2021年01月10日

無双心・亀岡店@京都府亀岡市古世町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン店「無双心」の亀岡店です。祇園店に訪問したことはあるのですが、亀岡店(本店)は初めての訪問です。この日は平日の17時ごろに訪れました。

お店は、亀岡駅から南方へ1qくらい、国道9号線の古世口の交差点のところにあります。黒を基調としたシックな外観に赤い暖簾が目立ちます。店舗駐車場は存在しないようでした。

店内は入ってすぐのところに券売機があり、最初に購入するシステムです。厨房前と壁側に二列のカウンター席があり、奥の方に座敷があるようでした。男性店員さん一人で切り盛りされており、真面目な雰囲気の接客でした。

ラーメンメニューは、基本の無双心、マー油入りの無双心ブラック、辛味の無双心レッド、タイ風無双、亀岡味噌らーめん、こってりなどがあります。また極つけ麺、亀岡肉太郎、まぜそばも複数種類ありました。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。

その他、ご飯類、唐揚げなどがありました。薬味は山椒、黒七味、胡椒、辛子味噌などがトッピング自由となっています。

この日は、あぶりチャーシュー麺1000円を注文。

しばらくすると登場したラーメン。見るからに粘度の高そうな白濁したスープに炙りチャーシュー、太めのメンマ、ネギがトッピングされています。

スープは鶏豚骨と野菜を用いたスープとのこと。鶏由来のゼラチン質のとろみがあり、ベースには豚のコクも感じますが、野菜が勝っており、ポタージュのようなスープです。脂っこくなく濃厚で粘度もあるのですが飲みやすいスープだと思います。醤油の味も強すぎず優しい味わいです。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。しっとりとした食感で、粘度の高いスープを絡めて口に運んでくれます。

炙りチャーシューは厚切りのバラ肉を使用されています。醤油ダレの味がしっかりと入って、脂分も多めでジューシー。優しいスープの中で、とても存在感のあるレベルの高いチャーシューでした。また太めのメンマも食感が楽しいものです。

全体的に、こってり系なのに優しい味わいで身体がポカポカと暖まるようなラーメンだと思います。多くのメニューも存在するので、何度でも訪問してみたいなと思えるお店だと思います。

↓あぶりチャーシュー麺
210110-1.JPG

↓チャーシュー
210110-2.JPG

↓麺とスープ
210110-3.JPG

↓お店の外観です。
210110-4.JPG
posted by たぬき at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2021年01月08日

大黒やらーめん・亀岡店@京都府亀岡市篠町篠杢殿林

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

「大黒やらーめん」の亀岡店です。以前は京田辺にもお店がありましたが閉店されています。今はこちらのお店だけの営業のようです。京田辺店には訪問したことがあるのですが、こちらは初訪問です。この日は平日の17時ごろに訪れました。この時間帯はお客さんが少なかったです。

お店は、9号線沿いの西向きレーン沿いにあります。となりは「たかばしラーメン」さんです。お店の外観は、赤い大黒さんが描かれた看板が目立つので分かりやすいです。お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、そこそこ広くカウンター席とテーブル席が並びます。お店は真面目そうな男性職人さんと若い女性スタッフの二人で切り盛りされていました。庶民的ながら真面目な雰囲気の接客でした。

ラーメンメニューは、基本は鶏白湯スープの鶏そば。その他、あっさり醤油、味噌、塩、激辛ハバネロ、担々麺、黒酢あんかけ麺、旨辛スタミナ麺、まぜそば、つけ麺、カレーつけ麺と豊富にあります。

単品メニューも豊富で、飲み屋の一品のようなメニューが多かったように思います。また単品とラーメンを組み合わせた定食メニューも存在しました。ピンク生姜、胡麻は無料サービスとなっています。

この日は、チャーシュー麺880円を注文。

しばらくすると登場するラーメン。白濁したスープに、チャーシュー、煮玉子、メンマ、糸唐辛子、白髪ネギ、ネギがトッピングされています。

鶏ガラともみじを炊き上げたというスープ。メニューでは濃旨、濃厚という言葉が並んでいますが、こってりという訳でなく、粘度も低めでまろやかで、飲みやすい味わいです。ほんのりとした甘みを感じるような、優しい味わいでベースの鶏の旨味もしっかりしていて、飽きずに飲み続けられそうな仕上がりとなってます。

麺は多加水の中細ストレート麺を使用されています。やや柔らかめの茹で具合で、まったりとしたスープとの相性も良いものです。

チャーシューは、やや厚切りで、赤身、脂身のバランスも良く豚らしい味わいを堪能できるもの。味付けも濃すぎずスープとのバランスも良いです。煮玉子もしっかりと味が入り、黄身のとろける食感もとても良いものでした。

こちらの鶏そばのスープ。今はやりの濃厚系のようなインパクトのある味ではないのですが、鶏の旨味がしっかりとしており、なおかつ優しく飽きない味に仕上がっていると思います。他にも複数のメニューがあるので、再訪するのにも楽しいお店だと思います。

↓チャーシュー麺
210108-1.JPG

↓チャーシュー
210108-2.JPG

↓麺とスープ
210108-3.JPG

↓お店の外観です。
210108-4.JPG
posted by たぬき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2021年01月01日

たかばしラーメン・亀岡店@京都府亀岡市篠町篠埜殿林

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

たかばしラーメンの亀岡店です。この日は平日の17時ごろ、かなり久しぶりの訪問。「第一旭」から「たかばしラーメン」にネーミングが変わってからは初めてだと思います。平日の17時台はお客さんが少なかったですが、ポツポツと来客があり、人気あるお店だなと思いました。

お店は、9号線沿いのアルプラザの少しだけ東側にあります。お店の外観は、黄色のテント看板に「たかばしラーメン」の表示で分かりやすいもの。お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、カウンター席、テーブル席などがあり、多くの人が入れます。お店の接客は、まだ早い時間帯だったためか男性職人さん1人と女性スタッフ1人で切り盛りされていました。庶民的ながら居心地の良い接客だったと思います。

ラーメンメニューは、基本の醤油のたかばしラーメン、他に熟成味噌、塩、炎(辛味)、新味(豚骨系)、スタミナ(にんにく+辛味)などがあります。単品メニューも豊富で充実しています。

この日は、たかばしラーメン(並)650円+肉増量170円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、澄んだ濃い色合いの醤油スープ、ネギ、もやしたっぷり、チャーシューたっぷり、メンマ。京都クラシックスタイルの醤油ラーメンの王道ノ見た目です。

スープをいただくと、ベースの動物系のコクがしっかりと効いています。そこに醤油の深い味わいも加わり、濃い目の味わいに思いますが後味はすっきり、深くコクがあるのに飲みやすいスープです。

麺は低加水の中細ストレート麺を使用されています。茹で具合はやや硬めくらいで、昔ながらの京都の味が好みの方は柔らかめをお願いした方が良いかもしれません。ただ、旨味たっぷりのスープの味を吸い込み、その風味を口に運んでくれます。

チャーシューは赤身、脂身のバランスの良いものが多く入っています。醤油ダレで味付けされているのでスープとの相性も良いものです。もう少したっぷり量だと、さすが京都!という感じのチャーシュー麺でしたが量は、普通な感じにも思いました。

全体的には、スープの迫力、具のバランスも素晴らしく、京都の醤油ラーメンの王道を行くような安心できる味わいだったと思います。また機会を見て訪問したいと思います。

↓たかばしラーメン(並)+肉増量
210101-1.JPG

↓チャーシュー
210101-2.JPG

↓麺とスープ
210101-3.JPG

↓お店の外観です。
210101-4.JPG
posted by たぬき at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年12月12日

無鉄砲・本店@京都府木津川市梅谷髯谷

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

豚骨ラーメンの人気店「無鉄砲」さんの本店です。この日は平日の11時台に訪れました。かなり久しぶりの訪問です。11時台前半でも数人並んでおられましたが、回転も早く、すぐに着席することができました。

お店は、木津川市の梅美台の住宅街から加茂方面へ向かう道にあります。のどかな雰囲気の周辺の中に、木目のログハウスの雰囲気の店舗で営業されています。お店の前と横に駐車場も完備されています。

食券機が店外にありますので、そちらで購入後、行列に並ぶようになっています。並んでいる間にお店の方がラーメンの好み(スープの濃さ、ネギの量、麺の硬さ)などを聞きに来られます。

店内は、テーブル席とカウンター席が並びます。ログハウス調の雰囲気は修行先の宮崎の風来軒を再現されているのかなと思います。暖かな雰囲気で、お店の方の接客も丁寧なものです。

ラーメンメニューは、とんこつ、限定正油、Wスープの3種。トッピングなどで値段が変わるようになっています。単品はギョーザや骨付きスペアリブ、ごはん類があります。

高菜、紅ショウガ、ごま、にんにく醤油などがトッピング自由となっています。宮崎のラーメン店で定番のたくあんは置いてなかったです。

この日は、とんこつチャーシューメン1080円を注文。麺の硬さ、ネギの量は普通、スープはこってりでお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン。これぞ無鉄砲という感じの茶濁したスープに背脂が多めに浮いています。トッピングはチャーシュー、煮玉子、海苔、ネギ、メンマとなっています。

スープをいただくと、やはりド迫力の豚骨スープ。豚骨をとことん煮込んだ旨味が溢れています。粘度は、それほど強くないのですが、とにかく旨味が素晴らしい。そしてこってりしているのに、脂分が強すぎず飲みやすいのも好印象です。またお店特製の辛子高菜がかなり激辛で、少量を入れえるだけでも引き締まった味を楽しむことができます。

麺は、中太のやや縮れ麺を使用されています。濃厚な旨味あるスープとの絡みは抜群です。また海苔などとも絡めていただくと味の変化を楽しめます。

チャーシューは薄切りのバラ肉を使われています。柔らかく煮込まれていて、こってりとしたスープの中ではあくまで脇役という雰囲気ですが、麺、スープと絡めていただくと豚の旨味を堪能することができます。

久しぶりに訪れた無鉄砲さんの本店。濃厚豚骨はこうでないと!というお手本のようなド迫力の味わいです。これからも豚骨の素晴らしい味を伝えていってほしいなと思います。

↓とんこつチャーシューメン
201212-1.JPG

↓チャーシュー
201212-2.JPG

↓麺とスープ
201212-3.JPG
posted by たぬき at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年12月10日

一喜蔵@京都府南丹市園部町美園町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

南丹市園部町のラーメン店「一喜蔵」さんです。この日は平日の13時台に訪れました。平日の13時台でも店内にはお客さんが多くおられ、人気があるんだなと思いました。

お店は、園部本町の交差点近くにあります。複数連なった複合店舗の一つとなっていて、木目調の外観、白い暖簾が目印です。お店の南側に駐車場もあります。

店内は落ち着いた雰囲気で、厨房を囲うようにカウンター席があるのみです。店長さんと、男性スタッフの二人で切り盛りされていました。接客は寡黙で真面目な印象です。

ラーメンメニューは、和風豚骨こくまろ(豚骨+和風出汁)、和風豚骨こく黒(豚骨+和風出汁+濃口醤油、にんにく、背脂)、濃厚豚骨こってり(10食限定)の3つが中心。その他、裏メニューとして、和風豚骨こく赤(辛味)、和風豚骨の担々麺が3種(まろ担、くろ担、あか担)、昔ながらの醤油拉麺、カルボナーラ風のまぜそば、などがありました。

それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。

この日は、濃厚豚骨こってり780円のチャーシュー2枚トッピング260円、味玉70円追加でお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン、黄濁したスープの表面は脂分が多く、唐辛子も多くかかっています。トッピングはチャーシュー、煮玉子、糸唐辛子、白髪ネギ、ネギ、もやしなど。

スープをいただくと、濃厚豚骨というネーミングから想像するのとは少し異なるかな。豚骨はしっかり旨味が出ていますが、濃すぎずまろやかな味わい。醤油の濃さも強すぎず、比較的優しい濃さがベースとなっています。ただ、意外なほど唐辛子が効いています。かなりピリ辛なのが印象的です。

麺は全粒粉入りの細麺ストレートを使用されています。コシもあり、心地よい食感。ネギやもやしなどの野菜がたっぷりなので、それらと合わせていただくと食感が楽しいものです。

チャーシューは厚切りでさらに大判のもの。醤油ダレでしっかり強めの味付けです。脂分は控えめで、しっかりとした豚肉の食感を楽しめるもので食べ応えがありました。

全体的には、美味しいラーメンなのですが、濃厚豚骨という印象とは異なるものかな?と思った一杯でした。再訪する機会があれば、基本のこくまろなどを食べてみたいと思います。

↓濃厚豚骨こってり+チャーシュー2枚トッピング
201210-1.JPG

↓チャーシュー
201210-2.JPG

↓麺とスープ
201210-3.JPG

↓お店の外観です。
201210-4.JPG
posted by たぬき at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年12月08日

らーめんつるぎ・大久保本店@京都府宇治市広野町西浦

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄大久保駅近く、平和堂100BAN店の裏手あたりにあるラーメン店「らーめんつるぎ」さんです。以前、第一旭の大久保東店の店舗だったところで営業されています。この日は日曜日の開店直後に訪れました。開店直後で客は私一人でした。

お店の外観は、第一旭時代の赤暖簾が目立つ外観とは異なり、白くシンプルな外観となっています。街中のため店舗駐車場はありません。

店内は、第一旭時代は、二列のカウンター席が同じ方向を向って並ぶ変わった形式でしたが、内装が変わり、両側の壁に向かってカウンター席が並ぶシンプルな形となっています。内装も白を基調としており、清潔感のあるものです。お店の方は男性職人さんが調理、女性スタッフが接客を担当され庶民的ながら丁寧なものでした。

お店入ってすぐのところに食券機があり、最初に購入するシステムとなっています。

ラーメンメニューは、酒粕らーめんが、しょうゆ、塩、辛味から選択可能。その他、ベースとなる鶏こくしょうゆ、塩、辛味噌らーめんも存在します。それぞれ、トッピングやサイズ変更が可能です。単品は、ご飯もの、唐揚げ、おつまみちゃーしゅー、おつまみもやし、水餃子、焼餃子などがありました。

テーブルには薬味として、一味、胡椒、にんにくなどが置いてあります。

この日は酒粕らーめん(しょうゆ)800円+トッピングちゃーしゅー200円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、茶濁したスープには、酒粕と思われるものが浮いており、たっぷりチャーシュー、のり、かいわれ、もやし、白髪ネギ、ねぎ、鰹節がトッピングされています。

スープをいただくと、鶏のコク、醤油が効いたまろやかなベースがあり、そこに酒粕の個性的な酸味、癖のある味わいが加わります。全体的に濃い目かつ、まろやかで、深い旨味を堪能できるスープで、鰹節からくる魚介の風味が良いアクセントとなっています。

麺は、細麺ストレートを使用されています。表面のツルっとした感触と、コリっとしたコシのある食感が心地よいもの。濃い目のスープとの相性も良いと思います。また海苔を絡めると味の変化が楽しめますし、かいわれ、白髪ネギと絡めると食感の変化も楽しめます。

チャーシューは、大判のバラ肉が使用されています。これが厚みもそこそこあり、脂分も多めでジューシー。醤油ダレの味もしっかりと入っていて高レベルのものです。量もたっぷりで食べ応えがあります。

はじめていただいた、つるぎさんの酒粕らーめんですが、酒粕をうまく活かした濃厚でコクのあるスープが印象に残る一品でした。お店の雰囲気も居心地がよく、また機会があれば再訪したいなと思います。

↓酒粕らーめん(しょうゆ)+トッピングちゃーしゅー
201208-1.JPG

↓チャーシュー
201208-2.JPG

↓麺とスープ
201208-3.JPG

↓お店の外観です。
201208-4.JPG
posted by たぬき at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年11月13日

麺屋じすり@京都府木津川市木津神田

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

木津川市の人気ラーメン店の「麺屋じすり」さんです。この日は平日の開店直後に訪れました。開店直後でしたが、ほぼ満席状態でした。

お店は、木津駅から木津川市役所前を通り西に向かうとあります。お店の外観は、小さな木目調の平屋建てですが、お店の前の「海老そば専門店」の看板が良く目立ちます。駐車場は少し離れた川沿いに数台停められるようになっています。

店内は、こじんまりとしていてカウンター席とテーブル席が少し存在します。夫婦と思われる男女で切り盛りされていて、とてもまじめで丁寧な印象の接客です。

メニューは、海老しお、海老みそ、海老まぜそば、それと海老を使わない純粋な白湯スープの純そばが存在します。それぞれトッピング、麺の大盛りで値段が変わるようになっています。単品は、ごはん、チャーシュー丼などがあるくらいでシンプルなものです。

この日は、まだ食べたことのなかった海老まぜそばを注文。

意外と早く提供される海老まぜそば。鉢の底にタレが入っていて、小エビ、細切れのチャーシュー、半熟玉子、ナルト、太めのメンマ、ネギがトッピングされています。

お店の人に良く混ぜてくださいと言われますので、よく混ぜていただきます。

麺は多加水の平打ち、中太ちぢれ麺を使用されています。この麺の弾力がとても心地よいもの。そしてタレは濃い目の醤油味で、玉子と合わさりベースは濃厚かつマイルドな印象。そこにたっぷりの海老の旨味が加わるので、味はとても楽しいものです。しっかりとした海老のガツンと来る風味を楽しめます。

チャーシューも細切れですが、厚切りで食感も強く、醤油ダレがしっかり入った濃厚な味わい。麺と絡んで、その食感、味の変化をしっかりと楽しむことができます。またメンマのコリっとした食感もとても楽しいものでした。

初めていただいた、海老まぜそば。このメニューもなかなか楽しい一品だったと思います。真面目な雰囲気のお店の印象も良いので、また機会があれば再訪したいなと思います。

↓海老まぜそば
201113-1.JPG

↓麺と具のアップ
201113-2.JPG

↓お店の外観です。
201113-3.JPG
posted by たぬき at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年11月12日

希望軒・亀岡店@京都府亀岡市下矢田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン店「希望軒」の亀岡店です。この日は、平日のお昼時を少し過ぎた時間帯に訪れました。それほど混雑はしていませんでした。

お店は、9号線沿い、亀岡駅の近くにあります。お店の外観は、和風な建屋で希望軒と掲げられた大きな黄色い看板が目立つので分かりやすいです。お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、テーブル席、カウンター席があります。奥行きがあり、結構人数が入れそうです。お店の方の接客は庶民的ながらも親切で居心地の良いものでした。

ラーメンメニューは、とんこつ、ごま味噌、希望軒ブラック、しお、つけ麺の他、期間限定の冷し担々麺があります。トッピングの自由度も高く、単品メニューも多く存在します。また生ニンニク、ニラキムチ、海苔などがトッピング無料サービスとなっています。

この日は、とんこつラーメン・チャーシュー大盛り1080円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、茶濁したスープに鉢一面のチャーシューが印象的です。チャーシュー以外は、ネギともやしのトッピングでシンプルなものです。

スープは、しっかり豚骨を煮込んだと思われ、ゼラチン質が活きた粘度のあるもの。豚骨の旨味もしっかりしているのと、醤油ダレの旨味もマイルドかつ濃い目です。まったり濃い目のとんこつ味は、こってり好きな方にも受けると思います。

麺は、ややカールしたような細麺を使われています。コリっとした食感が楽しく粘度の高いスープとの絡みも良いものでした。

チャーシューは、しっかりと醤油ダレで味付けされたもので、スープに負けない味を楽しめます。薄切りですが、量がたっぷりで、満腹度が非常に高いものです。

希望軒の亀岡店は初めて訪れましたが、なかなかしっかりとした豚骨スープで好感が持てる味わいでした。メニューも豊富で、リピートするのも楽しいお店だと思います。また機会を見て訪れたいなと思います。

↓とんこつラーメン・チャーシュー大盛り
201112-1.JPG

↓チャーシュー
201112-2.JPG

↓麺とスープ
201112-3.JPG

↓お店の外観です。
201112-4.JPG
posted by たぬき at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年10月13日

来来亭・木津川店@京都府木津川市州見台

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

来来亭の木津川店です。よくリピートしているお店ですが、コロナの影響もあり3月以来の訪問です。この日は、11時頃に訪れたこともあり、空いていましたが食べ終わるころにはほぼ満席となっていました。

お店は、複合商業施設の「ガーデンモール木津川」の駐車場の中にあります。お店の外観は、来来亭の基本の形そのものです。駐車場は、たっぷりと存在します。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。来来亭の基本形ですが、座敷がなくテーブル席となっています。

久しぶりに訪れたこの日、驚いたのはコロナ感染症対策でカウンター席は、一席毎に透明の仕切りが付けられていて、さらに各テーブル、カウンター席に、タブレットが置かれ、注文がタブレット注文となっていました。

タブレット式ですが、ラーメンの注文時には、麺の茹で具合、背脂の量や、チャーシューの質などを選択することができ、今までと同様の注文をすることができます。

ラーメンメニューは、基本の背脂醤油系のスープの他、こってり、塩、味噌、旨辛、赤味噌など複数の味が存在します。それぞれトッピングとサイズなどで値段が変わります。また単品メニュー、セットメニューなども充実しています。

この日は、夏季限定の特製冷麺970円のチャーシュートッピング+170円を注文。普通の冷麺と特製の違いは煮卵とキムチが追加されていることです。チャーシューはラーメンでは、脂身、赤身の選択ができるのですが、冷麺では選択できませんでした。

しばらくすると登場する特製冷麺。たっぷりのチャーシュー、細切れチャーシュー、煮玉子、キムチ、キュウリ、刻み海苔がトッピングされています。

最初に麺とタレを混ぜ合わせていただきます。味噌ベースで、マヨネーズ、辛子、キムチの酸味が効いたタレと、中太の多加水麺のコシの強さ。このバランスが素晴らしく、するするといただくことができます。キムチの酸味がやや強めなので、次回はキムチ抜きの普通の冷麺も食べてみたいなと思いました。

チャーシューはデフォルトのものが細切れで脂身が多め、ジューシーな味わいです。トッピング追加のチャーシューは、醤油ダレで味付けられた赤身の薄切りのもので量が多いです。柔らかみもあり、麺やタレと絡めていただくのに適しています。

しばらくぶりにいただいた来来亭の冷麺ですが、やはり高レベルの一品だと思います。また暑い季節には食べてみたいなと思います。

↓特製冷麺+チャーシュートッピング
201013-1.JPG

↓チャーシュー
201013-2.JPG

↓麺と具のアップ
201013-3.JPG
posted by たぬき at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年10月10日

田所商店・城陽店@京都府城陽市寺田高田

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味噌ラーメン専門店の田所商店の城陽店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。感染症の自粛ムードもあるのか、客入りは半数くらいでした。

お店は、旧24号線沿いの食品スーパーのサンディなどとの共同施設となっています。駐車場も完備されていますが、満車に近い状況が多いように思います。

店内は、小ぎれいな雰囲気で、カウンター席、座敷、テーブル席があります。カウンター席はコロナ対策のため人席ごとに敷居が設けられていました。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは、信州味噌(やや濃口)、九州麦味噌(甘口)、北海道味噌(濃口)の3種がメイン。その他に、期間限定品もあります。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。この日の期間限定品は、冷やし担々麺、胡麻味噌冷やし麺でした。

この日は、胡麻味噌冷やし麺880円と、信州みそ仕立て炙りチャーシューネギ盛り580円を注文。

チャーシューネギ盛り、冷やし麺の順に提供されます。

冷やし麺は落ち着いた和風の器で、焼豚、煮玉子、キュウリ、トマト、もやし、刻み海苔などがトッピングされています。

タレは胡麻味噌だれとなっています。タレの風味は胡麻が強く効いていて、さらに味噌ラーメン専門店らしく濃厚な味噌の味も活きています。酸味と味噌の甘みが出ているのが特徴的ですが、濃厚なのに後味はさっぱりしていて、とても食べやすいものです。

麺は、中太のちぢれ麺を使用しておられ、コシが強く心地よい食感のもの。濃厚な旨味のタレとの絡みも良いもので冷やし麺にも適したものでした。

具に使われている焼豚は、このお店の標準の炙りチャーシューとは異なるさっぱりと食べやすいもので、料理全体に調和していて良かったです。トマトやキュウリもさっぱり感を強めてくれる存在でした。

炙りチャーシューネギ盛りは、ピリ辛なネギ盛りともやしたっぷりで3枚の炙りチャーシューが盛られています。信州味噌の濃厚な味わいで味付けられた厚切りのチャーシューは、厚さ1センチくらいありそうです。バラ肉で脂分もありジューシー。その濃厚な味わいとピリ辛のネギ盛りの相性も良く、お酒の共にいただきたい満足度の高い一品です。

田所商店さんは、何度となくリピートしていますが、期間限定品もあり、毎回楽しむことができます。これからもレベルの高い味噌ラーメンを提供続けていただきたいなと思います。

↓胡麻味噌冷やし麺
201010-1.JPG

↓麺のアップ
201010-2.JPG

↓信州みそ仕立て炙りチャーシューネギ盛り
201010-3.JPG
posted by たぬき at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年09月11日

第一旭・大井店@京都府亀岡市大井町並河熊田

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

第一旭の大井店です。こちらはもとは第一旭・大井店から、一時期「DA KAMEOKA」という店名にされておられました。DA=第一旭です。なぜDAだったのかは不明ですが、最近、また第一旭に戻り、店舗を少し離れた位置で再開されていると情報を聞いたので、一度行きたいなと思っていました。

この日は、土曜日の15時台に訪問。お店の前には、コロナの影響で時短営業されていると書かれていました。微妙な時間帯なので客は私一人でした。

お店は、9号線沿い、並河駅の近くにあります。お店は黄色い色合いの建屋で、ラーメンとか第一旭と書かれたものが、道路わきにある看板くらいで、意外と見落としそうかなと思いました。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、新しい店舗かなと思いきや、少し年季が入っているように思えました。以前は何かの飲食店だったのかな?カウンター席、テーブル席、座敷があり、多くの人数が入れそうです。店長さんと、若い男女のスタッフで切り盛りされており、男性スタッフは、本当に不愛想で・・・ちょっとイマイチな接客かなと思いました。

メニューは、DAの頃から基本的に変わっておらず、第一旭のFC店の構成です。基本の醤油系のスペシャル、厚切りチャーシュー入りのデラックス、味付きばら肉入りのターロー、味噌、鉄人(豚骨系)などなど。一品やラーメンと単品を組み合わせたセットも存在しました。

この日は、チャーシューメン780円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、濃い色合いの醤油スープにネギ一杯、チャーシュー、メンマがトッピングされています。DAの頃は花びらチャーシューのようなものだったので、ちょっと意外でした。

スープをいただくと、醤油の強さが前面に出ていて、甘辛いくらいの味わいです。やや動物系の臭みもあり癖のあるスープかなと思います。隠し味に味噌でも使われてそうな味わいで、独特の濃厚さがあります。

麺は、第一旭では珍しく多加水のややカールしたような麺を使用されています。宝産業さんの麺のようでしたが、コシが強くコリコリした食感が楽しいものでした。

チャーシューは、ゆで豚タイプで、やや厚切りのもの。薄味で豚本来の旨味、それとジューシーさが楽しめます。ただ量が意外と少なくて・・本当にチャーシューメン?と残念に思えるものでした。

DAから第一旭に戻った大井店さん。今回は少し残念な味に思えましたが、また機会を見て他のメニューも試してみたいなと思います。

↓チャーシューメン
200911-1.JPG

↓チャーシュー
200911-2.JPG

↓麺とスープ
200911-3.JPG

↓お店の外観です。
200911-4.JPG
posted by たぬき at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年08月15日

田所商店・城陽店@京都府城陽市寺田高田

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味噌ラーメン専門店の「田所商店」の城陽店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。コロナの影響もあるのかお客さんは若干少なめで、カウンター席は座席を開けて座るようにされていました。

お店は旧24号線沿い、スーパー「サンディ」との共用施設となっており、駐車場も完備されています。お店の外観は味噌桶のオブジェがあるので分かりやすいです。

店内は、カウンター席、座敷があり奥の方にテーブル席が並びます。清潔感のある店内です。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは、信州味噌(やや濃口)、九州麦味噌(甘口)、北海道味噌(濃口)の3種がメイン。その他に、期間限定品もあります。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。この日の期間限定品は薩摩麦味噌、冷やし担々麺、胡麻味噌冷やし麺でした。

この日は薩摩麦味噌ラーメン900円に味噌漬け炙りチャーシュー2枚トッピング+250円を注文。

しばらくすると登場するラーメンは、白濁した味噌スープに、炙りチャーシュー3枚、煮玉子、肉味噌、もやし、極太メンマ、揚げ葱、紅ショウガ、鰹節がトッピングされています。

スープをいただくと、甘口なのですが、とても酸味を感じる個性的な味噌味。けっこう癖があるなと最初は思いました。しかしながら、具の鰹節、紅ショウガ、揚げ葱、肉味噌などが混ざり合うと、不思議とまろやかで整った味わいになります。味噌のコクがしっかりと堪能できる、バランスの良い味わいだったと思います。

麺は、太めの多加水ちぢれ麺を使用されています。コシの強い食感で、濃厚なスープや具との絡みも良いものです。

炙りチャーシューは、味噌の味がしっかりと入っていて、さらに炙りがあるので食が進むものです。厚切りでボリューム感がありますが、脂身が多すぎず意外と食べやすいのも良いところです。またメンマが本当に極太なものが使用されていて、そちらも個性がありました。

初めていただいた薩摩麦味噌ラーメン。最初は少し癖があるかな?と思いましたが、食べ進めるうちに素直に美味しくいただける一杯だなと思えた完成度の高い味噌スープでした。また機会を見て再訪したいと思います。

↓薩摩麦味噌ラーメン+味噌漬け炙りチャーシュー2枚トッピング
200815-1.JPG

↓チャーシュー
200815-2.JPG

↓麺とスープ
200815-3.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年07月21日

大阪王将・木津川台店@京都府木津川市吐師宮ノ前

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪王将の木津川台店です。この日はテイクアウト利用で訪れたのですが、昼食時も過ぎ、店内にほとんどお客さんがおられなかったこともあり、店内でいただくことにしました。

お店は、近鉄木津川台駅近くにあります。看板が大きく目立つ店舗だと思います。お店の横に駐車場も完備されています。

店内は、カウンター席、テーブル席が並び、そこそこの人数が入れそうです。お店の方の接客も丁寧なものです。

メニューは大阪王将の基本メニューがある他、木津川台店オリジナルメニューも豊富に存在します。オリジナルメニューも20種類くらいあるのではないでしょうか。見ていて楽しいメニュー表です。

この日は、大阪王将の通常メニューの「大阪ちゃんぽん」750円をアレンジした、「キムチちゃんぽん」850円という店舗オリジナルメニューがありましたので、そちらを注文。それと焼餃子も追加注文しました。

キムチちゃんぽんは、大阪ちゃんぽんに、別皿でキムチが提供されるシンプルなものです。キムチの量はたっぷり。ちゃんぽんは、やや濁った餡かけスープに、具沢山で、豚肉、イカ、小エビ、溶き玉子、キャベツ、キクラゲ、もやし、ニンジン、ホウレンソウ、玉ねぎなどです。

キムチ投入前にスープをいただくと、餡かけの粘度がそこそこあり重みがあります。ただ味わいは塩味で比較的すっきり。そして炒めた野菜、海鮮の香りが良く食が進みます。海鮮野菜の旨味もスープに染みわたっています。

そこにたっぷりの白菜キムチを入れてやると、ほんのりとした酸味、辛味が加わります。それと白菜キムチがたっぷりなので、さらに野菜たっぷりの印象。満腹度の高い一品に変身します。

麺は中細ストレート麺を使用されていて、たっぷりの具との絡みが良いものです。また意外なところで、豚肉が本当にたっぷりと入っていて、ばら肉でジューシーです。野菜たっぷり、あっさり系のちゃんぽんに良いアクセントとなっていたと思います。

焼餃子はいつも通りの満足度。しっかりとした焼き加減で食感はカリッとしていますが、内側の皮はモチモチ。そして具もたっぷりで安心感のある一品です。

初めていただいた大阪王将のキムチちゃんぽん。野菜たっぷり、具沢山で、さらにスープの旨味もバランスが良く、とても良い一品だったなと思います。こちらの店舗はオリジナルメニューも豊富なので、またの機会に使いたいなと思います。

↓キムチちゃんぽん
200721-1.JPG

↓キムチちゃんぽん(提供時はキムチは別皿)
200721-2.JPG

↓焼餃子
200721-3.JPG
posted by たぬき at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年07月16日

バーミヤン・京都木津川店@京都府木津川市州見台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

バーミヤンの京都木津川店です。こちらの店舗は、もともとバーミヤンでしたが、一時期じゅうじゅうカルビになり、再びバーミヤンで再開されました。バーミヤンとしては以前営業されていた時から、かなり久しぶりの訪問です。

お店は、木津川市の新興住宅街、州見台の一番中央の通り沿い、東向のレーン沿いにあります。バーミヤンの郊外型店舗の基本形で、駐車場も完備されています。

店内は、テーブル席が多く並びます。コロナの影響もあり、店内はお客さんが数人しかおられませんでした。うちもテイクアウト利用目的で買い物後に訪れたのですが、あまりに店内に人がいなかったため、店内でさくっと食べて帰ろうということで店内でいただきました。

注文はタブレットを使用した注文形式となっています。またコンセントが各テーブルに設置されており、自由に使えるようです。

この日は、期間限定で出しておられた海鮮3種と菜の花の具沢山あんかけラーメン799円、W焼餃子(12個)449円を注文。餃子は家族でシェアしました。

空いてることもあるのか、提供時間がとても早くすぐにメニューが提供されました。

ラーメンは、基本のバーミヤンラーメンと同じ醤油ベースのスープに海鮮三種(海老、イカ、ホタテ)と豚肉、菜の花を使った野菜あんかけをかけたものです。野菜は菜の花、白菜、人参、キクラゲなどを使われていました。

スープは、あっさりとした醤油味で、海鮮や野菜から来るコクもそこそこあり、バランスの良い味わい。あっさりながらも飲みごたえがあります。餡の粘度はそれほど強くなく、比較的さらっといただけるものでした。

麺は中細のちぢれ麺を使用されています。コシもそこそこある麺で野菜との絡みもとても良いものです。

具は、野菜がたっぷりなのと予想以上に多く入っているのが豚肉です。海鮮三種は、海老、ホタテ、イカですが、それらは一つずつですがそれぞれが大きなものを使われていたのも印象的です。けっこうボリューム感を感じるものでした。

焼餃子は、カリッと焼きあげられた一品。皮のもっちり感もあるので素直に食べていて楽しいです。具沢山で意外なほどニンニクが効いています。仕事の合間などには気を付けないといけないかもしれませんね。スタンダードに良いなと思える焼餃子でした。

久しぶりに訪れたバーミヤンさん。美味しい中華料理が手軽にいただけるので、またの機会を見て再訪したいなと思います。

↓海鮮3種と菜の花の具沢山あんかけラーメン
200716-1.JPG

↓麺とスープ
200716-2.JPG

↓W焼餃子
200716-3.JPG
posted by たぬき at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年05月12日

久御山・塩元帥@京都府久世郡久御山町市田和気

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

塩ラーメン中心のラーメン店「久御山 塩元帥」さんです。この日は日曜日のお昼時に訪れました。12時台で、数人の待ち客がおられましたが回転が早く5分ほどで入店することができました。

お店は、府道81号線沿い、隣は「天天有ひるまや」さんでラーメン店が二店並んでいます。黄色の大きめの看板が目立つので分かりやすいです。お店の前が待合スペースとなっています。駐車場も多く停められるようになっています。

店内は、カウンター席とテーブル席が多めにあり、清潔感があります。スタッフもテキパキとした接客で居心地が良いものです。

メニューは、ラーメンが天然塩、梅塩、ネギ塩、醤油、濃口醤油、ネギ醤油、味噌。つけ麺が塩、醤油があり、それぞれトッピングなどで値段が変わります。ごはん類、単品がある他、ラーメンとそれらを組み合わせたセットも充実しています。その他、ニンニク、キムチは無料サービスとなっています。

この日は、天然塩ラーメン760円のチャーシュー増し220円を注文。

しばらくすると登場したラーメンは、やや濁った塩スープで魚粉が多く浮いています。トッピングはチャーシュー、細めのメンマ、春菊、白髪ネギ、糸唐辛子となっています。

スープは、とてもまろやかで口当たりの良い塩味で、魚介の風味が強めに効いています。またほんのりと柑橘の味が効いているので、さわやかな仕上がり。ほんのりと甘みがあり、柔らかく飲みやすいスープです。

麺は、低加水の中太、平打ちストレート麺を使用されています。もっちりとした食感が心地よくスープとの馴染みも良いものです。

チャーシューは、かなり大判のバラ肉を使用されています。京田辺の塩元帥さんで味わったときは脂分が抜かれている感じでしたが、こちらはそこそこ脂分が残っていて、ジューシーで柔らか。しっかりと味も入っていて高レベルのものです。かなりのボリューム感があり満足度が高いものです。

しばらくぶりにいただいた塩元帥さんの天然塩ラーメンですが、口当たりがよく、バランスの良い一杯だなと思いました。こちらの店舗はお店の方の接客も良く居心地が良いので、また機会があれば訪問したいと思います。

↓天然塩ラーメン+チャーシュー増し
200512-1.JPG

↓チャーシュー
200512-2.JPG

↓麺とスープ
200512-3.JPG
posted by たぬき at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年05月09日

来来亭・木津川店@京都府木津川市州見台

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

来来亭の木津川店です。何度となくリピートしているお店です。この日は土曜日の11時台に訪れました。11時台前半でしたのでお客さんも混雑しておらず、すぐに座ることができました。

お店は、複合商業施設の「ガーデンモール木津川」にあり、独立した建屋で営業されています。お店の外観は、来来亭の郊外型と同じタイプで、黄色い看板が目立ちます。ガーデンモールの駐車場はとても多く、駐車スペースはたっぷりとあります。

店内は、来来亭の基本形と同じで長めの店内。厨房の対面にカウンター席があります。窓側はテーブル席となっていて、他の来来亭さんは座敷のことが多いのですが、そこが異なります。接客は、適度な元気の良さと丁寧なサービスがあり、居心地が良いものです。

ラーメンメニューは、基本の背脂醤油系のスープの他、こってり、塩、味噌、旨辛、赤味噌など複数の味が存在します。それぞれトッピングとサイズなどで値段が変わります。また単品メニュー、セットメニューなども充実しています。

この日は、塩ラーメン780円のチャーシュートッピング+170円を注文。

しばらくすると登場するラーメン。やや濁った色合いのスープには揚げ葱が浮いています。トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、白髪ネギとなっています。過去に塩ラーメンを注文した際に、海苔は付いていなかったと思うのですが追加された模様です。

スープをいただくと、ベースの動物系の旨味を活かしたまろやかな塩味。ほんのりとした優しい甘さ、それと揚げ葱の旨味、香りも混ざりとてもバランスの良いもの。あっさりしつつもコクがあり、旨味たっぷりの味わいを楽しめます。

麺は低加水の細めのストレート麺を使用されています。しっとりとした食感でスープとの馴染みも良いものです。また海苔とスープを絡めていただくと、その旨味を堪能できます。

チャーシューは、赤身、脂身のバランスが良く、薄切りですがたっぷりと入っています。柔らかく麺やスープと絡めていただくのに適しています。

しばらくぶりにいただいた塩ラーメンですが、とてもバランスが良く高レベルだなと思います。来来亭さんは、基本のラーメン以外も美味しいメニューが多いので、また再訪したいなと思います。

↓塩ラーメン+チャーシュートッピング
200509-1.JPG

↓チャーシュー
200509-2.JPG

↓麺とスープ
200509-3.JPG
posted by たぬき at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年05月05日

田所商店・城陽店@京都府城陽市寺田高田

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味噌ラーメンの専門店「田所商店」の城陽店です。たまにリピートしているお店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。待ち客はおられずスムーズに入ることができました。

お店は、旧24号線沿いの城陽市役所を少し北上したところにあります。お店の外観は黒を基調としていて、味噌桶のオブジェなどもあり分かりやすいです。スーパー「サンディ」との共用施設となっていて、駐車場も完備されています。

店内は、カウンター席、座敷と奥の方にテーブル席があります。清潔感のある店内は、こじんまりとしていますが、そこそこ人数は入れます。お店の方の接客も丁寧なものです。

メニューは、信州味噌(やや濃口)、九州麦味噌(甘口)、北海道味噌(濃口)の3種がメイン。その他に、期間限定品もあります。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。この日の期間限定品は新潟味噌でした。

この日は、新潟味噌炙りチャーシュー麺1160円を注文。

しばらくすると登場するラーメン。黄濁した味噌スープ、トッピングは、炙りチャーシュー3枚、栃尾の油揚げ、肉味噌、辛子味噌、揚げ玉ねぎ、もやしなどです。

スープをいただくと、ほどよい辛さ、酸味とベースの動物系のコクも効いていて旨味たっぷり。新潟味噌は、鮭節をスープに加え、酒粕も使われているそうですが、その深みが活きていると思います。そこそこ濃厚でこってりとしていますが、後味もすっきり感があり味噌の味を楽しめる高レベルのスープです。

麺は、中太の多加水ちぢれ麺を使用されています。弾力のある食感で、濃い目のスープや具との絡みも良く、食べていた楽しい麺だと思います。

炙りチャーシューは、味噌の味がしっかりと入っていて、しっかりと表面が炙られたもの。脂分は落とされているので食べやすく、厚切りでボリューム感も抜群です。炙りの香りの良さと表面のカリッとした食感が良い印象です。

また栃尾の油揚げ。分厚い油揚げで厚揚げくらいの大きさ。味はあっさりとしているので濃い目の味噌スープと合いますし、噛んだ瞬間のパリッとした食感と、ふんわりとした柔らかさ。これはトッピングとして素晴らしい組み合わせに思いました。また食べたいなと思える一品です。

今回いただいた新潟味噌は個人的にスープも具も相性が良く、良かったなと思います。こちらのお店は味噌ラーメンに関して外れが少ないので、また訪れてみたいなと思います。

↓新潟味噌炙りチャーシュー麺
200505-1.JPG

↓チャーシュー
200505-2.JPG

↓麺とスープ
200505-3.JPG

↓期間限定メニュー('20.3)
200505-4.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年05月01日

ラーメンとの・加茂店@京都府木津川市加茂町大野北出畑3

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

「ラーメンとの」の加茂店です。この日は久しぶりに日曜日のお昼時に訪れました。久しぶりの訪問で驚いたことは待ち客がおられて15分ほど待ったことです。

お店は、JR加茂駅から西へ直進するとあるパチンコ店の駐車場内で営業されています。茶色系の外観の建屋と派手目の殿と書かれた看板が目立つので分かりやすいです。

店内は入ってすぐのところに食券機があり、そちらで先に購入します。清潔感のある店内でテーブル席、カウンター席があります。女性店員さんが接客され、庶民的ながら丁寧な対応をされています。

メニューは、基本の背脂醤油系の「もとあじ とのそば」と、それに唐辛子を一面にまぶした「もとあじスタミナ」、それと濃厚鶏白湯の「こってり とのそば」と、同じく唐辛子を一面にまぶした「こってりスタミナ」。ほかに、あっさり醤油、塩ラーメンがあります。トッピングも複数あります。

また単品メニュー、単品とラーメンを組み合わせたセットメニューも充実しています。

この日は、以前よく訪れていた時には「こってり」がなかったので、どんなものかな?と、こってりスタミナ850円+チャーシュートッピング+300円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、予想通り唐辛子一面で真っ赤です。それとねぎがこんもり山盛りになっていて、その上にニンニクチップが乗せられていて、もとあじのスタミナと異なる雰囲気です。チャーシュー、メンマがトッピングされています。

スープをいただこうと思うと、多くのネギ、唐辛子をよけないと出てきません。そしてそのスープは白濁した見た目でもわかるドロドロ系。レンゲの中に入るスピードの遅さが、その粘度の高さを証明しています。味は、かなり濃厚な鶏白湯で、醤油がほんのり、そして唐辛子は見た目ほどは辛くないのですがピリッと味を引き締めています。ただスープというよりペーストという感じです。

麺は低加水の中細ストレート麺を使用されています。ほぼペースト状のスープの粘度が高いのとネギ、ニンニクチップなどがたっぷりと入っているのでラーメンを食べているというより、和え麺を食べているような、そんな感覚でしょうか。鶏ペーストのピリ辛味の個性的麺料理という印象です。

チャーシューは、赤身の大判のものがたっぷりと使われています。厚切りですが柔らかみもあり高レベル。量も文句なしのたっぷり具合です。

初めていただいた「こってりスタミナ」ですが、ラーメンというよりごちゃごちゃした和え麺のような印象が残りました。ラーメンとしては「もとあじ系」の方が完成度が高いのかな?久しぶりに他のメニューも再訪して食べてみたいなと思いました。

↓こってりスタミナ+チャーシュートッピング
200501-1.JPG

↓チャーシュー
200501-2.JPG

↓麺とスープ
200501-3.JPG
posted by たぬき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年04月25日

大阪王将 京田辺店

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪王将の京田辺店です。この日は、日曜日のお昼時、開店直後の時間帯に訪れました。開店直後は、まったく混雑していませんでした。

お店は、京田辺市役所東の交差点のすぐ南にあります。お店の前に駐車場がありますが、少し狭いです。

店内はカウンター席とテーブル席が多めにあり、こじんまりとした店内ですが多くの方が座れそうです。お店は男性職人さんが調理され、男女のスタッフが接客をされていました。接客は大阪王将にしては愛想なさすぎるな・・と思えるものでした。

メニューは、大阪王将の通常メニューの中華料理が豊富にある他、京田辺店のオリジナルメニューもいくつか存在します。

この日は、通常メニューの中から黒とんこつラーメン584円と、復刻創業餃子223円を注文。

しばらくすると最初に餃子、黒とんこつラーメンの順に料理が運ばれます。

黒とんこつラーメン白濁したスープにマー油が多めに浮いています。トッピングは、チャーシュー1枚、キクラゲ、紅ショウガ、ネギ、ゴマとなっています。

豚骨スープは、あっさりとしながらも豚骨のコクが効いていて悪くないもの。そこにマー油の香ばしい旨味が出ているので食が進みます。スタンダードな味わいなのですが悪くないスープだと思います。

麺は多加水の中細ストレート麺を使用されています。そこそこコシのある食感で、やや硬めくらいの茹で具合です。コリコリとした食感を楽しむことができます。

チャーシューは1枚ですのでボリューム感は感じませんがシンプルな豚本来の味を楽しめるものでした。全体的には、なにかすごいインパクトがあるわけではないのですが、シンプルにまとまったラーメンという印象です。

そして復刻創業餃子。これはパリッとした焼き加減の皮、噛むとそのパリッとした食感と内側のモチモチ感があり、具もたっぷり。やはりレベルの高い一品です。大阪王将は酢醤油だけでなく味噌だれで食べることも提案されていますが、個人的にはやはり酢醤油が合うかなと思います。

久しぶりに訪れた大阪王将ですが、なかなかまとまった悪くない味わいの一杯だったと思います。また気が向いたら使ってみたいです。

↓黒とんこつラーメン
200425-1.JPG

↓チャーシュー
200425-2.JPG

↓麺とスープ
200425-3.JPG

↓復刻創業餃子
200425-4.JPG
posted by たぬき at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年04月12日

DETAIL(ディテール)@京都市東山区三条通白川東入ル4丁目中之町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

三条通沿い、岡崎通りとの交差の近くにありますラーメン店「DETAIL(ディテール)」さんです。この日は日曜日の14時前に訪れました。

お店はHOTEL MATERIALの1Fにあります。お店の外観は南国ムード溢れる感じで、ラーメンの旗と提灯がなければラーメン店と気づかないかもしれません。街中のため駐車場は存在しません。

店内は入ってすぐのところに食券機があります。入ってすぐのところはカウンター席、奥の方にテーブル席が並びます。雰囲気はお洒落なカフェという感じです。お店の方は男性店員さんで切り盛りされていて、落ち着いた雰囲気の接客でした。

ラーメンメニューは背脂醤油系のRED、鶏塩白湯のWHITE、それら2つを組み合わせたRED&WHITE(ハーフ&ハーフ)、柚子胡椒ラーメンとなっています。それぞれサイズ、トッピングで値段が変わります。

またこの日は2/16に訪れましたが、翌日以降メニューが変更になる(角煮を使ったラーメンが増える?)ようなこともお店の方が話しておられました。

その他単品メニューも豊富に存在するほか、カフェらしく珈琲も数種類ありました。オーガニックコーヒーはラーメンの注文で半額になるようでした。

この日はRED&WHITE(ハーフ&ハーフ)1200円のチャーシュー4倍盛り+250円、生ビール500円を注文。

最初にビールが提供されます。ビールはキリンでした。提供されるのは良いのですが、基本がカフェスタイルだからなのか・・ラーメンの提供までものすごく待ちました。すっかりビールはすっからかん。

続いてラーメンの登場。左半分が背脂醤油のRED、右半分が鶏塩白湯のWHITEです。どちらもスープにわずかに一味が浮いており、トッピングもチャーシューたっぷり、メンマ、ネギとシンプルなものです。

RED(背脂醤油の方は、鶏ガラベースで動物系のコクは控えめ。比較的あっさりしていますが、後味がピリッと引き締)まる辛味を感じます。後味はすっきりしていて、万人受けする飲みやすい味わいです。麺は低加水の中細ストレート麺で普通くらいの硬さで、京都らしいラーメンで親しみの持てるものです。

WHITE(鶏塩白湯)は、鶏特有のゼラチン質が出た粘度のあるスープ。鶏の旨味が強めに効いていて濃厚でまったりとした甘みを感じます。しかし、こちらも一味があるからか後味は引き締まったピリッとした辛みを感じます。

白湯の方は中太のややちぢれ麺を使用されていて、コシが強めです。粘度のあるスープとの絡みは良いものです。

またチャーシューは、やや厚切りのバラ肉を使用されていて量もたっぷり。ジューシーで食べ応えのあるものでした。

初めていただいたDETAILさんのラーメン。ハーフ&ハーフにも関わらず、二つの味で麺を変えておられ、一工夫感じられる一杯でした。お洒落な雰囲気なので女性にも入りやすく、ゆったりと会話を楽しみながら過ごせるラーメン店だと思います。

↓RED&WHITE(ハーフ&ハーフ)チャーシュー4倍盛り
200412-1.JPG

↓チャーシュー
200412-2.JPG

↓麺とスープ(RED)
200412-3.JPG

↓麺とスープ(WHITE)
200412-4.JPG

↓生ビール
200412-5.JPG

↓お店の外観です。
200412-6.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都