまーす。

と、麺を食べた瞬間。あれ?なんだ?と。。小麦じゃないんですね。よく缶を見ると蒟蒻麺とのこと。そりゃカロリー低いわー!お味は、蒟蒻麺は少しいまいちだけど、スープはカップ麺と近いレベルの味ではあります♪

てことで、楽しめました♪もう一つ、ばんばん♪に味噌味ももらってるので、いつか試してみます。

↓有名ですね。らーめん缶です。売れてるのかな?
071029-1.JPG

↓どんぶりに入れると・・意外と油が浮いてます。栄養成分表では、少なそうに思えるのに。メンマの横に浮いてるのがチャーシューもどき(笑)
071029-2.JPG

↓ネギを加えるとぐっとラーメンぽくなります。チャーシューとかも買っておけばよかった。
071029-3.JPG
posted by たぬき at 06:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@その他