2016年04月18日

やよい軒・烏丸御池店@京都市中京区東洞院通御池下る笹屋町

やよい軒の烏丸御池店です。この日は平日。お昼時を少し過ぎた時間帯に入りました。

お店は、烏丸御池駅近く、御池通沿いにあります。店舗はこじんまりとしていてビルの1Fに位置しています。

店内に入ると、お店の横に食券機があり、最初にメニューを選ぶシステムとなっています。店内は非常にこぎれいで、テーブル席と島状のカウンター席があり、小ぶりな店舗ながら、そこそこの人数が入れそうでした。また昼時は過ぎていましたが客入りは良かったです。お店はアルバイトさんらしいかたが切り盛りされていて庶民的な雰囲気でした。

メニューは、600〜1000円くらいで定食メニューが多く存在します。ご飯おかわり自由なのも、うれしいところです。ご飯は十六穀米に変更可能です。

この日は、しまほっけ定食890円を注文、ご飯は十六穀米に変更しました。

しばらくすると登場する定食。十六穀米に味噌汁、小さな冷ややっこと、しまほっけというシンプルなものです。大戸屋、宮本むなしと比べると、非常にシンプルなのですが、しまほっけが大きく厚みがあります。

そのしまほっけ。これが食べてみると、脂の乗りが素晴らしい!厚みもあるし、ジューシーと思えるくらいの脂分と柔らかさです。少し醤油を垂らして、おろしを加えて食べるとご飯が進む進む!これは得したなと素直に思える、しまほっけでした。

味噌汁は、若干甘みが強いような独特のものですね。具は少なめですが定食屋さんなので、こんなものかな?豆腐も小さく、添えてある程度のものでした。一方の十六穀米は、もちもちして風味も良く、なかなかのものでした。

ただ、こちらのしまほっけは、本当に満足の行く、脂の乗りと身の大きさも素晴らしい一品です。何軒か続けてチェーンのしまほっけ定食を食べましたが、やよい軒がダントツかな?と思ったりしました。

↓しまほっけ定食
160418-1.JPG
posted by たぬき at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年04月16日

めしや宮本むなし・御池@京都市中京区御池通西洞院西入石橋町

宮本むなしの御池通沿いにあるお店です。この日は平日のお昼時に訪れました。

お店は、堀川御池を少し東に向かったところにあります。街中のため駐車場はありません。お店の外観は、昔ながらの食堂風に、「めしや宮本むなし」の見慣れた看板がかかっています。

店内は、普通の食堂風で、テーブル席とカウンター席があります。こじゃれた感じの大戸屋や、きれいにまとまっている やよい軒などと比較して、個人的には、オーソドックスな食堂タイプで雰囲気は好きかもと思ってしまいます。接客は女性店員さんが1人でされておられ、庶民的な感じでした。

メニューは、定食、カレー、丼ぶり、うどんなどが中心で500〜800円くらいのものが多かったです。ごはんはおかわり自由となっています。

この日は、しまほっけと玉子焼きの定食860円を注文。

しばらくすると登場する定食。しまほっけ、ごはん、味噌汁、冷ややっこ、小鉢、玉子焼き、漬物となっています。

こちらのしまほっけは、それほど大きいサイズではありませんが、骨を取って食べると、そこそこしっかりとした脂の乗り。身も柔らかいし、醤油やおろし、レモンと合わせていただくと、どんどんご飯が進みます。

玉子焼きは逆に普通かな。食堂の味という感じです。冷ややっこも小さく、小鉢はネギとささみ肉の和え物みたいなのでしたが、添えてある程度の感じでした。おかわりするのには、おかずが少なすぎるかもな・・とは思いました。

ただ、こちらの定食屋さんの、しまほっけは脂の乗りが良く、なかなかのものでした。宮本むなしに入ったら、また食べてみたい一品だと思います。

↓しまほっけと玉子焼きの定食
160416-1.JPG

↓お店の外観です。
160416-2.JPG
posted by たぬき at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年04月15日

大戸屋・イトーヨーカドー奈良店@奈良市二条大路南

イトーヨーカドー奈良店にある「大戸屋」さんです。この日は日曜日のお昼時に買い物ついでに訪れました。

こちらのイトーヨーカドー、先日、讃岐うどん一力さんのことを書いた際にも触れたのですが、レストラン街がなぜだか、ほとんど閉店していて3店舗しか入っていません(2016年3月時点)。そのためか大戸屋さんも大混雑。早く食べたい方はお昼時は避けたほうが良いかもしれません。この日も10分以上待ちました。

店内は、こぎれいな食堂と言う感じで、島状のカウンター席と、家族向けのテーブル席が並びます。開放感のある造りとなっていて、きれいではあります。ただ、こちらの店舗は、他の店舗と比べて・・とにかく待ち客も混雑度もすごいので、なんかザワザワした落ち着かなさがあります。こればかりは、大戸屋さんのせいというより、イトーヨーカドーがレストラン街を少なくしているので仕方ないのかもしれません。その中でも接客はしっかりとされていたと思います。

メニューは、メインディッシュを大まかな分類(鶏、魚、豆腐、豚etc)と見やすく分けておられるので、そこから選択し、白ごはんを五穀米にしたり、とろろかけご飯にしたり、量を増やしたりとカスタマイズすることで値段が変わります。おおよそ800円前後で定食をいただくことができます。

この日は、しまほっけの炭火焼き定食965円で、ご飯を、やさい五穀ご飯+72円に変更していただきました。

登場した定食は、しまほっけ炭火焼におろしが付き、大豆と海藻、ひじきのサラダ、やさい五穀ご飯、味噌汁、漬物が付いています。

五穀ご飯には、パプリカとピーマンが乗せられていて、ちょっと洋風な雰囲気。五穀米のモチモチ食感に野菜のシャキシャキ食感、それと酸味のあるオイルの風味が加わり、独特の味を楽しむことができます。

しまほっけは、ほどほどの脂の乗りと柔らかさ。ものすごいジューシーな感じではありませんが、定食チェーンで、これだけ柔らかく脂が乗っていると、十分な感じがします。おろしに醤油をかけていただくと、ご飯とも合いますし、食が進みます。

味噌汁は、オクラが少しだけ入った質素なもの。こんなものかな・・?という感じです。

ただ全体的には、あっさりと優しい味わいを楽しめる定食だと思います。大戸屋さんは、いろいろなメニューがありますし、比較的健康志向な感じで、気軽に使えるのが良いところです。出来ることなら、イトーヨーカドーのレストラン街がもっと増えて、混雑が緩和されるとうれしいなと思います。

↓しまほっけの炭火焼き定食
160415-1.JPG
posted by たぬき at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年04月08日

丸亀製麺・京都ファミリー店@京都市右京区山ノ内池尻町

丸亀製麺の京都ファミリーのお店です。こちらのお店は、京都ファミリーの3Fフードコートにあります。この日は、用事で土曜日のお昼に、京都ファミリーに居たので昼食をとることに。

それにしてもこちらのフードコート流行っていますね。最初は天下一品を食べようと思ったのですが、フードコートなのに行列。並ぶのが面倒で、丸亀製麺に行くと、こちらも行列。結局、並びなおすのも・・と思い、そのまま5分ほど並んで食べることに。

フードコートですが、繁盛しているので、店員さんもかなり多くおられ忙しそうに切り盛りされています。その割に接客も丁寧にされていたと思います。システムはうどんを注文後、受け取り、好きな天ぷら、おにぎりなどを取って、精算するタイプです。フードコートですが、品ぞろえも一般店舗と同様にあります。うどんは、讃岐うどんの基本メニューが揃っています。

この日は、別の店舗で以前いただいた期間限定の、だし玉肉づつみうどん(並)590円。こちらがお気に入りだったので注文。それと三つ葉と小エビのかき揚げ160円を取りました。だし玉は、その場で調理してくださいます。

受け取ったうどん。忙しかったからか、だし玉が少し崩れたようになっているのは少し残念かな。だしに餡かけ、だし玉肉づつみと甘酢生姜の乗ったうどんです。

うどん自体は、とても角が立ってきれいなもの。温かい餡かけのなかでも、しっかりとしたコシと食感の良さを楽しむことができます。餡かけは、ほんのりと甘く、そこに生姜が加わると絶妙の旨みを楽しめます。

だし玉肉づつみは、ふんわりとした玉子の中に、牛肉と揚げがたくさん入っています。甘辛く煮つけられていて濃いめの味付けですが、これがふんわり玉子、餡かけの味とよく合います。この調和の良さが、このうどんの美味しさだな、よく考えられているなと思います。冬場限定メニューだと思いますが、毎年でも続けてほしいなと思います。

三つ葉と小エビのかき揚げは、かなりビッグサイズです。三つ葉自体が濃いめの味わいなので、特に何も味を付けずとも楽しむことができます。小エビ自体は少し細かいくらいの大きさなのは残念ですが、お腹が膨れるくらいのボリューム感を堪能できます。

こちらのお店はフードコートでしたが接客もしっかりしていて、なかなか良かったと思います。京都ファミリーに入る機会は、ほとんどないのですが、他のフードコートの丸亀さんも試してみたいなと思います。

↓だし玉肉づつみうどん(並)、三つ葉と小エビのかき揚げ
160408-1.JPG

↓お店の外観です。
160408-2.JPG
posted by たぬき at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年03月30日

京久御山町食堂 @京都府久世郡久御山町佐山双栗

まいどおおきに食堂の「京久御山食堂」です。この日は平日のお昼時に訪れました。

お店は、大久保田原を西に少し行ったところにあります。まいどおおきに食堂の標準的な外観で、お店の横に駐車場は完備されています。

店内は、こじんまりとしていますが、そこそこ人数は入れそうです。テーブル席と、島状のカウンター席が並ぶ、まさしく食堂。並ぶ単品を好みで取り、精算するシステムとなっています。平日のお昼時は、さすがに会社勤めの方が多く食事に来られていて、そこそこ混んでいる印象でした。

この日は、入ったと同時に、さんま塩焼き302円が焼きあがって出てきたので、ついつい取ってしまいました。それと、珍しいなと、いとより南蛮漬194円、ひじきの煮物108円、菜の花の白和え129円、季節ご飯として豆ごはん194円がありましたので、それをお願いしました。

個人的に、まいどおおきに食堂さん、少し濃いめの味付けのお店が多いなと思っていたのですが、このお店は、なんとなく優しい味付けに感じました。いとよりの南蛮漬けも、ほんのりと酸味が活かしてある程度でとても食べやすい。豆ごはんも、ほんのりと塩が効いていて食が進むものでした。

ひじきも、大豆がたっぷり使われて具だくさんでしたし、白和えも食べやすい味付けでした。

さんまは季節外れかな・・?と思っていましたが、焼きたてであったこともあり香りも良く柔らかさもあり、なかなかのもの。少し身は小さめでしたが満足できるものでした。

まいどおおきに食堂さんは、意外と安いようで、ついつい一皿余分に取ってしまう感じで値が張るのが、少しネックな感じがしますが、気軽に使いやすいなと思います。また気が向いたときに立ち寄りたいなと思います。

↓さんま塩焼き、いとより南蛮漬、ひじきの煮物、菜の花の白和え、豆ごはん
160330-1.JPG

↓お店の外観です。
160330-2.JPG
posted by たぬき at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年03月28日

鳥一@奈良市大宮町

近鉄新大宮駅の近くにある焼鳥屋さん「鳥一」さんです。この日は、仕事後に一人でふらりと飛び込みました。

お店は、駅前の南側の通りを少し路地に入ったところにある小さなお店です。駐車場などは無いと思います。

店内は、こじんまりとしていてカウンターのみ。もくもくと鶏を焼き上げるときの煙が上がり店内に充満しています。とても大衆的な雰囲気です。若い男性店員さんたちが焼鳥を焼かれていて、愛想の良いおばちゃんが接客されています。

メニューは、ほとんどが3本セットで450円となっています。野菜や串焼きなどはホワイトボードに書き出されていました。基本的に焼鳥、串焼きがメインで、あとは唐揚げ、土手焼、鶏の刺身類、ごはん類があるくらいです。

この日は、Aセット(串5本盛り合わせ)、ささみ(たたき)、心臓、皮を注文。塩かタレを選べるので、塩でお願いしました。お酒は瓶ビール。アサヒとキリンが選択できたと思います。

まず、ささみのたたきが提供されますが、刻んだキャベツが和えられて、ネギポン酢、ワサビでいただきます。これが予想以上にボリュームたっぷり。あっさりとしていますが身がとても柔らかく、そして大きく。食べやすい一品です。

5本セットは、ネギマ、ずり、つくね、せせり、皮かな?個人的に、つくねが少しパサパサ感が強くて好みではなかったのですが、焼鳥は、それぞれ身がとても大きく良い感じです。後から届いた心臓は柔らかみもあり良かったかな。皮は脂が乗っていて大きめでしたが、+50円で特製の皮というのがあったようで、それならもっと満足度高かったのかな?と気になりました。

雰囲気的にも大衆的で非常に過ごしやすく、駅からも近いので軽く飲んで帰るのにも、とても良いお店だと思います。他にも食べてみたいなと思うメニューがあったので、また仕事後などに立ち寄ることになりそうです。

↓Aセット
160328-1.JPG

↓ささみ(たたき)
160328-2.JPG

↓心臓
160328-3.JPG

↓皮
160328-4.JPG

↓瓶ビール
160328-5.JPG
posted by たぬき at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年03月25日

讃岐うどん一力@奈良市二条大路南

イトーヨーカドー奈良店の5Fレストラン街に入っている、うどん店「讃岐うどん 一力」さんです。この日は土曜のお昼時に訪れました。久しぶりに、イトーヨーカドーのレストラン街に来ましたが、ずいぶんとお店が減っているんですね。驚きました。'16.3時点でレストランが3店舗しかありませんでしたので、必然的に、どのお店も混雑していました。

こちらのお店は、見た目は、内装、外装ともに和風なうどん食堂と言う感じです。それほど広さを感じない店舗なのですが、店内は多く入れるようになっていて、テーブル席もゆったりとしたスペースがあります。接客は庶民的なものでした。

メニューは、単品のうどんは、ぶっかけ、カレーぶっかけ、ざる、かけうどん、釜揚げうどんなどがあり、トッピングなどで値段が変わり400〜1000円くらいとなっています。どちらかと言うと定食メニューの方が充実していて、内容は、ミニざるうどん(orかけうどん)+ご飯もの、単品などがセットになった1000円前後のものとなっていました。また丼ものも数種類、存在しました。

この日は、どちらかと言うと、しっかりうどんを食べたい気分だったので、単品メニューから選ぶことに。ぶっかけが名物と書かれていたので、海老天おろしぶっかけ(冷)870円にしました。

しばらくすると、かなり大きめの器でぶっかけうどんが登場します。トッピングは海老天、大葉天、ネギ、蒲鉾、刻み海苔、かつお節、そしてたっぷり目の大根おろしとなっています。

こちらのうどん、あまり期待していなかったのですが、角がきれいに立つ、つややかな見た目。そして弾力のある食感といい、意外なほど良い感じです。噛むと押し返してくるような歯ごたえがとても心地よいです。

そこに合わさるぶっかけ出汁は、あっさりとしたカツオなどの風味の効いた和風のもの。夏場ならスルスルといただけそうな爽やかさがあります。おろしも爽やかさをプラスしてくれます。

天ぷらも揚げたてのサクサク感が良かったです。海老自体は、もう少しビッグだとさらに良かったかな?とも思いました。

しかしながら、予想以上に麺自体が美味しい讃岐うどんを楽しむことが出来ました。こちらのおうどん、器が大きいのですが、量はそれほど多くなく食べやすい量だと思います。男性の方だと、麺を大盛りにしてもらっても良いくらいかもしれません。

↓海老天おろしぶっかけ(冷)
160325-1.JPG

↓うどんのアップ
160325-2.JPG
posted by たぬき at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年03月21日

ステーキ宮・京都伏見店@京都市伏見区島津町

ステーキ宮の京都伏見・新堀川通りのお店です。この日は休日のお昼時に訪れました。

店舗は、新堀川通りの南下する側のレーン。ザめしや、鎌倉パスタなど郊外型レストランが並ぶところにあります。お店の外観も、郊外型レストランという感じで、大きく目立ちます。駐車場も店舗裏に完備されています。

店内は、いわゆるファイレスの内装で、広めのゆとりあるテーブル席が並びます。真新しいため、とてもきれいです。また店員さんは、とても教育されていて丁寧だったのは好感が持てました。また休日のお昼のためか、10分ほどですが待つことになりました。

メニューは、ステーキ、ハンバーグ、グリルチキンを中心としたもの。昼間はランチメニューもあり、1000円くらいのお得なものが多くありました。一般的なメニューは、ステーキは店名の付いた宮ロースは、いわゆるインジェクション加工肉を使用されているとのこと。一時期厳しい目にさらされたので、書かれているのでしょうね。ランチでは、150g 1380円、240g1980円で、ライス、スープバー付きで安めです。

きちんとしたサーロインやヒレステーキも存在し、そちらはさらに+1000円くらいの価格帯だったと思います。

この日は、この最もメインメニューと思える宮ロースランチ150g1380円を選択、+100円でライスをガーリックライスに変更していただき、海藻サラダ+200円を付けました。焼加減はミディアム、ソースは店名の付いた宮のたれ、サラダドレッシングは赤ドレを選びました。

スープバーは、トマトスープと、野菜のスープを飲みましたが、トマトの方は独特の酸味のある洋風のもので、野菜の方が自然な美味しさだったかな。サラダの赤ドレは、酸味の強いフレンチタイプのもので、個性的でした。一般的な味が好みの方は別のドレッシングが良いかもしれません。

そして、登場する宮ロース。大きめのステーキに店員さんがソースを目の前でかけてくださいます。ジャガイモ、パスタなどがトッピングされています。

インジェクション加工肉のため、安全性を考えて、さらによく火を通すためのペレットも持って来てくださいます。ミディアムで焼いていただいたものに、さらに焼を加えるのは変な感じがしますが。

肉は、脂も入っているので、そこそこ柔らかくジューシーです。ただ赤身特有の芯の強さは、けっこう残るものなんですね。それでも満足な美味しさでした。宮のたれは、タマネギとニンニクもわずかに効いていたと思うのですが、酸味が強く個性的。はまる人は美味しいと感じるのかな。個人的には普通のソースの方が良かったとも思いました。それとガーリックライスは、本当に強くガーリックが効いてますね。仕事前の方は注文を気を付けましょう。

なんとなく入った初のステーキ宮でしたが、接客も良いし、居心地もよく、そこそこ満足できるお店だったと思います。何かの機会に、また使用することがありそうです。

↓宮ロース150g
160321-1.JPG

↓宮ロース150g、ガーリックライス、野菜のスープ
160321-2.JPG

↓海藻サラダ、トマトスープ
160321-3.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年03月15日

かつアンドかつ・精華町店@京都府相楽郡精華町光台

ダスキングループのトンカツ屋さん「かつアンドかつ」の精華町店です。この日は平日のお昼時に訪れました。

お店は、ビエラタウンけいはんな内にあり、和風の郊外型レストランという見た目です。駐車場は完備されています。

店内は、新しいこともあり、非常に清潔感があります。落ち着いた雰囲気で広めのテーブル席が並びます。接客は女性店員さんがされていて、とても丁寧で親しみやすいものだったと思います。店内で食べるだけでなく、持ち帰りや弁当もされているようでした。

メニューは、トンカツのレギュラーメニューがだいたい1500円前後のものが多かったでしょうか。ランチメニューは、逆にお手ごろ価格で、1000円前後でご飯、味噌汁付きのものがあり、お得感がありました。ごはんとキャベツはおかわり自由となっています。

この日は、ランチメニューの中から、ロースヒレランチ、味噌汁から豚汁に変更いただいて+100円で1050円でした。それと名物と書かれていたジャンボ海老フライが気になったのでトッピングで追加+750円しました。

トンカツライスが提供される前に、ソース用にゴマが渡されるので、すり鉢で擦って待ちます。

そして料理の登場。驚いたことにジャンボ海老はトッピングと思っていたら、一つの皿に乗せられてきました。トンカツは、ロースかつが7切れ、小さめのヒレカツが添えられて、キャベツが山のように乗っています。豚汁の大きさも魅力です。

とりあえず、ジャンボ海老から・・ジャンボ海老は、本当に大きくてフォークとナイフを付けてくださるのが非常にありがたい。細かく切って自家製タルタルソースに付けていただくとプリップリです。ボリューム感もたっぷりなので、満足の一品でした。

トンカツは、ロースカツは、やや食感が硬いように思いましたが、ヒレカツは非常に柔らかく、なかなか良いなと。それと特製ソースですが普通バージョンのものは、甘みが強いなと思いました。途中で辛口ソースを混ぜて使いましたが、甘いのが苦手な方は辛口の方が良いかな?と思います。キャベツもとても細かく切られていて良かったと思います。

また豚汁が意外と具だくさんで。大根、豚肉、ニンジン、ゴボウ、揚げ、コンニャクなどがたっぷりと使われていて、満足できる一品でした。

とりあえず入ってみたお店でしたが、お店もきれいですし接客もよく、カツもなかなか美味しいし。チェーン店としても、とても良いお店なのかなと思いました。また機会があれば入ってみたいです。

↓ロースヒレランチ(豚汁)
160315-1.JPG

↓ジャンボ海老フライ
160315-2.JPG

↓ソースと胡麻
160315-3.JPG

↓お店の外観です。
160315-4.JPG
posted by たぬき at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年03月07日

丸亀製麺・京都市役所前店@京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町

丸亀製麺さんの京都市役所前店です。この日は、夜に京都市内に用事があり、時間がない中サクッと食べて帰りたいな・・とウロウロ。こちらの店が目が留まったので入ることに。

お店は、京都市役所前の御池通を挟んだ目の前にあります。街中の小さめの店舗で、店舗駐車場は存在しないようでした。おなじみの丸亀製麺の看板が目印になります。

店内も、郊外型店舗に慣れていると、とても狭く感じます。入ってすぐのところが、最初のうどん注文スペースとなっています。細長い店内で、テーブル席とカウンター席が多めに並びます。小さめの店舗にしては、そこそこ人が入るかなという感じです。

メニューは、讃岐うどんの基本的なものが揃っており、この日は、肉とろ玉、だし玉肉づつみうどんが期間限定であるようでした。システムとしては、好みのうどんを注文し受け取り、天ぷら、おにぎりなどを取って会計するものです。

この日は、期間限定の肉とろ玉うどん(並・冷)590円を注文。天ぷらは、野菜かき揚げ130円、かしわ天130円を取りました。

肉とろ玉うどんは、冷やしぶっかけに、とろ玉、おろし、牛肉を乗せたものです。そして、それにしてもかき揚げがデカい・・鶏天ですら大きく感じるのですが、かき揚げは並のうどんの器の大きさにひけを取りません。

うどんは、冷たいうどんで注文したこともあり、引き締まった粘り腰の良い食感のおうどんです。角もきれいに立ったつややかな麺は、丸亀製麺さんらしく、とても安心できる味わわいです。あっさりとした出汁に、濃厚な黄身玉子、甘辛い牛肉は、合わないようにも思うのですが、これが絶妙によく合いまうす。濃厚な黄身の味と牛肉の濃い味がアクセントなんですが、後味にはおろしの味も加わりすっきり感が。スルスルと食べられますね。

天ぷらの方は、かき揚げが大きいので目立たないのですが、鶏天もやはり大きく、そこそこの脂も乗っていて食べ応えあり。そしてかき揚げは、タマネギがほとんどで、わずかのニンジンやネギが使われているだけのシンプルなものですが、これだけ大きいと、満足度はありますね。サクサクとした食感も良いです。

京都市役所前でサクッといただいた丸亀製麺さん。うどんも美味しいし、天ぷらも満足で、通りがかりにいただくのには十分すぎるお味だと思います。

↓肉とろ玉うどん(並・冷)
160307-1.JPG

↓肉とろ玉うどん、野菜かき揚げ、かしわ天
160307-2.JPG

↓お店の外観です。
160307-3.JPG
posted by たぬき at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年02月29日

開土(かいと)@奈良市大宮町

新大宮にある焼肉・ホルモンのお店「開土(かいと)」さんです。この日は休日の夜に訪れました。

お店は新大宮駅から歩いてすぐ。徒歩2分くらいのところにあります。お店の前に焼肉・ホルモンの旗が掲げられているので分かりやすいです。

店内は、こじんまりとしていて、テーブル席が5個くらいあります。新大宮は、焼肉店がいくつかありますが、どのお店も夕食時は混みますので、予約が無難かもしれません。私は、予約なしで訪問しましたが、すぐに満席になっていました。接客は女性店員さんがされておられ、とても庶民的なものです。

メニューは、ホルモンが多めで、焼肉や単品メニューが多く並びます。おススメは、名物リブロース1480円、プレミアムてっちゃん800円、開土特選ハラミ1500円などのようです。

この日は、名物メニューを中心に名物リブロース、開土特選ハラミ、上ハラミ、プレミアムてっちゃん、マメ(腎臓)、壺つけ中落カルビ、塩タン、キムチ盛り合わせなどを注文。

最初にキムチが提供されますが、盛り付けも美しく、庶民的なのに美味しそうだなという印象。

塩タンは、ゴマが振られ、適度な厚み。コリっとした食感が良いものです。そして大判のリブロース。こちらは脂の乗りはソコソコ、しかし本当に柔らかい。牛肉らしい味もしっかりしていますし、もっと食べたいなと思える一品でした。

壺つけ中落カルビは、本当に壺に入れられて登場して、野菜が入っているので、まず野菜を焼きます。その後添えられている蜂蜜とタレに漬け込んだカルビを焼いていただきます。このカルビが一番安かったのに、厚切りでしかも脂の乗りも申し分なく、満足度が高かったように思います。

名物のプレミアムてっちゃんは、ぷるぷるなのに、脂も乗っていてジューシー。そして、マメ。厚切りで脂分が少なく、まるでハムを食べているかのよう。とてもヘルシーな感じもするお肉ですね。

二種のハラミは脂身少な目、焼肉の鉄板の味!とも言える肉らしい味を楽しめる一品でした。

こちらのお店、庶民的、家庭的な雰囲気で安心してお肉を堪能できるお店だと思います。特にホルモンが好きな方には良いのではないかな?と思えるお店です。たまに訪れるのにも良いお店だなと思いました。

↓プレミアムてっちゃん
160229-1.JPG

↓名物リブロース
160229-2.JPG

↓塩タン
160229-3.JPG

↓壺つけ中落カルビ
160229-4.JPG

↓開土特選ハラミ
160229-5.JPG

↓マメ(腎臓)
160229-6.JPG

↓上ハラミ
160229-7.JPG

↓焼いている様子
160229-8.JPG

↓キムチ盛り合わせ
160229-9.JPG

↓瓶ビール
160229-10.JPG
posted by たぬき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年02月26日

丹永亭@奈良市神功

奈良市の押熊に昔からある、うどん屋「丹永亭」さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は、ならやま大通り沿い。神功5丁目の交差点から、少し高の原方面に向かうレーンにあります。お店の外観は民家を改装したような和風の作りです。お店の前と裏側に駐車場が完備されています。

店内は温かみのある和風の食堂と言う雰囲気でテーブル席とカウンター席があります。女性店員さんが接客され庶民的な雰囲気でした。

メニューは、うどん単品が600円からあり、鍋うどんになると少し高めで1000~1500円、他に丼ものや、うどん定食が1000~1800円くらいで多く存在します。他にお酒のつまみになりそうな一品ものがあったり、うどんに追加トッピングなども可能なようです。

この日は、寒かったのと、メニュー写真が美味しそうに見えたので、カレーうどん820円を注文。こちらのお店、麺が白うどんと玄麦うどんから選べるようで、注文時に、どちらが良いか聞かれます。玄麦うどんにしようかと思ったのですが、今なら白うどんが釜から揚がったところですがと言われたので、白うどんにしました。

しばらくすると登場するカレーうどん。温かそうで具だくさんです。揚げ、ネギ、タマネギなどがシンプルですがたっぷりとトッピングされています。

うどん自体は柔らかい感じで角が立った、つややかに輝くようなおうどんです。表面がつるっとしていて、食感がしなやか。コシもそこそこあり、なかなか良いと思います。そしてカレーが粘度はそこそこで、和出汁と意外とスパイシーさを感じるルーが合わさり、昔懐かしの和のカレーうどんと言う感じなのに、とても奥深い美味しさを感じることができます。

この和出汁とカレーの旨みを吸った揚げとうどんが口に入るたびに満足度がどんどんと高まる。そのようなおうどんでした。

こちらのお店は、昔ながらの古風なうどん店という感じですが、多くのメニューがあり、何度でも楽しめそうです。今回いただいたカレーうどんもかなり美味しかったですので、また機会を見て入りたいなと思います。

↓カレーうどん
160226-1.JPG

↓うどんのアップ
160226-2.JPG

↓お店の外観です。
160226-3.JPG
posted by たぬき at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

丸亀製麺・ビエラタウンけいはんな店@京都府相楽郡精華町光台(4)

丸亀製麺のビエラタウンけいはんなのお店です。

この日は期間限定の「だし玉肉づつみうどん(並)」590円と鮭、梅のおむすび各130円を取りました。こちらの商品、すごいのは、揚げと牛肉を包んだ、だし巻き玉子を毎回、手焼きされているところ。そのため提供までに少し時間がかかります。

おうどんは、だしの上に餡かけ、そしてメインのだし玉肉づつみと、甘酢生姜が乗っています。うどんは丸亀製麺らしく、角が立ったきれいなものです。

こちら、ほんのりと甘みのあるようなお出汁ですが、甘酢生姜の酸味と風味が合わさり絶妙な美味しさ。そして餡かけだけに身体がポカポカ温まります。だし玉を割ると、中から牛肉と大きめの細切れの揚げがたくさん入っています。甘辛く煮つけられた牛肉と、その旨みを吸った揚げの味は、餡かけ出汁との相性も良く食が進みます。何より玉子がふんわりしていて、これも良かったです。

うどん自体は安心していただけるレベルですし、これは美味しい一品ですね。冬の間ずっと長く提供されないかな?と思えるものでした。

おにぎり自体は、いつもながらに小ぶりながらも具だくさんで満足できました。

↓だし玉肉づつみうどん(並)
160224-1.JPG

↓だし玉を割ったところ
160224-2.JPG

↓鮭、梅おむすび
160224-3.JPG
posted by たぬき at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

讃岐製麺・宇治店@京都府宇治市大久保町旦椋(9)

讃岐製麺の宇治店です。

この日訪れると「あったかうどんフェア」というのをやっていて、温うどんの変わり種メニューがいくつかありました。また店内を見ていると以前と異なり、うどんの材料を三重県産あやひかりに変更されているようでした。

その中から、チーズ釜玉うどん(並)450円を注文。他に鶏天130円、いか下足天130円を取りました。チーズ釜玉はちょうど茹で上がり時だったのですぐに提供され、うどんの上に玉子をかけ、チーズソースと胡椒、刻み海苔を振りかけてくださいます。

まずうどんのみでいただくと、程よいコシもあり小麦の風味も良く、なかなか良いなと。そして、釜玉、チーズをしっかりと混ぜ、釜玉の出汁醤油をかけていただきます。かなりチーズが濃厚で持ち上げるのに重さを感じます。

その味も、かなり濃厚。カルボナーラ風にしようとされているんですけど、若干くどいくらいのチーズの濃さが勝っているかな。うどんもしっかりしているので、少し重みを感じるくらいのずっしりとした味でした。もう少しチーズは薄めの味のものを使用したほうが良いかも・・

天ぷらは、いつもより揚げたて感が薄く感じましたが、具が大きいので満腹度は高いです。安心していただける天ぷらですね。鶏肉は脂分が多すぎず食べやすいものでした。

↓チーズ釜玉うどん(並)
160220-1.JPG

↓鶏天、いか下足天
160220-2.JPG

160220-3.JPG
posted by たぬき at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年02月17日

BAQET・イオン高の原店@京都府木津川市相楽台

イオンモール高の原のレストラン街の中にありますサンマルク系列のベーカリーレストラン「BAQET」さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店はレストラン街の入り口付近にあり、いつでも客入りは、そこそこ良い感じがします。

店内は、こぎれいでそれほど大きくはないのですが、テーブル席が多くあり、けっこうな人数が入れるようになっています。接客も丁寧だったと思います。

こちらのレストランは、サンマルクと同様パン食べ放題ですが、焼きたてのパンを店員さんが持って来てくださるスタイルでなく、セルフで取りに行くようになっています。その分、少しですがサンマルクより値段が抑え気味です。ただ良かったことに、この日は、開店時間すぐに訪れたためか混雑が始まるまでの間は、焼きたてパンを店員さんがテーブルまで持って来てくださいました。

メニューは、1000〜1500円くらいの単品にパン食べ放題、サラダ、スープ、ドリンクバーの有無により値段がプラスされるシステム。ただランチセットなどにはパン食べ放題が付いてきます。セットも1000〜1500円くらいのものが多いです。

この日は、ランチセットの中から、白身魚の明太子クリームソース1240円(パン食べ放題付)+サラダ、ドリンクバーセット380円を注文。

最初にサラダが出されますので、パンをいろいろと取っていただきます。サラダは、シーザードレッシングにクルトンなどが加えられたものです。

パンは、持って来てくださるシステムと異なるので、焼きたてと言えども若干冷えているのが残念に思うのですが、味はサンマルクらしく良いもの。特にチーズロングに関しては焼きたての熱々の時と、冷めたときでは、だいぶカリカリ感が異なるかな?焼きたてが出たところを狙うと、とても良かったです。

個人的には、ガーリックロールやバーニャカウダトーストが濃厚な旨みを堪能出来て美味しかったと思います。

メインの白身魚の明太子クリームソースは、明太子よりもトッピングされている海老の香りのほうが豊かな印象です。豆やブロッコリー、ジャガイモなどの野菜もふんだんに使われ、あっさりとした白身魚と、まろやかなクリームソースの愛称はよく、サクサクといただけます。量はありませんが、無難に美味しくいただけました。

こちらのお店は、パンが食べ放題なので、しっかりと食べたいときにも、長居してゆっくりといただきたいときにも向いていると思います。ショッピングセンター内なので気軽に買い物ついでに使いやすいお店だと思います。

↓サラダ、パン(チーズロング、ヨモギ、チーズフォンデュロールなど)
160217-1.JPG

↓白身魚の明太子クリームソース
160217-2.JPG

↓パン(ガーリックロール、チーズロングなど)
160217-3.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年02月07日

そば処 橘@京都府木津川市加茂町駅東

JR加茂駅近くにある、お蕎麦屋「橘」さんです。以前から行ってみたいなと思っていたのですが、この日、休日のお昼時に近くに用事で来ていたので入ってみました。

お店は、きれいな和風の一戸建てで営業されています。駐車場はお店の前と横に完備されていて、それなりの台数が停められそうです。

店内は、とても落ち着いた雰囲気で、カウンター席、テーブル席が並びます。お店は、調理担当のご主人様と奥様でしょうか。奥様が丁寧な接客をされていました。

メニューは、温かいお蕎麦、冷たいお蕎麦が中心で、うどん、丼も取り扱っておられます。蕎麦の単品は1000円前後で、温かいお蕎麦、冷たいお蕎麦が揃っています。お蕎麦は、冷は二八、温は六割、日祝は十割そばも提供されているそうです。うどんなども自家製麺、それぞれの素材もこだわって使用されているようです。

この日は、お店のおススメメニューに書かれていた中から、鴨汁そば1250円(鴨汁のつけ蕎麦)を注文しました。

しばらくすると、鴨汁そばが登場します。ざるに乗ったお蕎麦と、熱々のつけ汁で、鴨肉、ネギがトッピングされています。メニューには書いていませんでしたが、小サイズのごはんと漬物も付いてきました。

お蕎麦は細切りで、蕎麦の風味そこそこ。しっかりとした食感も楽しめるものです。蕎麦のみでいただくと、あっさりとした風味ですが、鴨汁が濃厚で魚介や昆布の旨みが強い上に鴨の旨みも加わります。あっさりとしたお蕎麦と、濃厚な鴨汁の相性はとてもよく、すぐに食べられそうにも思います。

鴨肉も厚切りのものが2枚ほど。もう少し入っているとうれしい感じもしますが、厚切りなので満足度は高かったです。柔らかみもあり、とても食べやすいものでした。

蕎麦の量は少な目かな・・と思ったので、ご飯があったのは良かったと思います。ただお腹いっぱい食べたい方は、蕎麦は増量で注文されると良いかなと思いました。

こちらのお店は、駐車場も完備されていますし、店内も落ち着いた感じで使いやすいお店だと思います。加茂駅付近に用事がある方にはおススメできるお店の一つだと思います。

↓鴨汁そば
160207-1.JPG

↓そばのアップ
160207-2.JPG

↓お店の外観です。
160207-3.JPG
posted by たぬき at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年02月03日

八幡家@京都府八幡市上津屋里垣内

八幡市の流れ橋のところにある「流れ橋交流プラザ四季彩館」。その中にありますランチビュッフェをされております「八幡家」さんです。ずっと気になっていましたが、土曜日の昼間に訪れてみました。

お店は、四季彩館の敷地内にあり、店舗外観は公民館のようで・・料理屋さん?と一見思ってしまうような外観です。駐車場は完備されています。

店内は、外観と異なり木造で温かみのある造りとなっています。入ってすぐのところにビュッフェコーナーがあり、左手奥にテーブル席が並びます。それほど広さはなく、人数はそれほど入れないようです。

この日は、開店とほぼ同時に入ったのですが、予約席も数か所あり、すぐに満席となりました。ランチビュッフェは時間制限なしということもあり、ゆっくり過ごされる方も多そうで、予約していった方が良いかも?と思いました。接客はとても丁寧だったと思います。

ランチビュッフェは大人1人1600円。時間制限なし、ソフトドリンクは飲み放題。ビュッフェは地元の野菜を利用した和惣菜が中心ですが、洋中料理もあります。デザート、麺類、ごはん類なども豊富です。それと豚しゃぶコーナーがあり、注文するとすぐに料理人の方が、だしにくぐらせて渡してくださいます。

とりあえず、好みのものをいろいろと取ります。五穀米にカレーをかけ、豚しゃぶもいただきます。ソフトドリンクは、少し良さげなものが置いてあり、低糖りんごジュースをもらいました。

好みだったのは、優しい甘酸っぱい味付けのアジの南蛮漬け、柔らかいふくさ玉子。それと、豚しゃぶはやはり、良いお肉を使っておられるんでしょうね。柔らかみ、程よい厚さもありもう一度食べたいな!と。

ということで第二弾をもらいに行きます。湯豆腐やらなんやらと、少な目に。この中で、予想外に良かったのは野菜のかき揚げで、ビュッフェの天ぷらなんて・・と思っていたら、カラっと揚がっているし、野菜もふんだんに使用されているし、少し脂っぽい感じはしましたが満足できる一品でした。この後も、長居しながら、少し追加で食べてお腹大満腹。

こちらのお店は、和惣菜が中心なので、食べやすいメニューが多く、ついつい長居してしまいそうです。お腹いっぱい食べたいお昼時に、重宝しそうな良いお店なので、また再訪してみたいです。

↓ビュッフェ料理1
160203-1.JPG

↓ビュッフェ料理2
160203-2.JPG

↓料理コーナー
160203-3.JPG

↓お店の外観です。
160203-4.JPG
posted by たぬき at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年01月30日

クローバー牧場@京都府木津川市加茂町観音寺今辻

木津川市の加茂にあるクローバー牧場さんです。

場所は奈良・木津から加茂の町に向かう府道44号線沿いにあります。途中に看板が出てくるので分かります。本当に小さな牧場で、入ってすぐのところに車が数台停められるようになっていて、奥の方に牛舎があります。その手前に直売所があります。

売っているメニューは、特別牛乳とヨーグルトのみ。特別牛乳は、全国でも4か所しか製造が認められていないそうで、飼料や水などの飼育環境や特別の施設を有し、ほぼ生に近い低温殺菌のみの牛乳とのことです。牛乳は500mLが520円、900mLが810円。ヨーグルトは300g、350円で販売しておられます。ネットなど経由で通販も可能です。

ご近所の方は、ポイントカードがあるので、それを使うとたまにヨーグルトなどが1つ無料になるのでお得です。それと、購入すると袋に詰めた氷をくださいますが、遠い方や夏場は保冷バッグや保冷材を持っていかれたほうが良いかもしれません。

こちらの特別牛乳は、本当に自然な味わいで、濃厚すぎずあっさりと飲みやすい。優しい甘みが口に広がります。牛乳独特の癖がないので、不思議なほど量もたっぷりごくごくと飲める味です。

一方のヨーグルトも、癖がないプレーン味。添加剤がほぼ使われていないので、こちらも自然な甘酸っぱさ。甘みが足りない人は砂糖や蜂蜜を加えても良いくらいです。

どちらも癖がなく量も行けるので健康に気にされている方や、スポーツをされている方には良いかなと個人的には思います。

こちらは、観光農場でもなく、特に見ていて楽しいような施設でもないので、通りがかりに・・という買い方が良いと思います。近くには浄瑠璃寺・岩船寺、海住山寺をはじめとする南山城の古刹もあり、観光帰りに立ち寄るのがおススメです。

↓京都の特別牛乳、京都のヨーグルト
160130-1.JPG

↓直売所
160130-2.JPG

↓牛舎の様子
160130-3.JPG
posted by たぬき at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年01月25日

セカンドハウス・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

京都や滋賀によくあるスパゲッティとケーキのお店「セカンドハウス」さんのイオンモール高の原のお店です。昨年オープンしたのですが、入る機会がなく、この日は休日のお昼時に入りました。

お店は、イオンモールのレストラン街の入り口にあり、オープンな造りになっているので分かりやすいです。店頭でスイーツなども販売されています。

店内は、ガラス張りで非常に明るくなっています。テーブル席が多くあり、人数がかなり入れそうです。接客も明るく丁寧なものでした。この明るい雰囲気が、良いと思う方もおられると思いますが、個人的には立地が食品売り場やレストラン街入り口に面しているので人通りがとても多く、少し気が散るようにも思いました。

メニューは、スパゲティーやピザ、パンなど単品もありますが、お昼のセットメニューが数種類1000円前後で用意されていました。それぞれスパゲティと、サラダ、ピザ、ケーキなどと組み合わせたものとなっています。

この日は、スパゲティランチ1000円(好みのスパゲティ、パン、サラダorスープの選択)で、スパゲティはお店のおススメと書かれていたセカンドトマトソース。そしてサラダを選びました。

少し待つと、パン、サラダ、スパゲティの順に提供されます。トマトソースが想像していたものと異なり、スープパスタのような感じです。

こちらのスパゲティ。今風のお洒落なものというより、アメリカンテイストな感じのする、具だくさん、ざく切り野菜がたっぷり入ったスープスパゲティという感じでしょうか。具は、ベーコン、トマト、タマネギ、ピーマン、小エビなどがたっぷりと、それぞれ大きなものがざっくりと入っています。それらとトマトスープを絡めていただく感じですが、意外とボリューム感がある感じです。少し男性的な感じもする一品ですが、味のバランスも良く個人的には良かったと思います。また、サラダもパンも、ものすごく何かがすごいというわけではないのですが、それぞれ平均以上に美味しく感じます。

こちらのお店は、お店の清潔感以上に、サクッと入って気取らず食べられるスパゲティ店という感じがして、入る前の印象と異なりました。気軽に男性でも使えるお店で、ショッピングついでの利用も良いと思います。

↓スパゲティランチ
160125-1.JPG

↓セカンドトマトソース
160125-2.JPG
posted by たぬき at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年01月17日

京都北山ダイニング・イオンモール久御山店@京都府久世郡久御山町森南大内

イオンモール久御山にある、バイキング形式のお店「京都北山ダイニング」さんです。この日は休日のお昼時の訪れました。

店内は広々としていて、かなり大人数が入れるかな?という印象。テーブル席が多くあり家族連れなどに人気になりそうなスペースです。接客も丁寧にしていただいて好感が持てるものでした。

ランチバイキングは1530円だったと思います。+200円前後でソフトドリンクが飲み放題だったと記憶しています。この日は、どちらも注文して入りました。

バイキングメニューは、簡単に言うと和・中華・洋・デザートなど、なんでもありな感じです。野菜は、立地のこともあり久御山産を重視しておられるようです。どちらかというと和惣菜が若干多めだったようにも思いますが、バラエティーに富んでいますね。

和惣菜が多めだったので、そちらを多めにとってみたのですが、自家製と書かれていた豆腐とか、特に柔らかみがあってよかったと思います。他には、天ぷらが充実していて、人気もあるのか揚げたてのものが回転良く入っていたのが好印象。サツマイモや蓮根、玉子の天ぷらがサクッとした食感で良かったように思います。

意外と美味しいなと思ったのは、ピザと、中華天心かな。シューマイが肉の詰まり具合が良くて、噛むとジューシーで良かったです。サラダはご当地産とのことでしたが、インパクトはそれほどなくて、久御山のお野菜なんだろうな・・という程度かな。

味付もそれなりにあっさりとしていて、いろいろなメニューを楽しめるので、こちらのお店、買い物ついでの家族客などにおススメできるかもと思います。意外と休日でもそこそこ空き席もあったので気軽に入れます。夜は飲み放題もあるようなので、近場の方には飲みの利用も良いお店かなと思います。

↓バイキング料理
160117-1.JPG

160117-2.JPG
posted by たぬき at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ