2011年08月31日

札幌ラーメン 白樺@大阪市阿倍野区阿倍野筋

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

この日、仕事を終えアベノをうろうろ。昔の記憶をたよりに、このあたりに第一旭があったなと思い、第一旭の阿倍野店の前に着くと、休んでおられました。

なので帰ろうか・・と歩いていると庶民的な外観のラーメン店を発見。「札幌ラーメン」と書かれ、「味自慢ラーメン」の暖簾が掛かっています。お店をちらっと覗くとカウンターのみ。夕食時なのにお客さんはいません。おばちゃんがお店のテレビを見ておられ、振り返り様、目が合いました。昭和の空気!!!・・・次の瞬間、吸い込まれるようにお店に入っていました。

お店は、とてもこじんまりとした外観です。店内もカウンター席10席のみ。小さなテレビが置かれており、老夫婦でお店を切り盛りされています。ご主人は、お客さんが誰もおられないのに、一生懸命、料理の支度をされていました。

メニューは、醤油と塩ラーメンが500円、味噌ラーメンが550円です。チャーシューラーメンにすると200円プラス。バターラーメンにすると100円プラス。その他、チャンポン550円や味噌チャンポン600円。焼めし500円、中華丼600円、餃子250円などなど単品メニューもいくつか存在しました。

この日は、札幌と言えば味噌かな・・と味噌チャーシューラーメン750円を注文。

注文後、おばちゃんと話そうかなと思うと、おばちゃんも黙々と料理の準備をされておられました。

さて出てきた味噌チャーシューラーメン。素朴な昔ながらの味噌スープに、小ぶりなチャーシューが五枚。そこにネギとモヤシがトッピングされています。そしてメンマ、タマネギが入っていますが、かなり小さめです。見た瞬間は、少し後悔。なんか入って損をしたかも・・・ そんな感想でした。

ただ、ひとつ驚くことが・・スープです。このスープの味わいが、豚骨ベースなのだと思いますが、そのコクがすごく出ていて、味噌の濃い味わいと合わさり、うううううん?あれ?めっちゃ旨いぞ!?という感想。そこらの有名店より素晴らしいのではないかと思えるシンプルながらも深みのあるスープです。

札幌のラーメンによくあるようなそぼろ肉などは入っていないのですが、この味噌の深さと豚骨のコクが融合したスープの旨み。素晴らしいなと思いました。何度飲んでも飽きない味わいです。

麺は、中細の多加水の縮れ麺を使用。これも札幌らしくていいですね。スープにそぼろ肉が入っていたり、もう少し脂分が多かったりアクセントが入っていると、流行のお店っぽくなるんでしょうね。

そして、チャーシューも見た目は貧相なのですが、しっかりとした醤油味が入っているのと厚めなので、それなりに楽しめます。これがもう少し大きかったら、本当にいいのになと思いました。

私が食べたり、新聞を読んだりしている間、夕食時、こんな街中にも関わらず、誰もお客さんは来られませんでした。その間も老夫婦は、黙々と料理の準備。このタイプのお店で、お店の方と話さないのは、滅多にないような。なのにゆったりと過ごすことが出来ました。

お店を出ると、おばちゃんが大きい声で「おおきに!」。ほのぼのとするお店です。具は、なーんか貧相だし、期待もしてなかったお店。なのにとても深いコクのある味噌スープ。こんなお店に、あまりお客さんが入らないのは、残念だな・・と思いながら帰宅しました。

↓味噌チャーシューラーメン
110831-1.JPG

↓チャーシュー
110831-3.JPG

↓麺とスープ
110831-2.JPG

↓お店の外観です。
110831-4.JPG

↓メニュー
110831-5.JPG
posted by たぬき at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2010年10月06日

元祖第一旭・摂津本店@摂津市鳥飼本町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

摂津市にある第一旭のFC店です。前から気になっていたので訪れてみました。

第一旭のFC店というと、年代を感じる店舗が多いのですが、このお店は改築か移転でもしたのでしょうか。外観がきれいです。お店の横に駐車場があり、車4台分くらい停めれるようになっていました。

店内は、ラーメン店というより、昔ながらの喫茶店のような雰囲気で、意外と広く感じます。席は、カウンター席が多いのですが、4人掛けテーブルが2つ、6人掛けテーブルが2つありました。

ラーメンメニューは、とても多いです。基本の特製醤油550円、甘辛く煮た厚切りチャーシュー入りのターロー950円、厚切りチャーシューのデラックス750円、旨味塩550円、熟成味噌600円、白湯豚骨700円、旨辛カレーラーメン800円、キムチ醤油750円、キムチ味噌800円、キムチ豚骨900円、キムチカレー900円などなど。

他にもちゃんぽん、皿うどん、五目そば、焼ラーメンetc 麺類だけでもたくさんでした。

その他、単品メニューも中華料理屋のように多く、ご飯物も充実、日替わり定食などもありました。

この日は、一番スタンダードの特製醤油を選択。肉増しはメニューに書いてなかったのですが、店員に聞くと200円アップであるというので、特製醤油の肉増しを注文しました。すると店員さんは「スペシャル肉増しいっちょう!」と言われます。メニューは、特製醤油ですが、第一旭のFC店らしく、やはり呼び名はスペシャルなんですね。

ということで、出てきたラーメン。やや濁った感じのスープ。チャーシューは、薄切りの茹でたバラ肉で、一般的な第一旭とは、やや見た目が違う感じです。具はネギ、モヤシ少々とシンプル。

スープは、豚骨臭がわずかにただよいます。元祖 久御山店ほどではなく、田原本店くらいでしょうか。そのスープをいただくと、とてもあっさりで、醤油の酸味が効いています。

良く言うとライトな感じと言うのでしょうか、しかし豚骨臭がするにも関わらず、第一旭らしい迫力ある豚の味はあまりせず、醤油の風味も薄っぺらい感じで、、、なんとも拍子抜けするような非・第一旭的なスープでした。軽い感じのスープが好みの人にはいけるかもしれません。

麺は、これまた一般的な第一旭の麺と違い、ややカールした多加水の中細麺を使用しています。表面がつるつるしていて、食感が良いのかなと思いきや、本当に柔らかい麺です。

このお店はスープも一般的な第一旭と違う感じにしているので、麺も他店が使用している低加水のストレート麺を使用しないのでしょうか?この麺も拍子抜けするものでした。

チャーシューは、薄切りの茹でたバラ肉を使用。味は、あっさりスープと合わせてあるのか、ほとんど付いていません。柔らかいのと、量がたっぷりあるのが特徴でした。

今まで何店舗か第一旭を巡り、お店ごとにずいぶん違う味わい、雰囲気があるのを楽しんできましたが、こんなに非・第一旭的なラーメンが出てきて面喰ったのは初めてです。

ただメニューも多く、第一旭らしい味わいを求めなければ、ちょっとしたお昼を楽しむのに、けっこう良いお店なのかもしれないな・・とも思いました。

↓特製醤油らーめん・肉増し
101006-1.JPG

↓チャーシュー
101006-2.JPG

↓麺とスープ
101006-3.JPG

↓お店の外観です。
101006-4.JPG
posted by たぬき at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2010年09月05日

麺や 龍福@大阪市中央区難波

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

なんばウォークの1番街。よく行く立ち呑み付近を歩いていると、あれ?こんなところにラーメン店が有ったかな?という場所にお店がありました。なんでもオープンして2週間ほどしか経っていないお店のようです。この日は仕事途中のお昼時で、ちょうど良かったので入ってみました。

店内は、テーブル席4人掛けが3つ、6人掛けが1つ、カウンター席が17席ありました。カウンター席が多いのは、やはり店舗の場所からビジネスマン中心に乗り換え客狙いなのでしょうか。

店内に山頭火と書かれていたので、ラーメン山頭火の系列店?と思いきや、よく見ると、そうではなく、俳人の山頭火の句が大きく壁全体に描かれていました。お店も人通りの多い場所だけに、繁盛して活気がありました。

ラーメンメニューは、基本三種類。黒玉600円、白玉680円、赤玉830円です。それぞれ特製(チャーシュー、メンマ増し、煮玉子入り)にすると200円アップ。それぞれの内容を見ると、、、

黒玉(醤油)・・魚介×鶏の秘伝濃厚醤油、話題の北海道産全粒粉しこしこ麺
白玉(とんこつ塩)・・10時間以上煮込んだ濃厚とんこつ。沖縄塩の極上ミルキースープ
赤玉(ピリ辛つけ麺)・・旨み凝縮の辛さ、鶏白湯スープ。麺は卵100%のツルツル平打麺

と書かれています。その他、ごはん、チャーハン、餃子などがあるほか、セットメニューもありました。またキムチが無料サービスとなっています。

この日は初めてなので、とりあえず黒玉・特製800円を注文しました。

さて出てきたラーメン。済んだ色合いの透明スープです。店員が説明してくださるのですが中に濃厚なペースト状の醤油ダレが沈んでいるため、よくかき混ぜてから食べてくださいとのことです。

具は、チャーシュー2枚、メンマ多め、煮玉子、白菜、柚子、小エビ、小さな貝柱、それとアオサ?のようなものが浮いていました。

まずスープを混ぜる前に澄んだ部分をいただきます。すると柚子の風味が効いた塩で味つけられたあっさり鶏ガラスープという感じです。

そして醤油ダレをかき混ぜると、いっきに黒い色合いのスープに変わります。そのスープをいただくと、醤油のコクが感じられる深い味わいのスープに変わります。魚介の味は控えめ、ほんのり柚子の風味が効いています。醤油も塩気はストレートに出ず、とてもマイルドな感じです。

麺は全粒粉を用いた中太ストレート麺です。表面に全粒粉を使用した麺にありがちな、ザラザラとした感じはなく、滑らかな食感です。噛んだ感触ももちっとしていて、なかなか良い感じです。また醤油スープの色合いが濃いため、スープを吸いこみ、黒い色合いとなっている麺もありました。

チャーシューは、ばら肉を使用。柔らかい食感と醤油ダレで味つけられていて、なかなかのものです。

それと増量されているメンマ。こちらがとても柔らかく煮込まれていて、良い食感を楽しむことが出来ます。このメンマは、具の中でチャーシューと並んで主役を張れそうな出来でした。

一工夫あるラーメンで、なかなか面白いお店でした。難波は乗り換えでよく利用するので、気が向いたら他の味にも挑戦してみたいと思います。

↓黒玉・特製(スープを混ぜた後)
100904-1.JPG

↓黒玉・特製(スープを混ぜる前)
100904-2.JPG

↓チャーシュー
100904-3.JPG

↓麺とスープ
100904-4.JPG

↓メンマ
100904-5.JPG

↓お店の外観です。
100904-6.JPG
posted by たぬき at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2010年05月29日

花丸軒・難波法善寺店@大阪市中央区難波

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

法善寺の近所にあるお店「花丸軒」さんです。数年前に雑誌かなにかで、豚トロチャーシューのようなものが一本まるまる入っているラーメンが紹介されていて、気になっていたので訪れました。

訪れたのは日曜日のお昼時。お店は、繁華街の中にあることもあり、2,3人でしたが行列が出来ていました。店内は、カウンターがほとんどで、テーブル席もたしか2つくらいあったと記憶しています。家族連れというより、友達、同僚と行くお店かなと思いました。

ラーメンのスープは、とんこつ醤油が基本です。基本メニューが「しあわせラーメン」700円、他に「しあわせチャンポン麺」850円、「しあわせいっぱいラーメン(チャーシューメン)」900円、「トロコツ一本のせラーメン」900円など。他に塩スープのラーメンもありました。

また餃子、チャーハン、チャーシュー丼などのメニューがありました。それと麺大盛りは無料。ニンニクチップとキムチもトッピング無料。少しうれしいサービスでした。

この日は、お目当てだった名物の「トロコツ一本のせラーメン」を注文しました。

さて、出てきたラーメン、大きめの鉢でボリュームがありそうです。背脂が少し浮いた白濁気味の豚骨醤油スープ、具はネギ、ノリ、メンマ、ナルト、玉子。そこに本当に丸々一本「トロコツ」という軟骨チャーシューが浮いています。

スープは、とても熱々なのが印象的。背脂が浮いていますが、それほどこってり感はないのですが、ややトロミを感じる舌ざわりです。塩分が強めで、飲み帰りに良いのかな?という味わいでした。

麺は、この熱々スープに負けないような多加水のやや細ストレート麺です。ぷちぷちとした食感が楽しめました。

具は、それほど特徴が無いのですが、ネギのシャキシャキとした食感と風味が、ここのお店の塩気がやや強い豚骨醤油スープと合っているなと思いました。

そして「トロコツ」。これは厚みもすごくて、ボリューム感あります。中心の軟骨部分がとても柔らかく、かつ周りの肉の旨みも感じられ、がっつりと肉を食べたい人にはおすすめです。

以前「まりお流」さんで同じような軟骨チャーシューメニューがあったのですが、そちらは、スープの脂分を吸いこんだのか、最後はくどくて・・・という感じでしたが、このお店の「トロコツ」は脂っこさが少ないのもあり、最後まで食べやすい一品でした。

スープの味もなかなか良く、そして「トロコツ」のボリューム感と旨みは、満足できました。この「トロコツ」を食べるために、再訪問してもいいな・・と思えるお店でした。

↓トロコツ一本のせラーメン
100528-1.JPG

↓麺とスープ
100528-2.JPG

↓トロコツ
100528-3.JPG

↓お店の外観です。
100528-4.JPG
posted by たぬき at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2010年04月13日

光洋軒@大阪市東成区深江南

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

関西のご当地ラーメンと言えば、和歌山、京都、播州、天理あたりが思い浮かぶのですが、大阪で有名な高井田ラーメンもご当地ラーメンになるのでしょうか?

ということで、高井田ラーメン発祥のお店「光洋軒」さんです。

実のところ、高井田ラーメンをそれほど食べてみたいと思っていたわけでもなく、、この日は朝に大阪にいたので、朝から食べれるラーメンで思い浮かんだのが高井田周辺のお店だったので行ってみました(^-^;

お店は、老舗というほどの古さを感じさせません。何年か前にでも改築されているんでしょうね。しかしこれぞラーメン店という雰囲気のカウンター席のみでした。

メニューはシンプル。

中華そば500円、大盛り800円、チャーシュー麺800円、チャーシュー大盛り1200円、具なし350円、具なし大盛り600円。それとトッピングにメンマ増量100円、ネギ増量100円。

この日は、チャーシュー麺を注文しました。

出てきたラーメン、やや黒い色をした醤油スープがインパクトある見栄えです。鉢一杯にチャーシューが浮いています。具はネギ、メンマのみでシンプルです。

さて黒い色のスープを飲むと、これが醤油の味が強烈に前面に出た力強いスープです。スープを飲んだ瞬間に京都の「親爺」さんと似ているような気がしました。ただ醤油の味の効き具合は、こちらのほうが、かなり強いですね。

その醤油の風味が強く出た酸味あふれる味は、個人的には良かったのですが、人によっては受け付けない味なのかな?とも思いました。

それからいろいろな個性が・・まず麺、太麺ストレートです。かなり太いですね。柔らかいのかな?と思いきや、しっかりと芯がある感じの食感です。意外とパンチ力あるスープに対し、麺自体の味はすっきり感があり、メリハリが効いていて良かったです。

そしてメンマ。こちらも醤油で濃く味付けされていました。その上メンマの量もかなり多いです。このメンマの味、単品で食べるとビールのあてに良さそうだな・・と思えるようなスープにも負けない強烈な濃さでした。

チャーシューは赤身肉を使用。とても量が多く、スープの濃いめの醤油味と合わせて食べると美味しくいただけました♪

最初にスープを飲んだときのインパクトは強かったのですが、食べていくうちに不思議と箸が進む旨みのある醤油スープでした。なかなか大阪には出ませんが、いつかまた他の高井田ラーメンも食べてみたいと思います。

↓チャーシュー麺
100413-1.JPG

↓チャーシュー
100413-2.JPG

↓しっかりとした歯ごたえを感じる太麺
100413-3.JPG

↓濃い味付けのメンマ
100413-4.JPG

↓メニュー
100413-5.JPG

↓お店の外観です。
100413-6.JPG
posted by たぬき at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2008年07月27日

段七・新大阪店@大阪市・淀川区

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

いわゆる「熊五郎」系列のお店「段七」です。この系列の店、最近関西ではよく見ますね。

醤油と塩、味噌、海老塩のスープのラーメンがありました。海老塩が人気のようでしたので、海老塩チャーシュー麺を注文。

出てきたラーメンは、透明に近い色のスープに海老ワンタン、チャーシュー、ネギ、メンマなどがトッピングされています。スープの香りがとても良いです。

スープは、塩ラーメンですがカツオのダシが効いています。普通の塩ラーメンと比較すると、とても和風な味付けとなってます。しかし、味がしっかりしていて美味しいです。

チャーシューも固めですが、和風の味付けがされていて美味。海老ワンタンの中の海老は小ぶりですが、プリッとしていて美味しいです。

そして麺が、中太でとても独特の感触です。これがスープとマッチしていて、とても美味しいです♪なんでも中華麺に最適な小麦粉と名古屋コーチン卵をミックスして作っているとか。

「熊五郎」系列のお店に行くのは、ひさびさでしたが、良いお味でした♪また行きたいです♪

↓海老ワンタンの浮いたラーメン。
080727-1.JPG

↓海老は小ぶりですが美味しい食感です♪ワンタンからこぼれる汁も美味しい♪
080727-2.JPG

↓チャーシューは和風な味付けです。
080727-3.JPG

↓店舗の外観です。新大阪駅構内にあります。
080727-4.JPG
posted by たぬき at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2008年02月05日

黒門屋らーめん@大阪・日本橋

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪・日本橋の黒門市場の入り口にある有名な豚骨ラーメン店です。以前は「本黒門らーめん」という店名でした。なぜ店名、変わったんでしょうね?以前から、とても行きたかったのですが、一度も行ったことありませんでした。

お店は食券制です。店内は、透明なビニールで歩道と区切られているのみです。カウンターしかないお店です。

塩や味噌系のラーメンもあるのですが、ここは店の看板でもある“とんこつ”をたのみました。とんこつチャーシューです。

出て来たラーメンは、見るからにこってりしてそうに見えます。ノリが2枚トッピング。ノリトッピング好きな僕としては、うれしいです♪麺は細麺です。それとキクラゲがトッピングされてます。

このこってりに見えるスープ。味わってみると、、意外とこってりという感じでもなく、こってりとあっさりの中間な感じです。かと言って、薄いわけでなく豚骨の味がしっかり出ていて美味しいです♪

チャーシューは、やや厚め。ジューシーなお味です。プリっとした食感が美味しかったです。豚骨はやっぱり細麺なのでしょうか?関西人なので、なぜだか細面は味気なく感じてしまいます(^^;

高菜と紅しょうがは自由にトッピングできました。これまたうれしいサービスですね♪

↓見た目ほどコテコテ感はなく、適度な濃さと味のあるスープです♪
080205-1.JPG

↓厚切りのチャーシューはうれしいですね♪
080205-2.JPG

↓カウンターと外はビニールで囲われているだけです。
080205-3.JPG
posted by たぬき at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2008年01月25日

麺屋 桜蘭@大阪・梅田

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪・梅田の駅前第2ビルの地下2Fにあるラーメン屋さんです。人気店ということで、行ってきました。

メニューを見るとスープの種類は大きく分けて3種類。醤油、柚子塩、味噌。醤油と柚子塩にはつけ麺があり、味噌は焦がし味噌と辛味噌の2種類から選べます。

ということで柚子塩ラー麺(チャーシュー、味玉トッピング)をたのみました。

出てきたラーメンは、柚子の香りがほのかにします。透明なスープ。具はほうれん草、のり、メンマ、玉子2つ、チャーシュー3枚がのってます。それと変わってるのは湯葉もトッピングされてました。意外と合うんですね。塩ラーメンに。

スープは、柚子の酸味がややきつく感じられました。もう少し優しくても良かったかなーと思います。全体的には、あっさりしていて食べやすいラーメンでした。

ここのお店、醤油味も有名なようです。またチャレンジしてみたいな♪

そうそうこのお店、作ってる店員さんは、とても接客が良く好感がもてるお店でした♪

↓上品な柚子塩ラー麺です。
080125-1.JPG

↓地下2Fにあるお店。帰り際には、数人の行列が出来てました。
080125-2.JPG

↓メニュー。すこしピンボケ。
080125-3.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪