2011年12月27日

伸龍ラーメン@奈良市南紀寺町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良公園を南下し、紀寺付近にあるラーメン店「伸龍ラーメン」さんです。

このお店は、今や伝説となっている行列店の元本店の跡地に出来て、もう10年近くなると思います。前のお店が人気店だったためか、いつも客入りが少なく貧相に見えてしまいます。私も「伸龍」さんになってからは、一度も入ったことがありませんでした。

お店の外観は、素朴な小さなラーメン店という感じです。お店の横に数台停められる駐車場があります。

店内は、以前のお店と間取りは変わらず、カウンター席と、奥のほうにテーブル席。ただテレビがつけられていて、見ながら食べられるようになっています。お店の方の接客も、昔ながらのラーメン店風で悪くありません。

ラーメンメニューは、豚骨味噌の「伸龍らーめん」650円を中心に、醤油らーめん、塩らーめん600円、豚骨らーめん、味噌らーめん700円、キムチらーめん、ピリ辛らーめん800円、激辛らーめん900円、カレーらーめん、特製チャンポン850円などなど。意外と多くの種類があります。

伸龍らーめん、味噌らーめん、ピリ辛らーめん、豚骨スペシャル(チャーシュー5枚、ピリ辛、半熟玉子、キムチ入り)に、おススメマーク?と思われる○印が付いていました。その他、定食メニュー、一品モノも多く存在します。

この日は、初めてなので「伸龍チャーシューめん」950円を注文。

チャーシューめんで300円増しは、高いなぁ・・と思って待っていると・・出てきたラーメンを見て納得。かなり厚切りのバラ肉チャーシューがこんもりと乗っています。スープは白濁した豚骨スープぽいものですが、少し黄色が入っています。トッピングは、厚切りチャーシューの他、モヤシ、ネギ、ゴマ。ゴマのよい香りがします。実は、期待せず入ったお店だったのですが、器も少し落ち着いた感じで見た目もよく、期待感が高まりました。

スープの味わいは、とてもクリーミーで柔らかい豚骨スープ。味噌は、ほんのりと効いている程度ですが、それが良い感じでベースの豚骨にまろやかさを加えています。適度な塩加減も優しく飲んでいて飽きません。こってり度はそれほど高くなく、とてもマイルドで飲みやすいスープです。

麺は、中細ストレートの加水率高めの麺を使用。とても食感が心地よいもので、スープの飲みやすさとの相性も良く、するすると食べることが出来ます。

そして厚切りのバラ肉チャーシュー。こちらはしっかりと醤油味が染み込み、さらにとても噛むたびに脂の旨みがじわ〜と、口の中に溶け出すような良い出来でした。厚切りだけあり、食べ応えもたっぷりです。バラ肉チャーシューが好きな方には、満足できる仕上がりだと思います。

だれもが以前の超人気店と比較するであろう、この立地。ある意味「無鉄砲」なチャレンジのようにも思うのですが、なんのなんの、かなり高レベルのまろやかなラーメンをいただくことが出来ました。この味なら、豚骨系と味噌系は美味しそうだなと思います。また他の味を試したいです。

↓伸龍チャーシューめん
111227-1.JPG

↓チャーシュー
111227-2.JPG

↓麺とスープ
111227-3.JPG

↓お店の外観です。
111227-4.JPG

↓メニュー
111227-5.JPG

111227-6.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年12月22日

彩華ラーメン・奈良店@奈良市三条大路(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

彩華ラーメンの奈良店です。彩華チェーンのうち、本店・橿原店・奈良店・田原本店・桜井店で新メニュー「サッポロ風極濃味噌ラーメン」を扱っておられるとのことで、訪れました。

この日は平日の昼間。このお店、夜にたまに訪れると、いつも混雑している印象があるのですが、意外なほど平日の昼間はゆったり。明るく、きれいな店内も昼間だと、さらに居心地よく感じます。接客も、いつもと同じく、しっかりとされています。

注文したメニューは、「サッポロ風極濃厚味噌ラーメン」650円+バラ肉チャーシュートッピング200円、それと唐揚げ450円を注文。

さて、味噌ラーメンの登場です。メニューの写真と比べて、平面的な具の感じに、ちょっぴりテンションダウン。ただ、濁った色合いの味噌スープが良さそうに見えます。具は、モモ肉チャーシュー1枚とトッピングのバラ肉チャーシュー数枚、玉子、ネギ、モヤシ、メンマ、タマネギ、そしてスープに挽肉がたくさん浮いています。

スープを飲むと、メニュー名としては、極濃厚ですが、それほど濃厚でない感じです。ただしっかりとした豚骨ベースの旨み、それとほんのりと感じる味噌の甘み、ちょうど良い塩加減。とてもバランスが優れています。それに、挽肉の旨み、それとタマネギから来る甘みでしょうか、絶妙に合わさり、想像以上に満足できるスープでした。

それと・・もうひとつ、彩華ラーメンほどではないのですが、ニンニクが意外と効いています。これがさらにスープを引き立てるのですが、仕事中、翌日仕事の方には、要注意かもしれませんね。

麺は、彩華のいつもの縮れ細麺と違い、やや太めの縮れ麺を使用されています。麺は一本一本が短めなのも特徴的です。札幌で食べる麺と比べると食感は柔らかめです。ただ、挽肉、味噌スープとの絡みも良い感じです。

チャーシューは、個人的には、彩華が昔使っておられた、安っぽい?解凍したてのバラ肉が好みだったのですが、今は良い意味で、本当に質の良いバラ肉を使っておられます。一枚入ってるモモ肉もしっかりとした豚の味が楽しめて好印象でした。

また、麺とスープに絡む、タマネギやモヤシの旨みも楽しく、この一杯を食べていて本当に飽きない感じでした。

それと、彩華の唐揚げはいつ食べても高レベルですね。昔と比べると、若干小サイズになった気はしますが、塩コショウとよく合うジューシーな味わいは、とても良い感じです。

極濃厚というほどではないと思いますし、札幌の味噌ラーメンとも違う感じです。しかしながら、とてもマイルドで味わい深い味噌ラーメンでした。彩華の創作メニューは、それほど満足したことがないのですが、このラーメンは、とても高レベルな一杯だったと思います。

↓過去の訪問
彩華ラーメン・奈良店(1)

↓サッポロ風極濃厚味噌ラーメン+チャーシュー(バラ肉)
111222-1.JPG

↓右:バラ肉、左:モモ肉
111222-2.JPG

↓麺とスープ
111222-3.JPG

↓唐揚げ
111222-4.JPG
posted by たぬき at 23:21| Comment(3) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年11月19日

天理スタミナラーメン・平城店@奈良市朱雀

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天理スタミナラーメン(天スタ)の平城店です。このお店は、高の原の住宅街の中にある小さな店舗です。お店の前に車を駐車することが可能です。

もともと、この店舗は、天スタでしたが、一時期「梅蔵食堂」というラーメン店になり、その後、また天スタに戻りました。

店内は、テーブル席3つと座敷が1つ。コンパクトなお店ですが、20人くらいは座れそうです。

ラーメンメニューは、看板メニューでもある「スタミナラーメン」、他に「夜鳴きラーメン」(豚骨味)、「味噌ラーメン」、「つけ麺」(豚骨和風)があります。サイドメニューもいろいろありますが、天スタの名物と言えばハワイ生まれの「スパムむすび」(ハム?のようなものを巻いたおむすび)があります。またセットメニューも充実しています。

この日は、夜鳴きチャーシュー780円を注文。個人的に、天スタの夜鳴きラーメン好きなんです^^;

出てきたラーメン、白濁した豚骨スープにネギたっぷり。そこにゴマが振りかけられています。オーソドックスな関西でよくあるライト豚骨という見た目です。具は、チャーシュー、キクラゲ、メンマ、ネギ、ゴマ。

スープは、とてもクリーミーな豚骨スープ。オーソドックスな関西のライト豚骨という感じですが、やや塩分は強めでしょうか。そこにゴマの香りが漂う感じです。豚骨のコクもそれなりにしっかりしていて、頼りない感じはしません。

麺は、中細ストレート麺を使用。天スタの麺は、玉子を練り込んでると聞いたことがあるのですが、そのためか、程よい食感が感じられます。

チャーシューは、見た目、少し安っぽく感じるんですが、巻きバラ肉でしっかりとした醤油味で味が付いてます。見た目以上に、柔らかさや食感も含めて、満足できる一品だと思います。

私は、ふと気が向いたときに、天スタを気軽に使うのですが、メインのスタミナラーメン以外も、それなりに満足できるラーメンが揃っていると思います。気軽に食べることができるラーメン店らしいお店だと思います。

↓夜鳴きチャーシュー
111119-1.JPG

↓チャーシュー
111119-2.JPG

↓麺とスープ
111119-3.JPG

↓お店の外観です。
111119-4.JPG
posted by たぬき at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年11月06日

天下一品・押熊店@奈良市押熊町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の押熊店です。何度か入ったことのあるお店なのですが、かなり久しぶりに訪れました。

お店は、押熊の大通り沿いに面していて、お店の前だけでなく裏にも駐車場が完備されています。

お店の外観からは小さそうな店舗に見えるのですが、店内は意外と座席数がある感じです。カウンター席とテーブル席があります。

メニューは、ラーメン(並)680円(大)780円、チャーシューメン(並)820円(大)920円のほか、トッピングに(もやし、コーン、ワカメ、キムチ、山菜)により値段が変わります。変わっているのは、スープ多い目+100円なんてことが出来ます。その他、定食メニューも存在します。

この日は、チャーシューメン(並)を注文。スープは、毎度ながら、こってりにしました。

出てきた、こってりラーメン。見た目はいつも通り。お店によって一番違うのは具でしょうか。ここは、昔ながらの雰囲気の赤身チャーシューが多く入っていて、その他、ネギとメンマがトッピングされています。

スープは、天一の中でもこってり度合いでは高目のお店なのではないかな・・と思います。かなり、どろどろ感が強くて、鶏ガラのコクを嫌と言うほど感じてしまいます。

麺は、いつもながらの中細ストレート麺ですが、このこってりスープと一緒に食べるという感覚でしょうか。これは天一特有の楽しみですね。

このお店で、特徴的なのは、チャーシュ−。ある意味、赤身部分のパサっとした昔ながらのチャーシューなのですが、これをこってりスープと絡めて食べると、スープの味と、ちょっと強めの噛みごたえの食感からじわっとにじむような豚の旨み。これが合わさって、なんとも楽しいものでした。個人的には、このチャーシューは好みかな・・と思いました。

この店舗は、ひさしぶりに訪れたのですが、いつも賑わっている気がします。濃厚レベルが高いスープをこれからも続けてほしいなと思います。

↓チャーシューメン・こってり(並)
111106-1.JPG

↓チャーシュー
111106-2.JPG

↓麺とスープ
111106-3.JPG

↓お店の外観です。
111106-4.JPG

↓メニュー
111106-5.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年10月28日

元喜神らーめん@奈良市押熊町(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

押熊にある中華料理屋の飛天さんが経営されている鶏白湯スープのらーめん、つけ麺を出されるお店「元喜神らーめん」さんです。

新聞広告で10/27〜31の間、らーめん、つけ麺が半額セールとなっていました。この日、押熊に用事があったので、ついでに立ち寄りました。混雑しているのでは・・・と思いましたが、繁盛はしているものの行列が出来ているとかではありませんでした。

以前、訪れたときと比べると、鶏白湯タンタンめん、キムラ君らーめんなど、少しメニューが増えているようでした。

この日は、まだ食べたことのなかった鶏白湯カレーらーめん680円(半額で340円)+チャーシュートッピング250円を注文。

カレーらーめんが出てきますが、スープがあふれる可能性があるとのことで、チャーシューは別皿で提供されてきました。スープは、このお店特有の濃厚な鶏白湯スープから来る泡立った表面が特徴的。具にネギ、タマネギ、白髪ネギ、ニンジン、茹で豚などが入っており、白髪ネギの上にカレーパウダーが振りかけられています。

スープは、ベースのまろやかな鶏白湯の風味の上に、スパイシーなカレーの味が勝った感じです。個人的には、少しカレーの刺激感が強くて、まろやかな鶏白湯の旨みを消しているようで、少し残念な気もしましたが、これはこれで、なかなか独創的な味わいです。

麺は中細ストレート麺。以前、いただいた鶏白湯らーめんとは、違う麺のようでしたが、スープごとに変えておられるのでしょうか。しっとり食感と、具として入っている白髪ネギ、タマネギなどと合わせて食べると食感の変化が楽しめるものでした。

そして別皿で出てきたチャーシュー。強めの醤油味のバラ肉チャーシューです。最初、カレースープに付けて食べてみたのですが、これはカレーの味と合わない気がしました。あくまで鶏白湯スープ用のチャーシューなのかな・・と思いました。ただ厚切りで柔らかみもあり、食べごたえはあるものです。

個人的には、ベースのまろやかな鶏白湯と、カレーの刺激性の相性がイマイチなように思いましたが、それ以外は、麺も具も美味しくて満足していただくことが出来ました。比較的、行きやすい場所ですので、また再訪してみたいお店の一つです。

↓過去の記録
元喜神らーめん(1)

↓鶏白湯カレーらーめん
111027-1.JPG

↓チャーシュートッピング
111027-2.JPG

↓チャーシュー(in カレースープ)
111027-3.JPG

↓麺とスープ
111027-4.JPG
posted by たぬき at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年10月15日

ふく利・奈良柏木店@奈良市八条

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

国道24号線沿いにある徳島ラーメンのお店「ふく利」さんです。このお店、じぇんとる麺→天下一品とお店が変わり、今は「ふく利」さんがやっておられます。

お店は、赤いカラーの建物が目印。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、カウンターがお店入ってすぐのところにあり、奥のほうにテーブル席があります。このあたりは、昔、同店舗だった、じぇんとる麺時代から変化なしです。

ラーメンメニューは、らーめん並550円に、玉子、肉入り、煮玉子、もやし、シナチクetcのトッピング、それとラーメンのサイズ変更により値段が変わるようになっています。普通のラーメンは、一般的なチャーシューが入るようですが、新メニューとして徳島ラーメンとして、世間的に認知されているバラ肉が入る「バラ肉そば」というメニューもやられています。

その他、餃子、チャーハンなども存在し、それらと組み合わせたセットメニューもあります。

この日は、徳島ラーメンと言えば・・と思い、バラ肉そば玉子入り(並)700円を注文しました。

ラーメンは、少し高い器に入ってきます。ラーメンと玉子は別皿で提供されますので、玉子は自分で割って入れます。(生玉子を入れてから写真を取り忘れていました。すみません。)見た目は、徳島ラーメンらしく濁った色合いの濃厚そうな豚骨醤油スープに、バラ肉、生玉子、ネギ、モヤシです。

スープは、濃度の高い豚骨醤油スープで、ベースに豚骨のしっかりとしたコクを感じます。味付けはやや甘く仕上がっており、濃厚かつまろやかで、徳島ラーメンと言えば、こんな味だなというイメージ通りです。玉子がいらなかったかなと思えるくらい、しっかりした味わいですが、生玉子を混ぜると、別のすき焼きテイストの味を楽しめます。

麺は、中細ストレート麺で、食感の良いタイプ。スープとの絡みもまずまずです。

バラ肉は、甘めの味付けです。すこし小ぶりで厚みも薄く、ボリューム感はない感じです。ただ濃いめに味つけられていて、スープとの相性も良い感じです。このバラ肉と玉子、スープがすき焼きぽいと言われる徳島ラーメンのスタイルなんでしょうね。

食べ終わってみて、ものすごく満足かと言えば、そうではないのかもしれませんが、これまで食べてきた徳島ラーメンらしい味が、とても良い感じで再現されていて、この味を食べたいなと思えば、また再訪するなと思える仕上がりでした。個人的には、徳島の味、好みですので、気が向いたときに、また訪れたいと思います。

↓バラ肉そば玉子入り(並)
111015-1.JPG

↓バラ肉
111015-2.JPG

↓麺とスープ
111015-3.JPG

↓お店の外観です。
111015-4.JPG

↓メニュー
111015-5.JPG

111015-6.JPG

111015-7.JPG
posted by たぬき at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年10月14日

梅光軒・奈良店@奈良市大宮町(3)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

久しぶりに訪れました、旭川の名店「梅光軒」の奈良店です。個人的に好みのお店の一つです。

この日は、しょうゆチャーシューを注文。

出てきたラーメン、やや濁った色合いの醤油スープ。梅光軒特有の太めのメンマ、その上にネギ、それと大判のチャーシューが、たっぷり乗っています。

スープを飲むと、豚骨ベースの醤油味に、ほんのりと魚介味が効いている感じです。魚介は、本当に感じるかな・・というくらい控えめで、逆に豚骨の風味が強く効いています。意外と京都の豚骨醤油ラーメンにも似ている味わいです。わずかにトロミもあり、後味にほんのり柔らかく旨みが残ります。

麺は、低加水の中細縮れ麺を使用。柔らかめの茹で具合で、しっとりと優しい味わいです。

チャーシューは、かなり厚切りで、さらに大判です。昔ながらの味わいなのですが、赤身部分が多く、噛みごたえを楽しみながら、しっかり食べることが出来ます。たまに脂身が含まれていたり味に変化があり、とても楽しいものです。また太めメンマは、食感が良くて楽しいです。

塩、しょうゆ、みそ、どの味も、このお店は安心して食べることが出来ます。何度行っても、満足できるお店の一つです。

↓過去の記録
梅光軒・奈良店(1)
梅光軒・奈良店(2)

↓しょうゆチャーシュー
111013-1.JPG

↓チャーシュー
111013-2.JPG

↓メンマ
111013-3.JPG

↓麺とスープ
111013-4.JPG

↓お店の外観です。
111013-5.JPG

↓メニュー
111013-6.JPG

111013-7.JPG
posted by たぬき at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年09月23日

黄金ラーメン@奈良市朱雀(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄高の原駅の住宅地側にひっそりと存在する老舗のラーメン店「黄金ラーメン」さんです。素朴な雰囲気の昔ながらのラーメン店という外観が印象的です。

店内は、細長い作りで、カウンター席とテーブル席があります。お店を切り盛りされているご主人は、お店にあるテレビで、よく阪神戦を見ておられます。

メニューは、素朴な構成で、醤油味の黄金ラーメンが小(450円)、並(550円)、ジャンボ(750円)。それと、みそラーメン(600円)。あとキムチラーメン(650円)。その他、ご飯、餃子、キムチ、焼豚があるくらいです。

この日は夕刻でしたが、ご主人は、まだ早い時間帯だからかテレビで、相撲を観戦しておられました。とりあえず、みそラーメンを注文。

みそラーメンも、昔ながらの見た目です。これも京都の第一旭系のみそラーメンと似た雰囲気ですね。少し味噌の色加減で濁ったスープに、チャーシュー、ネギ、細めのモヤシがのり、そこにゴマが振りかけられています。

ただ、このスープの味わい、京都の一般的な味噌スープと比べると、とても優しいのです。味噌の味も控えめで、すんなりと飲めます。なのにベースの豚骨のコクが効いていて・・決して物足りなさなど感じない。ゴマの風味も漂い、あっさりなのに飽きのこない味に仕上がっています。

麺は、近藤製麺さんの中細ストレート麺を使用。京都の味に慣れた方なら、すんなりとくる、しっとりとした食感。優しいスープとも合います。

そしてチャーシューは、柔らかく煮込まれた薄切りのものが、チャーシューメン?と思えるくらいたっぷり入っています。薄味で仕上げられているので、スープと同じくすんなりと食することが出来ます。

優しい雰囲気のお店で、素朴なご主人との会話を楽しむのも良し、これからも末長く続いてほしいお店の一つです。

↓過去の記録
黄金ラーメン(1)

↓みそラーメン
110923-1.JPG

↓チャーシュー
110923-2.JPG

↓麺とスープ
110923-3.JPG

↓お店の外観です。
110923-4.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年08月01日

中華飯店 レイ@奈良市四条大路

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良県の三条通りの上を、高架で24号線が通るちょうど、その下あたりにある、少し目立たないような中華料理屋さん「レイ」さんです。ずっと気になっていたので入ってみました。

店舗は、少し懐かしい雰囲気の外観で、店の前に駐車スペースがあります。

店内も昔ながらの中華レストランという雰囲気で、テーブル席がほとんどだったと思います。夫婦と思われる方で経営されておられ、こじんまりとしています。意外と地元のお客さんが入っておられ、テレビが見られるので、ゆったりとテレビを見ながら過ごしておられました。

メニューは、ラーメンが中心で、一品モノ、定食ものも多くあります。基本的に値段は安め。定食類で840円。ラーメンは530円、チャーシューメンで680円(基本は醤油味。味噌、パイタンスープは50円アップ)です。他にも安い値段で、いろいろと中華料理がそろっています。

この日は、チャーシューメンの基本の醤油味680円を注文しました。

出てきたラーメンは、とてもオーソドックスな雰囲気の醤油ラーメン。スープがほぼ透き通っていて、表面に脂分が少し浮いている感じです。具は、巻きバラチャーシュー、ネギ、メンマとシンプルなものです。

このスープの味は、誰もが想像するオーソドックスな鶏ガラベースの中華スープのような味わいです。しかし、ほんのりとした甘みと、わずかに感じる塩分が絶妙で、体に染み込むような優しい味わいに仕上がっています。

麺は、多加水の中細ストレート麺を使用。最近の工夫を凝らしたようなラーメン店に比べると、少し安っぽい感じは否めませんが、食感も良く、するすると食べることが出来ます。

そしてチャーシューですが、中華飯店としての実力が伺えるしっかりとした醤油味の入ったバラ肉でした。豚の脂身もしつこくなく、薄切りで柔らかく、肉本来の美味しさも楽しめます。薄切りなだけに量は、物足りない気はしますが、値段も安いので十分な量だと思います。人気ラーメン店にも引けを取らない味に仕上がっていると思いました。

値段も手ごろだし、ちょっとしたお昼ご飯にも使い勝手の良いお店だと思います。基本の醤油ラーメンが美味しかったので、他のメニューも気になるお店です。

↓チャーシューメン(醤油味)
110801-1.JPG

↓チャーシュー
110801-2.JPG

↓麺とスープ
110801-3.JPG

↓お店の外観です。
110801-4.JPG

↓メニュー
110801-5.JPG
posted by たぬき at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年06月30日

まりお流@奈良市尼辻町(8)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良の超濃厚豚骨ラーメンや、創作ラーメンで有名な「まりお流」さん。しばらく入っていなかったのですが、この日は夜、ひさびさに外食に出たので入ってみました。

この日は・・ひさしぶりにあっさり系!と決めていたものの・・・カウンターで隣に座っている人たちが濃厚豚骨系を食べておられるのを見て・・・あっさり誘惑に負け・・・豚骨系メニューを注文することに。

店前の黒板に書いてあった「熊本ラーメン」(正式なメニュー名忘れました。超濃厚プレミアム熊本・・みたいな、まりおさんらしいネーミングだったと思います。)をチャーシューメンで注文。

さて見るからに重そうな濃厚豚骨スープのラーメンが出てきます。マー油が浮いているのが、熊本風なのでしょうか。具は、煮玉子2つ、ねぎ、太めのメンマ2本、そして厚切りのチャーシューがゴロゴロ入っています。

まず、豚骨スープは、どれだけ豚骨を煮込んだんだろうと言うくらいの粘度、濃度・・濃すぎるくらいです。マー油の香りが、最初はわずかにするんですが、とにかく豚骨の超濃厚さにすべてが圧倒される感じで、あまりマー油の意味をなさないくらいの迫力ある豚骨スープです。正直、これ以上の濃厚スープは、京都・奈良では、まりお流が出す、さらに濃厚と唄っているメニュー以外ないと思います(^^;

とにかく濃厚なのですが、豚骨の旨みがしっかり出ているのは魅力。度を過ぎているか、過ぎていないかは、食べる人の適正に寄るのでしょうか・・ 私は、日々トレーニングを積んでいるからか、食べることが出来ます。

麺は、中太ストレート麺で、もちもちとした食感がたまらなく心地よいです。このお店の麺は、本当にレベルが高いなと思います。

またチャーシューは、約1.5センチくらいの厚さのバラ肉がゴロゴロと・・濃厚スープ+バラ肉の脂分のたっぷりさは、強烈なインパクトです。また煮玉子も黄身のトロける感じが、とても良い感じです。

さて食べ終わると・・胃が負けそうなくらいの満腹感が・・・ 次は、ぜったいあっさり系を・・・と思いながら、帰宅するのでした。

↓過去の訪問記録
まりお流(1)
まりお流(2)
まりお流(3)
まりお流(4)
まりお流(5)
まりお流(6)
まりお流(7)

↓熊本ラーメン
110630-1.JPG

↓チャーシュー
110630-2.JPG

↓麺とスープ
110630-3.JPG
posted by たぬき at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年05月22日

芝のらーめん屋さん・奈良店@奈良市二条大路南

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

セブン&アイ系列で、全国のイトーヨーカドーなどで営業されている「芝のらーめん屋さん」の奈良店です。このお店もイトーヨーカドー奈良店の中にあります。

最近、芝のらーめん屋さんは、全国のご当地ラーメンを月替わりメニューでされていて、気になって毎月チェックしていました^^; 2011年の5月は、なんと「京都醤油ラーメン」ということで・・行こう!と思い訪れました。

店内は、商業施設にあるラーメンレストランと言えば想像できる雰囲気です。テーブル席が並ぶタイプのお店で、予想以上にきれいです。

通常メニューは、芝の醤油ラーメン580円、味噌ラーメン680円、野菜たっぷり塩タンメン700円、四川風坦々麺680円、サンマーメン680円。タンメン、サンマーメンがあるあたりが関東企業らしいのかなと思いました。

その他サイドメニューやセットメニューも存在します。トッピングなどは出来ないようで、チャーシューメンも無いのが珍しいなと思いました。

この日は、月替わりメニューの京都醤油ラーメンと決めていたので、それを注文しました。

待っている間、京都醤油ラーメンの説明書きを見ていると・・「麺:コシの強いストレート麺、スープ:濃厚醤油に、豚骨と煮干しの旨みを加えた特製まろやかスープ」とのこと。なんか私の知っている京都ラーメンと違う(笑)

さて出てきたラーメン、濃いめの醤油の色合いで、わずかに背脂が浮いています。具は、ネギ、メンマ、モヤシに巻きチャーシュー2枚。スープの色合いから見ると、意識されているのは新福菜館さん?いや違うのかな・・

さて、スープを飲みます。豚骨、煮干しをベースとのことですが、その風味は控えめで感じないくらいです。スープは濃い色合いですが、とてもあっさりとした味で、醤油も角が立たずまろやか。優しい味わいのスープです。背脂は入っているのですが、それほど味に影響はない感じでした。

麺は、中太くらいの多加水のストレート麺を使用。ほどよいコシのある食感が印象的です。スープの醤油の色が濃いからか、何本かの麺は黒っぽい色合いに染まっていました。

チャーシューは、なんというかゴムのような食感で、インスタントっぽい印象があり、すこし味気がないものでした。またメンマは、とても甘い味付けで、太めで食感が良いのですが、苦手だな・・と思いました。

さて、私の思う京都醤油ラーメンの特徴というと・・一般的には、もっと豚骨の旨みがドスンと効いていたり、麺は低加水の中細ストレート麺が主流だったり、チャーシューは、煮豚系が大量に入っていたり、、、このお店の出す京都醤油ラーメンとは、かけ離れているとは思いました。

ただ、それなりにショッピングセンターのラーメンとしては、美味しくいただけたと思います。「芝の醤油ラーメン」というスタンダードメニューに、何かプラスアルファしたようなメニューだと思うんですが、次訪れる機会があれば「芝の醤油ラーメン」を食べてみたいなと思いました。

↓京都醤油ラーメン
110521-1.JPG

↓チャーシュー
110521-2.JPG

↓麺とスープ
110521-3.JPG

↓お店の外観
110521-4.JPG

↓メニュー
110521-5.JPG

110521-6.JPG

110521-7.JPG

110521-8.JPG

↓店内の様子
110521-9.JPG
posted by たぬき at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年03月30日

彩華ラーメン・本店@奈良県天理市岩室町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良・天理のご当地ラーメン、天理ラーメンの有名店「彩華」の本店です。何年か前に、この地に移転され、きれいな店舗になっています。

私は、「彩華」が大好きなのですが、天理で食べるときは、屋台の雰囲気が好きで屋台店か、昔あったビニールテントの半屋台の天理西店(閉店済み)に行くことが多いです。なので、本店は昔の店舗も、今も店舗もそれほど訪れた回数は多くはありません。ただ、この日は花粉症の影響で屋台を断念、本店に向かいました(^^;

本店は、駐車場が大きく、かなりの台数を停めることが出来ます。久しぶりに17時過ぎに訪れたのですが、驚いたことは、あふれる客・客・客・・・家族連れが多いのですが30人前後は待っておられました。並ぶことは苦手なのですが、この店舗はラーメンレストラン風の大型店なので回転が早いです。15分くらいで呼ばれました。

ラーメンメニューは、天理のスタミナ系の彩華ラーメンがメインメニューで、他に醤油ラーメンがあります。以前は、お店によってはカレーラーメンとか、彩華煮込みラーメンだとかオリジナルメニューが多かったですが、最近は、各店舗、ある程度、統一されてます。

そのラーメンにトッピングを選択できるようになっています。トッピングは、チャーシュー(バラorモモ)、温泉たまご、半熟たまご、生たまご、青ネギ、白ネギ、メンマ。

その他、中華メニューも多くあります。中華メニューを見ていて、気付いたこと。あれ?彩華丼(彩華ラーメンの具が乗った丼ぶり)がない!やめられたのでしょうか、、好きなメニューだっただけに、ちょっとショックでした。

とりあえず、定番のスペシャル(彩華ラーメンのチャーシュー、生玉子トッピング)を、小、バラ肉で注文。

さて、比較的早い時間で出てきます。いつもの彩華ラーメン。見た瞬間気がついたことは、バラ肉がいつものと変わっている〜!!あの冷凍から出されたばかりのような、ある意味、安っぽい薄切りチャーシューみたいなのでは、無くなっています。

具は、いつも通りの白菜、ニラなどの野菜たっぷりに豚肉、そして豆板醤で味付けされた独特の色合いの脂ぎったスープ。そこにトッピングの生玉子。

スープは、いつもながらに、スープの表面のギトギトした脂分、強力に効いたニンニク風味、豆板醤のピリ辛さ加減が効いた野性的な風味。この味が食欲をそそります。

麺は、やや縮れた細麺。これも彩華独特の食感で、柔らかく、具の白菜やニラ、豚肉と絡めて食べるのに適しています。お店によって、この野菜の量は、若干変わると思うのですが、本店は、屋台店ほどではないですが、多いほうでしょうか。

そしてチャーシュー(バラ)。ここ数年、彩華ではチャーシューの変更が続いていたのですが、最近の中では一番の出来ではないでしょうか。しっかりとした醤油味で味つけられ、しっとり柔らか。噛むとにじみ出るようなバラ特有の旨みもしっかり出ていました。

ただ、個人的にはあの昔から彩華で使われていた冷凍品ぽい、薄切りのバラチャーシューの味が好みだったので(昨年復活した時は、すごくうれしかったのです。)、あの味食べれないのかな・・と思うと寂しい気がします。

彩華は、最近、店舗間が統一されていて、具やメニューも均一化されているのが昔からのファンにとっては寂しい気もします。以前は、やすらぎの道のお店に行くと、日によっては、キクラゲが大量に入ってる!とか・・店舗間の違いを楽しめたり、、あの、いくつかのお店にあった、プーアル茶無料サービスも無くなりました。天理西店のドリンクは自販機が置いてるだけだったし・・

ただ、きれいで明るい店舗になり、分かりやすいメニュー構成で、誰にでも受け入れられる形に変化して行くのは良いことだと思います。これからも奈良県民に愛されるご当地ラーメンとして、頑張ってほしいです。

↓彩華ラーメン・スペシャル(チャーシュー・生玉子トッピング)(小・バラ肉)
110330-1.JPG

↓チャーシュー(バラ肉)
110330-2.JPG

↓麺とスープ
110330-3.JPG

↓お店の外観
110330-4.JPG
posted by たぬき at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年02月22日

天下一品・東向店@奈良市東向南町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄奈良駅のすぐ近くにある天下一品。この日は、奈良駅付近をうろうろしていたので立ち寄りました。奈良市で私が行ったことないと思う天下一品、もうここ以外にないようなと思い、ネットで検索すると、奈良市にある店舗、この店舗以外、すべて訪れたことがあるようです。

お店は、独特の雰囲気です。といのも、同じ店舗に複数の店舗が同居されています。まず店の前にテイクアウトのコロッケ屋?たこやき屋のようなもの(はっきり確認しませんでした)があります。そして扉をあけると、天下一品のカウンター、それとテーブル席が2つ(たぶん天下一品のテーブル・・)、少し奥に入ると洒落たカウンターがあって、そちらは串カツ屋(居酒屋?)さん。

私は、なにも考えずに入って、奥のお洒落なカウンターに座ってメニューを見てびっくり。あれ?ラーメンは?とご主人に聞くと、ここは串カツ屋で、ラーメン屋は手前ですとのこと・・ほんの3メートルほど、折り返して、庶民的な天下一品のカウンターに座ります。

この串カツ屋だと飲み終わりごろに、目の前の天一からラーメン運んで(プチ出前?)してもらえるんだろうか・・とか、変なことを考えました(笑)

メニューは、トッピングによって種類が豊富にありました。ラーメン、チャーシューメン、豚バラチャーシューメン、コーンラーメン、ワカメラーメン、煮たまごラーメンなどなど。中華メニュー、セットメニューも豊富です。

豚バラチャーシューメンは、ここからほど近い場所にあった「天下一品・鴻ノ池店(閉店)」にもあったので、系列なんでしょうか。ただ鴻ノ池のお店は、山菜入りとかモツ入り、牛スジ、地鶏入りとか、もっと変わったトッピングが出来たのを覚えています。

とりあえず豚バラチャーシューメン(こってり)を注文。

さて出てきたラーメン、いつものこってりスープに薄切りの豚バラ肉が浮いています。トッピングはメンマ、ネギです。

スープは、いつもながらの鶏ガラ、野菜を煮込みに煮込みまくったようなトロトロスープ。その粘度のあるスープは、何度食べても美味しいですね。このお店のこってり感もなかなか良いように思いました。

麺は、いつもながらの柔らかい茹で具合で、濃厚スープとよく絡みます。麺を食べているというより、スープを食べているような、、あぁ天下一品だな・・という食べ心地。

そして豚バラチャーシュー。こちらは、鴻ノ池のお店とは、明らかに違う感じなので、同じ系列ではないのでしょうね。鴻ノ池のチャーシューは、厚切りで大判、濃厚な味付けだったのですが、こちらは味付けは濃い目なのですが、薄くて、ちょっぴり貧弱な感じがしました。

味自体は、美味しいのですが、昔の鴻ノ池の豚バラ肉のイメージで、いただいてしまったので、あと一歩かな・・と思ってしまいました。

とはいえ、やっぱりこってりスープは、癖になる味わいでよかったと思います。それにお店の独特な雰囲気も、少し仙台の「中央通り店」を思い出すかのようで、楽しむことが出来ました。

↓豚バラチャーシューメン(こってり)
110222-1.JPG

↓チャーシュー
110222-2.JPG

↓麺とスープ
110222-3.JPG
posted by たぬき at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2011年01月08日

がじゅまる@奈良県橿原市今井町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

私は、よく年末最後の外食に彩華ラーメンを食べます。屋台で食べることが多いのですが、、、この日は、お昼時だったので、屋台はまだやっていないなと、、別の店舗へと・・・最近の彩華の店舗はきれいでファミレス的な雰囲気も合って、いまいちかなと思い、橿原のお店なら昔ながらの雰囲気が残ってると思って、彩華の橿原店に行きました。

店舗前に行くと、、、、あ・・しまったと・・橿原店は夜のみ営業でした(^^;どうしよう・・天理の本店に行こうか、桜井店まで足を運ぼうか・・と考えていたら、彩華・橿原店のすぐ隣に、天理系のスタミナラーメン風の写真を看板に掲げているお店が・・店名「がじゅまる」・・知らない店で、とても寂れた雰囲気でしたが、飛び込みました。年末最後の外食です♪

外観は、とても素朴な昔ながらのラーメン店風です。隣にバッティングセンターがあり、その脇に併設?の飲食店が数軒並んでいて、その中の一つのお店?となっている感じです。駐車場は、バッティングセンターと共同であります。

お店の前に、見た目は天理系スタミナラーメンに近い「スタミナちゃんぽん」と、「スタミナあんかけ焼きそば」の写真がおススメメニューとして貼り出されていました。

店内は、カウンターのみ13席の細長い空間。テレビが設置してあります。お店は店長さん一人で切盛りされていました。お昼時なのに、客は私一人でした。

麺メニューは、前述のおススメ、スタミナちゃんぽん600円、スタミナあんかけ焼きそば680円。他に、カレーちゃんぽん600円、台湾ラーメン680円、塩バター野菜らーめん650円、醤油らーめん490円、塩らーめん500円、味噌らーめん530円、スタミナ醤油らーめん530円、スタミナ味噌らーめん550円、焼きそば500円、カレーらーめん530円 などなど。

基本、天理系のスタミナラーメン、ちゃんぽん系がメインのようです。麺メニューには、バター、チャーシュー、煮玉子、ネギなどなど、トッピングの自由度もありました。

その他にも中華メニュー、セットなどがとても充実していました。

この日は、とりあえずおススメメニューの「スタミナちゃんぽん」のチャーシュートッピングを注文。

さて、スタミナちゃんぽんは、まさしく天理系のスタミナラーメンの風貌ですが、玉子入りのあんかけが表面を覆っているのが特徴です。具は、天理系らしくニンジン、ニラ、白菜、豚肉、キクラゲ、モヤシ、タマネギ、それとトッピングのチャーシューと具だくさん。あんかけスープには豆板醤が使われていて辛そうなのも天理風。

まずスープは、表面のあんかけが、ものすごい粘度で、麺を持ち上げるのにも力がいるくらいのトロトロ感があります。粘度がすごいため、麺や、たくさんの具とも本当によく絡みます。それとアツアツで、ものすごく体が温まる感じがしました。

あんかけスープの味自体は、鶏ガラベースの醤油なのでしょうか。醤油に豆板醤が加わると、かなり尖ったような味になりそうなのですが、あんかけに玉子も使用されているため、まろやかさも加わり、バランスは良い感じです。具は量、種類ともに多いため、食べごたえは十分。

ニンニクショウガを使用していると説明書きに書いてあったのですが、ニンニクの風味は、アツアツすぎたためか、それほど感じませんでした。天理系のスープと似た風味なのですが、彩華などと比べるとニンニクが弱めな分、柔らかく優しい味わいの印象がありました。

麺は、ややカール気味の中細ストレート麺。やわらかめの茹で具合です。あんかけスープの強烈な粘度で嫌というほど絡みます。

トッピングのチャーシューは、やや厚切りのバラ肉を使用。味は薄味なのと、やや硬い感じもありましたが、アツアツあんかけスープと絡めると柔らかくなり、味も付いて美味しくいただくことが出来ました。

この店のスープの特徴は、あんかけは、あくまでスープの上半分くらいで、食べ進むと、あんかけとそれほど混ざっていない粘度の少ないベースの鶏ガラ醤油スープの味を楽しむことが出来ることです。こちらは、ベーシックな昔ながらのスープと言う感じですが、なかなか、しっかりとした動物系のダシを感じることができました。

年末最後に、彩華に行こうと思いながら、営業時間の都合で、仕方なく入ったお店でしたが、天理系を発展させたような独特のスタミナチャンポンは、味わい、ボリューム感も良いもので、とても満足できる一杯でした。

↓スタミナちゃんぽん+チャーシュートッピング
110108-1.JPG

↓トッピングのチャーシュー
110108-2.JPG

↓あんかけスープ
110108-3.JPG

↓麺とスープ
110108-4.JPG

↓お店の外観
110108-5.JPG
posted by たぬき at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年11月30日

屋台ちかみちらーめん@奈良県磯城郡川西町結崎

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

奈良にある、屋台のラーメン屋「屋台ちかみちらーめん」さんです。「喫茶yorimichi」さんの駐車場で、車を改造した屋台で営業されています。食べる場所は、隣接して置かれている小さなコンテナハウスのようなところです。

初めて訪れたので、システムが分からず屋台の車の前に行くと、店長さんがおられて何にされますか?と聞かれました。よく見ると目の前にメニューがぶら下がっています。

メニューは、らーめん(醤油味)600円、しおらーめん700円、つけめん800円。トッピングは各100円で、日によって若干変わるようですが、この日はチャーシュー、味玉、メンマ、白ネギ、ノリなどがありました。

この日は、とりあえず、普通のらーめんにチャーシュー、味玉トッピングで注文しました。屋台でラーメンをもらってコンテナハウスに自分で持っていくのかな?と思って目の前で待っていると、席について待っていれば持ってきてくださるとのことで、移動して待ちます。

コンテナハウスの中は、長机と丸椅子が置いてあり、雑誌類が置いてあるだけ。素朴ですが、汚いわけではなく清潔感があります。この日は、客は私だけで、のんびりとした雰囲気でした。

しばらく待つと、らーめんを持ってきてくださいました。小ぶりな鉢に入った手作り感があふれる屋台風の見栄えの一杯です。スープは、濃厚そうな醤油スープの上に透明な脂の層が浮いているような感じです。具は、大きめのバラ肉チャーシューが2枚、味玉、ノリ、メンマ、ナルト、ネギ。

スープをいただくと、表面の脂の層が気になりましたが、それほどくどい脂の風味は感じません。豚骨醤油をベースに魚介の風味が強く効いていて、濃厚かつマイルド。そこにピリッと柑橘の風味を感じます。よく関東でいただくような魚介・醤油豚骨系の味わいだなと思いましたが、やや塩分を強く感じるような気がしました。しかしながら、豚骨と魚介の旨みがたっぷり出ていて、良い感じのスープです。

麺は、多加水の中太やや縮れ麺を使用。食感も良く、やや濃厚なスープとの絡みも良いです。

チャーシューは、しっかりと醤油で味付けされているだけでなく、柔らかく厚みもたっぷりあり、食べ応えがあります。肉の脂身も多すぎず、しっかりとした肉の旨みを味わえるものでした。また味玉も黄身の柔らかなとろけ具合が良かったです。

この日、全体的に美味しいなぁと思って食べてたのですが、ネギがとても臭みを感じたのが残念でした。この日だけなのでしょうか。。ネギを噛むたびに、スープの旨みが消されるような強いネギの風味が前面に出ていたのが残念でした。

ただそれ以外は、全体的に満足できる味わいでした。いつも、こんなに空いているのでしょうか。昼間にのんびり、ほっこり屋台でレベルの高いラーメンをいただいて、居心地もよいのどかな空間でした。

※12/6は、1周年記念として、限定の豚骨らーめんを出されるそうです。

↓らーめん+チャーシュー、味玉トッピング
101130-1.JPG

↓チャーシュー
101130-2.JPG

↓麺とスープ
101130-3.JPG

↓味玉
101130-4.JPG

↓お店の外観
101130-5.JPG

↓コンテナハウス内
101130-6.JPG
posted by たぬき at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年11月09日

元喜神らーめん@奈良市押熊町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良市押熊町にあった「天理スタミナラーメン・押熊店」のあとに出来た比較的新しいお店「元喜神らーめん」さんです。いろいろネットで調べてみると、奈良の中華の有名店「飛天」さんの系列のようです。「飛天」さん、長く行ってないのですが大好きなので期待大です。

店舗は、天スタ特有の黄色い外観から一新し、黒と赤を基調とした色合いの外観になっています。私は天スタの押熊店は、前を通り過ぎるばかりで入ったことは無いのですが、外観からは駐車スペースもお店も狭そうだな・・と思っていました。ただ、今回行くと、駐車場もけっこうな台数を停められそうで驚きました。

また店内も意外と広く、テーブル席がたくさんあり大人数に対応できそうです。カウンター席ももちろんあります。店内も黒と赤を基調としており、まだ開店して間もないため、清潔感があります。

メニューは、鶏白湯つけめんと、鶏白湯らーめんの二本立て。つけめんは、全粒粉を使用していると書かれています。普通が180g:780円、ダブルにすると360g:880円。らーめんは、普通が650円ですが、トッピングにより値段が変わります。トッピングは、味玉子100円、極太メンマ120円、つくね団子100円、生玉子50円、チャーシュー250円、チーズ100円。

またつけめんは、途中でスープが冷めた時のために、IHヒーターが各テーブルに用意されています。なかなかうれしいサービスですね。

その他に鶏白湯らーめんの中に、鶏白湯カレーらーめんという変わり種メニューもありました。他、ご飯、焼きぎょうざ、若鶏の唐揚げ、炙りチャーシュー盛り合わせなどの単品があり、それらとらーめんを組み合わせたセットもあります。

この日は、チーズトッピングが気になりながらも、、、とりあえず、鶏白湯チャーシューめん880円の味玉子トッピング+100円を注文しました。

しばらくすると、見るからに濃厚そうな白濁し、泡が立った鶏白湯スープのラーメンが出てきます。具はチャーシュー、つくね団子、味玉子、極太メンマと、ネギは普通のぶつ切りと、鉢の中央に白髪ネギ、せん切りニンジン、揚げネギの組み合わせがトッピングされ、見た目も美しく仕上がっています。

スープは、鶏ガラと魚介のダブルスープです。鶏ガラをとことん煮込んでいるだろうと思われ、かなり濃厚ですが、しつこさは無く、飲みやすいこってり感です。味も鶏の旨みと魚介の旨みがしっかりでていて、さらにほんのりとした優しい甘さを感じることが出来ます。スープを味わった印象は、無鉄砲さんの鶏ガラ版という感じで、ずいぶん高レベルに思いました。

麺は、多加水の中太縮れ麺を使用。濃厚なスープとの絡み具合は良い感じで、食感もそこそこよいです。また白髪ネギ、揚げネギ、せん切りニンジンと絡み合うと、さらに食感の心地よさが増す感じでした。

チャーシューは、しっとりと柔らかいバラ肉を使用。醤油ダレで味付けされており、スープとの相性も良い感じ。個人的にも好みの味わいでした。

また、すこし不均一な形をした、つくね団子はユニークでしたね。鶏ガラスープの味を吸いこみ、意外とこのスープに合うなと思いました。味玉子もしっかりとした味と、黄身の半熟具合のトロトロ感が素晴らしい出来でした。

極太メンマは、味付けが甘すぎる感じがして、個人的に苦手な味でした。このらーめんの中で、極太メンマのみ、溶け込んでないような違和感を感じました。

全体的に、とても高レベルのラーメンで、そのうち行列店になりそうだな・・という印象を持ちました。

天スタからお店の変更となると、以前、天スタの朱雀店が「梅蔵食堂」という、このお店と同じような濃厚スープ(梅蔵食堂さんは豚骨醤油でしたが・・)の美味しいお店になったのに、短い期間で、天スタに戻ったことがあったのですが・・・ このお店もそのようにならず、長く続いてくれることを祈ります。

↓鶏白湯チャーシューめん+味玉子トッピング
101109-1.JPG

↓チャーシュー
101109-2.JPG

↓つくね団子
101109-3.JPG

↓味玉子
101109-4.JPG

↓麺とスープ
101109-5.JPG

↓お店の外観
101109-6.JPG
posted by たぬき at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年10月31日

ふくちぁんラーメン・神殿町店@奈良市神殿町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪のラーメンチェーンの「ふくちぁん」さん。私は、ずっと「ふくちあん」だと思っていたのですが、HPを見ると「ふくちぁん」なんですね。知りませんでした(^^; 東大阪付近のお店で、二度ほど食べたことがあるのですが、もうずいぶん遠ざかっていました。奈良に出来た支店に久しぶりに訪問。

このお店は、以前「藤平」さんだったのですが、撤退された後に「ふくちぁん」さんが入られています。ラーメンレストラン風のお店で、カウンター、テーブル席ありで、けっこう大きな規模です。この日もファミリー連れの客でにぎわい、テーブル席は大方、埋まっていたように思います。

「ふくちぁん」さんと言うと、ニンニクの効いたライト系とんこつというイメージがあるんですが、、久しぶりに、意識をしてメニューを見るといろいろとあるんですね〜。

メニューの中心は、とんこつ。それと名物チャーシューメン。チャーシューメンは、とんこつだけでなく、塩、味噌、醤油も選択できるとなっています。チャーシューもバラ肉、ロース肉、ミックスの3パターンから選べるとのこと。その他にも炙りチャーシューメン、厚切りチャーシューメンなどもあります。

それだけでなく、鶏ガラ和ダシ系のダブルスープのラーメン、にぼしラーメン、チャンポン、とんこつ新味(マー油、辛子味噌?入り)、スタミナラーメン(ニンニク野菜たっぷりの天理系?)などもありました。意外といろいろとやっておられるんだなと驚きます。

セットメニューや単品メニューも多かったです。またキムチ、大根生酢、漬物、紅生姜が無料サービスです。これはうれしかったりします。

この日は、普通のとんこつのチャーシューメン(チャーシューはミックス)で注文しました。

ほどなくすると注文からわずかな時間で、ラーメンが届きます。お店は混雑していたのですが早いことに驚きます。

ラーメンの見た目は、白濁した、とんこつスープに、ネギ、ニンニク、モヤシ、チャーシュー(バラとロース)が乗っています。シンプルな感じ。お店としてチャーシューメンを一押しとされていて、メニューにも大きく写真を載せておられるのですが、メニュー写真と比べるとチャーシューがずいぶん小さく感じます。このあたりは看板メニューだけに頑張って欲しいなと思います。

スープは、関西でよくある感じのライト系とんこつ。あっさりとした味わいですが、とんこつの風味と塩味の加減もバランス良く、万人受けする味だなと思います。ニンニクが意外と効いていて、大阪の薩摩っ子のスープを思い出します。昔から、関西ではこのライト系とんこつ+ニンニクという組み合わせが多く、受けている味だなと思います。このライト系とんこつは、紅生姜が意外と合う感じで、麺と絡めて食べるとなかなか良かったです。

麺は、多加水のやや細ストレート。スープとの絡み具合を考えると、もう少し別の麺を使用したほうが良いのかな?と思います。

二種類のチャーシュー。ロースは、醤油味で味付けされています。肉質が少しパサパサ感があるのが、残念ですが、味付けは濃くて存在感があります。バラは、柔らかくてジューシー。脂身が多く、若い人には、こちらのほうが受けるだろうなと思います。

久しぶりにいただいた「ふくちぁん」さんでした。スープが飲みやすくて、チャーシューがもっと、ボリューム感があれば、たまに通いたいなと思うお店でした。これからもがんばって欲しいと思います。

↓とんこつ・チャーシューメン(チャーシュー:ミックス)
101031-1.JPG

↓チャーシュー(バラ)
101031-2.JPG

↓チャーシュー(ロース)
101031-3.JPG

↓麺とスープ
101031-4.JPG

↓お店の外観
101031-5.JPG
posted by たぬき at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年10月27日

まりお流@奈良市尼辻町(7)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ちょくちょく立ち寄る「まりお流」さん。最近は、行列が出来ていたりしますね。驚きます。この日も平日でしたが、客入りは多く、私が食べている間、外で待っておられる方がおられました。

このお店、メニューがたくさんあるのですが、スタンダードな豚骨を最近、食べていないな・・と。。と言ってもスタンダードな豚骨メニューは、「とんこつ」「まりお流」「濃厚とん塩」などのメニューがあるのですが、この日は、「とんこつ」をチャーシューメンで注文しました。

しばらく待つと出てくるラーメンは、大きめの器、見るからに濃厚そうなドロドロとした豚骨スープです。スープの表面には、若干の背脂が浮いており、脂分が少しある感じです。具は、少量のネギ、厚切りのメンマ、チャーシュー、玉子とシンプルです。

スープは、豚骨をとことん煮詰めたような超濃厚スープ。豚骨の旨みがしっかり生きたスープです。奈良の濃厚豚骨と言えば、無鉄砲さんの系列が思い出されますが、そちらと比較すると、煮詰めている部分、方法が違うのでしょうかゼラチン質がとても多くて、トロリとした食感が印象的です。また背脂が浮いている分、人によっては、くどすぎるように感じる人がいるかもしれませんが、私はこってりOKなので、意外と行けます。

麺は、いつも通りの中太ストレート麺。やや柔らかめで、もちっとした粘りのある食感が良い感じ。濃厚スープとの絡み具合もとても良い感じです。

具も、それぞれ良い感じで、まずチャーシューは厚さ1〜2センチの厚切りバラ肉がゴロゴロと入っています。分量もすごく多くボリューム感たっぷりです。

玉子も黄身の部分のとろけ具合がとても良い感じ。このお店の玉子は、いつでもレベルが高いと思います。またメンマも極太で食感が良く、濃厚なスープの中でも個性がある感じがします。

こってりフリークが集まる、独特の名物店という雰囲気で、いつ行っても楽しいなと思います。また近いうちに再訪したいと思います。

↓過去の訪問記録
まりお流(1)
まりお流(2)
まりお流(3)
まりお流(4)
まりお流(5)
まりお流(6)


↓とんこつ・チャーシューメン
101027-1.JPG

↓チャーシュー
101027-2.JPG

↓玉子と極太メンマ
101027-3.JPG

↓麺とスープ
101027-4.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年10月21日

天下一品・柏木店@奈良市柏木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良の柏木町にある天下一品の柏木店です。奈良の天一の中では、利用する機会が多い店のひとつです。

以前は、24号線を挟んだ向かい側にお店を構えておられましたが、最近、道を挟んだ逆側の柏木ビルの1Fに移転されました。以前、ビビンバ屋さんだった場所です。移転前の店舗も、それなりに新しい感じでこぎれいだったのですが、移転されて、さらにきれいになりました。移転後は初訪問です。

この日は、夕食時に通りがかり2010年の天下一品祭りのポスターが飾られていたのを見て、思わず入店しました。

外観からは小さそうに見えるお店ですが、店内は意外と広い感じがします。明るい感じで清潔感があります。カウンター席、テーブル席があり、いろいろな人数のお客さんに対応できそうなお店です。

お店は、天一の基本的なメニュー構成で、シンプル。普通のラーメンが680円(こってり、あっさり、こっさり)。それと、味がさね730円です。チャーシューメンは+200円、味玉は+100円です。

その他、餃子、唐揚げ、メンマなどの一品、ライス、チャーハン、天津飯などのご飯ものもあります。また定食メニューも充実しています。

この日は、こってりチャーシューメンの味玉トッピングを注文しました。

さて、いつもどおりの見た目の天一のこってりラーメンが出てきます。なんとなくスープが少なめに見えます。そして鉢一杯にチャーシューが乗っています。具は、味玉、メンマ、ネギ。

スープは、いつもどおりの鶏ガラ野菜のドロドロしたこってりスープ。この日は、なんとなくですが、ややサラサラとしたあっさり感があるような気がしましたが、十分に旨みのある美味しいスープでした。なんとなくスープが少なく感じいたのですが、いつもこんなものだったかな?と思いました。

麺は柔らかめの茹で具合の中細ストレート麺。スープとの絡みがとても良く、濃厚なスープを口に運んでくれます。

チャーシューは、柔らかく煮込まれた赤身肉を使用。味付けは、薄い醤油味程度ですが、柔らかく、こってりスープ、麺と絡めると非常に美味しくいただくことが出来ます。分量も意外と多くてボリューム感があり、なかなかの満足度でした。

味玉は、特に黄身が半熟だったり、特別な味付けがあるわけでもなく普通な感じでした。

この店舗は、変わったメニュー構成などは、ありませんが、清潔感があり、気軽に天一を楽しむことが出来るお店です。接客も心地よく、これからも利用したいお店の一つです。

↓こってりチャーシューメン+味玉トッピング
101020-1.JPG

↓チャーシュー
101020-2.JPG

↓味玉
101020-3.JPG

↓麺とスープ
101020-4.JPG

↓お店の外観です。
101020-5.JPG
posted by たぬき at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2010年10月02日

旭川ラーメン・柏木町店@奈良市柏木町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良・天理系のスタミナラーメンを語る上で欠かせないお店「旭川ラーメン」さんです。私が思いつくだけで、奈良に4店舗あると思うのですが、訪れたことがあるのは、このお店だけです。この日は5年ぶりくらいに行きました。

お店は、国道24号線から少し外れた位置にポツンとありますが、いつもお客さんが多くおられます。店の前に駐車場があります。

店内は、カウンター席を中心に家族連れなどに対応できる座敷などもあります。

メニューは、メインのスタミナラーメンの他、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、わかめラーメン、野菜ラーメン、チャーシューラーメンがあります。基本は豚骨系のスープですが、スタミナ、野菜、チャーシューは、塩味、味噌味に変えることが出来ます。

その他、唐揚げ、餃子、皿チャーシュー、チャーハン、ライスなどの単品があります。

この日は、基本のスタミナラーメン(中)を注文しました。

ラーメンは、大きめの器で出てくるため、ボリューム感があります。具に、白菜がたっぷりと茹で豚が入っていているのと、白濁した豚骨スープがやや赤く染まり、ピリ辛風を思わせ、天理系のスタミナラーメンらしい風貌です。

スープは、かなり熱々です。ベースの豚骨の風味がしっかりしており、とてもマイルドな感じですが、予想以上に後から辛味が効いてきます。ただ辛味もきつすぎず、しっかり豚骨の柔らかな風味を最後まで楽しめる良い感じのスープです。

スープの中に入っている白菜は、一つ一つは小さめです。しかしゴロゴロと入っていて、とてもボリューム感があります。また、茹で豚もアクセント的に数個入っています。こちらは、味付けされておらず、意外とあっさりとした味です。

麺は、多加水の縮れ細麺。スープやゴロゴロと入っている白菜との絡み具合も良い感じです。器が大きいからか、分量も多い気がして、お腹いっぱいになれる感じがします。

久しぶりに訪れたのですが、このお店のスタミナラーメンは、とてもマイルドかつボリューム感があり、他のお店にない特徴があるなと思いました。ベースの豚骨味がしっかりしていて、ぶれない美味しさのあるお店だなと思います。

↓スタミナラーメン(中)
101002-1.JPG

↓麺とスープ
101002-2.JPG

↓お店の外観です。
101002-3.JPG
posted by たぬき at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良