2016年04月26日

河童ラーメン本舗・押熊店@奈良市押熊町(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良市押熊にあるラーメン店「河童ラーメン本舗」さんです。

久しぶりに訪れたこちらのお店、マー油入りのラーメンは長く食べてないなと注文。かなり黒い色合いのスープにチャーシューは別皿で提供されました。チャーシューを自分でトッピングしてみますが・・下手なトッピングです。

豚骨スープにマー油が加えられ、煮玉子、チャーシュー、ネギ、メンマなどがトッピングされています。

スープは、豚骨のコクがベースとしてしっかりしていますが、それ以上にマー油の香りが豊か。独特の旨みがあり、どんどんスープと飲むことが出来そうな印象です。豚骨スープも濃すぎず、バランスが良いので、飲みやすいです。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。プチプチとした食感が楽しく、スープとの相性も良いものです。替え玉無料だと注文される方が多いように思います。

チャーシューは、薄切りのバラ肉が多めに使われています。味付けも、そこそこ濃いめで、スープに負けない印象。ジューシーで柔らかいものでした。

全体的には、バランスも良く、濃いめの豚骨のコクも楽しめて、良かったなという印象。この付近はたまに訪れますので、また選択肢の一つに加えたいお店だと思います。

↓黒河童チャーシューメン
160424-1.JPG

↓チャーシュー
160424-2.JPG

↓麺とスープ
160424-3.JPG
posted by たぬき at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2016年04月07日

麺屋横手@奈良市北之庄町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良市のラーメン店「麺屋横手」さんです。ずいぶん以前にお店をたたまれた「いごっそ」さんと関係があるということで、ずっと訪れてみたかったのですが、この日は土曜日のお昼頃に訪れました。いごっそさんは10年以上前に訪れたことがあります。

お店は、南永井町の交差点入ってすぐのところにあります。小さい店舗ですが黄色い看板が、よく目立ちます。お店の裏側に駐車場が完備されています。

店内は、入ってすぐのところに食券機があります。テーブル席が少しとカウンター席が厨房の前に並ぶ、昔ながらのラーメン店という雰囲気です。「いごっそ」時代のイメージから、勝手に年老いた方がされているのだと思い込んでいたら、店長さんは若い男性の方で、接客は女性店員さんがされていました。接客は庶民的な雰囲気です。

メニューは、塩、しょうゆ、みそ、つけ麺(期間限定)が各700円で、トッピングなどで値段が変わるようになっています。また期間限定で、まぜスタというスタミナまぜそばを提供されていました。単品は、ギョーザやチャーシュー、鶏の唐揚げなどがあり、他にご飯類が存在します。またセットメニューも存在しました。

この日は塩チャーシューメン800円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、もやしとネギがこんもりと盛られ意外とボリューム多そうに見えます。スープは澄んでいて、モヤシとネギの山の上にチャーシュー、ゆで卵が乗っています。

スープは、鶏ガラベースの塩味ですが、野菜の旨みがにじみ出ていて、優しい甘みがあります。塩スープですが、とても奥深いコクがあり、決して頼りない訳ではありません。後味もすっきりしていますし、非常に飲みやすいと思います。

麺は、ミネヤ食品さんの多加水の中細ストレート麺を使用されています。麺自体に味が付いているのかな?と思うほど、ほんのりと甘いスープとよく合っています。食感もそこそこあり、食べていて楽しいものでした。

チャーシューは、優しく味の付いた、柔らかなものがたっぷりと入っています。それぞれ大きめで食べ応え抜群。ゆで卵は、本当に昔ながらのゆで卵です。+20円で味玉に変えられるようでしたが、こちらの方が素朴な味わいで合っているかなとも思いました。

またたっぷりのネギと野菜。これが臭みも水っぽさもなくて、麺やスープとの相性もとても良い。シャキシャキした食感で食べていて心地よいものでした。

こちらのお店、昔ながらですが、丁寧な仕上がりのスープでとても良いと思います。塩が有名ですが、味噌、醤油のスープもあるので、一度食べてみたいなと思えるお店です。

↓塩チャーシューメン
160407-1.JPG

↓チャーシュー
160407-2.JPG

↓麺とスープ
160407-3.JPG

↓お店の外観です。
160407-4.JPG

↓メニュー
160407-5.JPG
posted by たぬき at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2016年03月13日

鶏乃門@奈良市西大寺栄町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大和西大寺駅の近くにありますラーメン店「鶏乃門」さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は、ならファミリーの目の前(駅前の通り側)にあります。街中のためお店の駐車場は無いようです。お店はビルの1Fに構えておられ、白い提灯が目印になります。

店内に入ると、入ってすぐのところに食券機があります。カウンターのみの店内で、それほどお客さんは入れなさそうでした。お店は、店長さんと女性店員さんが切り盛りされていましたが、カウンターのみですが、ずっとお客さんの前で調理中もラーメンを提供される際も、私語を続けておられ、正直、気持ちの良いものではありませんでした。

ラーメンメニューは、鶏白湯ラーメン、塩ラーメンの2種類と、魚介鶏白湯つけ麺がメイン。それぞれ、トッピングなどで値段が変わるようになっています。単品は、餃子や鶏チャーシュー丼、ライスなどが存在します。

この日は、特製鶏白湯ラーメン950円を注文。普通のラーメンと特製はトッピングが異なるのだと思うのですが、特に説明が書かれておらず、お店の方は会話に夢中で聞くすきを与えてくれず、まぁいいか・・と特製にしました。

しばらくすると、今風のきれいな器に入ったラーメンが提供されます。スープは白濁しており若干少な目。トッピングは鶏肉、メンマ、ネギ、白髪ネギ、煮玉子、糸唐辛子などとなっています。

スープをいただくと、お店のこだわり書きには濃厚と書かれていましたが、ドロドロ系というわけではなく、鶏の旨みは、どちらかと言うとサラッとした感じです。むしろ鶏の柔らかいコクをベースとして、和出汁+魚介の風味が前面に出ていて、落ち着いた味わいでした。後味も意外とすっきりとしていて良い塩梅です。

麺は、全粒粉入りの中細ストレート麺を使用されています。こちらは梅ヶ枝製麺所のものだそうで、塩ラーメンでは別の麺を使われているようです。全粒粉麺は、硬めの食感で噛んでいて楽しいものでした。和風なスープとも合っていると思います。

鶏肉も柔らかくて、そこそこの大きさのものが数枚。煮玉子も味がしっかりと染みていて、良かったと思います。

こちらの鶏白湯ラーメンは、濃厚系ではありませんが、和出汁の効いた誰にでも受け入れやすい良さがあると思います。鶏の旨みもしっかりしているので、多くの方におススメできる一杯だと思います。

↓特製鶏白湯ラーメン
160313-1.JPG

↓鶏肉
160313-2.JPG

↓麺とスープ
160313-3.JPG

↓お店の外観です。
160313-4.JPG
posted by たぬき at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2016年03月03日

宮廷飯店・八木駅前店@奈良県橿原市内膳町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

宮廷飯店の八木駅前店です。この日は仕事で近くまで来ていましたので昼食時に入りました。宮廷飯店さんは近鉄橿原店の店舗に入ったことがありますが、こちらはずっと気になりつつ初訪問です。

お店は近鉄大和八木駅の高架下のお店が並んでいるところにあります。駅前なので、店舗独自の駐車場はありません。赤い提灯が目印になります。近鉄橿原店の店舗は、落ち着いた中華料理店という感じですが、こちらは外観からも大衆的な雰囲気が伝わります。

店内は、こぎれいな大衆中華料理店という雰囲気でカウンター席とテーブル席が並びます。それほど広くない店内ですが、そこそこ人数は入れそうです。接客は女性店員さん2人が切り盛りされ、庶民的なものでした。

メニューは、近鉄橿原店の中華料理というメニューとは異なり、ラーメンと丼ぶり、餃子が中心のラーメン屋さん的な内容です。お店の外には本格広東料理・・・というような看板があったように思うのですが(笑)

ラーメンは、五目ラーメン640円、焼豚ラーメン640円、トンカツラーメン700円(すべて白ゴハン付きです)と、日替わりラーメン(ミニ焼き飯付き)700円。他にご飯や、丼、餃子がメニューにあります。丼も、中華丼と、トンカツ中華丼があったり・・とにかくトンカツを乗せるのが好きなお店の模様。また駅前なので、ちょっと一杯セットも3種類ほど存在しました。

この日は、トンカツラーメン700円を注文。そんなにお腹が空いていたわけではないので、白ゴハンは抜きにしました。

登場したトンカツラーメン。澄んだスープに、見事にトンカツ+ソースがトッピングされています。他にモヤシ、ネギが乗っています。

スープは、あっさりとした優しい味わいの塩スープ。ものすごくコクがあるとかではないのですが、すっきり感があって、とても飲みやすいものです。トンカツが浮いている割には脂っぽさも感じません。

麺は、中細の多加水ストレート麺を使用されています。若干、安っぽさを感じますが、しっかりとした歯ごたえのある茹で具合で、悪くはなかったと思います。

そしてトンカツ。揚げたてのものなので熱々です。塩スープを吸い込み、衣が意外と美味しくて・・それとお肉の厚み自体もあり、ジューシーで正直、イケる!という印象。ラーメンと言うより、白ゴハンに乗せて食べたいなとは思いますが、これはこれで悪くないと思います。ソースは意外とスープと混ざらないので、スープの味を邪魔することもありません。

八木駅前の宮廷飯店さん。百貨店のお店とは異なり、とてもジャンクで、面白いメニューが並びますが、ここのトンカツラーメン、意外と美味しいなと思います。近鉄の乗換時にでもサクッといただくのも楽しいメニューだと思います。

↓トンカツラーメン
160303-1.JPG

↓カツのアップ
160303-2.JPG

↓麺とスープ
160303-3.JPG

↓お店の外観です。
160303-4.JPG
posted by たぬき at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2016年01月27日

中華処 青天@奈良市東向中町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良の東向商店街に数年前に出来た、屋台村風の「なら街横丁」。その奥の方にお店を出しておられる中華料理店「青天」さんです。

こちらおお店は、厨房の周りにカウンター席(7席)があり、それと少し離れたところに、テーブル席(4席)があります。お店は、ご主人一人で切り盛りされているようでした。

こちらのお店「高級中華をリーズナブルな価格で食べてもらいたい・・」と、書いておられ、多くのメニューがあるように思うのですが。この日は新年のランチタイム。訪れてから知ったのですが、この時期のランチタイムはラーメンのみを取り扱っておられるようでした。後でお店のFace bookを確認すると、新年のランチタイムは・・と告知をされていたようです。

なので、この日のランチメニューは、鶏そば750円、カレーラーメン800円の2つがメイン。あとは焼ギョウザ、白ゴハン、ミニ牛丼があったり、ラーメンにトッピングできるくらい。シンプルなメニューとなっていました。また屋台村の中の一店舗なのでお酒は非常に充実しているようでした。

この日は、鶏そば750円+鶏チャーシュートッピング150円でお願いしました。

しばらくすると、登場する鶏そばは、こぶりな器に入ってます。見た目がとても美しく盛りつけられています。スープは、淡い色合いで香辛料、一味、揚げタマネギなどが振りかけられています。トッピングは鶏チャーシュー、ネギ、水菜、もやしとなっています。

スープは、鶏の旨みを活かした、あっさり系の塩スープ。最初、ほんのりとした甘みを感じるのですが、香辛料、それとネギを噛むたびに、独特のスパイシーさを感じます。意外と後味にピリッとした辛味を感じることのできるものでした。

麺は、多加水の中細ストレート麺を使用されています。硬めの茹で具合で、多くトッピングされている野菜と合わせて食感を楽しみながらいただくことができます。

鶏チャーシューは、脂身の少ない部分を使用され、非常にあっさりとしています。スープの味を邪魔することなく、全体の味とマッチしていると思います。

こちらの鶏そばは、シンプルながらも鶏の旨みがしっかりと出たスープ、それとネギの辛味をうまく合わせてあり、とてもバランスの良い工夫された一杯だと思いました。中華料理を食べに入ったのが目的だったのですが、創作ラーメンが美味しかったこの日。いつか再訪する機会があれば、本格中華をいただきたいと思います。

↓鶏そば+鶏チャーシュートッピング
160127-1.JPG

↓鶏チャーシュー
160127-2.JPG

↓麺とスープ
160127-3.JPG
posted by たぬき at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2016年01月20日

田所商店・奈良西大和ニュータウン店@奈良県北葛城郡河合町薬井

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良県の河合町薬井にあります味噌ラーメンの専門店「田所商店」の奈良西大和ニュータウン店です。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は白鳳短期大学の目の前にあります。お好み焼き屋さんとの共同店舗のようになっており、黒い建屋でよく目立ちます。お店の前に駐車場は完備されています。

店内はカウンター席、テーブル席、座敷があり、そこそこの人数が入れそうですが、お昼時は大繁盛で10分ほどの待ち時間が必要でした。店内は清潔感があり、店員さんの接客も丁寧なものでした。

ラーメンメニューは、各地の味噌を使ったラーメンで構成されています。信州味噌(やや濃口、米味噌)、九州麦味噌(甘口、麦味噌)、北海道味噌(濃口、米味噌)がメインとしてあり、この店舗限定として伊勢味噌(やや濃口、豆味噌)も存在します。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。また単品メニューもいくつか存在します。

この日は伊勢味噌らーめん700円の炙りチャーシュー3枚トッピング+360円を注文。

しばらくすると登場するラーメンは、赤茶色の味噌スープに挙げ玉ねぎ、刻みタマネギ、モヤシ、あおさ海苔、挽肉、炙りチャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと特徴的なくらい酸味が強く、濃厚な味噌の味が前面に出ています。説明文には、あおさ海苔が磯の香りを一層引き立てると書かれているのですが、どちらかというと味噌の風味の強さが勝っていて、あおさ海苔の味や香りはわずかに感じる程度。逆に挽肉、刻みタマネギが、より一層濃いめの味噌味を引き立てている感じがしました。

麺は、多加水の縮れ麺を使用され、モチモチとした食感が楽しめます。またモヤシや挽肉、スープとの絡みが良く、それらの旨みを口に運んでくれます。

そして炙りチャーシューは、値段が高いだけあり、なかなかのもの。厚みがあり、炙りは控えめですが、脂分が程よく入っていて、とてもジューシー。柔らかさも良くレベルが高いものだと思います。

京都の田所商店さんには、数回入ったことがあるのですが、こちらは初めて訪れました。こちらのお店も、他の店舗同様に繁盛していて、清潔感もあり良かったと思います。味噌の味がバラエティー豊かで、何度訪れても異なる味を楽しむことができるので、リピーターが増えそうなお店だと思います。

↓伊勢味噌らーめん+炙りチャーシュー3枚トッピング
160120-1.JPG

↓チャーシュー
160120-2.JPG

↓麺とスープ
160120-3.JPG

↓お店の外観です。
160120-4.JPG
posted by たぬき at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年12月04日

彩華ラーメン・本店@奈良県天理市岩室町

奈良・天理のご当地ラーメン、天理ラーメンの有名店「彩華」の本店です。

この日は平日のお昼時。平日の昼間だと混雑は少なく、早めに入ることが出来ました。

彩華ラーメン・スペシャル(生玉子・チャーシュー(バラ))の小を注文。それと平日お昼のお得な唐揚げ3個セット+206円を追加しました。

登場した彩華ラーメンは、いつもと同じく白菜、ニラ、豚肉などがたっぷり入ったスープ。そこに豚バラチャーシューがトッピングされています。生玉子は別皿で提供されるので、自分で割って入れます。

スープは、ニンニク、豆板醤が効いたピリ辛な醤油スープ。この癖になるほど強いニンニクが、たまらない中毒性があります。

この日の具の野菜は、たっぷりなのですが彩華にしては少な目かな・・?と思いました。すごい日は、鉢の中からいくらでも白菜が出てくるような迫力があるのですが、そこまででもなかったかな。しかし野性的なスープと白菜の相性は、やはり素晴らしいものです。

麺は、中細のやや縮れ麺を使用されています。昔と比べると茹で具合も硬め、麺の質も良くなったように思います。個人的には、昔のヤワヤワ麺も好きでしたが。

そしてチャーシューは、本当に本格的になってきましたね。この日は大きさが小さめだったのですが、味も染みているし、脂身も強すぎず柔らかく食べやすく好印象でした。

この日の彩華ラーメンは、いつもより野性味が少な目に思いましたが、やはり中毒性のあるスープ。定期的に食べたくなる癖になる味だと思います。

↓彩華ラーメン・スペシャル(生玉子・チャーシュー(バラ))
151204-1.JPG

↓チャーシュー
151204-2.JPG

↓麺とスープ
151204-3.JPG

↓唐揚げ3個セット
151204-4.JPG
posted by たぬき at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年11月28日

ドン.チードル@奈良市大宮町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

JR奈良駅近くの新しいラーメン店「ドン・チードル」さんです。お店は、三条通り、三条本町の交差点を西に行くとすぐにあります。

店舗は複合店舗の左端に位置し、一見はラーメン店と分からないようなシックな印象。黒い看板が目印です。駐車場は、存在しないようでした。

店内はカウンターのみの作りで、それほど広くはありません。店長さんと、店長さんのお母さまかな?と思われる二人で切り盛りされていました。接客は真面目で優しい印象でとても良かったと思います。

ラーメンメニューは、豚骨スープで、こってり系の濃香とんこつ(醤油・しお)、あっさり系の淡麗とんこつ(醤油)、辛々とんこつ、激辛の4種があります。それぞれトッピングで値段が変わるようになっています。他にごはん類、替え玉が可能なくらいで、メニューはシンプルなものです。また、高菜、紅ショウガが無料サービスで提供されています。

この日は、濃香とんこつ(しお)700円のチャーシュートッピング250円を注文。麺の硬さなど希望を聞かれましたが普通でお願いしました。

しばらく待つと登場したラーメン、ドロッとした濃厚そうな豚骨スープ、表面にゴマと脂分が浮いています。チャーシューは厚切りのものが鉢一杯に。そしてネギとキクラゲがトッピングされています。

スープをいただくと、濃厚な豚骨のコクが出ていて重みのある味わい。そして塩だれが強めで、けっこう癖のあるくらい塩分高めに思いました。鉢の底の部分は、豚骨をしっかり煮込んだ感じが分かる、ざらざらとした食感。その中に旨みが濃縮されています。

麺は、低加水の細麺ストレートを使用されています。普通で注文しても、しっかりとした芯を残したような食感を楽しめるものでした。

チャーシューは、厚切りでさらに、脂身が多めのジューシーなもの。噛むたびに脂分がにじみ出るようなインパクトのあるもので、量もたっぷり。ずっしりとお腹に来るような迫力がありました。

こちらのお店の豚骨は、かなり濃厚で旨みがしっかりとしています。個人的には、もう少しまろやかな方が好みですが、濃厚なコクを楽しみたい方は、とても良いお店だと思います。奈良は豚骨の名店が多いように思います。これからも地域に長年愛されるよう頑張ってほしいと思います。

↓濃香とんこつ(しお)チャーシュートッピング
151128-1.JPG

↓チャーシュー
151128-2.JPG

↓麺とスープ
151128-3.JPG

↓高菜・紅ショウガ無料サービス
151128-4.JPG

↓お店の外観です。
151128-5.JPG
posted by たぬき at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年11月18日

らーめん春友流@奈良市三条栄町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良の三条通り沿いにあるラーメン店「らーめん春友流」さんです。お店は、昔、藤っ子らーめんだったところにあります。

お店の外観は、白い看板でよく目立ちます。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、藤っ子の頃と、あまり変わらないのですが、お店入ってすぐのところに券売機があり購入するようになっています。カウンター席が厨房周りにあり、その他テーブル席も少し存在します。お店はご夫婦で切り盛りされ、丁寧な接客で好感が持てるものでした。

ラーメンメニューは、醤油と味噌があり、トッピングとサイズなどで値段が変わるようになっています。単品は、ライス類がいくつかあるくらいですが、カレーがあるのが珍しいです。

この日は醤油らーめん690円のチャーシュートッピング+200円を注文。こちらは西山製麺を使われているんですね。隣の方が食べられている味噌ラーメンを見ていると、おいしそうで・・ そちらでも良かったかなと思ったりしました。

登場したラーメンは、濃厚そうな泡立ったスープに、チャーシュー、メンマ、ネギ、刻みタマネギがトッピングされています。

スープをいただくと、ベースに鶏ガラを多く使われているのかな。ややとろりとしたゼラチン質を感じる粘性のあるスープです。醤油の味は濃いめですが、若干甘さを感じるようなまったりとしたスープです。こってりというよりかは、意外と優しく上品な仕上がりだと思います。

麺はやや太めの縮れ麺を使用されています。しっかりとした食感で噛み心地が非常に良い麺です。たまに刻みタマネギが絡むと味、食感の雰囲気が変わり面白いものでした。

チャーシューは、やや小さめですが、厚みがあるものが4つほど。濃いめの味付けで、しっかりとした食感を楽しむことができます。量がもう少しあるとうれしい気もしますが、味は悪くなかったです。

こちらのお店の醤油ラーメンは、しっかり真面目に作られた上品な一杯でした。味噌も濃厚そうで美味しく見えましたので、いつか再訪する機会があれば、そちらも試してみたいと思います。

↓醤油らーめん+チャーシュートッピング
151118-1.JPG

↓チャーシュー
151118-2.JPG

↓麺とスープ
151118-3.JPG

↓お店の外観です。
151118-4.JPG
posted by たぬき at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年10月15日

麺人ばろむ庵@奈良県奈良市杉ヶ町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

JR奈良駅近所にあるラーメン店「麺人ばろむ庵」さんです。この日は朝から用事で奈良駅付近にいて、ちょうど10時ごろに、昼何処で食べようかと検索すると、こちらが10時30分オープンと書かれていたので開店時に訪問しました。

お店は、奈良駅前の通り、奈良トヨタの横の細い道を入ったところにあります。お店の外観は、新中華そばと書かれた看板や、白いテントが目印で落ち着いた雰囲気です。駐車場は存在しないようです。

店内は、木目調の非常に落ち着いたきれいな空間となっています。カウンター席のみですが広々としています。店内目立つところに製麺室があります。お店は、夫婦と思われる男女で切り盛りされていました。接客も丁寧なものです。

こちらのお店は食券制となっています。メニューは、新中華そば(鶏と豚のスープにアゴの香味油+奈良県産醤油)、ヤマトブラック(にんにく唐辛子油、イカ墨たまり醤油)、まぜそばの3つで、麺の量は、並140gでも大210gでも同じ価格。トッピングなどで値段が変わるようになっています。

この日は、焼豚新中華そば(並)950円を注文。

意外と早くに中華そばがきれいな背の高い器で登場します。濃いめの色合いの濁ったスープに鉢一杯にレアチャーシュー。極太メンマ、煮玉子、カイワレとベビーリーフがトッピングされています。

スープをいただくと、鶏と豚の旨みがしっかりと出た濃厚な旨みに、強い目の醤油味と魚介の味が加わり、迫力のある仕上がりとなっています。表面に浮く油に浮いている魚介系の風味と濃いめの醤油味が、若干くどいようにも思うのですが、動物系のコクがしっかりとしていて味わい深いものです。

麺は自家製の全粒粉入りのものを使用されています。表面がつるっとしており、逆に食感はモチモチしています。この手の麺は箸でつかみにくいのですが、麺が滑りにくい箸を使われていて、こちらも好印象でした。

レアチャーシューは、縁がペッパーで味付けられ、ローストビーフのような美味しさを堪能できます。ただ味が個性的で、スープと合わせるよりも単品でいただいたほうが美味しいかな?と思いました。

ラーメン全体としては、とてもレベルが高く、お店の方の接客も丁寧で、清潔感のある内装も非常に居心地の良い、こちらのお店。濃厚なスープが好みの方には、はまる味わいだと思います。

↓焼豚新中華そば(並)
151015-1.JPG

↓チャーシュー
151015-2.JPG

↓麺とスープ
151015-3.JPG

↓お店の外観です。
151015-4.JPG
posted by たぬき at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年10月03日

奈々・大和郡山店@奈良県大和郡山市井戸野町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン奈々の大和郡山にある本店です。以前、登美ヶ丘にあった閉店したお店は仕事帰りの、ちょい飲みによく同僚と利用してましたし、奈良阪のお店も何度か入ったことがあるのですが、こちらは初訪問です。

お店は、奈良交通自動車教習所の向かいあたりにあります。古風な建屋で黄色いテント看板がよく目立ちます。お店の横に駐車場があります。

店内はこじんまりとしていて、カウンター席と、座敷などがあります。お店は、男性職人さんと、女性スタッフさんたちで切り盛りされていました。接客も丁寧で良かったと思います。

メニューは、ラーメンが中心ですが、中華料理もたくさん。夜は飲みに使えるのが奈々の良いところです。ラーメンは、味玉奈々らーめん(とんこつ+香味焼油)790円を中心に、とんこつ、醤油、味噌、スタミナキムチらーめんなどが存在します。トッピングも自由度が高いです。

この日は、味玉奈々らーめん790円+厚切りチャーシュートッピング380円を注文。麺は博多風の細麺と、中太の自家製麺から選択できるので、中太麺にしました。それと餃子320円を追加注文しました。

大きめの器でラーメンが登場します。乳白色のスープに香味焼油が浮き、煮玉子、薄切りチャーシュー、厚切りチャーシュー、ネギ、ワカメ、メンマがトッピングされています。

スープは、香味油の香りがよく、食を誘います。柔らかでクリーミーで甘みのある豚骨なのですが、そこに香味油の旨みが合わさり、バランスが素晴らしい。あれ?奈々のスープ、こんなに美味しかったのかな?と驚くほどです。本店だからなのか、味が変わったのかな・・ライト系の豚骨スープですが、豚骨の旨みも出ていますし、決して弱さはありません。ほんのりとした甘さとワカメも、とてもよく合います。

自家製麺は、中太ストレート麺で、表面のつるっとした舌触りと、もちっとした食感が心地よいものでした。

チャーシューは、薄切りのものも、厚切りのものもしっかりとした味が入っていて、程よい脂身が含まれとてもジューシー。厚切りのチャーシューは、量も多く満足度も高いものでした。また煮玉子も半熟の黄身がトロけるような感覚で、とても良かったです。

それと餃子。こちらは、ニンニクを使用されていないとのことですが、ニラの旨みもあり、具もぎっしり詰まっていて、レベルが高いです。やはり奈々は、中華単品メニューもレベルが高いなぁとの印象です。

本店の奈々さんは初ですが、ラーメンの味もしっかりしているし、過去の支店訪問の経験からも中華メニューは、美味しいと思うので、これはかなり近場にあれば入り浸りそうなお店だな・・と。チャーハンなども支店では美味しかった記憶が強いので、いつか試してみたいと思います。

↓味玉奈々らーめん+厚切りチャーシュートッピング
151003-1.JPG

↓チャーシューと厚切りチャーシュー
151003-2.JPG

↓麺とスープ
151003-3.JPG

↓餃子
151003-4.JPG

↓お店の外観です。
151003-5.JPG
posted by たぬき at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年09月24日

らーめん三ちゃん@奈良市三条町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

JR奈良駅近く、三条通り商店街の中にあるラーメン店「三ちゃん」です。

お店の外観は黄色い派手めの看板で、よく目立ちます。観光地にあるため英語表記の説明書きも店頭に掲げられています。駐車場は街中のため存在しないようです。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。食券制なので店に入り右側の食券機で購入します。男性2人で切り盛りされており、接客は良くも悪くも素朴な感じでした。

メニューは、鶏清湯の「うま塩らーめん」(あっさり)680円、鶏白湯の「濃厚塩らーめん」(濃厚)750円の2本立て。それにトッピングを加えることによって値段が変わるようになっています。おすすめはうま塩に、磯塩を加えた磯塩らーめん、特大チャーシューを乗せた、うま塩「匠」、濃厚塩「極」などとなっています。

この日は、濃厚塩らーめん「極」950円を注文。

登場したラーメン、黄濁したスープに水菜、ネギ、白髪ネギ、ニンニクチップ、メンマと特大チャーシューが乗っています。メニュー写真がやたら豪華に写っていたので、小さく感じますが、厚み2センチ以上のかなり大きなチャーシューです。

スープをいただくと、濃厚鶏白湯と想像していると、ちょっと異なるような優しい味わい。鶏由来のゼラチン質は感じますが、粘度はそれほど高くありません。味は野菜と鶏から出る旨甘い感覚に、ピリ辛な味で仕上げられていて、カレーラーメンのようにも思えるスープです。ときおり感じるニンニクの風味が意外と合っていました。

麺は、細縮れ麺を使用されています。やや柔らかめの茹で具合です。細くて頼りない感じがして、若干安っぽい感じもしました。

チャーシューは、かなりの厚切りで、濃いめの味付けです。さすがに2センチ超えの厚さがあると、噛みごたえもあります。脂分が意外と落とされていて食べやすいのも印象的でした。

こちらの濃厚塩らーめんは、濃厚な旨みを堪能できるタイプというより、野菜と鶏の旨みを優しくいただけるようなスープだと思いました。観光地にも近く、三条通の散策ついでに立ち寄れそうなお店です。

↓濃厚塩らーめん「極」
150924-1.JPG

↓特大チャーシュー
150924-2.JPG

↓麺とスープ
150924-3.JPG

↓お店の外観です。
150924-4.JPG
posted by たぬき at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年09月17日

麺や 朱夏@奈良市小西町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄奈良駅近く。小西、東向の二つの商店街の中間にあるアルテ館にあるラーメン店「麺や 朱夏」さんです。京都→金沢の人気ラーメン店「福座」さん監修のお店とのことです。この日は、土曜日のお昼過ぎに訪れました。

店舗は、アルテ館1Fにあり、赤い色合いの店舗です。それほど目立たない外観だと思います。駐車場は存在しません。

店内は、食券機で最初に購入するようになっています。厨房を囲うようにカウンター席と、逆の壁側にもカウンター席があります。店員さんは、すべて女性のみでされておられ、3人ほどおられたと思います。

メニューは、朱夏ラーメン750円、チャーシュー麺850円、豚そば800円、鶏塩ラーメン750円、冷しつけ麺750円。他に、ごはんものがあるくらいです。トッピングの増量などはチケット購入で可能となっています。

この日はチャーシュー麺850円を注文。

しばらくすると、きれいな盛り付けのラーメンが登場します。茶濁したスープに、カイワレ、キャベツ、糸唐辛子、もやしたっぷり。極太メンマに煮玉子、チャーシューがトッピングされています。

スープは鶏豚骨と書かれていますが、それよりも濃厚な醤油ダレが強力に効いています。醤油の酸味を強く感じ、隠し味に味噌でも使っておられるかのようなパワフルな味です。後味には少し辛い風味が残ります。逆に動物系のコクは、醤油味に押されて消えているように感じるくらいでした。

麺は、中太のストレート麺を使用されています。もちっとした弾力性のある食感で、なかなか好印象です。野菜も多く入れられているので、それらとの絡みはまずます良いものでした。

チャーシューは、薄切りのものが使われています。豚本来の味を楽しめ、脂分もそこそこでジューシーです。量が少なめなのが残念な気がしますが、基本のラーメンに+100円なら、こんなものでしょうか。煮玉子は黄身が半熟で美味しかったです。

こちらのお店は、福座さんとは、また異なるような醤油ダレを前面に出したようなラーメンでした。きれいな店内で駅や観光地も近く、ちょっとした時に立ち寄れそうなお店だと思います。

↓チャーシュー麺
150917-1.JPG

↓チャーシュー
150917-2.JPG

↓麺とスープ
150917-3.JPG

↓お店の外観です。
150917-4.JPG
posted by たぬき at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年04月02日

博多長浜らーめん夢街道・大和郡山店@奈良県大和郡山市横田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良に4店舗出されている「博多長浜らーめん夢街道」の大和郡山店です。好きなチェーンでこれで全店行ったことになります。

店舗は24号線南方面レーン沿いの郡山ICのすぐ北側にあります。他の店舗と比べると郊外型の大型店舗です。黄色と水色を基調とした独特の色合いの外観で、よく目立ちます。駐車場は完備されています。

店内は、かなり広々とした郊外型ラーメンレストラン風。ファミレスのように広いのですが、店内中央部は多くの一人客に対応できるよう、カウンター席が多く設置されています。接客は女性スタッフがされていて素朴なものでした。

ラーメンメニューは、基本の豚骨の長浜らーめん680円を中心にトッピングなどで値段が変わるようになっています。みそ味にすると150円アップとなります。またつけ麺も存在しました。その他、一品もの、定食メニューも充実しています。テーブルには、高菜、紅ショウガ、ゴマ、胡椒などが薬味として置かれています。

この日は、チャーシューメン980円を注文。麺の硬さは5段階から選べますが普通にしました。

登場したラーメンは、いわゆる花びらチャーシューメンといった感じで、器のまわりにチャーシューが並べられています。豚骨スープは泡立っており、トッピングはネギのみとシンプルなものです。

スープには、背脂が浮いています。その味わいは、若干甘みを感じますが強くなく、塩分も強すぎず、非常にクリーミーで飲みやすいもの。豚骨の旨みがしっかり出ていて、濃すぎずまろやかで、バランスの良いスープです。粘度も強くないのですが、そこそこ濃厚な旨みも堪能できると思います。

麺は、やや細くらいの麺を使用されていて、普通の茹で具合でも、しっかりとした食感を残しています。スープとの相性も良い細めの麺は食べやすいものです。

チャーシューは、かなりの分量で、しっかりとした味も入っており食べ応えがあります。脂分は抜かれている感じで、食べやすいです。

一見、濃すぎるようにも見える、こちらの背脂の浮いた豚骨スープは、非常にまろやかでバランスが良く完成度の高い豚骨スープだと思います。個人的には非常に好みの味なので、何度となく立ち寄ることとなりそうです。

↓チャーシューメン
150402-1.JPG

↓チャーシュー
150402-2.JPG

↓麺とスープ
150402-3.JPG

↓お店の外観です。
150402-4.JPG
posted by たぬき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年02月21日

リンガーハット・イオン奈良登美ヶ丘店@奈良県生駒市鹿畑町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

リンガーハットのイオン奈良登美ヶ丘店です。お店はイオンのフードコートに入ってます。こちらのイオンは意外と多くのレストランとフードコートもあったのですが、この日は迷った末、こちらの店舗を選択。

お店はアルバイト店員さんと奥の方で調理担当をされている方の2人でされています。接客は素朴なものです。

メニューは、長崎ちゃんぽん、長崎皿うどんを中心に、トッピングなどで値段が変わるようになっています。またスープもみそスープが存在したりします。単品メニューは、チャーハン、ぎょうざなどが存在しました。

この日は、具が豪華版の「野菜たっぷりちゃんぽん」680円、それとセットで、ぎょうざを注文すると+240円でしたので、それを追加。

しばらくすると呼ばれますので、商品を受け取ります。商品の大きさに驚きます。けっこう大きめの器、説明書きを読むと野菜480g、麺200gと書かれています。それと変わっているのが、ゆず、しょうがのドレッシングを渡されること。具の野菜にかけてサラダのように・・と説明されました。変わってますね。

スープは、かなりまろやか、かつ、あっさり系の豚骨スープです。塩加減も強くなく、とても飲みやすい印象です。これは野菜とも麺ともよく合っていると思います。

麺は、やや太めの麺を使用されていて、スープの味が染みている感じです。食感は強さはなく、しっとりとしていて馴染みやすいものです。

野菜は、とてもたっぷりでキャベツ、モヤシ、ニンジン、コーン、豆、タマネギ、揚げ、エビ、豚などが入っています。味付けがされているものでないので、まさしくサラダのよう。最初はスープに浸して食べて・・少し味気ないかなと。

渡されたドレッシングをかけると、たしかにサラダと同じ(笑)気になって、このドレッシングをスープと少し混ぜてみると、意外とスープの味を邪魔しないんですね。野菜に味を付けるのには良いなと思いました。

一方の餃子。こちらもあっさりとした野菜とミンチ肉をたっぷりと使われているものですが、具が詰まっていて、良い感じでしたね。隠れた一品かなと思いました。

こちらのちゃんぽんは、あっさりとした味で、野菜をしっかりと食べたい方にも良いかもしれません。意外とボリュームもあるので、がっつり食べたい方にも行けると思います。

↓野菜たっぷりちゃんぽん
150221-1.JPG

↓麺とスープ
150221-2.JPG

↓ぎょうざ
150221-3.JPG

↓ドレッシング
150221-4.JPG
posted by たぬき at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年02月19日

宮廷飯店・近鉄店@奈良県橿原市北八木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄百貨店の大和八木店のレストラン街の中にある中華料理店「宮廷飯店」さんです。この日はお昼時に訪問。

店内は、それほど広くなく、テーブル席が並んでいます。多く入っても30人くらいだと思います。この日は、ほぼ満席に近い状態でした。お店は、中国系の女性スタッフさんが接客されていました。

メニューは、大衆中華より若干、価格が高めかな・・という価格帯ですが、決して高級中華というわけではありません。セットメニューが多めにそろっていて、それらを注文されていたお客さんが多かったように思います。

この日は、内容が分からなかったのですが、店名の付いた「宮廷ラーメン」1296円を注文。

しばらくすると登場したラーメンは、海鮮野菜あんかけラーメンのようなものでした。薄い色合いのスープで、具はたっぷり。野菜は、きのこ類、チンゲンサイ、ネギ、キクラゲ、にんじん、タケノコ、ベビーコーン、銀杏などが使われ、海鮮は海老、イカ、貝柱などが入っています。その上からあんかけが、かけられています。

スープは、ほんのりと甘みを感じるあっさりとした中華系スープ。塩分も強くなく、非常に優しい味わいです。あんかけは少量乗せられているだけで、粘度も、強くはありません。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。茹で具合も普通くらいで親しみやすい食感です。

そして具はたっぷり。一つ一つが大きめに切られており、きのこ類が多めです。優しい味のスープと野菜の旨みが合わさり、脂分も少ないので、するすると食べることができます。またスープが熱めで、寒いこの季節、身体の芯から温まるような感覚がありました。

なんとなく入ってみた、こちらの店舗。宮廷ラーメンというと、ものすごい豪華なものかなと思いましたが、真面目に作られた優しい味わいの海鮮野菜五目といった感じで満足度が高かったです。口当たりも非常によく、老若男女だれにでも食べやすい素材の味を生かした麺料理だと思います。

↓宮廷ラーメン
150219-1.JPG

↓麺とスープ
150219-2.JPG
posted by たぬき at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年01月16日

天下一品・東生駒店@奈良県生駒市小明町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の東生駒店です。お店は近鉄・東生駒駅から168号を北上すると存在します。

お店の外観は、少し洋風な建物で、天一で稀に見るタイプです。駐車場はお店の前と、お店の裏手に第二駐車場もあるようでした。

店内に入るとまず驚くのが自動ドアの音。ものすごい爆音をあげて開きます。直せばよいのにな(笑)。そのため、ドアが動くたびに反応するお客さんもおられます。変わっているのは、厨房も含めて1人の男性を除くと、すべて女性で切り盛りされていることです。

メニューは、こってり・あっさり・こっさりのスープから選び、トッピングなどにより値段が変わるようになっています。天一の基本のラーメン以外には、味がさね、みそが存在します。一品ものや定食メニューも充実していました。

この日は、潮彩ラーメンがメニューに存在したので、こってりで提供できますか?と聞いたらOKでしたので、潮彩ラーメン・こってり870円を注文しました。潮彩ラーメンは、とても好きなのですが京都のお店だと、こってりで対応くださらないところが多いのでうれしいです。

登場した潮彩ラーメン。見た瞬間に思ったことは、これまで食べたことのある潮彩ラーメンと具が異なります。野菜が、ゴボウとにんじんが細切りで入っていたり、白菜の感じも異なります。アサリ、ホタテ、エビ、イカ、タコなどの海鮮はどのお店でも同じですが、野菜は各店自由に調理されているのかもしれませんね。

この潮騒、野菜・海鮮炒めの香ばしさと、こってりスープがよく合うんです。スープのこってり具合は、天一のスタンダードな感じです。ザラツキもわずかに感じられるような濃厚な鶏ガラ野菜スープ。そこに香りが加わり、食が進みます。

麺は、加水率高めの中細ストレート麺を使用されています。ここの潮彩は、野菜が細かく切ってあるので、それらとの絡みも良い感じです。

それと天一の良いところは、海鮮類がしっかり大きめのものがゴロンと入っているのが良いですね。他のラーメンチェーンの同類のチャンポン系メニューだと、貧相なものが使われていたりしますが。このあたりも、私が潮騒ラーメンが好みな理由です。

こちらの天一さんは、トッピングメニューも豊富にあるので、いろいろな楽しみ方が出来そうです。また機会を見て入ってみたいお店です。

↓潮彩ラーメン・こってり
150116-1.JPG

↓麺とスープ
150116-2.JPG

↓お店の外観です。
150116-3.JPG
posted by たぬき at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2015年01月03日

麺よし・奈良柏木店@奈良市八条

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良市柏木の24号線沿いにある徳島ラーメンのお店「麺よし」さんです。以前は、同じく徳島ラーメンの「ふく利」さんでした。

お店の外観も以前と変わらず、赤いままです。同じ徳島ラーメンなので、注意されてなければ、店名が変わったことすら気づかないかもしれません。お店の前に駐車場は完備されています。

店内も以前と変わらないレイアウトでテーブル席とカウンター席があります。お店は若い男性店員さん一人で調理から接客まで、切り盛りされていました。客入りが、それほどでもなかったので、大丈夫そうでしたが、私が食べている間、次々と客が来られて・・途中から、かなり大変そうでした。

メニューは「ふく利」さんの時代から、あまり変わっていないような。もしかするとチェーンから脱退されただけなのかもしれません。

メインは、徳島ラーメン590円ですが、チャーシューにするかバラ肉にするかを選ぶことができます。おススメはバラ肉増し、生玉子入りの徳島ラーメンでよく見るタイプのものが840円。変わっているものと言えば、徳島ゆずまぜそばや、徳島丼などというメニューも存在します。サイドメニューや、セットメニューも存在します。

この日は、徳島ラーメンバラ肉の肉増量・生玉子入り840円を注文。

黒い器に入った徳島ラーメンが登場します。トッピングはバラ肉、ネギ、もやし。生玉子は自分で割って入れるようになっています。

泡立った濃厚そうなスープをいただくと、豚骨のコクもそこそこマイルドに効いていますし、甘辛いような醤油ダレの濃いめの味付けが特徴的。本当にすき焼きを思い出すような味付けですが、徳島県で食べても、こんな味だっけな・・と思うほど、すき焼きテイストに仕上がっています。

麺は、細麺ストレートを使用されています。茹で具合が硬めで、食感が良いタイプ。濃厚なスープの中では、少し馴染みが悪いように思いました。ただ生玉子を割って、絡めると、甘辛い旨みを口に運んでくれて、良い感じで楽しむことができます。

バラ肉も甘辛く味付けされていて、スープとの相性は良いものです。ただ増量にしては、量は少なめかな。もう少しボリュームたっぷりだとうれしいなと思いました。

スープも個性的ですし、豚骨の旨みも出ていて良い感じがするのですが、具の量や麺との調和が、なんとなく味気なく感じるように思うこちらのお店。もう少し変わるだけで、かなり人気出そうだな、スープが良い味なので、もったいないなと思うお店でした。

↓徳島ラーメン・バラ肉増量・生玉子入り
150103-1.JPG

↓バラ肉
150103-2.JPG

↓麺とスープ
150103-3.JPG

↓お店の外観です。
150103-4.JPG
posted by たぬき at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2014年12月05日

天下一品・新大宮店@奈良市大宮町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の新大宮店です。こちらのお店は、場所柄、飲み帰りに何度か使ったことがありますが、アルコールが入ってない状態で入店したのは初めてかもしれません。

お店は、近鉄新大宮駅を降りてすぐのところにあります。黒い色合いの外観と天一の旗が立っていますので目立ちます。

店内は、ラーメン店にしては、こぎれいで、カウンター席、テーブル席が並びます。接客は、ラーメン店としては普通な庶民的なものです。

メニューは、こってり、あっさり、こっさりのスープにトッピングやサイズで値段が変わるようになっています。他の天一と比べると、角煮ラーメン、豚バラチャーシューメン、もやしラーメンなどが変わっているように思います。潮彩ラーメンも存在しますが、こってりは選べなかったと記憶しています。

他、単品メニューやラーメンと単品を組み合わせたセットメニューも多く存在します。

この日は、角煮ラーメン(こってり)を注文。このお店は、ニンニクの有無など聞かれませんでした。

登場したラーメンは、いつも通りのこってりスープに3枚の角煮。ネギ、細めのメンマがトッピングされています。

新大宮店のスープ、素面状態で食べた記憶がないのですが、かなりの濃度を感じます。天一の野菜、鶏ガラをとことん煮込んだスープですが、他の店舗と比較しても、よりゼラチン質の粘度を強めに感じるような濃厚さでした。

麺は中細ストレート麺を使用されています。茹で具合は硬めです。スープが濃厚なため、スープ味に染まる麺は美味しいものです。

角煮は、独特の生姜味が効いた濃いめのタレで味付をされています。そのため、こってりスープの中でも存在感がありますし、このタレがスープに染みこんで、独特の旨みを生み出しているように思います。

こちらの角煮ラーメンは、角煮のタレの旨みが天一のこってりスープとよく合っていて、なかなか良かったと思います。いつもは飲み帰りに立ち寄ることが多いこのお店。昼間も駅前なので繁盛しています。これからも人気店として頑張ってほしいと思います。

↓角煮ラーメン(こってり)
141205-1.JPG

↓角煮
141205-2.JPG

↓麺とスープ
141205-3.JPG

↓お店の外観です。
141205-4.JPG
posted by たぬき at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2014年11月11日

シンシンカク(鑫鑫閣)@奈良県生駒市鹿畑町

おすすめ度:★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

163号線沿い、学研奈良登美ヶ丘駅近くにある台湾料理店「鑫鑫閣(シンシンカク)」です。何年か前に、ごっつおの店の跡地に出来たお店なのですが、ごっつおの店は、仕事帰りに何度となく使ったことがあるのですが、こちらは1度も入ったことがありませんでした。

店舗は、黒い外観に赤い文字がよく目立ちます。駐車場も完備されています。

店内は、広々としていて、ごっつおのお店の時とは、ずいぶん改装されています。テーブル席と座敷が並び、けっこうな人数が入れそうです。中国系の店員さんによる、素朴な感じの接客でした。

メニューは、中華料理が多く並ぶのですが、とにかくランチメニューが安くて、見る限りボリュームがすごそうなこと。ランチはラーメン(5種から選択)+中華単品(10種から選択)+ライス、揚げ物、漬物、サラダ付きで750円。ラーメンセットは、ラーメン類とご飯類を組み合わせて730円という具合です。

私は、この日は、揚げ物3種(エビフライ、コロッケ、日替り)+サラダ+ラーメン(5種から選択)というフライセット680円にしました。ラーメンは、台湾ラーメンを選択です。

しばらくすると大きめの器の台湾ラーメン、それとフライがやってきます。

台湾ラーメンは、澄んだ色合いの醤油スープに、ピリ辛のオイルが浮いています。具は挽肉とニラ、唐辛子とシンプルなもの。

スープの味は、醤油ベースのピリ辛味で、台湾ラーメンというとシナモンの風味を効かしたりするものが多いように思いますが、こちらは、シンプルに醤油の旨みと辛さで勝負という感じです。

麺は中細の多加水麺を使用されていて、柔らかめの茹で具合。この麺が、シンプルなピリ辛のスープと合っていて。ものすごく凝ったようなラーメンでないのに、美味しくいただくことができます。

フライは、コロッケ、エビフライともう一つの日替わりが小さいなぁ・・と思っていたら、これが貝柱のフライで、意外と柔らかく美味しくて良かったです。フライセットだと、ものすごくボリュームも大きすぎず食べやすいスケールのセットメニューだと思いました。

こちらのお店は、シンプルな味付けながらも、なかなかのラーメンを味わうことができます。そして何より、安くてボリュームたっぷりいただくのには、とても良いお店だと思います。

↓フライセット(台湾ラーメン+揚げ物3種+サラダ)
141111-1.jpg

↓麺とスープ
141111-2.jpg

↓お店の外観です。
141111-3.jpg
posted by たぬき at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良