2024年02月14日

彩華ラーメン・八幡店@京都府八幡市八幡吉原

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

彩華ラーメンの八幡店です。この日は年末の開店時間に合わせて訪問しました。開店15分前には店舗について待ち客表に記帳したのですが、回転時の最初のターンで入店することが出来ませんでした。連休などの繁忙時には、さらに早い時間帯から並ぶ方が無難かもしれません。

お店は、複合商業施設「松花堂ショッピングモール」の中の独立した建屋で営業されています。彩華らしい黄色を基調とした外観で分かりやすいです。駐車場も完備されていますが、こちらのショッピングモールは人気のためか満車傾向が強いと思います。

店内は、それほど広くなくテーブル席、カウンター席が並びます。奈良の彩華と比べて、座席数が多くないので、待ち客がおられることが多いです。お店の方の接客は庶民的なもので活気があります。

ラーメンメニューは、天理系のサイカラーメンを中心に、醤油ラーメン、チャンポンなどがあり、それぞれトッピングやサイズなどで価格が変わります。単品メニューも複数あり、八幡店オリジナルの麻婆豆腐、麻婆飯、麻婆麺なども存在します。

この日は、サイカラーメン厚切りモモチャーシュー入り(小)1170円+生卵トッピング150円をお願いしました。ここ数年、価格が値上がりしてましたが今年は据え置きのようです。

登場したサイカラーメンは、天理系らしく赤みがかった色合いのスープに白菜、ニラ、にんじん、豚肉などがたっぷり。そこに生卵と、迫力のある厚切りモモチャーシューが4枚乗っています。

スープは、ピリ辛でニンニク強め、表面の脂分が多めで塩加減も強め。ジャンクな野性味のある味でパンチ力があります。個性的ですが癖になる味です。さらにテーブルに置いてある生ニンニクを加えてやるのが、個人的には好み。また生卵を割ってやると、ややマイルドで飲みやすくなるのも、このスープの良いところだと思います。

麺は多加水の縮れ細麺を使用されています。弾力のある麺でたっぷりの具との絡みも良いものです。

そして厚切りモモチャーシュー。暑さ1cm以上ある大判のもので、赤身肉中心でしっかりとした歯ごたえがあります。豚本来の味を噛むたびに味わうことが出来ます。個人的にはバラの方が好きなのですが、モモ肉も迫力たっぷりで良いなと思います。

彩華ラーメンの八幡店は、具のたっぷり感も素晴らしいし、それ以上に迫力の厚切りチャーシューが食べ応え抜群で多店舗にない魅力があると思います。何度でも再訪したいなと思うお店です。

↓サイカラーメン厚切りモモチャーシュー入り+生卵トッピング
240214-1.JPG

↓厚切りモモチャーシュー
240214-2.JPG

↓麺とスープ
240214-3.JPG
posted by たぬき at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2024年02月10日

キラメキノトリ・京都久御山店@京都府久世郡久御山町田井荒見

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン店「キラメキノトリ」の京都久御山店です。系列のお店には何度か訪問しているのですが、こちらの店舗は初めてです。この日は平日の開店時間11時に訪れました。平日の開店直後のため、お客さんも少なくスムーズに入店することが出来ました。

お店は、国道1号線沿いの北上するレーン沿いにあります。青い色合いが目立つので分かりやすいです。駐車場も完備されています。

店内は、入ってすぐのところに食券機があり、最初に購入するシステムです。カウンター席とテーブル席が並び清潔感があり明るい雰囲気。女性スタッフで切り盛りされており、丁寧な接客でした。

メニューは、ラーメンが、塩のキラメキ、醤油のキラメキ、味噌のキラメキの3種。台湾まぜそば、それと期間限定の小麦のチカラ(まぜそば)がありました。それぞれトッピングや麺の量で値段が変わります。単品メニューもいくつかあり、麺類と単品や丼をセットにしたお得メニューもありました。

この日は、塩のキラメキ(並)870円の肉増量+250円を注文。肉は、豚と鶏で選べたので豚でお願いしました。

登場するラーメンは、白濁したスープに、鶏肉、豚肉3枚、穂先メンマ、白髪ネギ、水菜、糸唐辛子、レモンなどがトッピングされています。

スープをいただくと、鶏の旨味が活きたまろやかな味わい。濃い目のスープですが粘度は高すぎず飲みやすく、レモンのわずかな酸味も後味を爽やかにしてくれます。同系列の他店舗でも感じたのですがスープの量が少ないのが少し残念なところです。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。柔らかめの茹で具合で、しっとりとした食感が心地よくスープや具とよく絡みます。

豚肉は、大判で赤身中心。とてもやわらかく、ほんのり胡椒で味付けられています。味は濃すぎずスープとの相性も良く、量も多いので食べ応えがあります。鶏肉も柔らかく、表面の皮の部分は脂身がジューシー。個人的に、鶏肉がとても満足度が高く、豚肉ではなく鶏肉増量を選択するべきだったかなと思ったほどでした。

全体的にスープの量が少なめで具が多めなので、ラーメンでありながらもまぜそばのようなテイストも感じる一品ですが、鶏の旨味を活かしたスープや豚肉・鶏肉のレベルの高さは良いなと思います。お店の雰囲気も良いので、通りがかりに、また立ち寄ってみたいなと思えるお店でした。

↓塩のキラメキ(並)+肉増量(豚)
240210-1.JPG

↓豚・鶏肉
240210-2.JPG

↓麺とスープ
240210-3.JPG

↓お店の外観です。
240210-4.JPG
posted by たぬき at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2024年02月05日

リンガーハット・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

長崎ちゃんぽん、皿うどんチェーンの「リンガーハット」のイオン高の原店です。この日は年末の12時台に訪れました。休み期間ということもあり、お店のあるフードコートは混雑しており、リンガーハットも4,5人ですが列が出来ている状況でした。

お店は、フードコート内の奥の方にあります。この日は男性スタッフと女性スタッフで切り盛りされてました。素朴な感じの接客でした。

メニューは、長崎ちゃんぽん、皿うどんを中心に、期間限定、地域限定品があります。単品メニューもいくつか存在し、麺類と単品を組み合わせたセットもあります。

この日は、期間限定メニューの海鮮ちゃんぽん890円を注文。しばらくするとベルで呼び出されるので取りに行きます。

登場した海鮮ちゃんぽんは、白濁したスープに具沢山。炒めた香りが漂い食をそそります。ほたて、尾付き海老、あさり、かまぼこに、野菜類(キャベツ、水菜、ニンジン、もやし、玉ねぎ、キクラゲ、インゲンなど)がたっぷりとトッピングされています。

スープをいただくと、リンガーさんらしいクリーミーな豚骨ですが、塩加減が強め、それと生姜を使われていると思うのですが、その味が効いていて普段よりインパクト強い味わいでした。後味も生姜と塩加減の強めの刺激感が残る、やや迫力系の味に仕上がっています。

麺は低加水中太の、ややカールした麺を使用されています。もちっとした食感が心地よく、たっぷりの具材との絡みも良いものです。

海鮮はホタテは1つですが、かなり大きなもので、尾付きの海老、あさりも入っているのでお得感があります。それぞれ強めのスープの中でも食感が楽しく満足できる味わいでした。また野菜類もたっぷりで、麺と絡めていただくと食感も楽しく良かったと思います。

全体的に、海鮮の大きさ、野菜のたっぷり感も含めて満足度の高い一杯だったと思います。リンガーハットさんは、味のバランスやボリューム感も良いので、また機会があればショッピングついでに利用したいと思います。

↓海鮮ちゃんぽん
240205-1.JPG

↓具のアップ
240205-2.JPG

↓麺とスープ
240205-3.JPG
posted by たぬき at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2024年01月06日

麺場 田所商店・八幡店@京都府八幡市八幡水珀

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味噌ラーメン専門店「麺場 田所商店」の八幡店です。この日は、休日の開店直後に訪れました。開店直後のためスムーズに着席できましたが、すぐに満席で待ち客がおられる状況になっていました。

お店は、国道1号線沿い、大阪から京都市内へ北上するレーン沿いにあります。味噌桶のモチーフが目立つので分かりやすく、コンビニ、うどん店との共同の駐車場も存在します。

店内は、入って右手が待合スペース兼、物販スペース。味噌を使った商品がいろいろと売られています。ガラス張りの店内は明るい雰囲気でカウンター席、広めのテーブル席が並んでいます。また配膳ロボットが料理を提供しているのもユニークです。

ラーメンメニューは、北海道味噌、信州味噌、江戸前味噌が基本のスープとなっており、その他、期間限定メニューが存在します。単品メニューも豊富に存在します。

この日は、期間限定の茨城味噌炙りチャーシュー麺1397円に、トッピング味噌漬け煮卵+143円を加えました。

しばらくすると登場するラーメン。茶濁した味噌スープに、炙りチャーシュー3枚、煮卵、そぼろ納豆、肉味噌、ねぎ、揚げネギ、ニラ、もやしなどがトッピングされています。茨城名産のそぼろ納豆が入っているのが特徴的。

スープは、少しざらっとした舌触りを感じる味噌味。大豆のコクが深く、濃さは田所商店の味噌スープの中では平均くらいで後味もすっきりしています。少し味に硬さがあるかなと最初は思うのですが、そこに納豆の甘みが溶け出し、まろやかでバランスの良い味に仕上がっていきます。これは予想外の納豆効果。

麺は太めの多加水ちぢれ麺を使用。弾力のある強めの食感で、具との絡みも良いです。肉味噌、揚げネギとの絡みも良いのですが、この一品はそぼろ豆腐が大量に入っているので、納豆の粘り、割り干し大根の食感の良さも加わり、とても噛み応えがあります。

チャーシューは、5〜10oの厚切りでさらに大判。炙りも入っていて香りも良いもの。脂分もそこそこあり、ジューシーで、いつも高レベルだなと思います。また煮卵も味噌の味がしっかり入っていて、黄身のとろける食感も良かったです。

全体的に、納豆の風味、香りが強く、それをうまく活用した一杯で楽しかったと思います。納豆の香りや食感が苦手でなければ、試してみる価値ありの楽しい味噌ラーメンでした。

田所商店さんは、期間限定品も一工夫あって、面白いものが多いので、リピートしても楽しむことが出来ます。また機会を見て訪れたいなと思います。

↓茨城味噌炙りチャーシュー麺+味噌漬け煮卵
240106-1.JPG

↓チャーシュー
240106-2.JPG

↓麺とスープ
240106-3.JPG
posted by たぬき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年12月15日

たかばしラーメン・イオンモール奈良登美ヶ丘店@奈良県生駒市鹿畑町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

「たかばしラーメン」のイオンモール奈良登美ヶ丘店です。この日は平日の10時台前半に訪れました。早い時間帯のため、フードコートもお客さんはまばらでした。

お店はフードコート内にあります。この日はいつもの店長さんとは異なる男性店員さんが調理されていました。朝の9時から10時30分までは朝限定メニューでメニューを制限されています。そのため一人で切り盛りされており、10時30分から女性スタッフさんも1人追加で、勤務されていました。接客は、愛嬌もあり丁寧で、とても良かったと思います。

朝のメニューは、醤油のたかばしラーメンと、塩ラーメン(朝限定)の2つがメイン。ラーメン(小)+卵かけご飯の朝ラーセット500円というお得メニューもあります。その他、ライス、メンマ、キムチが単品として有るのみです。ラーメンのサイズ変更、トッピングは可能でした。

この日は、朝限定の塩ラーメン(並)760円+肉増量230円。それと、イオンモールアプリのクーポンで味玉1個無料で追加してもらいました。

たかばしの塩ラーメンは亀岡店で出されているのは知っているのですが、まさかこちらの店舗で朝限定で出されているのは知らず。注文後ベルを渡され、それほど待たずに呼び出されるので受け取ります。

登場したラーメンは、やや濁った色合いの塩スープ、チャーシュー、ネギたっぷりと味玉、メンマのトッピングです。スープの色合い以外は、京都ラーメンの王道の見た目です。

スープを飲むと、ベースの豚骨からくる旨味がガツンと来ます。正直、目を閉じて食べたら、普通に、たかばしの醤油味と思ってしまいそうなくらい迫力があります。塩スープというと上品、あっさり系が多い中、豚のコクがガツンと来るパンチ力はインパクトあり。醤油のたかばしと比較すると、後味がややあっさりしています。

麺は低加水の中細ストレート麺を使用されています。茹で具合は普通くらいの硬さですが、しっとりとした食感の麺が、スープの旨味をしっかりと口に運んでくれます。

チャーシューは、これでもかという量が入っていてます。脂身は少な目ですが、柔らかく、やや大判。量が半端ないので満腹感たっぷりです。また味玉も黄身がトロける食感で良かったと思います。

たかばしラーメンの塩ラーメンは、他のラーメン店で一般的な塩スープと異なり、動物系のコクを活かした迫力系の味を楽しむことが出来ます。具のボリューム感も素晴らしく、このために朝の時間帯の訪れるのも良いなと思います。

↓塩ラーメン(並)+肉増量
231215-1.JPG

↓チャーシュー
231215-2.JPG

↓麺とスープ
231215-3.JPG
posted by たぬき at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年11月20日

とことんとりコトコト@京都市南区西九条比永城町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

東寺近くにあるラーメン店「とことんとりコトコト」さんです。この日は、土曜日の昼食時12時台に訪れましたが、待ち客はおられず、スムーズに入店することが出来ました。

お店は、東寺から大宮通を南下したところにあります。小さな店舗で、オレンジ色の屋根が目印となります。店舗に暖簾のようにかけられている鶏の人形がユニークです。駐車場も存在するようでした。

店内は、カウンター16席のみの細長い造りとなっています。食券制となっていて、店舗入ってすぐのところで最初に購入します。男性店長さんと女性店員さん3人で切り盛りされておられ、元気な接客かつ、気配りも効いた素晴らしいものでした。

メニューは、基本の鶏、唐辛子パウダーを使った赤、魚粉たっぷりの魚、赤と魚のハーフの4種類がメイン。その他チーズ油そばも存在します。それぞれトッピングなどで値段が変わる他、肉玉丼付きのセットメニューも存在します。また期間限定の冷やし油そばもされていました。

この日は、基本の特製とことん鶏1250円を注文。特製はトッピング全部乗せ(チャーシュー、味玉、海苔、メンマ増量)でした。

しばらくすると登場するラーメン、鉢いっぱいにチャーシューが乗り、味玉、海苔3枚、メンマ5本、白髪ネギ、ネギがトッピングされています。そこに唐辛子が少し振りかけられています。

チャーシューをより分けてスープを見ると、白濁した見るからに濃厚そうなスープが現れます。スープをいただくと、いわゆる鶏ガラ野菜のドロドロ系スープ。かなりの濃厚さで飲むというより食べている感覚。こってりなのですが、脂っこさは感じず、鶏・野菜の旨味たっぷりで意外と飲みやすいです。

麺は中太の低加水、平打ちちぢれ麺を使用されています。表面がツルっとしていて、やや柔目の食感。濃厚なスープとの絡みは素晴らしいものがあります。スープはネギ、白髪ネギが多いのと唐辛子も使われているので最初は辛味を感じるのですが、濃厚すぎて、途中からは鶏、野菜の旨味が強く気にならなくなります。

チャーシューは、レア気味の大判のものが4枚。薄味で豚本来の味を楽しむことが出来ます。柔らかく食感も心地よいもの。こってりスープとの相性も抜群です。太めのメンマも食感が強く存在感がありました。

また、食べ終わるころにはお茶などのドリンクサービスがあり、熱いお茶、冷たいお茶などリクエストに応じて持ってきてくださいます。そのあたりのサービスも良いなと思いました。

こちらのお店のラーメン。超濃厚なのですが、意外と食べやすい仕上がりで、とても高レベルに思いました。また接客もとても心地よいもので、こってりが好きな方にはハマる味わいだと思います。また気が向いた際に訪れてみたいお店です。

↓特製とことん鶏
231120-1.JPG

↓チャーシュー
231120-2.JPG

↓麺とスープ
231120-3.JPG

↓お店の外観です。
231120-4.JPG
posted by たぬき at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年11月13日

ラーメンまこと屋・城陽店@京都府城陽市平川古宮

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメンまこと屋の城陽店です。この日は平日の18時台に、お店の近くを通ったので立ち寄りました。

お店は、旧24号線沿い近鉄久津川駅近くにあります。お店は黒と木目調で落ち着いた外観で、赤いラーメン旗が目印になります。お店の前に駐車場も完備されています。

店内も木目調で清潔感があります。テーブル席とカウンター席があり、そこそこ広く多くの方が入れます。男性店員さんが調理と接客、女性店員さんが接客を担当され、真面目な雰囲気の接客でした。

ラーメンメニューは、牛じゃん、赤辛牛じゃん、鶏じゃん、熟成背脂醤油があり、トッピングで値段が変わります。単品メニューもいくつか存在し、それらとラーメンを組み合わせた、お得な定食メニューもあります。また紅生姜、辛子高菜、にんにく、ニンニクチップなどが無料サービスとなっています。

この日は、チャーシュー牛じゃん1140円を注文。麺の硬さを聞かれたので普通でお願いしました。

しばらくすると登場するチャーシュー牛じゃん。白濁したスープ表面には脂分が浮いていて、辛味噌、マー油が浮いています。トッピングはチャーシュー、キクラゲ、ネギとなっています。

スープは、とてもマイルドで柔らかい味わい。牛骨の旨味がしっかりしていて、やさしくクリーミー。そこにマー油の香りが加わるので食が進みます。さらに辛味噌を混ぜると引き締まった味に変化します。豚骨とも異なるまろやかな風味は、万人受けする味わいだと思います。

麺は、低加水の細麺ストレートを使用されています。しっとりとした食感でスープの旨味を吸い込んで口に運んでくれます。まこと屋は牛じゃんと、鶏じゃんで異なる麺を使用されていますが、個人的には、こちらの麺が好みです。またキクラゲと合わせることで食感の変化も楽しむことが出来ます。

そしてチャーシュー、バラ肉を使用され、やや厚切りのものですが、箸でつかんでも崩れそうな柔らかさ。口の中でとろける食感を堪能できます。脂も豊富でジューシーな味わいです。

全体的にもバランスが良く、高レベルな味わいだと思います。まこと屋さんは、牛じゃんラーメンの方が個人的には好みかなと思います。安心していただける一杯で、また機会があれば再訪したいと思います。

↓チャーシュー牛じゃん
231113-1.JPG

↓チャーシュー
231113-2.JPG

↓麺とスープ
231113-3.JPG

↓お店の外観です。
231113-4.JPG
posted by たぬき at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年11月09日

リンガーハット・イオン高の原店@京都府木津川市相楽台1

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

長崎ちゃんぽん、皿うどんのチェーン店「リンガーハット」のイオン高の原店です。この日は、11時ごろに訪れました。こちらはフードコート店で、お昼時は混雑しますが、11時ではそれほどではありませんでした。

お店は、広々としたフードコートの奥の方にあります。女性店員さんで切り盛りされていて、真面目な接客でした。

メニューは、長崎ちゃんぽん、皿うどんを中心に、いくつかの単品メニューが存在します。地域限定や期間限定メニューも存在します。

この日は、期間限定メニューにあった、お好み焼き風皿うどん890円を注文。注文後、ベルを渡されるので、呼び出された後に受け取りに行きます。

渡されたお好み焼き風皿うどんは、予想より大きなサイズ。皿うどんに、お好みソース、マヨネーズ、鰹節、青のりがかけられているので、見た目はお好み焼き。トッピングは、キャベツ、もやし、きくらげ、コーン、キクラゲ、ニンジン、インゲンなどの野菜類に、かまぼこ、揚げ、豚肉、小エビなどがトッピングされています。

味は、予想が付くといえば付く、いわゆるお好み焼き風ですが、ソースよりマヨネーズが勝っていて、比較的まろやかな味に仕上がっています。パリパリとした揚げ麺と、お好み風の味付けとの相性は良く、どんどん箸が進みます。そして、具沢山で、野菜が豊富なこともあり、揚げ麺と野菜をばりばり食べるようで、満腹感がすごいです。

全体的にも、お好み焼き風の味のバランスの良さ、ボリューム感、とても満足できる創作皿うどんでした。リンガーハットさんは、店舗限定などの変わり種商品も多いため、リピートしやすいと思います。また気が向いた際に訪れようと思います。

↓お好み焼き風皿うどん
231109-1.JPG
posted by たぬき at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年10月12日

ラーメンあじくん@京都市南区西九条川原城町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

東寺近くにありますラーメン店「ラーメンあじくん」です。この日は、土曜日のお昼時、12時ごろに訪れました。店内は満席ではありませんでしたが、次々お客さんが来られ、繁盛していました。

お店は、東寺近く、1号線沿いの東向レーン沿いにあります。街中のため店舗駐車場は存在しません。外観は、白地看板と小さな赤提灯が目印。昔ながらのラーメン店という雰囲気です。

お店の外観の雰囲気と異なり、店内はとても小ぎれいで清潔感があります。テーブル席3つとカウンター席のある店内は、こじんまりとした食堂風ですが、落ち着いた雰囲気です。お店は夫婦と思われる男女で切り盛りされていて、とても真面目で丁寧な接客です。

ラーメンメニューは、しょうゆ、とんこつ、みその3種があり、どれも同じ価格。トッピング、サイズで値段が変わります。その他に担々麺、カレーラーメン、ホルモンラーメン、冷麺(しょうゆ・みそ、夏季限定)、14時以降の限定として、まぜそば、天津ラーメン、ちゃんぽんなども存在します。

一品メニューも充実していて、ラーメンと組み合わせたお得なセットも存在します。

この日は、らーめん(しょうゆ)並830円のチャーシュー増300円。チャーシューは薄切り、厚切りから選択できたので、薄切りをお願いしました。

提供を待つ間、カウンター席に座ったので調理を眺めていると、大きなチャーシューの塊を薄切りにスライスしてくださいますが、その量ぜんぶ、私の一杯に入れるの?という量を盛り付けてくださっていました。期待大。

そして登場したラーメン。真ん中にもやし、ねぎ多め。そして周りにチャーシューたっぷり。迫力のある見た目です。スープは茶濁しており、京都の王道ラーメンという印象。それと、好みでと辛子ニラを渡されます。

スープをいただくと、しょうゆの塩気が強めでパンチ力があります。後味に少し酸味を感じ、そして、しっかりとした豚のコク。迫力があるスープですが、豚肉もたっぷりで、そのコクがにじみ出るのか、食べ進むにつれ動物系のコクが豊かになり、旨味が増す感じがします。臭みなどもなく、とても高レベルな味わいです。

麺は慣れ親しんだ低加水の中細ストレート麺を使用されています。食感からは近藤製麺さんだと思いましたが、やさしいしっとりとした食感で、スープの旨味もしっかり吸い込んでくれます。

そしてチャーシューは、本当にこれでもかという分量が入っています。赤身、脂身のバランスも良く、柔らかみもあり、麺やネギと絡めて食べるのにも適しています。味も量もしっかりとしていて、スープ同様にレベルが高いし満足度がとても高いチャーシューだと思いました。

初めていただいた、あじくんのラーメン。オーソドックスながらも迫力満点のラーメンは、京都の王道の一杯だったと思います。厚切りのチャーシューや、他のメニューも試してみたいので、また訪れてみたいと思います。

↓らーめん(しょうゆ)並+チャーシュー増(薄切り)
231012-1.JPG

↓チャーシュー
231012-2.JPG

↓麺とスープ
231012-3.JPG

↓お店の外観です。
231012-4.JPG
posted by たぬき at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年10月10日

麺匠たか松・京都駅ビル拉麺小路店@京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

「麺匠たか松」の京都駅ビル拉麺小路店です。たか松さんは他の店舗はいくつか訪問したことがあるのですが、こちらは初めてです。この日は、日曜日のお昼時。20人近く並んでおられましたが、回転も良く20分前後で着席できました。

京都拉麺小路の他の店舗同様に、店の前の食券機で最初に購入するシステムとなっています。行列に並んでいるうちに店員さんが、あらかじめメニューを確認くださるので、着席後の料理の提供もスムーズです。

メニューは、つけ麺(鶏魚介)、煮干し香るらぁ麺、期間限定の冷製鴨だしらぁ麺、辛い冷製鴨だしらぁ麺がメイン。これらにトッピングや麺の量で値段が変わるようになっています。ごはんもの、丼ものなども存在します。

この日は、煮干し香るらぁ麺は食べたことがあるので、はじめて、つけ麺(鶏魚介)、並盛950円、それとトッピングの具材全部盛り+300円を注文。

それほど時間がかからず、つけ麺、別皿のトッピングが提供されます。麺にはすだち、メンマ、刻みタマネギが添えられています。つけ汁は濃厚そうな茶濁した色合い。ネギ、細切れのチャーシューが浮いています。追加トッピングは、チャーシュー1枚、鶏むね肉3枚、味玉、白髪ネギ、メンマです。

麺は全粒粉を練りこんだ蕎麦のような色合いのもの。表面がツルっとしていて、ここちよいコシが特徴です。つけ汁は、濃厚な鶏魚介で酸味が強めのもの。鶏の旨味がしっかり出ていて、麺を絡めると、その旨味をしっかりと口に運んでくれます。

普段、つけ麺を食べないので、素直におすすめの召し上がり方に従っていただきます。途中で玉ねぎを投入すると、玉ねぎの旨味、食感が加わります。そして麺にすだちをかけると爽やかな味わいに。また黒七味をかけて味変も楽しみます。この麺の味変は、どちらも無い方が好みだったかな。

また細切れのチャーシューは柔らかく脂身もありなかなかのもの。追加のチャーシューは大判で豚本来の味を楽しむことが出来ました。鶏むね肉はあっさりとしていて、柔らかな食感。濃い目のつけ汁とも相性が良かったです。

最後はスープ割りにして、味わいます。少し和風な仕上がりとなり、こちらも楽しかったです。

普段つけ麺をいただくことがないので、麺自体がとても食感が楽しく、味も落ち着いていて、とても良かったと思います。駅ビルの拉麺小路にあるお店の中でもレベルが高かったなという印象です。また混雑していない時間帯に来る機会があれば利用してみたいです。

↓つけ麺(鶏魚介)並盛+具材全部盛り
231010-1.JPG

↓麺
231010-2.JPG

↓具材全部盛り
231010-3.JPG
posted by たぬき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年10月05日

どうとんぼり神座・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

どうとんぼり神座のイオンモール高の原店です。この日は、休日の11時ごろ訪れました。広いフードコートにある店舗、11時ごろは席がまだ空いていましたが、すぐに座席は満席状態になっていました。

お店は、フードコート内の入り口近くにあります。お店の方の接客もフードコートにしては丁寧ですし、清潔感もある店構えとなっています。

メニューは、神座の基本の「おいしいラーメン」が中心で、期間限定の「ざるたまラーメン」もあります。単品メニューやセットメニューも存在します。

この日は、期間限定商品の中から、肉盛りざるたまラーメン1120円を注文。たまごは生玉子か温泉玉子を選択できたので生玉子にしました。ちなみに玉子なしのざるラーメンとして注文も出来たようです。注文後、ベルを渡されるので5分ほど待ち、受け取ります。

肉盛りざるたまラーメン。想像以上に肉たっぷり。肉は2種類で、豚バラ肉と細切れの肩ロースが山盛りに乗っています。そこに、すだち、刻み海苔、多めのネギがトッピングされています。

麺は中細のやや縮れ麺を使用されています。ツルっとした食感が心地よいものです。まずつけ汁に入れていただくと、これが予想外にピリ辛。和風なコクのある風味ですが、後からピリリと辛さが来ます。

生玉子は、つけ汁の後に絡めていただくとまろやかさが増す感じで、つけ汁にそのまま混ぜてやると、濃厚なコクが深まります。さらにすだちを麺にかけると、さわやかな味となり、味変を数回しながら料理を楽しむことが出来ます。

肉は本当にボリュームたっぷりで、豚バラは薄切りで味が控えめなので、つけ汁を絡めると丁度良い感じに。細切れの肩ロースの方は、味が入っている感じでそのまま食べても良い感じでした。また身も柔らかく、食べ応えがありました。

初めて食べた神座の肉盛りざるたまラーメン。肉のボリューム感もすごく、さらに冷たいメニューのため夏場でも食べやすい一品だったと思います。また来年もあれば暑い季節に食べてみたい一品です。

↓肉盛りざるたまラーメン
231005-1.JPG

↓肉2種類
231005-2.JPG

↓麺
231005-3.JPG
posted by たぬき at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年09月19日

麺場 田所商店・八幡店@京都府八幡市八幡水珀

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味噌ラーメン専門店「麺場 田所商店」の八幡店です。この日は休日の開店直後に訪れました。開店直後はお客さんも少なくスムーズに入店することが出来ましたが、食べ終わる時間帯には待ち客がおられました。

お店は国道1号線沿いの大阪から京都方面へ北上するレーン沿いにあります。田所商店さんらしい味噌桶のモチーフがあり、ガラス張りの店舗で分かりやすいです。うどん店やコンビニなどとの共用の駐車場も完備されています。

店内もガラス張りのため明るく清潔感があります。店内入って、右側が待合スペース兼、味噌を使った物品の販売所となっています。また自動化ロボットが配膳をしているのも面白いところです。

ラーメンメニューは、北海道味噌、信州味噌、江戸前味噌の3種が基本として存在し、その他期間限定品も存在します。単品メニューも豊富にあります。

この日は、期間限定で出されていた山形味噌炙りチャーシュー麺1364円を注文。

登場したラーメンは、やや白みがかった味噌スープに、炙りチャーシュー3枚、玉こんにゃく、肉みそ、もやし、ニラ、揚げネギ、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、味噌のコク、酸味がしっかりしていて、わずかに鰹だしの風味を感じます。濃い目のしっかりした味わいですが、後味はすっきりとしていて飲みやすい。

麺は中太の多加水ちぢれ麺を使用されています。コシがしっかりとしたもので、もちっとした触感が楽しいです。太めのもやしを合わせると触感が楽しく、肉みそや揚げネギと絡めると味の変化も楽しむことが出来ます。

チャーシューは大判で厚切り。油もそこそこ入っていてジューシー。柔らかさもあり食べ応え抜群です。いつもこちらのチャーシューはレベルが高いなと思います。また山形名物の玉こんにゃくも、わずかに味が入っていて、濃い目の味噌スープの中で楽しくいただくことが出来ました。

こちらのお店は、期間限定品も定期的に入れ替わりますし、少し風変わりなトッピングも楽しく、味も上々なのでついついリピートしてしまいます。また機会があれば再訪したいお店です。

↓山形味噌炙りチャーシュー麺
230919-1.JPG

↓チャーシュー
230919-2.JPG

↓麺とスープ
230919-3.JPG
posted by たぬき at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年09月15日

リンガーハット・イオン高の原店@京都府木津川市相楽台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

長崎ちゃんぽんのチェーン店「リンガーハット」のイオンモール高の原店です。この日は、土曜日の11時ごろ訪れました。店舗はフードコート内にあります。土曜のため賑わっていましたが、11時では、混雑もそれほどでは無かったです。

店舗内は、女性スタッフ2人で切り盛りされておられ、接客は素朴な印象でした。

メニューは、長崎ちゃんぽん、皿うどんを中心に、いくつか単品メニューもありました。地域限定の九条ねぎ和風あんかけちゃんぽんも存在しました。

この日は、基本メニューの中から、野菜たっぷりちゃんぽん890円を注文。注文後、少し待って、商品を受け取ります。野菜たっぷり系メニューは、ゆず胡椒、しょうが風味の2種類のドレッシングも添えられます。

野菜たっぷりチャンポンは白濁したスープに野菜などの具がたっぷり。豚肉、小エビ、かまぼこ、厚揚げ、キクラゲ、コーン、インゲン、ニンジン、キャベツ、タマネギなどがたっぷりと入っています。

スープは、豚骨と鶏ガラも使用しているのかなと思いますが、クリーミーで旨味溢れる飲みやすい味わい。そこに野菜の炒めた香りが漂うので食が進みます。個人的にもリンガーのスープの味は好みです。

麺は、低加水中太のやや縮れ麺を使用されています。しっとりとした食感は噛み心地も良く、具との絡みもとても良いものです。

また野菜たっぷりの具材は食べ応えあるもの。ドレッシングのうち、ゆず胡椒の方が、個人的には酸味とまろやかなスープが、よく合うので好みかなと思いました。生姜も強めの味わいでインパクトを与えてくれるように思います。

リンガーハットさんは、具のボリューム感も良く、価格も控えめなので満足度が高いなと思います。また気が向いた際に利用したいと思います。

↓野菜たっぷりちゃんぽん
230915-1.JPG

↓麺・具とスープ
230915-2.JPG
posted by たぬき at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年09月12日

らぁ〜めん京・京都駅ビル店@京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都拉麺小路の中にあります「らぁ〜めん京」の京都駅ビル店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。らぁ〜めん京は、祇園のお店や奈良の店舗など入ったことがありますが、こちらは初めてです。

なんとなくのイメージで行列が少なそう・・と選んだお店、食券機で先に購入し、店舗の横の並びを見て仰天・・ものすごい長い列で京都拉麺小路の外のトイレ付近まで続いていました。並ぶのが苦手な私は後悔しつつも、回転いいだろうし・・と並び、結局50分ほどで着席することが出来ました。

店内は、細長い造りでカウンター席が中心。2人掛けのテーブル席が少しあります。食券制となっているので、先に食券を購入するシステムです。

店内に入って、すぐに思ったこと、回転が悪い理由もすぐに分かることに。アルバイトスタッフが少なく、しかも私語が多い。そしてふざけて客の誘導をしている。一人がテーブルを拭いているときに、もう一人がわざと客を呼んできて慌てさせたり・・そして、それを店長が注意しない。めずらしく不快に思う接客でした。

メニューは、基本の背脂醤油系のみやこらぁ〜めんを中心に、神様の中華そば、鶏しお、朱、元祖、店舗限定の京都白味噌、夏季限定の冷し中華などがあります。単品メニューもいくつか存在し、ラーメンと単品を組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、肉スペシャルめん1400円を注文。

着席後、それほど時間がかからず登場するらーめん。小ぶりの器で登場します。白濁したスープには少々背脂が浮き、薄切りのチャーシュー、鶏もも肉、メンマ、ネギがトッピングされています。正直、メニュー表で見る写真よりボリューム感も少なくチャーシューも貧相で残念な印象。

スープは、ベースの鶏の旨味を感じますが、比較的あっさりとした後味。少々弱いかな、淡いかなと思えるくらいのあっさり感があります。他の店舗では、ここまで弱い感じがしなかったのですが、物足りない印象。

麺は低加水の細麺ストレートを使用。表面のつるりとしたもので、しっとりとした食感もあり、なかなかのものです。

チャーシューは薄切りのものを使用されています。味付けは薄く、鉢いっぱいですが大判でもないので量はそれほど多く感じません。鶏肉の方も小ぶりで、スペシャル感は薄いです。

全体的に、とても物足りなさが残る一杯でした。1400円するのは場所柄仕方ないのかもしれませんが、接客も含め、らぁ〜めん京って、こんなお店だったっけ・・・と残念に思った訪問でした。

↓肉スペシャルめん
230912-1.JPG

↓鶏もも肉、チャーシュー
230912-2.JPG

↓麺とスープ
230912-3.JPG
posted by たぬき at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年08月17日

ラーメンの坊歩・八条店@京都市南区吉祥院西ノ庄西中町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメンの坊歩の八条店です。七條大橋の所の店舗は入ったことがあるのですが、八条店は初めての訪問です。この日は平日の17時ごろ訪れました。夕食時には早い時間帯ですが、お客さんはポツポツと数人おられました。

お店は、以前、丸ぎゅさんだった店舗でされています。白地のテント屋根と赤提灯が目印です。お店の横に駐車場があり、数台停められるようになっています。

店内は、広々としており、カウンター席とテーブル席が並びます。店舗に入る前から少しの豚骨臭が漂います。若い男性店員さん2人で切り盛りしておられ、愛想の良い接客でした。

メニューは、鶏豚骨、黒醤油、辛ニン、塩白湯の4種類。それぞれトッピングやサイズなどで値段が変わります。単品メニューも豊富にあり、それらとラーメンを組み合わせたお得な定食メニューも存在します。

この日は、鶏豚骨チャーシュー麺950円を注文。

登場したラーメン、茶濁したスープには背脂が浮き、表面には脂が多めです。たっぷりのチャーシュー、ネギがトッピングされています。

スープは鶏豚骨のコクがしっかりとしていますが、意外とあっさりとした風味。後味に背脂の甘みが残るまろやかな味わいです。鶏と豚骨では、豚骨の方が強めかなという印象。あっさり系ですが弱さはなく、バランスの良い高レベルのスープです。

麺は低加水の細麺ストレートを使用されています。コリっとした心地よい食感。シャキシャキ感のあるネギと合わせると食感の変化を楽しむことが出来ます。

チャーシューはややレアぎみ、薄切りのものを使用されています。赤身肉が中心で、噛むたびに豚の旨味がにじみ出ます。柔らかく脂分も控えめで食べやすく、量もたっぷりなので満腹感があります。

久しぶりにいただいた、坊歩さんの鶏豚骨ラーメン。あっさり系ですがコクのある味わいは万人受けすると思います。他のメニューも食べてみたいので、いつか機会があれば再訪したいと思います。

↓鶏豚骨チャーシュー麺
230817-1.JPG

↓チャーシュー
230817-2.JPG

↓麺とスープ
230817-3.JPG

↓お店の外観です。
230817-4.JPG
posted by たぬき at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年08月10日

どうとんぼり神座・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

イオンモール高の原に入っています「どうとんぼり神座」のイオンモール高の原店です。この日は、平日の11時頃に訪れました。平日のためフードコートもそれほど混んでいませんでした。

お店はフードコートの手前の方にあります。こちらのフードコートは、かなり広いスペースで、テーブル席でなくソファ状の席もあります。店舗はフードコートにしては清潔感のある造りとなっています。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは、メインのおいしいラーメン、それと期間限定の牛とろ玉ラーメンがあり、それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。単品もいくつか存在し、ラーメンと組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、牛とろ玉ラーメン(お肉2倍)1190円を注文。注文後ベルを渡され、呼ばれるのを待ちます。数分で呼ばれますので取りに行くシステムです。

牛とろ玉ラーメンは、醤油スープに、牛肉、とろ玉、とろろ、海苔、ネギがトッピングされています。

スープは醤油ベースの冷たいスープ。ほんのり甘みのある仕上がりで、後味もすっきり。暑い時期に良さそうな飲みやすいものです。あっさり系ですが、和風のコクがあり弱い感じはしません。

麺は細麺ストレートを使用されています。ツルっとした食感で、コシのある食感が楽しいもの。そして具を混ぜ合わせてやると、とろ玉、とろろ、海苔の相性が抜群で、まろやかな旨味が増します。そしてネギがかなりのたっぷり量で、シャキシャキとした心地よい食感を楽しませてくれます。

牛肉は、しぐれ煮を使用されています。甘辛く味付けられ、脂身は落とされているので食べやすいです。柔らかみもあり、そして二倍量にしていたので量もたっぷり。こちらも暑い時期にも食べやすい仕上がりです。

初めていただいた、神座の牛とろ玉ラーメンですが、暑い時期にもとても食べやすい、そして味もしっかりとした良いメニューでした。また機会があれば、レギュラーメニューも試したいと思います。

↓牛とろ玉ラーメン(お肉2倍)
230810-1.JPG

↓牛肉
230810-2.JPG

↓麺とスープ
230810-3.JPG
posted by たぬき at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年07月14日

本家京都唐揚げ てら田や@京都市中京区三条猪熊町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

三条会商店街近く「食堂酒場たなか」を昼間だけ間借り営業されている「本家京都唐揚げ てら田や」さんです。この日は、日曜日の13時ごろに訪れました。

この日はワンオペ営業されている影響で時間がかかるとのこと。そのためかお昼を過ぎた時間帯でしたが、店内に2人待ち客がおられました。待ち時間は10分ほどだったと思います。

お店は、三条商店街の東の方、猪熊通を少し南下するとあります。レンガ造りの外観で「らーめん」の文字が目印となります。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内入ると、すぐに目に入るのが大画面のテレビ。それを囲うようにカウンター席が並びます。ふだんはバーのような雰囲気であることが、よくわかります。この日は、主人一人で接客・調理されておられ、とても真面目な接客でした。

メニューは、豚清湯スープ+背脂+醤油のらーめん、豚清湯スープ+和出汁+醤油の中華そば、こってり豚スープ+醤油の極濃らーめんの3種がメイン。この日は、期間限定で旨辛トマトタンタンメンも存在しました。それぞれトッピングなどで値段が変わります。

その他、名物のとりの唐揚げや、皿盛り焼肉、付出しチャーシューなどの単品、ごはん類もいくつか存在しました。

この日は、豚清湯スープ+背脂+醤油の特製らーめん1000円(特製はチャーシュー多め、ワンタン3個、味玉付き)と、とりの唐揚げ2個250円を注文。

唐揚げ、ラーメンの順に提供されます。

特製らーめんは、ややこぶりな器に、なみなみとスープが注がれています。スープには粗目の背脂が浮き、チャーシュー、ワンタン、味玉、メンマ、ねぎがトッピングされています。背脂以外は、第一旭、ラーメン藤に通じるようなクラシックな京都ラーメンという見た目です。

スープは、第一旭、藤を思い出すテイスト。豚のコクは第一旭と比べると控えめで、醤油はしっかりと効いています。背脂のほんのりとした甘みが後味に来ることもあり、ややあっさりとした味わいだと思います。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。しっとりとした食感で、この手のラーメンでは慣れ親しんだ食感、スープとの馴染みも良いものです。

チャーシューは、脂身が多めの大判のものが4枚。やや厚めで柔らかみもあり高レベルです。ワンタンは、具がみっちりと詰まったもので、具の粒感が素晴らしい。餃子がメニューにあれば、とても美味しいんだろうなと想像してしまう良い味わいでした。味玉も黄身がとろけて、味もしっかり入っていてレベルが高かったです。

名物の唐揚げは、キャベツが添えられ、マヨネーズ、塩胡椒でいただくようになっています。丸形の唐揚げ1つ1つがそこそこ大きい。そしてカリッと揚がっていて、身もジューシー。名物とされているだけあって、満足度が高かったです。

近くを通りがかった際に、なんとなく検索で見て入った、こちらのお店。具のボリューム感、ラーメンのバランス、唐揚げの味わいも含めて、とてもレベルが高いお店でした。いろいろなメニューがあるので、また近くに来る機会があれば利用してみたいと思います。

↓特製らーめん
230714-1.JPG

↓チャーシュー
230714-2.JPG

↓麺とスープ
230714-3.JPG

↓とりの唐揚げ
230714-4.JPG

↓お店の外観です。
230714-5.JPG
posted by たぬき at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年07月12日

麺屋 聖・京都駅前店@京都市下京区東塩小路町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都駅近くにあるラーメン店「麺屋 聖」さんです。麺屋優光さん系列のお店とのことです。優光さんと、聖さんの久御山店は訪問したことがあるのですが、こちらの店舗は初めてです。

この日は、土曜日の12時台、お昼時ということもあり5人ほど待ち客がおられましたが、回転も早く5分ほどで入店することが出来ました。

お店は、京都駅近くにあります。京都をモチーフにしたカラフルな絵が店前に描かれていて目印となります。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、こじんまりとしたスペース。清潔感があり、カウンター席と、2人掛け、1人掛けテーブルが並びます。男性職人さんと女性スタッフが調理され、男性店員さんが接客をされていました。真面目な雰囲気の接客でした。また他の優光系列のお店同様にミスチルの音楽が流れています。

ラーメンメニューは淡竹(貝系)、真竹(醤油)、黒竹(濃い醤油)の3つとなっていて、それぞれトッピング、麺の量などで値段が変わります。サイドメニューも存在します。トッピングやサイドメニューのうち、いくつかは京都駅前店限定のようです。

この日は、黒竹が京都駅前店オリジナルのスタイルで提供されているとのことで、黒竹880円の花盛り(レア焼豚6枚)をお願いしました。

登場したラーメン、スープが見えないレベルのチャーシュー花盛り。スープは黒い色合いで、一本のメンマ、ネギがトッピングされています。

スープは、濃い目の醤油味で、ほんのりと魚介が効いています。また鴨も使われているようで、旨味がしっかりとしています。濃い目の醤油味ではあるのですが、後味にほんのりと甘みが残る仕上がりで、すっきり感も両立していて、とても飲みやすい。高レベルなスープだと思います。

麺は、中くらいの太さのストレート麺を使用されています。濃いスープの中で麺も黒く色づいています。しっとり感ともっちり感のある麺で食感がとても心地よいものです。

レアチャーシューは胡椒がかけられていて、かなりの大判。赤身だけでなく脂身もそこそこあります。柔らかく、噛むたびに豚の旨味を堪能できます。何よりも量がたっぷりなので、満足度はとても高いです。

初めていただいた京都駅前店の黒竹。濃い醤油味の中にも深い旨味があり、チャーシューの迫力もたまらないものでした。駅近くでもあり、使いやすい立地なので、また機会があればほかのメニューも試してみたいと思います。

↓黒竹+花盛り
230712-1.JPG

↓チャーシュー
230712-2.JPG

↓麺とスープ
230712-3.JPG
posted by たぬき at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年07月04日

ラー麺 陽はまた昇る・精華台店@京都府相楽郡精華町精華台

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

精華町のショッピングセンター「アピタタウンけいはんな」のフードコートにあるラーメン店「ラー麺 陽はまた昇る」の精華台店です。この日は平日の11時前に訪れました。この時間帯はフードコートも空いていました。

お店は1Fフードコートの中にあります。それほど広くないフードコートの奥の方にあります。お店は男性職人さん2人で切り盛りされ、真面目な雰囲気の接客でした。

メニューは、京都鶏白湯ラーメン、中華そば、煮干しラーメン、まぜそば、塩ラーメンがあり、トッピングを加えると値段が変わります。単品や、ラーメンと単品を合わせたお得なセットメニューも存在します。

この日は、以前は存在しなかった塩ラーメン850円の特製トッピング310円を注文。特製は、チャーシュー、煮玉子、メンマ、のりなどが追加されるようです。

しばらくするとベルで呼び出されるので、ラーメンを受け取ります。

ラーメンは、やや濁ったスープで表面に少し脂分が浮いています。トッピングは、チャーシュー4枚、海苔、煮玉子、メンマ、ねぎなどとなっています。

スープは、魚介のコクが効いていて、旨味たっぷり。あっさりとした塩スープですが弱さはありません。後味にほんのりと甘みが残る、飲みやすい味わいです。また柑橘が効いていて爽やかな味わいとなっています。

麺は低加水の細麺ストレートを使用されています。程よいコシでしっとりとした食感もあり、食べ心地は良いものです。

チャーシューは、かなり大判で、厚さもそこそこあります。脂分は少なく、しっかりとした噛み応えで豚本来の味わいを堪能できます。量もたっぷりで満腹度が高いものです。煮卵も黄身がとろける食感で良かったと思います。

こちらの塩ラーメンは、初めていただきましたが、あっさりながらも旨味たっぷりで満足度の高い一品でした。他にも気になるメニューがあるので、また機会があれば訪れたいと思います。

↓塩ラーメン+特製トッピング
230704-1.JPG

↓チャーシュー
230704-2.JPG

↓麺とスープ
230704-3.JPG
posted by たぬき at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2023年06月13日

じゃりんこラーメン@京都市南区西九条柳ノ内町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄「十条駅」近くにあるラーメン店「じゃりんこラーメン」さんです。この日は10時台に訪れました。こちらのお店は朝6時からオープンされており、10時の時間帯は空いているのかなと思っていたら、そこそこ席は埋まっていて繁盛していました。

お店は、十条駅近く、もともと「金の豚」というラーメン店だったところで営業されています。店舗駐車場は存在しません。

店内は、ガラス張りで明るい雰囲気。カウンター席と島状カウンター席、テーブル席があります。老年の職人さん2人と女性店員さんで切り盛りされていて、庶民的な接客です。

ラーメンメニューは、基本の醤油スープのラーメンのみで、トッピングやサイズで値段が変わるようになっています。単品は焼き豚、唐揚げ、ギョーザ、焼きめし、ライス、キムチ、メンマなど。またラーメンと単品を組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、ラーメン750円の肉増し+150円を注文。

しばらくすると登場するラーメン。やや濁った醤油スープに、チャーシュー、ねぎ、もやしのトッピング。第一旭やラーメン藤と同系統の、京都ラーメンの基本形と言う見た目です。

スープは、この系統にしてはあっさりとしています。醤油も強すぎず、後味もすっきり、和風な旨味を感じます。豚のコクなどがガツンという感じではなく、逆に朝ラーメンや週に何度でもいただくのにも良い感じのあっさり感かなと思いました。

麺は、低加水の中細ストレートを使用されています。普通くらいの硬さの茹で具合で、しっとりとした食感もあり食べ心地が良いものです。

チャーシューは赤身肉で、薄切りのものが使われています。柔らかみもあり、量も予想より多く食べ応えがありました。

全体的には、かなりあっさりとしていて、万人受けするタイプのラーメンという印象でした。朝から繁盛していたので、朝早い時間帯からのニーズにもこたえる良いお店だと思います。

↓ラーメン+肉増し
230613-1.JPG

↓チャーシュー
230613-2.JPG

↓麺とスープ
230613-3.JPG

↓お店の外観です。
230613-4.JPG
posted by たぬき at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都